ultra rare trax・・・だから何回言わせんだよ、俺は熟女専門なの!
・・・うそ!?ここKEMPIRE音楽市場!?また誤爆か…
KEMPIRE音楽市場です。

どうやらここ最近レア路線とやららしいKEMPIRE音楽市場。
今日もそれ。というかThe Orbシリーズ開始、かもです…(微妙)

その前にコラムです。最近富に、世の中情勢の事、おっくう?になってましてね、目っきり疎くなってるっていうか、例の?小林ネタも意外と盛り上がってないみたいだし、イマイチね。あんな面白いネタなのにもったいない…それと、、、
月9、なんですかあれは?またキムタク?演出も超おかしく(変ですよあれ…)必見です。

では早速、せっかくぶっ飛び(と僕は今でも思っています)のThe Orbネタなので、
執筆活動の一環も兼ねまして、現実逃避路線も同時に展開。

みなさんは、人類という種が遅かれ早かれ滅亡したその後、というものを想像できますか?
いえ、必ず滅亡はするので、それに太陽系自体だって45億年後には消滅しますから、
その時の事を今から用意周到に、まるで防災対策をするが如く今の内から考えていなければなりません。その前にもちろん人類を含め生存している種は、ノアの箱舟に乗って太陽系から脱出しているとは
思うのですが。つまり、ここで取り上げたいのは、人類が築き上げた文化&文明の存続方法です。

個人的結論から申し上げますと、僕は人類のような知的生物は結果「光」のような存在として、
この宇宙に漂うに存在していくのではないかと思っております。生物の三大定義は、

1、外部との境目(隔たり)を持っている
2、自分と似た種の存続活動を行う(生殖活動)。
3、外部と何らかの情報のやり取りをする(節食活動等)。

その全てを満たしつつ、主に3の節食活動あたりは、今現在のような、
他(生物)種を節食しなければ存続できない、というような種ではなく、
まあ今現在もすでに行われている、情報交換(インターネット)のような、
まさに「光」のやり取りのみで存続できるような存在へと進化していなければ、
その「種」としての存続は危ぶまれる、と思っています。

最初から少しフロシキを広げすぎましたので(汗、今日のところはこの辺で。

肝心の音源は、The Orbの激レア(実は全然レアではありませんが普通にレア、です)満載のブートレッグ
「Ultra Rare Trax」でした今回は。。いきなり支離滅裂ですまんです。

♪A Huge Evergrowing Pulsating Brain That Rules From The Centre Of The Ultraworld (Loving You)