salsoul
牛乳が美味い年頃になってしまいました今も飲んでます。たとえが古いですが、結婚できない男でしょうか。しかし聞いてる音楽はただのクラシックではなくダンスクラシックです。

しつこく以前エントリーのフォローアップで(いえ単にレーベル物が出てただけですが)サルソウルオーケストラのベストです。2枚組みのボリュームですが、1/3くらいはあまり面白くないというか、基本オーケストラなので、まるでポールモーリア風ストリングス(オケ)に若干ファンキーなカッティングギターや主に4分打ちのドラム等バンドサウンド+♀コーラス隊が加味されてるだけ、といった曲もあるのですが、それでもこれはタイトル通り貴重なアンソロジーでしょう。

1曲目からヒップホップ系では有名ネタで(たしかスチャダラパーもサンプリングしてたと思います)SSOとしても代表曲"TANGERINE"から開始です。肝心の曲調は上記フォーマットから外れてませんが、しかしそのクオリティーは最上の部類です。その他にも、後に(いつかは分かりません…)ソウルトレインのテーマでも有名なM.F.S.B.とのコラボで一躍M.F.S.B.側の代表曲"LOVE IS THE MESSAGE"となった、その深くドラマチックなストリングスが素晴らしい元バージョン"CHICAGO BUS STOP"や、オケは控えめでファンキーバンドサウンドな曲調の代表曲"NICE & NUSTY"、ラストの悲しげオケが印象的なその名も"CLOSING THEME"辺りが1枚の目玉です。

この2枚目は"CLOSING THEME"とは非常に対照的なSFチックな、というよりも2001年宇宙の旅サントラ曲「ツァトストラはかく語りき」のパクリフレーズも飛び出す"SALSOUL 3001"にて開始です。そしてなんと言っても!2枚目3曲目NUYORICAN SOULもカバーしてこちらの元曲も再燃したという、夫の暴力から逃げてもよいのよ、という言わばDVソング"RUNAWAY"でしょう!正直その歌詞内容は分からないので割愛しますが、曲自体素晴らしいです。NUYORICAN SOULのインディアの声さえ変えれば、全くこの元曲に忠実だったのだなと確認です。歌詞内容に関わらず、明日への希望溢れるこれぞまさにダンスクラシックです。後は上記"CHICAGO BUS STOP"の"LOVE IS THE MESSAGE"で有名になったストリングス部分をまるでブレイクのように使用している"OOH I LOVE IT (LOVE BREAK)"や、"RUNAWAY"の次の個人的ベストトラックいやもしかしたらそれ以上に希望溢れるヴィレッジピープル調ディスコトラック"STREET SENSE"などあります。

サルソウルオーケストラの美味しい所はほぼ網羅されてると思います。

DISCOGS

♪RUNAWAY / THE SALSOUL ORCHESTRA