not aloneKEMPIRE音楽市場です。

ベトナム映画(フランスと共同制作)「青いパパイヤの香り」
久しぶりに見ましたけど@テレビ。あれはアンビエントですね。
見るアンビエントと言うか。タルコフスキー映画に通じるものもありますね。
内容ほとんど無い感じで、寝そうになりながらも、
非常に気持ちいいという。音楽は現代音楽でちょっと怖い部分もあり。

今日は一個前エントリ(そういうの多いですが)でスウェード"Stay Together"だったので、それの思い出し繋がりで、バナードバトラーのソロ2ndEPだった"Stay"のほうで。

とは言え当方が持ってるのは、1st+2ndって感じの日本独自企画ミニアルバムなんですが、
1st"Not Alone"は、ほとんど聞きません。。なんか暑苦しいので、気合入りまくりですよ。。
ソロ一発目なので、気合入るのも分かりますが、ちょっとうるさい。

で肝心の"Stay"のほうはいい曲ですね。ただこれも後半に行くと1stからの流れなのか、
バーナードのボーカル&コーラス等も熱くなり、うるさくなって行くのですが、、
前半の静かな感じだけで好きです。

ただ、スウェードの"Stay Together"が、男女間の言わば痴話ネタの歌とするならば、
バーナードのほうは、もちろん多少痴話ネタは入ってますが、同時に、
止まっているだけでは何も変わらない、というソロなり立ての彼の心境を表し、
自分自身への戒めの歌でもある分、硬派でかっこいいかもね。

Stay / Bernard Butler