sundoesrise
うわー暑い暑い言うのもほんと申し訳ないですが本当に暑いんだからしょうがない。部屋の中33度くらいありますので。そんな中レビューするのもなかなかオツなもので、暑さには暑さで対抗、とはよく申しますが(落語家調で)暑いときにインド人がカレーを食うのはそれなりに意味のあることでして。とまあ頭は働かないんですが、暑苦しそうな音源ということでジャーウーブルのEPなど。

最高なんですよこれ!まずなんといってもフィーチャーリングの人々が超豪華です。仲良しベーシストの天才ビルラズウェルから、ボーカルではクランベリーズのドロレスさん&イスラエル(だっけ?)の歌姫ナターシャアトラスさん&もろにインドの人っぽいNAJMA AKHTAR(知らないけど)まで。あとまあINVADERS OF THE HEART名義なのでジャーバンドの人々も参加なのでしょう。

EPにしてこんな豪華な面子雇って採算合うの?と思いますが、まアルバムのRADIO EDITやアウトテイク(ボツ)もあるのかと思いきや!4曲目はアルバムバージョンよりちょい長めなだけですが、しかしそんな全4曲ともに完璧です。

ドロレスさんが歌うタイトルトラックからしてアフリカのカリプソなど思い起こさせて異国情緒たっぷりですが、それがRADIO EDITで短め。しかしその後はもっと異国へと飛ばされる感じで、2曲目でもう中近東風サウンド(詳しくないので大雑把ですみませんけど)にナターシャさんによる妖しくある意味無国情緒あふれる感覚です。

しかし、3曲目がこのEP最大の目玉商品で、14分という尺でジャー&ラズウェルのこれは美学なのかな?が展開されています。基本的にはNAJMA AKHTARによるインド歌唱がメインなのでインド風なんですが、それをリミキサーのラズウェルが録音卓さばきによってダブ空間化し、更にそこをウーブルのダブベースがウネウネと海蛇のようにドライブしていくという、飛んでもトラックです。ほんと暑さもぶっ飛びました!4曲目は割愛です。あCANのヤキリーベツァイトは参加してますね。

DISCOGS

♪OM NAMAH SHIVA / JAH WOBBLE'S INVADERS OF THE HEART