昨日の収穫CD編でも。
revolting1.Revolting Cocks - Cocked And Loaded
こ、これは…すばらしい…アル・ジュールゲンセン等によるつまりミニストリー別働隊リヴォルティングコックス一応一番新しいアルバムみたいですが、もしや最高傑作?アルバムは3枚しか出てませんが、ここにきて今までミニストリー等インダストリアル系も含めた総決算をしているかのようにも聞こえる、全編かっ飛び&ぶっ飛びの傑作では?しかも1曲目とラストの2バージョン(2パートに分けたのかな?)にて、それはもうまるでロックの歴史まで垣間見えるような勝手なカバー、リズムはクイーン"WE ARE THE CHAMPION"、ギターフレーズがジミヘン"PURPLE HAZE"&ディープパープル"SMOKE ON THE WATER"、コラースがレッドツェッペリン"移民の歌"&ピンクフロイド"THE WALL"など、全てノンクレジットのメドレーを繰り広げております!&神々しい。デッドケネディーズのジェロビアフラ、チープトリックのリックニールセン等も参加!今回の一押しかも。3枚で500円の一枚。DISCOGS
dessau1st2.Dessau - Exercise In Tension
そんで上の連中とも親交が深いデッサウなのですが、前2ndかな収穫しましたがこれが1stのようですね。こっちでもなんとジョイディヴィジョンの"ISOLATION"を無理やりインダストリアル仕立てでカバーしておりますが、それはいまいち好きになれず(ただ元曲のショボいピアニカみたいなシンセ音とフレーズは忠実にカバー。ちなみにこの曲は↑のアル・ジュールゲンセンがPro.)むしろ本領発揮系のインダストロックな2曲目辺りがらしくて良いね。3枚で500円の一枚。DISCOGS
lofiindia3.Muslimgauze - Lo-Fi India Abuse
そしてこちらもまたキタ!ムスリムですムスリム(略)天下のDISCOGSで代表作みたいに書かれてたので(アーチストトップページ)店屋で試聴もせず買いましたよ。ムスリムというよりもタイトル通りのインディア方面のタブラ等連打な感じでそれがまた例によって延々と続いて行くさまは圧巻かな。知りませんがSystemwideというダブ方面のユニットの曲のリミックスも含むそうです。Systemwideというのも気になりますね。1470円也。DISCOGS
murrayfontana4.Hafler Trio, The - The Murray Fontana Orchestra Plays The Hafler Trio
ムスリムの作品を多数排出している(というか主にそこ)Staalplaat繋がりで行きますと、な、なんと!天下のハフラートリオが恐怖のナースウィズウォンドの作品(音源のみかな?)を使って音響工作してるという、なんとも怪しくまた、ずっと以前にカセットテープのみでリリースされていた物のそれまた1000枚限定リリースCDのようですよ。ちなみに私の番号は851番です。音はまあ…予想通りなのか、ナースのオカルト恐怖的な断片が所々に感じられながらも、そこはハフラー流のインテリジェントな音響作品に仕上がっているようです。1890円也。DISCOGS
pingpong5.Stereolab - Ping Pong
あとはまあ数合わせ?なのですが、でもま↑ナースとのコラボもあったステレオラブのEPですね。典型的ステレオラブ節なのかな?詳しくないですが。相変わらず気持ちは良いですね。100円也。DISCOGS
jesse6.Mother Earth - Jesse
一番数合わせ的。アルバムすら持ってない一世を風靡したACID JAZZレーベル所属の人々でしょうか。しかし曲は和めてそしてぐっとくる名曲ですね。100円也。DISCOGS
againstall7.Various - Against All Odds (OST)
最後は1曲目のタイトルトラックのみ狙いで買ってるCDです。映画は断片的にしか見てませんが、このフィル親父によるバラードはいつ聴いてもぐっときますね、そしてしみます。しかし次のスティーヴィーニックスやピーガブ親父の曲もみなイイですね。というかマイクラザフォードもいるしジェネシスオールスターズ?ということで今回の裏一押しの3枚で500円の一枚です。DISCOGS