今日の収穫です。
frankie11.Frankie Bones - In The Socketまず高い物シリーズで、我が心の師匠フランキーボーンズの3枚を同じ所で発見です。年代順に。1998年作の3曲入り。A面は同郷NYのテクノゴッドジョーイベルトラムも彷彿とさせるミニマルテクノ、B面はファンキーな2曲。380円也。
frankie22.Frankie Bones - My House Is Your House1990年の曲のゾンビーネイションとマイクヴァンダイクのリミックス入り再発盤です。原曲ははじめて聞きましたが、とても17年も前の曲とは思えない普遍的なテクノ。ゆえにリミックス再発されてるのでしょう。リミキサー両者も各々のスタイルで料理してますが、やっぱり原曲にはかなわないような。380円也。
frankie33.Frankie Bones - (Pro)File. (Pro)Duce. E.P.2004年の4曲入りEP。比較的最近の物ですが、最近の音はまったく知らなかったので、こんな感じなのか?と。というか↑2枚の昔とさほど変わっていないような。ゆえに最高です。4曲全部聴いてませんが。280円也。
rag4.R.A.G. - The Build Up / Inside Your Head流れの都合上、高い物シリーズはまた終盤にやります。ここからは一枚40円の雑魚シリーズです。なんでもよし!レザー&ガイドの変名というより略名の一枚。このR.A.G.というのではこの一枚しかない模様。彼らにしては比較的大人しめのハードハウス2曲。
charotte5.Charlotte - Skinハードハウスつながりで、もちろん知らないお姉さんを浜崎あゆみなどもリミックスしていたキースリットマンがリミクシーズ。
nightmare6.Brainbug - Nightmareハードハウス大御所連続ですが、ブレインバグのクラブヒット曲のリミックス盤。違うリミックス盤は持ってましたが、そっちよりもイイ気がする、CLUB69が3本&UK勢はトールポールの1本です。
southeast7.South East Players - Horny Drum Machine (Disc Two)UK勢ということで、UK名門ハードハウスレーベルTRIPOLI TRAXの盤。アーチスト知りませんし、リミキサーも知りません。いかにもなUK的パーティ系ハードハウスでしょうか。
knuckleheadz8.Steve Thomas / Knuckleheadz - Tripoli Trax Volume Two (Disc 3)同レーベルよりナックルヘッズと知らない人の2曲入り。VAミックスCDからのDISC 3のようです。ナックルヘッズの曲"RAISE YOUR HANDS"は以前収穫のとき原曲のほうは書きましたが、それの知らない人Marc N-Joiによるリミックスバージョン。しかし相変わらずのイケイケ加減です。
justin9.Justin Bourne & Dynamic Intervention - Kick Up The Volumeというわけでここからは怒涛のナックルヘッズ特集です。元アーチストは全部知らない人々なのでなんでもいいんですが、その原曲は聞く気にならないんですが聞きました(まじめだなあ)。もーいかにもUKハードな、ハンドバッグ(ハンドバッグを持って踊るお姉ちゃんたち好みのハウス〜トランス)〜ハッピーハードコア的。肝心のナックルヘッズリミは忠実ですが、よりいっそう良いです。
groova10.Groovaholic's, The - Wake Up The Funk原曲いまいちながら、それをナックルズ(略)がMR. OIZO"FLAT BEAT"など使いそれなりに処理。
organ11.Organ Donors - Kings Of Rockこれはタイトル通りRUN DMCの曲を使う原曲自体からまあまあ、そしてよりいっそうナックルズが上げていく感じに。
anthony12.Anthony Atcherley - In My House (Part 1)ナックルズ最終弾かな、これはナックルズとその手ハードトランスでは有名な人JON DOEにリミクシーズ盤で原曲なし。もう飽きてきたので相変わらずのハードさ加減のナックルズよりもJON DOEによる少し落ち着いた、といっても十分ハードですが、のミックスが良。
pappa13.Pappa / Gilbey* - Void強引にアンソニーつながりで。プログレハウス系では大御所(FREEFALL名義が有名)アンソニーパッパと知らん人のユニット曲。↑ナックルズから一気に落ち着いた感じになりほっと一息といった所です。プログレハウス的重めのビート&ベースに流麗な上物が乗り良です。
land14.Land Between Grooves - Electricity (Remixes)プログレ系ではこちらも大御所すぎる存在、実質ベッドロックの人NICK MUIRリミックスが入ってる盤。やっぱり重くグイグイくる感じは紛れもなくプログレッシブハウス。
numb15.Numbskulls, The - Beat My Meatまたしてもハードに戻りまして、それもかなりキツイ…というか↑のGroovaholic'sとやらの変名だとDISCOGSにて今判明。どーでもいい世界ですけど。そんなハードトランス?
caenage16.Carnage (3) - Damn House / Friction同系統。いうことなし。
singles17.Singles & Angles - Submergeハードなのはもうこりごりなので、多少は落ち着いた雰囲気のトランスでも。名門レーベルXtravaganza Recordingsからもリリースがあるらしい同曲。極普通のトランスですが。
marknorman18.Mark Norman - Above / Feelingsこれもまあ多少名門レーベルJINXからなのでレーベル買いですが、それにしてはちっとも面白くない中途半端トランス。強いていえばB面のほうが良い(試聴
ricky19.Ricky Le Roy - One Dayこれはグイグイ&流麗な感じの比較的高水準トランス。イタリアの名門レーベルBXRですが、そこのUK支店BXR UKからの盤。ちなみに17→18→19は2000年→2001年→2002年と年代順に気づけばなってましたが、そんなトランス系音の変遷がうかがえるかも。
velvetgirl20.Velvet Girl - Summertimeトランス系では最後だと思う、もはや大御所AIRWAVEの変名による彼のレーベルGREEN MARTIANからの去り行く夏を思う素敵な曲。本日の二押し。
maryj21.Mary J. Blige - Dance For Me (Remixes)毛色が変わりまして、メアリーJの曲を知らない人G-ClubとUKガラージ系のサンシップがリミックス。G-Clubは普通のR&Bをファンキーなハウスリミックス、サンシップのほうが良くてUK的スピードガラージに(USのガラージとは全くの別物。
sunship22.Sunship vs. V.P.D. - We Are Familyそのサンシップと人なのか?のコラボ曲。やっぱりスピードガラージ(は後に2STEPというジャンルになります。
phoebe23.Phoebe One - Get On ItいかにもなUKクラブ系つながりで、もちろん知らない姉さんをヒップホップでは有名な人DJ SPINNAや、UKハードハウス系SHARP BOYS等がリミックス。原曲R&Bなのに普通のヒップホップソウルにしかなってないDJ SPINNAよりも、もろにフロア仕様にしてしまっているSHARP BOYSのほうが面白い。
allure24.Allure (3) - All Cried Out (The Remixes)名前くらいは知ってるR&Bのガールズ(姉ちゃん)グループをハードハウス大王ヘックスヘクターがリミクシーズ。リミックスとはいえ原曲的A1からして普通&後のリミクシーズもそれなりの出来。
mclyte25.MC Lyte - Cold Rock A Party無理やり姉さんつながりでいきますとヒップホップになっちゃいましたが、結構好きな曲の12"を発見。パフダディのメインバージョンは俺のダイアナ(ロス)の"UPSIDE DOWN"使いの名バージョン&ミッシーエリオットも参加。その他なぜかMILKもリミックスしてますが、結局メインバージョンしか要りません。パーティ♪
loophole26.Loophole (2) - Resurrection EPもうジャンルとかむちゃくちゃゆえに、これなんてジャンルレスな感じ一枚。元アーチストはほとんど知りませんがリミックスをドラムンのWAX DOCTORやトリップホップのATTICA BLUESが担当、全く面白みのないWAX DOCTORより、前回収穫物ナディアダヴェンポートでも素晴らしいお仕事をしていたATTICA BLUESによる同様ドラマチックなトリップホップが最高。イイ仕事しますね〜(死語?)B面3曲は聞く気がないので未聴(一生聞かないかも
mikedearborn27.Mike Dearborn - Solutionというわけでミニマル。しかしこの人の作風は非常に分かりやすい。そこが好き嫌い分かれるところ。でもこの曲は分かりやす過ぎるな。B面では知る人ぞ知るNYテクノ重鎮JOHN SELWAYともう一人Christian Smithがリミックス。よりいっそう分かりやすいながらも、こちらのほうが好き。トランス入ってるミニマルですが。
marco128.Marco Bailey - Fiesta Leblonこの人はミニマルなのか?名前しか知りませんがマルコの2枚。この人も分かりやすいですね。やっぱり↑同様トランシーなミニマル。B1曲のほうが良い。
marco229.Marco Bailey - Living On A Plane EP純EP。前回に続きまた出てますがUKテクノ老舗レーベルPRIMATEより。やっぱりこの人はミニマルというよりも、トランス寄りかも。ミニマルとトランスって詳しくない人は水と油みたいに思う人がいるかもしれませんが、意外と親密な関係なんですよ。このEP全部聞いてませんが、とりあえずA1はまあまあ。
jel130.Jel Ford - Moving Onこっちはトランシーというよりもファンキーよりのミニマル。レーベルが前UMEKの時と同じJERICHOという所からだったのでレーベル買いの知らない人の2枚です。これもとりあえずA面1曲しか聞いてませんが、まあまあのファンキーミニマル。
jel231.Jel Ford And Oscar Charlie* - First Of Manyこっちはファンキーミニマルというよりも不思議な感じ、としかいえない、なんだろなこれ。でも悪くはないですね。やっぱりA面しか聞いてませんが。
rehab32.Various - Rehab And Detox LP謎テクノコンピレーション。2枚組みなので全部なんて聞く気にならないんですが、一応ミニマル系多しでしょうか。自称テクノ通のgoglemanさんもD1のSUBHEADしか知りませんね。その他ご存じの方ご一報を(DISCOGS)そのSUBHEADは元々好きではないですが、これも変態チックではありますが面白みはなし。
future33.Various - Future Progressive No. 2コンピレーションつながりで、こっちはずっと普通のハードハウス〜トランス系コンピfromEMOTIVEレーベル。TIMO MASS,OLIVER LIEB等参加。やっぱり全部聞いてられませんが、ざっと聞いたところやっぱり普通の雰囲気。OLIVER LIEBがイイかな(試聴
kit34.Kit Clayton - Latke安物シリーズ最後は、この人もSUBHEADと同じくらい得意ではないんですが、安かったので買いましたEPです。エレクトロニカですね。音も想像どおりのおもちゃ箱エレクトロニカ。トイトロニカ?でも悪くはないですね、いま聞いてたら評価変わりました(笑
nubian35.Nubian Mindz - Typewriter EP高い物シリーズ再臨です。オランダのピュアテクノレーベルDELSINより一部では人気者らしいヌビアンマインズのEP。知的なテクノ、インテリテクノ?といった風情ですが、個人的にはさほど面白いとは思えません。これも悪くはないんですけどね。315円也。
redplanet36.Martian, The - Pipecarrier EP↑のDELSINは初期、このRED PLANETや親レーベルURやその他デトロイトテクノレーベルを模倣したようなレーベルでしたが、とは独自解釈ですが、やっぱりこっちの本場物デトテクはかっこいい気がしますね。というかずっと分かりやすいですね。結局そこが好きなんですが。RED PLANET節炸裂のロマンチックテクノです。本日の三押し。210円也。
johnparish37.John Parish + Polly Jean Harvey* - That Was My Veil唐突にJohn ParishというおじさんとPJハーヴェイのコラボ盤ですね。4曲入ってますが、各々味があって良いです。個人的目当てはB1のGLOBAL COMMUNICATIONリミックスなんですが、その良し悪しは置いといて(じつは思ったより今一歩)PJハーヴェイをグロコミがリミックスしていたとは知りませんでした。EPトータルとして本日の一押し。262円也。
gastr38.Gastr Del Sol / Tony Conrad - The Japanese Room At La Pagode / May唯一の7"。経緯等知りませんが(DISCOGSでどうぞ)エクスペリメンタル系名門Table Of The Elementsより、シカゴオールスターチームGastr Del Solとエクスペリメンタルというよりも現代音楽家Tony Conradのスプリット盤です。両サイド、面白いかどうかは正直分からない、しかしこの手の7"は一期一会(明日になればもう無い)の世界なので買っときました。315円也。ああ両者ともに昨日のKEVIN DRUMMとのコラボがあります。で↓につながります。