今日の収穫です。
curse1.THE CURSE"ALL SYSTEMS (ARE GO)"
100円シリーズ三立て一発目の景気付けで?恐怖のLAスタイル、特に"JAMES BROWN IS DEAD"(現実になっちゃいましたけど)の超ヒットハードコアで知られるデンジルスレミングのLAスタイル前の名義曲。この名義ではこの一曲しかないみたいですけど、何ともはや問答無用の典型的ハードコアテンプレート。しかしムーブメント初期はなんであれ勢いがあり、初々しいとすら思います。「ある意味」最高。でも一番最高なのはジャケ。
regina2.REGINA"BABY LOVE"
知りませんがレジーナ?の代表曲。一発屋でしょうか?知ってる方ぜひ。これも何ともはやフツーのUSチャートポップ歌謡曲。でも代表曲ですよね?'86年なりの古臭さが良い=マドンナクリソツ。
tara3.TARAVHONY"I CAN'T HIDE"
USハウスの老舗だった(今もあるのでしょうか)BIG BEAT物で、多分モラレスが一番誠実だったであろう頃のお仕事です。元アーチストとか一切知りませんが、モラレス的には後の特にUKでのお仕事であるイケイケなRED ZONE以前の実に誠実&あまりにも素直なガラージミックスでしびれます。渋い。でも、Bのネルソン"パラダイス"ロマンミックスの方がもっと渋い。
bluepearl4.BLUE PEARL"NAKED IN THE RAIN"
さてそんなRED ZONE期に入ってしまった頃の曲。ご存じユースのブルーパール超ヒット代表曲ですけど、このUK(WAU MR.MODO)盤は持ってなかったのでうれしくてというよりもしょうがなく購入です。525円也。↑では散々言ってますが、しかし中ではこのミックスは好きな方というよりも大好きです。ユースの原曲自体最高ですし、その素材が良かったのでモラレスもリミックスし甲斐があって乗ってお仕事したと思われます。&富家さんの空間的Keyも冴え渡るアンビエントハウスの金字塔。
yazz5.YAZZ"THE ONLY WAYS IS UP"
ずっと古いいかにもなUKハウスサウンドです。ヤズですか、いましたよね。でもここら辺(88年)まで来るとさすがにリアルタイム体験はないんですが、ゆえに新鮮です。もちろんPro.というかサウンド面は全部コールドカットによるものです。やっぱり当時流のUSハウスに憧れながらも、でも俺たちはイギリス人だ、俺たちのやり方でハウスミュージックをクリエイトする、といった感じでしょうか。好感は持てます。でもジャケ買い840円也。
malcolm6.MALCOLM McLAREN"HOUSE OF THE BLUE DANUBE"
その頃マルコムマクラーレンはこんな方法でハウスミュージックをクリエイトしていた、という物語性重視で。しかしこれも結局ジャケ買いなのですが、だってこのジャケ最高なんです。こういう品のあるジャケはクラブミュージック系はもっと見習うべきでは。そういう音は正直どうでもよかったりして…タイトル通り、美しき青きドナウをアレンジメントしたハウスです。ちなみにミックス(&リミックス)はジャスティンストラウスがやってますが、B面のダブ的リミクシーズの方が良いですね。525円也。
vault7.VA"VL 058"
さて本日分もっとも古い(いや昨日&明日のCDを除いてかな不明)音源、今回もダンクラ系ブートモノ3曲入り、サイコーです。片面はもうすっかり夢中のサルソウルオーケストラの"LOVE BREAK"のなんと?13分バージョンでもうお腹一杯で、しかし実は逆面の方がよりサイコーで、両者知りませんけど、EDDIE KENDRICKSとOZOという恐らくダンスクラシックでは超有名な曲、だってこうやってブート化されているので。特にEDDIE KENDRICKS(元テンプテーションズの人みたいですね)'73年の曲"GIRL YOU NEED CHANGE OF MIND"という曲の後半、ブレイク的ビート(コンガ等)が執拗に繰り返される曲でぶっ飛びです。正直こんな音楽今は無い。OZOもなんかしらんけど凄い(笑)1050円也。納得のプライスレス。アナログ(CD以外)では今回の二押し。
zapmama8.ZAP MAMA"BANDY BANDY"
このバンド?知りませんけど、音的にもバンド名もなにか古臭い感じがするという強引つながりです。レーベルもアシッドジャズ老舗GIANT STEPなのでその筋では有名なのでしょうね。ご存じの方ぜひ。それをなんで購入かと誰にも問われないのに言いますと、カールクレイグ師匠リミックスだったからです。原曲的RADIO EDITも収録ですが、師匠にしてはあまり奇をてらってなく、わりと忠実です。やっぱりオーソドックスなレーベルなので大人しくしといたんでしょうか。ゆえに面白いかと問われれば、イマイチ。997円也。
jocelyn10.JOCELY BROWN"R-U-LONELY"
これも古いちゃあ古い(当方の物は全部古いですがね!)化石のような(失礼)ディーヴァ、ちなみに少し前書きましたINNER LIFEでのメインボーカリストでもあるジョセリンブラウンさんがブレイズPro.の曲を歌う!うーんミドルテンポガラージで渋い!しかしほとんどブラコンという話も…でも大人の階段を最近上り始めた筆者には背伸びして聴きたい曲です!473円也。
foetus11.FOETUS ALL-NUDE REVUE"BOEDROCK"
前半終わり(独り言)でまあ毛色を変えましてフィータスでも。胎児の全裸お披露目名義です。5曲入りEPで、しかし内4曲は彼のベスト"SINK"収録、でもフルレングスバージョンも。そんな感じで特に書くことないんですけど超最高なのでは。タイトル曲("SINK"でも一曲目)がやっぱり、ドハデな多分フィータス一人宅録ビッグバンド風サウンドの上で氏が恍惚的に歌う。ある意味理想の究極的ナルシスソング。COME TO BEDROCK COME TO BED COME TO BED ROCK ROCK ROCK ROCK!でやっぱり最高です。1050円はもう納得。いろんな意味で納得せざるを得ません。今回の三押し。
shoulder12.TEST DEPT."SHOULDER TO SHOULDER"
なんとなくというかドインダストリアルつながりで、本日唯一のLPでも。これはわりと探してた盤です。ご覧のようにテストデプトですが、CD化されてませんし、再発するのも多分コーラスで参加の炭坑労働者の人々のライセンス取るのがめんどくさかったのではないかと推測です。そんなとある炭坑労働者組合的闘争にデプトが手を貸して、でも自分らの作品として上手いことリリースしたという、グッとくる一枚です。正直傑作だと思います。今回のアナログ一押し。1323円也。
beatnuts13.THE BEATNUTS"FIND THAT"
後はもうザコです。10枚で800円シリーズ。珍しくヒップホップ系が固まってたのでテキトーに選んで購入です。詳しくないジャンルなので何ともですが。ビートナッツですか、ほんと知りませんし、DISCOGSもめんどくさいのでチラッと見ですが(笑)プロモらしき盤(珍しくも何ともないですけど)アフリカのカリンバ的音がアクセント。
souls14.SOULS OF MISCHIEF"UNSEEN HAND"
当然詳しくないグループの曲。イヤミ無くてよいんでは?'TILなんとかって曲も好きでした(笑
droctagon15.DR. OCTAGON"BLUE FLOWERS"
一応雰囲気だけはヒップホップで。というかこの人たちはUKのMO'WAXがメインレーベルなのでトリップホップとか言われるんでしょうけど、本拠地(地元)はサンフランシスコでしたよね。まこれもトラックメイカー+ラッパーによるダウナー(なのでトリップホップ?)なヒップホップ。プリンスポールとかもやってますね名前しか知らないけど…でもこれ80円で売ってていいのでしょうか。MO'WAX盤はどれも激高ですけど。
funkmaster16.FUNKMASTER FLEX"SAD AND BLUE"
ヒップホップ系でしょうけど彼はトラックメイカーですよね。そんなスキヤキソングフレーズも飛び出す単なるトラック?でもジャジー&スムース。Bは当時流行ってたと思うドンダダ的リズム。
cuttyranks17.CUTTY RANKS"PLEASE DON'T"
と無理矢理つなげて、NYのヒップホップ的でもレゲエアーチスト2人の片面ずつ担当スプリットシングル。Pro.はどちらもMASSIVE Bレーベルのメインプロデューサー、ボビーコンダースです。片面はやっぱり縦ノリ的リズムにカティーのラガマフィンが乗ってます。連呼が結構執拗なのでクセになります。B未聴。
rayhayden18.RAY HAYDEN"IT'S SO RIGHT"
UK的スムース&ジャジーR&Bの才人、レイヘイデンの12"をまた発見。というかこれまた前回に引き続きDISCOGS未掲載なんですけど。だめだな〜そんなイヤミ無し、でも引っかかりもなし、上記のようなフツーR&B。
martine19.MARTINE GIRAULT"REVIVAL"
レイヘイデンPro.というばやっぱりこの曲でしょう!CDSでは持ってた曲ですが、それには未収の1バージョンの為だけに購入、80円だし、という以上に12"で持ってたかったんです!(どっちだ)でもそのバージョンはいまいち。やっぱり原曲!サイコー!この気だるい感じ、日曜夕方にこそふさわしい。個人的にオシャレサウンド、と言えばこの手が浮かんできます。
perpetual20.PERPETUAL MOTION"ROMPA STOMPA"
でUKとはいえあまりにも違いすぎるこっちはダサウンド(ダサい+サウンド)でも何にも考えずに聞く分には好きなんですよ。こういうの何にも考えずBGM的に聴いてる私もどうなのかと思いますが。でもパーペチャアルモーションはこの手ではもう大御所でしょう。
vertigo21.VERTIGO"MAGIC EYES"
これもアホっぽくて好き。元もリミキサーも一切知りませんけどね。wパックで80円だったので購入したまでです。したがっていちいち全部聞いてられません。
mijks22.MIJK'S MAGIC MARBLE BOX"THE 4 SEASONS OF THE MIND"
オオラスは何故かジャーマントランスの人マイクヴァンダイクの代表的別名義盤。SPRING〜WINTERと四季ですか。面白くはないな。ただ個人的ツボはホワンエントキンスの名曲"TECHNO MUSIC"を使っている所だけ。
昨日&明日のCDも合わせて約1万円。