queen
昨日のドミネイターが全然スピリチュアルじゃなかったので今日は夢千代日記です。そんな今日は、金魚さん(秋吉久美子)が育てている子供(あこちゃん、小学生)の産みの親が現れて、返して欲しいと言って金魚さんを悩ませる、というのがメインテーマ。

その産みの母親は、子宮筋腫を患ってしまいもはや子供の産めない体との事、しかも本当の父親でも無い男が彼女と結婚してあこちゃんを自分の子供として引き取りたい、と言ってくるから金魚さん、自分のようなもはや結婚も出来ない芸者である自分の元にいるよりも、両親そろった元で育ったほうが良いのではないか、という感じ。

まず、今時芸者が結婚できないってのは、いやこのドラマ当時の80年代初頭でも、古臭い感じもあり、また、何でもかんでも病気(子宮筋腫)にすればイイってもんでも無いぞ、とお話部分に疑問を感じつつも、案の定、その相変わらず小暗い演出に引き込まれてやるせない気分に。

湯村多分唯一のスナック喫茶店にてそんな交渉が行われたのですが、そこに居合わせた隣のヌード(ストリップではないらしい)小屋のストリッパーあさ子さん(緑魔子)が金魚さんに引き取りの件について「ねえあんたどう思う?聞いてたでしょう」と聞かれ「あたいそんなむずかしい事わからんわぁ」との台詞に僕も同意。俺もむずかしい事わかんねえ…(?

ただ、そこにあこちゃんを呼んで来て(夢千代さん同伴)、彼女に選ばせるのは酷では?その状況にあさ子さんとうとうキレて、なにやらシャンソンのようなものを急に歌い出し「あこちゃんが可哀相だらぁ!」と小屋の方へ泣きながら逃げて行った。そして夢千代さん、両親に向かって「この子の一生を一分で決めるような事しないで下さい…」という自分も余命2年ならではの重い言葉を。

とやはりドラマの中にまんまと引き込まれてますね。曲は何故かクィーンで。ィにするのが通らしいですよ。ほんとか?

♪WHO WANTS TO LIVE FOREVER / QUEEN