KEMPIRE

How deep is your Love?

December 2013

ベスト・オブ・ベスト / 久保田早紀

bestofbest
この方のベストのようです。とりあえずベタながらタイトル通りの内容じゃないかと、その他ベストも聴いていないのに思うのですが、というのはデビュー曲にして代表曲"異邦人"から始まり、結婚をきっかけにアーチストからプロテスト(クリスチャン)ソングの方へ転向したという久米小百合名義になるまで、久保田早紀名義としてはラストアルバム「夜の底は柔らかな幻」まで、つまり1st「夢語り」からその7thまでどうやら平均的に2曲づつ収録という、そういったバランスの良さからまずそう思います。なので年代を追ってこの人のアーチスト兼歌手としての成長や年代年代に作り歌った曲の変遷が分かるようですし、楽しめます。じつは筆者もそうなのですが、この人は"異邦人"の言ってしまえば一発屋と思われてるし言われる場合が多いと思ってたのですが、こういった年代順のベストを聴いていくと、それはとんでもない!という気がしてきます。詞は他の作詞家の物もありますが作曲は全て自分でしているというその曲自体が、その点では引きずっていると思われるのかもしれませんが、異邦人に顕著などこかオリエンタルやエキゾチックな香りが漂ってくるような主には旋律であり、それがこの人の強烈なオリジナルの部分でしょうし、この人の声は上手く言えませんが、曲によっては伸びがあまりないかもしれないと感じるにも関わらず、スーっと通って行きそしてアトモスフェリックに(曲)世界へ拡散していくようなとても素晴らしい声質との相性が、それは本人作&歌なので当たり前とも言えるのかもしれませんが、極端に言うとこの人以外の歌は認められないような、この人の為だけにある楽曲と思えてきます。とにかく、歌詞については他人作の物もありますし私的には歌詞内容は重視しないほうなので置いておいて、素晴らしい楽曲と歌声とそのハーモニーの妙がここにはあると思います。デビュー曲にてとんでもない超ヒットとなり、それゆえに外野である聴取者たちは「異邦人の久保田早紀」というレッテルを勝手に貼り、おそらくその事が自他共に呪縛のようになったのではと憶測しますが、しかしそんな外野はもう放っておいて自身はこのようにきっとのびのびとしたマイペースに戻って7thまで作って行ったという芸術家魂にも感服します。この人は真のアーチストの一人かもしれません。そして美人…


The Collection / The Erotic Drum Band

EDB
B級と言ってしまっては失礼かなと思うつつ、やはりこのファンク〜ディスコの世界でも少しだけ色物っぽさが漂ってしまうEDB(バンドとは言え実質一人のソロプロジェクトのようですが)の圧巻のコンピレーションです。3枚のオリジナルアルバムとアルバムバージョンとは別の12"バージョンまで交えてCD2枚にしているようです。繰り返すと音的にはディスコでも難しいこと一切抜きで純粋に踊ることだけに特化しているいわゆるブギーと言ってしまってよいと思うんですが、そういう風に言うならばディスコというあまりに大雑把なジャンル分け自体がそのブギーと全く同義とも言え、そうするとこのEDBは王道の直球ど真ん中じゃないかと思うんですが、流れで言うと冒頭のB級とA級との違いは何なのか?やそもそもディスコというジャンルが音楽界のB級担当ではないだろうか?とさえ思えてきます。しかし世の中はA級の物ばかりで成立しているわけがなく、それどころかA級という物は氷山の一角であり、B級さらにそれ以下によって支えられているとすると、もしディスコという音楽ジャンルが世界になかったとしたら世の中真っ暗闇だ、と思うんです。さて肝心のEDBのほうですが、DISC1のほうに収録のM"Pop Muzik"のカバーやDISC2に収録のヒット曲"Pop Pop Shoo Wah"に代表されるテクノポップテイストというかもろにテクノポップから、正当な?まさにクラブではなくディスコでかかる為にあるようなディスコブギーと言えそうなファンクベースの曲まで、一言にディスコといってもこの人なりにディスコとは?と解釈したような幅の広いまた頭でっかちでなく再現できてしまうという凄く才能のある人だな、とCD2枚を通して聴けば自ずと誰でもわかると思う好コンピです。それはやはり圧巻です。

DISCOGS


Psychological Warfare Technology Systems / Terror Against Terror

TAT
今となってはダークアンビエントの第一人者ラストモードと今はどうしているのか?と個人的には往年のピュアテクノの代表的な一人だったというくらいしか知らないラゴウスキーという大物(笑)二名による夢の共演ユニットによる唯一のアルバムのようです。と言いますかシングルリリースは少なくともDISCOGSには載ってないので、両者コラボによる唯一の作品なのかもしれません。結局両者は知ってる人は知ってるのかもしれない(しかしそれを知ってる人はたぶんそれなりの人物(笑)かく言う筆者はさっきレビュー用にDISCOGSを見て知りました)どうやらSPKのSide Effect関係者らしく、もしかしたらその関係でこのコラボに至ったのかもしれません、とは仮定ですが…まあそんな仮定は置いといて肝心の音的には力技ながらも所々精密なほどの計算的な部分を見せる、インダストリアルと言うよりもいわゆるEBMになるのでは?と思われます。いきなりですが中々の好作です。きっと大物両者のどちらかのライセンス関係の不認可により再発もされないまま廃盤状態のようですが、これは勿体無い。やはりメタル人力ハンマーメタルビート的?ヒューマンなテイストが多いインダストリアルと言うよりも打ち込み主体で時々この手のジャンルではお約束のようなテレビのドキュメンタリーからのナレーションのサンプリングなどが乗るという、ある意味典型的EBMじゃないかと思うんですが、まあ言ってしまえばその手の良く出来たテンプレートのような盤だと思います。そういった意味ではあまり意外性という面はないんですが、それも1992年という年を考えるとしょうがない事なのかなとも思います。逆に20年以上前にこういったハイパー(死語)メタリックインダストリアルビートをもう奏でていたという両者は凄いのかもしれません。但しもっと前にフロント242やフロントラインアッセンブリーやミニストリーもかな、そういった連中がやってしまっていた事だとも思いますが…まあ良く出来た優等生的ユニットと言えるのかもしれません。

DISCOGS


Rick Webb / Rick Webb

rickweb
こ、これは…この人の12"等アナログ盤をブログ上でレビューした人はいるかもしれませんが(かく言う筆者も収穫の際一度あり)このCD盤をレビューした人は日本広しといえども恐らく初めてではないだろうか?とさえ思うジャケの単なるおじさん加減に騙されてはいけない、いわゆるインディーソウルの隠れたベスト盤じゃないでしょうか。米国でもいわゆる大手資本がバックに付いている(その傘下サブレーベルも含めて)というメジャーなレーベルからではないワシントンDCのレーベルWashington Hit Makersという所が出しているそこの看板アーチスト、リックウェブさんのベスト盤的CDのようです。オリジナルアルバムではLPが一枚あるようですが、しかしそこからここへの収録は2曲のみで、この盤のリリース年である1991年までのシングル曲をほぼ網羅なのでベスト盤と言ってイイのでしょう。そんなベスト盤だからでしょうか、これが結構聴けるCDとなってます。インディーソウルとやらはやはりどうしても安っぽさが付きまとうと思うんですが、しかしそこが好き者にとっては主に米国のショービズ丸出しな商品〜消耗品には無いその素人っぽさがたまらないんじゃないかと思い、その辺はこのおじさんにも当然感じられ、だからなのか音楽を好きでやっている、とでも言っているような純粋さ加減と、それを聴くこちらとしては大げさに言うと心洗われようで、メジャーな物ばかり聴いている耳にはまるで説教のように?ビンビンと響いてくるようです。少し褒めすぎたかもしれません(笑)乱暴に言ってしまえば安っぽいR&B曲にも付き合わされる盤ですが、やっぱり地元で音楽好き連中が公民館や青年会のような所に集まって(とはいえ一応レーベルなのでスタジオ持ちなのでレトリックとして書きました(笑)音楽談義を交わしながら試行錯誤し作り上げていったかのような愛おしさを感じます。曲調的には基本R&Bで、1980年代後半なりのニュージャックスウィングやハウスやこれが少し頂けないのですがチークタイム仕様のバラード(しかしそれは米国メジャー、マイナー=インディーも含めたこの手のR&Bアルバムの宿命だとは思いますが)などです。まあ冒頭の話を広げると、世界でもこのCD限定で言うとレビュってる人はおそらく100人にも満たないのではないでしょうか。だからレビュってみた所もあります(笑)ちなみに店屋で500円で見つけて即買いでした。

DISCOGSなし


First Base / Babe Ruth

firstbase
イギリスはイングランドのバンドらしいベーブルースのタイトル通り1stアルバムのようです。そのタイトルに掛かっているように、個人名をバンド名に?や、かなりかっこいいジャケということ以外は予備知識ほぼなしながら、しかしここに収録のもしかしたら一般レベルからブレイクビーツネタとしてもあまりにも有名な"The Mexican"に筆者などがまず最初に浮かんでしまうのはジェリービーンによるカバーなのですが、このバンドのウィキを見ると、数日前書いたボンバーズによるカバーがまずあり、それを聴いたジョンベニテスもカバーしたくなってあの代表曲ともなった"The Mexican"が生まれたという経緯のようです。余談を書かせてもらうと、ボンバーズが70年代なりのディスコ仕立てにし、それをベニテスが80年代なりのエレクトロにし、さらにトッドテリーによって元のベーブルースとおそらくベニテスのサンプルに使用し、かっこよく無理に言うと80年代ではありながらも既に90年代のレイヴへの足掛かりとなったような彼流のハイパーなハウス仕立てにした"The Texican"が出来たのだと思います。そう思うと、元のベーブルースの偉大さと、それだけ上記アーチスト達に限らず多くの人をも魅了するほどの魅力的な曲ということになるんでしょう。しかしここで実はこの概論の進め方には重大な瑕疵があるわけですが、作曲のクレジットを見ると、いや見ないまでも聴く人が聴けば一発でわかる、これはEモリコーネによる「夕陽のガンマン」な訳です。つまり遡っていけばモリコーネの偉大さに行き着く訳ですが。"The Mexican"のことばかりになってしまいそうなので、このバンドの偉大さはこの1stを聴けばこれは誰でも分かりそうなほどです。アマゾンの人も書いてますがブルースを本質的なほど土台にしていながらも、そこへ今風に言うと上物などのエレメントにバリエーションがあり、もちろんプログレ的な複雑さから、そうかと思うと英米のポップスからやおそらく米国の同時代のハードロックからの影響や、それ以上かもしれないファンク〜ディスコというジャンルへのアプローチもありという一筋縄でいかない所は、このバンドにはそれらの素養ともちろん奏でるには練習をしなければならず、しかし誰でも練習をすれば奏でられるという訳でもなくそこにはセンスという才能も必要、という誰でも出来る事ではないと思うと、頭でっかちでもまた筋肉だけでもない、つまり文武両道なバンドだった気が1stを聴いているとしてきます。偉大なバンドの衝撃的なデビューかつロック史でも重要なアルバムではないかと思います。

DISCOGS

Electronique Guerilla / Heldon

subnade
I ♥ サブナード!といっても筆者のことなのでお洒落方面は無縁なのでもっぱら食い意地方面ですが。とにかく新宿は店屋が多すぎて飯時に目移りしたりどこがイイのかなどとお困りの貴方、そういう時は店数は少ないながらも様々なバリーエーションがぎゅっとコンパクトにまとまっているサブナード地下街をおすすめします。というか関東地方の人で行ったことない人はないような所だと思いますし、かく言う筆者もすべての店に入ってるわけでもないのでなにも偉そうに言うつもりもありません。しかし飯時に特に地上は広すぎるし新宿は店屋が多すぎるので、筆者などは選ぶ楽しさも通り越して、歩くのも含めてもうめんどくさくなるので、イイっすよサブナードはそういう時。定番の和幸とか(もう飽きたので入りませんけどね(笑)、正統的な和食屋はあるし、もちろん中華、デフレの象徴やすいうどん屋、それより予算が少しだけ余裕があるときはお好み焼き屋、小休止ならばチェーンのコーヒー屋が3店も集中し、低予算ながらも豪華にいきたい時は(笑)イタリアンからステーキ屋やタイ料理まである。すばらしいグルメホットスポットです。マジで思いますよ。もうサブナードしかいらなくらい個人的には。まあそこばかり行ってたらそのうち飽きるのだろうけどローテーションしても。しかし現時点では激おすすめに違いない。サブナード、宣伝しといたから1クリックにつき10銭くらいくれ。

eletronicguerilla
エルドンの1stですか、なるほど…これは実験的。今から40年も前にこのような音がすでに作られていたとは、少し信じられないくらいです。奇怪な電子発信音あり、アンビエントあり、ヘビメタなどという言葉が出る以前の金属的なギターのソロや、おそらくアナログシーケンサーのアルペジオ(循環)シーケンスで鳴らしている単なるシンセなどが今のデジタルDTM時代に聴くと逆に新鮮です。そうなんです40年という歳月をかけてまた一回りして巡って来たような新鮮さであふれてる気がします。凄く新鮮、それは例えば今の最先端風の音楽ジャンル(但しその方面はもちろん詳しくないので例えが古かったらごめんなさい)ギクシャクとしたようなジューク〜フットワーキンサウンドやチルウェイヴ辺りのアーチストがもしこういった音を新譜としてリリースしたとしたらどういう反応や評価が出るだろうか、衝撃的に受け取られるのではないだろうか?と、ほんとにそうなったら、というかきっとそうなるので痛快なのにとニヤニヤしながら想像してます。要は優れたサウンド(それは音楽とほぼ同義でかまいませんが…)はいつの時代に聴いても常に新鮮さを保っているものであろうし、そんな普遍性を持ってしまうのだろう、とこういった盤のおかげで気づかされた次第です。

DISCOGS

Popular Soviet Songs And Youth Music / Zoviet France

popularsoviet
ソヴィエトフランスの前にソヴィエトフランス無し、ソヴィエトフランスの後にソヴィエトフランス無し、というくらい?まずパッケージングありきのソヴィエトフランスじゃないかと思うんですが、これも1985年リリースの原盤はもちろんカセットテープだったらしく、それはDISCOGSなどを見てもどうやら陶器の中にまずカセットテープ(C90)2本とその他はっきり言って汚らしいようなインサート類もろもろが封入だったようで、どうもその陶器を割らなければ中身を取り出せない構造だったようです(一説には陶器の出来によっては割らなくても取り出せる物もあったようですが)。そしてその再発盤CDもまた問題でDISCOGSレビューの人を信じると、再発初版盤(1st Edition)は肝心の音楽が入っているCD3枚と、曲名など書かれているブランク(空)CD3枚がパッケージングであるフェルト素材に張り付いている物が正規じゃないかと思うんですが(つまりCD3枚+空CD3枚で計6枚)その音楽CDと空CDがなんと逆になっているバージョンもあったそうで、それを買ったレビューの人は普通のプレイヤーでは再生できず、なにせクレジット面にフェルト素材が張り付いているので、剥がそうとして割れたそうです。ある意味いや全くめちゃくちゃなパッケージングじゃないかと思うんですが、そんなそれも含めて、こちらは強制的にそれを楽しまなければならないのがまたソヴィエトフランスという、まあなんて事でしょうか…私がゲットできたのはDISCOGS画像から判断しても1st Editionか2nd Editionじゃないかと思うんですが、なぜなら3rd Editionの盤アートワークが違いますし、3枚を貫いている?ピンバッジは1st Editionと同じ物のようなんですが、しかし上記のブランクCDはありませんので。とりあえず聴くことができるブツでほっと一安心です。詳細は下記DISCOGSでどうぞ。そんな肝心の音は知ってる人には何の変哲もないいつも通りのソヴィエトフランス流アンビエントでしょうか。説明もめんどくさいですしあまり意味もない気もしてるんですが、それでは何なので端折って書くと、時々中東〜中近東系統のエスニックなエレメントが宙を舞い、時折途切れるという意味では純粋なドローンではないながらも大概ドローンミュージックと言ってよいような音楽ではないでしょうか。ああタイトル「ソヴィエトで人気のある歌とナウい音楽」の真逆という所でしょうか。それで各CD45→65→55分の計2時間45分に渡って浮遊感を堪能します。まあパッケージングなくしてソヴィエトフランスは語れないのかもしれません。

DISCOGS(視聴)

The Platinum Collection / Modern Romance

platinum
モダンロマンスのベストのようです。どういう事情か分からないんですが傑作1stや2nd、3rdまでLPはもちろんCDも再発などもされないまま入手困難な現在、それらアルバムの雰囲気も感じられるようなこういったベストは長宝かつ曲数も18曲で中には12"バージョンなどのシングルバージョンも聴けるという事で、これ以上のベストは今のところ存在しないと思われます。そういった意味ではタイトル通りだと思いますが、ただ基本は1stにコンパクトかつシャープに凝縮されて顕在してますので、出来ればその1stから聴いたほうが良い気もします。しかしここに収録の"Queen Of The Rapping Scene"の12"バージョンや彼らのテーマ曲と言ってもイイかもしれない"Best Years Of Our Lives"の7"バージョンと12"バージョンまで入っているような所は、こういった後の寄せ集め系ベストの最大の利点と存在意義かもしれません。そんなベスト談義を長くしてもなんなのですが、なぜなら音的なことはなんとなく書く気にならないほど、彼らの音楽はとにかく華やかで楽しい!これに尽きる気もしてます。ベストなので中にはあってもイイ気がするんですが、鬱でメランコリックなという曲は一切無いほど全編ハイテンションでまさに直ぐにでもパーティーが開けそうな雰囲気で満載です。もし家で静かにホームリスニングしたとしたらそれは疲れてしまうほど力強い物だと思います。聴いていると人生ってそう悪くないどころか、楽しくて仕方がない!と思えるほどではないでしょうか。やはりアマゾンなど見ても皆絶賛なほど、稀に見るまさにベスト的なベストだと思います。

DISCOGS


Bombers / Bombers

bombers
レーベルがWest Endだからでパラダイスガラージクラシックな一組だとか少し前に流行ったNu-DiscoのDJ達に再発見されてプレイされたなど、そういった情報はまあ気にならなくもないですが、しかしそういうのは結局先入観になってしまうので、音楽を純粋に聴く上で全く必要はありませんしむしろ邪魔になるであろうと、こういった70'sディスコの少しだけニッチな?ユニットの1stを聴いていて思ったので書きました。ボンバーズ、たしかに12"シングルなどは例の?West Endのラベルなので引かれますし、音も当時のレーベルカラーなのか、どこか奇を衒っているような(このユニットの場合は、スペーシーな感じを押し出しているようです)そういった意味ではB級感、言ってしまえばB級ディスコなところがSalsoulやPreludeといったよく一緒に語れるようなレーベルの当時の諸作品とも通じる感触はあります。またベーブルースの代表曲のカバーらしい"The Mexican"(元々はEモリコーネによる「夕陽のガンマン」サントラ曲、にベーブルースが歌をつけてハードロック仕立てにしたという)辺りはなんとなく胡散臭ささえ漂います。ただそれら全てのはっきり言ってどうでもいい情報を取っ払って聴けたらなあ、ともう知ってしまった今はそれが出来なくなってしまう妙な悔しさとそれが出来た場合には、きっと中々胡散臭くもなにか20世紀のポップミュージックの多様性の一つをここに感じるような事が出来る、しかしあまり日の当たらない隠れたような傑作の一枚、とさえ思うことができたかもしれないと想像します。ちなみにアマゾン掲載の邦盤は1st⇔2ndとジャケを取り違えているようです。

DISCOGS


Krang DJ Mixes / Kraftwerk

krandDJ
クラフトワークはブートレグキング?の一組だと思いますが、捨てるほどあると思うどこぞでのライブ音源は完全にスルーするんですが、こういった正規でもリリースしていて(但しプロモリリース)かつ、寄せ集め的ではない丸ごと収録の音源はたとえそれがCDRのような媒体であろうとも、このように買ってきます。正規にはやはりプロモ盤ながら、どうやら1997年にまとめてKling Klangからリリースをしていた(アルバムタイトルはブートらしく?Krangと間違ってますが(笑)、彼らに言わせると?DJ仕様な、しかしおそらくオリジナルリリース時の単なる12"バージョンや更にアルバムと同バージョンもあるようですが、要するに再発盤の全4枚の12"を全て収録してあります。正直たまりませんし便利です。この際CDRであるとか、もちろん上記アナログからの盤起こしでプチノイズがあるとか、べつにどーでもよくなります。至福のひととき!しかも↓DISCOGSは上4枚の12"のボックスセットのリストなので載ってませんが、CDRボートラとして電卓等含む4曲まで収録で、特にラストの映画「Breakin'」挿入歌だったらしい"Tour de France"のサントラ用なのかど派手なバージョンも相当イイ!も一つ"Musique Non Stop"もなぜかDISCOGSには2バージョン盤しかSubmit(載って)ないんですが、じつは3バージョン入り盤があり(昔購入→今処分(笑)その3バージョンとも収録されている!これはかゆい所にも手が届く!でも2バージョンが1曲にされちゃってるんですけどね、きっとA面2曲、B面1曲を各1曲にしちゃったからなんでしょう分からず(笑)。まあいまさら彼らの音楽についてとやかく言う事は野暮きわまりないのでしませんが、好き者にはたまりませんですよ。このショップで在庫ありのようですが、1500円でこれを買うかどうか?はある意味好き者かどうかのリトマス試験紙。私的にはCDRにして1500円でも、上記の熱さからもわかるように、買いだろうと思ってますが。私は790円也で買ったんだ!It's More Fun To Compute!

DISCOGS


livedoor プロフィール
Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives