当方たしか正規アルバムでこれしか持ってないというデュランデュランなんですが、それなりの秀作なのでは。超ヒット曲"ORDINARY WORLD"やヒット曲"COME UNDONE"あたりのバラードや、ヴェルヴェットアンダーグラウンド「運命の女(FEMME FATALE)」のカバーなども収録です。全体的には、もちろんどうでも良い消化曲も存在しますが、そのヒット曲以外はみなビートが強いダンサブルな曲ばかりです。つまり上記バラード2曲は出色の出来ですが、それ以外は一曲じっくり聴くというタイプのものではありません。ただアルバムを通して聴くと、なにか作業をしながら聴く時などのBGMとしてはノリが良く、その作業ははかどるかもしれません。つなみにアマゾンレビューでは予想以上に絶賛でした。

♪COME UNDONE / DURAN DURAN