tears
TKAというフリースタイル系グループですが結構代表的グループのようです。天下のTOMMY BOYから'86年にデビュー&現在も所属するフリースタイル部門の看板だったと思います。(未だに解散していないようなのですが、でも開店休業状態のようです)

実質デビュー曲の"ONE WAY LOVE"から既にかなり完成度の高いフリースタイル曲でした。(12"盤は持ってませんがTOMMY BOYからの傑作フリースタイル系コンピ「Freestyle Greatest Beats: The Complete Collection, Vol. 1」収録でした。ちなみに…それは化石時代のKEMPIRE音楽市場本社時代にレビュー済ですなのですが、また改めてレビューするつもりです)

この曲は3rdシングルのようで、もはや貫禄すら漂う余裕のフリースタイル曲となっています。Pro.は現在ハードハウス系リミキサーとして有名なTONY MORANが在籍していたフリースタイル系プロデュースチームTHE LATIN RASCALSが行っています。ビート&ベース自体はその他フリースタイル曲と取り替えてしまっても分からないような典型的なモノですが、そのブレイク等合間合間に見え隠れする遊び心のあるテクノ的な鳴り物や音処理は、フリースタイルがエレクトロの発展系だった事を気づかせてくれます。無駄に長いエクステンデッドミックスの部分も個人的に好きです。

♪TEARS MAY FALLS (EXTENDED DANCE MIX) / TKA