au louvre
どうか全世界が悲しみと苦しみで満ち満ちますように!KEMPIRE音楽市場です。

素敵なモリコーネの「ルーブル美術館」その6曲目「ロココの華」です。
荘厳な感じの通奏ヴァイオリンにて始まり→チェンバロ(ハープシコード)→
ヴァイオリンのピチカートと加わり→華やかなソロヴァイオリンとそれを盛り立てる
第一ヴァイオリン隊→チェンバロソロ→それら第一ヴァイオリン&チェンバロ&ソロヴァイオリンの
その見事なまでのコラボーレーション→一気に盛り上がり→また通奏ヴァイオリン&チェンバロにて
そのまま厳かに終わるのか?と思いきや→また盛り上がり→大団円、の展開。

この曲は「殺人を犯した子を持つ母親の苦悩」の映画曲らしいです>ライナーより。

♪Ε蹈灰海硫 / エンニオ・モリコーネ