requiemこんにちは!金正日のマスカキ帝国北朝鮮です。
もちろんうそですKEMPIRE音楽市場です。

今日の僕はイースター島へ行ってまいりました。
そう皆さんご存知のこの世の聖と俗が交錯する、
この世の交差点です。
とは言え、皆さん的に一番先に思い浮かべるのは、
例のモアイ像かと思います。
モアイ像、あれはもちろん人の手による物ではございませんね、ご存知のように。
あれは俗に言う神が創りたまいた物です。所謂オーパーツ(謎の創作物)の一つでもありますが、
オーパーツのそのほとんどが使途不明の物であるのに対して、モアイ像は確たる用途があります。
その使途とは、一般的にはあまり知られていないようなのですが、この際はっきり申しましょう。
あれは地球の鎮魂を祈る為のいわば地球の道祖神です。
具体的には、聖霊と悪霊がイースター島上で交錯する際、その衝突の霊的衝撃を緩和&吸収してくれる
いわばアンテナです。
聖霊と悪霊とが交わると、そこにはウランに中性子が衝突する核分裂にも似た、
霊的に膨大なエネルギーが発生してしまいます。霊的なエネルギーとは、
文学的表現をしますと、千のエンジェルと千のデビチルが真っ向から衝突する戦争みたいな物です。
それは毎日数え切れないほど繰り返されています、イースター島上で。
それが何故イースター島上なのかと申しますと、
風水的な龍(クンダリーニ)の通り道がたまたまイースター島上で交錯するからです。単にそれだけです。
もしその衝撃をそのままにしていたならば、どんどんと溜まっていき、その行き場が無くなり、
地球上どころか宇宙へと放出されてしまうことでしょう。その前に、
地球上の我々人類を含むあらゆる生物は、善悪の境目を見失い、
直ぐにでも破綻の道へと進んでしまうのでしょう。
それを防ぐ為にあのモアイ像はあるのです。吸収し、それを地下深くへと中性化→還元しています。

もう飽きたな…つまんないし…時間かけて書いちゃったのでこのままにしておくわ。

♪Requiem / W.A.Mozart