electroVarious - Street Sounds Electro 6
アナログ唯一のLPです。タイトル通り、往年(80年代後半)のエレクトロ→初期ヒップホップへの過渡期作品をコンパイルしてるシリーズのようです。DISCOGSなどみてもほとんどのシリーズに熱いコメントが寄せられているようです。他にも2と3も発見でしたが、お試し的にこの6を買いましたが(何故ならばA面がとんだロクサーヌ祭りだからです)その他シリーズも早いとこゲットせねば危ない。368円也。DISCOGS
midnightMidnight Star - Curious
ということでディスコといえばミッドナイトスターです!とはいえこれA面&B1はスローなバラードなのですが、それがまたイイ。レコ屋のポップ書きされてたB1"SLOW JAM"というもろにチークタイム仕様曲よりも、やっぱりA面曲"Curious"が典型的80'sブラコンといった少しマーヴィンゲイ"SEXUAL HEALING"似のミドルテンポバラードで最高です。630円也。DISCOGS

phasmidHER FRIEND THE BLUE STAR / PHASMID
元アーチストはさっぱり分からず、ただ2枚組みで一枚が豪華そうなリミキサー陣(とはいえISAN&Bochum Weltしか知らず)だったので購入のエレクトロニカ系でしたが、じつはこれが中々…本盤は例えばRephlexレーベルからリリースされていても全く違和感ない、まあエイフェックスツインのまんまフォロアーを脱していないような気もしますが、それでもクオリティーは高めで、やっぱりRephlex組のGlobal Goonというのにかなり近い印象のエレクトロニカです。リミシーズ盤はそれ以上の出来で、上記二者も典型的彼らのカラーで一枚目収録の曲を料理してますが、個人的に一番だったのはもちろん全く知らない人David Figurineによる4曲目のいわゆるおもちゃ箱的トイトロニカ(まあ2枚全部がトイトロニカと言えますが)等、天国的幸福感です。315円也。DISCOGS

boaBoards Of Canada - The Campfire Headphase
ボーズの最新作です。邦盤ですが、DISCOGSの人が外盤持ってたとしても日本のみボーナストラックだけの為に買ってもイイ、みたいなこと書いてたので邦盤を買いましたよ。まだその一曲しか聴いてません。悪くはないですが、外盤と二枚持っててもイイというほどでは無い気もします。試聴がその曲です。1050円也。DISCOGS

fb3Fun Boy Three - Our Lips Are Sealed (Special Remix Version)
そしてFB3です!これは正真正銘のエクステンデッド等含むヒット曲の3バージョン+アルバム「Waiting」収録曲のライブ2曲をカップリングしてる独自邦盤です!アルバムバージョンが入ってない所とかも好き(笑)よろしいですね〜この曲、デヴィッドバーンPro.だったんですね。アルバムバージョンはシャープな長さのいかにもなヒット曲だったと思いますが(アルバムが手元になし)まあそれの無駄に長いバージョンのようですが、それでも名曲を長く聞ける+3バージョンも!というもはや天国状態です。神様ありがとう!420円也。DISCOGS
killtheHafler Trio, The - Kill The King
というわけで最後は上記全てを粉砕するかのごとき破壊神、ハフラー先生の登場です。もちろんCDですが、例によってStaalplaatという変則ジャケが好きなレーベルなので、そっけない紙ジャケにCDが入っているだけなのですが、なにやら小むずかしそうな事が書いてあるブックレットと、なによりジャケ写がヴゥードゥー的仮面を被った全裸の男女が混浴?しとる(中にはOTINNTINNから放尿も)というような悪趣味な物ですが、音的にはやっぱり怖いながらも、ジャケ写とは真逆のインテリジェンス溢れる音響工作作品でしょう(少し評価保留)有名そうな現代音楽家Zbigniew KarkowskiやエスペリメンタリストJohn Duncanなどもフィーチャーしているようです。Kill The King!1260円也。DISCOGS

luciferCurrent 93 - Lucifer Over London
最後は切り裂きジャックの登場です!いや書いてて訳分からなくなってますが「ロンドン上空のルシファー」というタイトルから連想です。音はカレント93流のアシッドフォークですが、その1曲目は面白いのかなこれ?という雰囲気ですね。ただまあ彼の情念か怨念みたいな物は感じます。3曲目がベストで、例によってナースウィズウォンドのおっさんも参加のタイトル曲のバージョン的長丁場。ミニアルバム的なのに一番高い!レアだからね(笑)1260円也。DISCOGS

citadelMuslimgauze - Citadel
本日の打ち止めはムスリムです。ムスリムさんも3回目の登場かな。前二枚と少し作風が違う印象で、ダーク目ですね。一番好みだし、もしかしたら傑作かもしれません。とかく3回目登場組みはハフラー先生やデッサウやこのムスリムといい一番良いです。これを三度目の正直と言うのでしょう。1260円也。DISCOGS

johnhudakJohn Hudak - From Where I Am
ヒューダック先生も3回目の登場です。相変わらずです。しかし彼には何か引かれるものがあります。これも相変わらずのCDRです。にしては高い気がする840円也。DISCOGS

tgThrobbing Gristle - In The Shadow Of The Sun
Grey AreaつながりのTGです。TG〜サイキックTV自体は正直あまり得意ではないのですが、これは故デレクジャーマンフィルムのサントラという名誉ある作品と言われていたので買いましたよ。全編インストですね。かなりダウナー。しかし時々おとずれる神聖な響きが美しい。1260円也。DISCOGS

sosS.O.S. Band, The - The S.O.S. Band 1980-1987: The Hit Mixes
ラストはSOSバンドで。12"のエクステンデッドなミックスをコンパイルしている、当方にとっては堪らない盤です。これだけの(実質4枚くらい)の12"を集めるのはもはや困難+あったとしてもプレミア価格の物もあると思うので、多少高かったですが十分に採算は合います。全部イイんですけど(少し適当)試聴は少し前収穫したビーツインターナショナルによるカバー"Dub Be Good To Me"の原曲"Just Be Good To Me"でも。オーブがサンプリングしまくっていた"Borrowed Love"などもミドルテンポファンクで最高。CDでは一押し。1890円也。DISCOGS

hustleVan McCoy & The Soul City Symphony - The Hustle
そしてキタ!ドゥザハッスルです!ハッスルハッスル!ってテンションもつい高くなりますよ。ヴァンマッコイといえばこの曲ですよね。知らない人はいないと思います。7"で発見。そんな説明不要の永遠のディスコチューンですよね。ジャケ裏にはハッスルステップの仕方が書かれています(涙)'75年作。(ちなみにヴァンマッコイさんは'79年に永眠されております。合掌)

humanHuman League, The - Human
時代を感じる、ヒューマンリーグのヒューマンです!I'M ONLY HUMAN〜って別枠で書きたいくらいの名曲ですけど、12"なのでここでいいかなと。エクステンデッドバージョンはもはやレアです(笑)今わかりましたがプロデュースはジャム&ルイスですか。それで当時'86年なりのニュージャックスウィングが入ってるわけです。420円也。

spiritualVarious - Spiritual Life Music
天下のジョークラウゼルの所の圧巻な2枚組みコンピです。邦盤(廃盤)でSpiritual Life等から出てた外盤と一部曲を差し替えですが、ほぼ同内容のようです。ニッティンサウニーの曲がなくなってたりするのは痛い所ですが(ライセンス上の関係かな)看板アーチスト達やケリーチャンドラーとの曲やブレイズ等満載でしばらくはこれしか要りません(笑)テンシティーもやっぱり良いな。1365円也。DISCOGS

giveittomeBam Bam - Give It To Me (Remix)
おわーこれは買ってよかった…いやバムバム師匠のオリジナル盤は持ってたんですけど、こっちのリミックス盤は未携だったので買いましたが、ダブルトラブル、最高じゃないですか。この頃のダブルトラブル(グループのアーチストですがリミキサーとしての仕事が一番なのでは)はやっぱりピークですね。しかしRAW&SIMPLE&MADなバムバム師匠の原バージョンはやっぱり超えられません。マイ生涯チャートの50位以内決定曲だったりします(笑)1080円也。DISCOGS

dementedTres Demented - Demented
というわけで、急に毛色は変わりますが上の方で勝手に名前を出したカール師匠の別名義みたいです。A1をこれまたローランガルニエ師匠がリミックス。DISCOGS見るとえらい絶賛者が何人もいるのですが、たしかにマッドな感じですね。あとストーンズの「悪魔を憐れむ歌」をサンプルしてるって書いてるけど、ほんま?分からないんだけど…ある意味、例えばパトリックカウリー辺りのぶっ飛びダンスクラシックの系譜に入るのではないでしょうか。525円也。DISCOGS

hallucinogenHallucinogen - LSD (Remixes)
サイケトランスといえば、ハルシノゲンでしょう!ってそんなくらいの知識しかないのですが>サイケトランス、でもたしかこれCDマキシ(捜索不可)で持ってたバージョンのオリバーリーブ師匠リミックスがB面に入ってますけど、師匠バージョンよりも本人リミックスの方がよいですね。どうでもよいけど1000枚限定商品!DISCOGS

plaguePLAGUE MASS / DIAMANDA GALAS
輸入盤はアマゾン等で普通に24時間配送くらいで買えますが、これは邦盤廃盤だったので買っておいたという所です。対訳が付いてますし。それにしてもこのジャケ、あまり凝視したくないのですが(笑)でもこのジャケのせいで損してる気もしますね。彼女の名前知ってて店屋で背表紙だけ見て棚から取っても、このジャケを見たら、そっと元の所に戻すでしょう。たとえば奇を衒ってると言えば、この人ほど奇を衒っている人もいないのでは。内容は素晴らしいの一言です(お疲れです)それじゃなんなのでもう一言付け加えるとしたら、ニューヨーク最大の教会で行われた悪魔崇拝者による主に声(時にゴスペル)を使った悪魔降臨式の記録でしょうね(悪魔の声入り)ちなみにキリスト教の嫌いな所はアグレッシブな所です。840円也。

weightingWEIGHTING / JIM O'ROURKE & GUNTER MULLER
というわけで綴りは違えどウェイティングというタイトルのこれは、天下のジム先生と名前くらいは知ってたエクスペリメンタル(文字通りです、自作のエレクトロニクス機器を駆使する)パーカッショニストギュンターミュラーさんの例によってコラボ盤みたいです。一曲目こそほんの少しですがジム先生のガスターデルソルばりの静けさがあるトラックですが、後はだんだんと本性を発揮していくような?エクスペリメンタルです。特に終盤はやっぱり怖いですね。しかしジム先生によるオルガンドローンとミュラーさんによる低周波発信音的パーカッションの絡み辺りが秀逸です。静かなトラック&エクスペリメンタル、いずれにしても美しいとは思います。私的には結構傑作だと思いますよ。1134円也。

astral1Astral Projection - Trust In Trance
さて今回は10枚にも関わらずしんどいんですが、なぜならゴア(サイケ)トランス祭りだからです、またですが。その前回、結構よかったと思った(だらだらいかせてください)アストラルプロジェクション?のアルバム2組を発見。なぜ2組みとか書いたかと言いますと(だらだらすみません)2枚組みアルバムだからです。もろもろそんな訳でいちいち聴いてられないのですが、まず古い方、初っ端A1からゴアトランステンプレートのような素直な曲でまあまあです。DISCOGS