暇につきインダストリアル系(一部違うかな?)PV祭りです。


1.Laibach - Sympathy for the devil
ライバッハがカバー好きだと思いますが、これもストーンズの名曲をカバーですね。妙に画質がイイのですがセルビデオ化でもされたものなんでしょうか?


2.Test Dept - Compulsion
これはセルビデオ化されてたそうで、後のCD再発時にはエンハンスドで収録もされてました。しかし画質が悪い&音も含めてじつにゆるい感じがかっこいい。The End.


3.whitehouse
これはまるっきりライブですけど(1分目くらいからご覧ください)バックのサウンドよりもウィリアムベネット氏のアジテ−ションなポエオリーリーディングが見もの。おそらく編集ミスによる最後のまったく関係ない映画の画像も不気味(笑)


4.throbbing gristle - discipline
スロッビンググリスルの代表曲のライブ、こっちもジャネP氏の鬼気迫るパフォーマンスが見もの&バックのサウンドはミニマルで個人的に好みです。


5.Coil - Birmingham Supersonic Festival 2
案の定?コイルでこれはジョンバランスさんのボーカルはまったく聞かれませんが、黙々と演奏する両者のノイズサウンドが聴き物では。


6.Zoviet France Mohnomishe, 1983
意味不明PVですが、ゆるい感じが和めるインダストリアルアンビエントとでも呼べそうな曲ですね。


7.Diamanda Galás - Saint Of Pit
ダイアマンダさんはライブでしょう!思いきやライブ映像はどれもいろんな意味で厳しく、一番まともそうなのがこれかな。短いので我慢すればみれるのでは(笑)


8.Clock DVA - Buried Dreams
ラストはサービスショット満載な感じで、しかし所々妖しい感じもある止め絵PV?誰かが勝手に作ったのか…