too young to die比較的かわいそうな子KEMPIRE音楽市場です。

最近、というか今ごろ何故かジャミロクワイのJKに夢中なgogleman。
まだアルバム的には2枚だけしか持ってませんが、、
今後買い揃えていくつもり。
何がいいって彼のその若干説教臭いながらも、
かつ強引な感じで全くの正論を主張していく辺り
(ただ歌詞そんなにはよく見てませんが)。
その明るさが。俺にはないかな〜>それ。だから憧れ。つまり彼みたいな人間になりたいわけです。

僕は今まで、あまりにも暗い音楽を聴き過ぎてきた。
ここら辺で、それを全て否定する、なんて事は到底できないが、
一度清算するつもり。と同様に人生のほうも清算したいところだが、
それは無理。いや、可能か?まあ頑張るよ、うん。

Too Young To Die / Jamiroquai