ハルシノゲンがサイケトランス名門レーベルTwistedからリリースしていたその名も"Twisted"です。全8曲(ラストのシークレットトラックは除き)平均すると7分台の全てサイケトランスです。潔いというか、この手のジャンルの人は皆そうだと思いますが彼もアンビエント〜ダブもできる人なのですが、その手の楽曲は他のアルバムで展開し、ここではサイケトランスに徹底しているのが好感ですし、消費者としても買って裏切られたということはないので商品としても優れてます。

何度か書いてる気がする一曲目は代表曲"LSD"ですが、ここではアルバムバージョンなので若干短いのが気になりますが、また若干地味なバージョンですが、サイケトランスの疾走感はそのまま感じられるシャープなミックスです。その後の曲も全て同様なのですが、彼の音色選びは相当に時間をかけて選んでいるか(作っているか)または全く逆で直感的に選んでいるのか、どちらにせよ、サイケトランスというジャンル的にはかなりセンスのイイ音色だと思ってます。パーツ一つ一つがサイケトランスのツールとして実に効果的に働くので、非常にハマります。

そんなベストトラックは3曲目で一番の長丁場(10分)で前半は普通のサイケトランスですが、やはり徐々に後半、♀の声サンプルの反復辺りからアシッドな上物やビートの音数も増えてミニマルながらもそれら音数の抜き差しによる絶妙な展開があり、やはり一番ハマれるミックスです。

DISCOGS

♪Alpha Centauri / Hallucinogen