malaria
特にネタもないので収穫シリーズやっていきますが、恒例の先き出しで、CD以外で一番高かったLPでも。このバンド名前くらいしか知りませんでしたが、美麗ジャケ(笑)に引かれて半ジャケ買いです。フランスのクレプスキュールなどからもライセンスリリースされていたという事なので、当時('83)それなりに話題になったのかと思いますが、当方の盤は邦盤だったりします。美麗ジャケはクレプスキュール盤とは異なるようです。(↓画像がクレプスキュール盤)

80年代におけるジャーマンニューウェイヴの代表的バンドの一つのようです。女性ばかりの5人組み、にしてサウンドは典型的ジャーマンニューウェイヴでしょうか。同時期のやはりジャーマンニューウェイヴ代表バンドDAFの女版といった雰囲気です。正直女性ばかりで当時このサウンドを作り上げたとは、と感動に近いものを感じます。ちなみにベルリン出身バンドなのですが、中にはそんな退廃的歌詞ももちろんありますが、このサウンドに乗る歌詞の主なものがラブソング、というのもミスマッチで良いですね。しかしそれとて激情的な歌詞なので少し引きますけれど。420円也。

DISCOGS

malaria2
♪EIFERSUCHT-JEALOUSY / MALARIA!