オリンピックの閉会式を見ていて翌日更新になってしまいました。一昨日の収穫CD編です。

thenjerico1.Then Jerico - First (The Sound Of Music)
ゼンジェリコっす。ほぼ知らないんですがBig Areaって曲は有名ですよね。それくらいなんですが、ここにBig Areaは未収なのが残念ながらも、同路線のド80'sな曲が満載の1stみたいです。例によってボートラ3曲のエクステンデッドバージョン狙いで買ってます。中でもロキシーミュージックのカバーらしいPrairie Roseは秀逸80'sでおそらくベストトラック。180円也。DISCOGS
nightfly2.Donald Fagen - The Nightfly
これも全く↑とは次元?が違うながらも、80年代を代表する名作でしょうか。あまりにも有名なこのジャケゆえに今まで敬遠しておりました。すみません。内容は筆者が今更どうとも言えない申し分ない名作ですね。315円也。DISCOGS
cabsbest3.Cabaret Voltaire - The Original Sound Of Sheffield '78 / '82
これも恐れ多くてすみません、といった感じ&今まで敬遠商品でしたが、今回安かったという↑と同じ実に安直な理由で購入です。もちろん素晴らしいです。しかしこうやって年代順に並べられると、初期のインダストリアル黎明期作品よりも、後半へ掛けての特に終盤、ヒップホップからの影響が伺え、逆にテクノへの影響を与えた頃の作品がより好きだと、お蔭で分かりました。キャブスはやはり工業都市シェフィールドが生んだ、まさにLiving Legendです。630円也。DISCOGS
voicecrack4.Gunter Muller / Voice Crack / Jim O'Rourke - Table Chair And Hatstand
↑3枚の中に入るとさすがにオマケ的な気がしますが、それでも先生二人とスイスのエクスペリメンタル系らしい2人組Voice Crackのコラボセッション盤のようです。オーディエンスがいるライブではないようですけど、もちろん極めて即興的と言う意味のライブレコーディングですね。この手では真面目な印象ゆえに好印象かな。1050円也。DISCOGS