KEMPIRE

How deep is your Love?

2015年11月

郷愁11.30

1.Scott Grooves ‎– Mothership Reconnectio
レーベルのSoma自体懐かしいんですが、このデトロイトハウスの人をダフパンがリミックスという、何か全体的に今一番懐かしい感じのCDSです(笑)フルバージョンは長すぎるのでCDSのRadio Editのほうがいいですね。
DISCOGS

2.Back To The Planet ‎– Daydream
こっちのほうが好感持てる(笑)知ってる人いるかわからないんですが、いわゆるトライバルギャザリング系のバンドだったと思うんですが、それ系の例にもれず原曲の方は地味ですけどそれをオービタルがダンサブルに!いずれ老人の昔話か…
DISCOGS

3.Intastella ‎– Century
遅れてきたマンチェバンド?ってなんどか書いてる気もするんですが(笑)たぶんデビューシングルにして代表曲のCDSを発見!うれしいね。12"Verもいいけど動きのあるライブのほうで。
DISCOGS

4.The Telescopes ‎– Precious Little
けっきょく好きなバンドってだいたいなんども書いてる気がしてくるんですが…軟弱になって気がするCreationからにしては初期のハードさが残っている好シングル。
DISCOGS

5.Cygnus X ‎– Turn Around
毛色を変えたいながらもやはりアーチストがダブってしまう本日のシグナスX!本人リミックスが原曲をよりドラマチックな感じにしていて好感かな。
DISCOGS

6.Astral Projection ‎– Liquid Sun
ヘイ!アストラルプロジェクション!(?)やはりアルバムは書いてるね(笑)シングルではCass & Slideのやつよりもそのアルバムバージョンの方がいいという。
DISCOGS

7.Transa ‎– Enervate
トランサももちろん好きなんだが、正確には好きだったんだが(笑)この曲は初期めゆえにもう単純すぎるな。でも嫌いではないのよ…
DISCOGS

8.Full Intention ‎– America (I Love America)
フルインテンション!なにかもうね(笑)しかし代表曲アメリカ!US盤ではないUK盤の方。
DISCOGS

9.Ultra Nate ‎– Free
フルインテンションつながりのウルトラナテ、まあ普通だと思うんですが、邦盤のRhythm Republic盤で収穫できたのが一番うれしいかな。Rhythm Republicは何でも見つけたら買っていったほうがいい、DISCOGSなどでもみんな欲しがってるよ(笑)
DISCOGS

10.Robert Hood ‎– Master Builder
うっひょーロブフッド先生のCDSを発見!一曲目こそ傑作「Internal Empire」収録ですけど、あと別バージョンやカップリングも含めてたまりませんな。てか存在自体たまらんCDS。
DISCOGS

11.Fawn ‎– Klip E.P.
というわけで掟破りの11番目、というか毎回10枚以上あるんだけどね、めんどくさから10枚でやめてるの(笑)しかし今回は例外、なぜなら…なんと今日この収穫のせいで知ってしまったLFO片割れマークベル氏は亡くなっているではないですか…去年…合掌。それにしても、この名義での唯一のEPは大傑作。これはほんとに、たまらん…ありがとうマークベル。
DISCOGS

計4000円くらい。

The Way Of Curve / Curve


昼間から午後ロー(午後のロードショーね)を暇に任せて見ていると、というか途中からだったが、今日は「ディープインパクト」!(←午後ロー風にね)いかにも薄っぺらいハリウッド映画だなーとか思いつつも、筆者のどんなク○映画にも見るべき部分は必ずある!との持論によると、まあ巨大隕石衝突というのはまさに天文学的な確率ではあろうとは思うが、それにしても宇宙的観点としてはこんなじつにちっぽけで脆弱な土的惑星がよくまあ50億年近くほぼ無事に残っているな、とちょっと不思議に思うね。もちろん恐竜絶滅の原因の一説、巨大隕石衝突で急激な寒冷化と動植物死滅による絶滅等は何度かあったせよ、例えば地球以上の大きさとは言わないまでも公転軌道を大きく変えてしまうほどの巨大な隕石が衝突といった出来事が50億年無かったのも、ほんとに天文学的にないものなのだろうか?と不思議ということ。いや大きくとも言わない、たぶんほんの少し公転軌道が変わっただけで地球など直ぐに火星なみの死の世界になるわけで、まあ長くなっても何なのでなにが言いかと言うと、太陽系も地球もまして我々脆弱な炭素系生命体など、例えば地軸が10度傾いただけで多くが死滅するほどじつに危うい物なので今日一日を感謝しようというお説教("Walk This Way"の邦題ね)かな。それにしてもよくまあ生きてるよ人類。なんにも残らないのにな。



このバンドのベスト盤とB面集的な盤の2枚組のようです。ベスト盤の方ですが収録曲は年代順にEPやアルバムからバランスよく取られているようです。一貫して彼ら流なんでしょうか全編テンションが高く一気に飛ばしている感じなので、もし疲れている時などに聴いてしまったら厳しいような雰囲気なんですが、逆に元気な時にはより元気になれそうな正にベスト盤でしょうか。それにしても人生も含めた様々な経験の積み重ねや機材の進化にも関わらず、サブタイトルの"1990 / 2004"を通してほぼ変わらない(シューゲイザー+元祖デジロック)÷2のような曲調には頭が下がる思いです。DISCOGSの人も書いてるようにB面集は当然一枚目と比べてしまうと一曲ずつのクオリティのような部分は劣る気はしますが、まずファンにはたまらないのでしょうし、個人的に言わせてもらうと傑作EPだったと思う「Horror Head (Remix)」のB面2曲(ベストの方には"Horror Head"収録ですがアルバムバージョンのようです、しかしほとんど聞き分け不能なんですが…)が収録されていたり、やはりDISCOGSレビューと被ってしまうのですがAphex TWinやLunatic Calmによるリミックス辺りには聴くべき曲があるのではないでしょうか。またラスト2曲は最後に持ってきているだけあってかベストの方に収録でも遜色ないような良曲だと思いました。ただ、またDISCOGSレビューと被りまくるのですが、このCD2枚だけでは恐らく足りない部分は大いにある気もしており、もし聴いたことない人はオリジナルアルバムの方を聴いていったほうが何倍かはこのバンドの全体像が分かるのであろうとも思います。つまりCD2枚程度には収まりきらないバンドではないでしょうか。ともあれいわゆる入門用としてはこれ以上無いようなCD2枚だとも思います。

DISCOGS


郷愁11.13

1.Voyager (3) ‎– Desire
あまり聴く機会もなくなってしまった往年の?アートコアドラムンベースの名曲でしょうか、こうやってたまに聴くとじつにいいもので、というか名義名どおり時空を超えて残るかも知れない名曲。
DISCOGS

2.Kosheen ‎– Hide U / Empty Skies
このへんはもっと聴かなくなりましたが好きでしたね。ドラムン系のDecoder & Substanceという人たちの変名プロジェクトだったようですがこっちのほうがヒットしたという、本盤はそのプログレハウスでヒットする前のオリジナリリリース盤のようです。
DISCOGS

3.Earthling ‎– Nefisa
より前?弊ブログでも初期に書いたりしてますね(笑)とはいえ結局あまり馴染みがあるほどではなかったトリップホップ系の代表曲?ポーティスヘッドもミックス。
DISCOGS

4.DJ Duke ‎– Turn It Up
←ヴァスケスだけど(笑)星の数ほどいる師匠の一人、わりとヒットした曲かな、"Blow Your Whistle"のフォローアップのような曲。でももう聴けないな(笑)ちなアマゾンでも5円。
DISCOGS

5.Off-Shore ‎– I Can't Take The Power
おじさんは涙でしょう(笑)往年のなんだか分からない頃のレイヴ系ヒット曲。なんでもありだった頃の。どうでもいいけどPVがあったとは…やはり金かかってねえ…
DISCOGS

6.LFO (2) ‎– Brainstorm
こんなんも発見!Warpの方ではない、Pハードキャッスルの方のLFO!CDSがあるんだね〜音的にはこれも混沌のレイヴ系、ブリープハウスとかテクノとか呼ばれていたものではないかな。全3バージョン!たまりませんよ。
DISCOGS

7.Cygnus X ‎– Superstring
シグナスX?時代的には上2曲よりも少し後かな、まあジャーマントランスクラシックでしょうか、Oリーブのもいいですがやはり原曲がベストでしょう。
DISCOGS

8.Borghesia ‎– Message
ここでボルゲシアのラストシングル(笑)というか大昔同郷愁で書いてますが、それから引っ越しのごたごたで紛失のやつです。曲的にはどうということもない。ラストなのもわかる(笑)でも8cmCDS!
DISCOGS

9.Wire ‎– Silk Skin Paws
そしてこれもワイヤーの8cmCDS(それしかない)!まあそれは飽きてきたのですが(笑)このマキシはDISCOGSの人も書いてるようになかなか楽しめる。1曲目もわりと泣きの名曲でしょうが、その後3曲も地味ながらなかなか味わい深い。
DISCOGS

10.Top ‎– I Want You
いつも以上にバラバラな気もする今回、バンド名通りトップに持ってきてもよかった泣きの名曲。なついねブリットポップ。
DISCOGS

計2500円くらい

郷愁11.2

郷愁ならぬ月収になってるんですが、基本的には毎日買おうと思えばこのレベルで毎日いけますよ(笑)という。毎日買ってたら破産はしないけど、すぐにゴミ屋敷になるけどな(笑)

1.Meechie ‎– You Bring Me Joy
こういう曲にもCDSがあるんだなと思ったモーリスジョシュアのレーベルVibe Musicのおそらく少しヒット曲、CDSもあるので。じつは12"×2枚組も持ってましたが引っ越しのさい紛失。御大によるメインミックスのノリがやはり凄い。特に中〜終盤!
DISCOGS

2.Mone ‎– Movin'
ガラージつながり、ジャズ-ン-グルーヴ(無理にカタカナ)の曲ですか、↑同様、ガラージでもイケイケの方だと思うんですが、こういうほうが好きだな。ファンキーフェリシアーノ?さんのミックスも華やか!
DISCOGS

3.Csilla ‎– Man In The Moon
いっそうイケイケというかほぼガラージとユーロハウスの中間とか。それはジョーTヴァネッリの原曲ですがRマイルズのミックスはほぼ"Children"(笑)
DISCOGS

4.Rachael Starr ‎– Till There Was You
こういうのももう10年も前になりますか、このPositivaも調子に乗っていた頃ではないかな(笑)その原曲はほんとどうでもいい感じなんですが、豪華リミキサー陣の方を聴くべきマキシでしょうか、特にガブリエル&ドレスデンのそれもRadio Editの方がテッキー?&ドラマチック!
DISCOGS

5.Marc Aurel Feat. Anna Maria Kaufmann ‎– Sound Of Love
でベタなトランスになりますか、すこし前も買ってるしらないおっさん(若作りしているように見える(笑)のおそらくヒット曲、歌物ですこしサラブライトマンかと思った(笑)でもこのベタな感じ嫌いじゃないランク1などもミックス。
DISCOGS

6.DJ Sammy & Yanou Featuring Do ‎– Heaven
こ、これはー!(?)やはりおっさんDJサミーのアルバムタイトルもになっているくらいの代表曲?つーかブライアンアダムスの曲なんですけどね(笑)ここはグリーンコートのやつなのかな。
DISCOGS

7.Gouryella ‎– Ligaya
グリーンコートつながり、いまどき買ったLigayaのCDS、だってずっと高かったんだもの…中古でも。やっと値崩れしたので買いです。といっても800円。いまさらすぎて言うことなし。
DISCOGS

8.Sven Vath ‎– Ballet-Fusion
そしていっそうルーツに(笑)もう20年以上も前の曲ですか、ジャーマントランスの神による好きな方の曲かな。原曲もいいですがここはスピーデーJ(!)のミックスも神がかり。
DISCOGS

9.Gary Clail & On-U Sound System ‎– Who Pays The Piper?
おお(?)買い替え組、これは引っ越しのさい同じCDSの紛失組、なぜかPerfectoからでオーキーもやってますが、それよりもカップリングのOn-Uによるメガミックス?がサイコー!なので買い替え。
DISCOGS

10.Renegade Soundwave ‎– Women Respond To Bass
そして心の友RSWの中期の曲かな、これもA面曲よりもカップリングでこれは正真正銘代表曲のメガミックスが!超いいんだけどー(笑)じつはこれも同上買い替え組
DISCOGS

計4000円くらい。
livedoor プロフィール
Comments
Gallery
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives