KEMPIRE

How deep is your Love?

2011年02月

In The Beginning There Was Rhythm / VA

In the Beginning There Was Rhythm
話題沸騰の時事ネタに乗るのは偏屈者を主張するgoglemanさん的にいささか抵抗があるのですが(笑)いやカンニングもワールドワイド&グローバル化の波がここにも、といった雰囲気ですね。しかし少し前ならばもちろん小さい電卓など持っていようものなら即つまみ出されたと思うんですが、携帯は全員持ってるので回収はできないんですかね、これからは試験場にも金属探知機が設置されたりして。それが一点気になったのと、結局こそこそと携帯打つのだと思うんですが、その動き自体、明らかにカンニングでしょう。それを見抜けない試験官たちにも落ち度はあるのではないか。そんな小さいことよりも、将来的には紙の試験用紙は流行りの電子書籍ではないですがタッチパネルの試験パッド?などになる気がするので、それの予行演習だと思えばイイのでは?というか、そうやってITを活用する技術の高い者こそがこれから真の合格者でしょう。ニュースでは真面目に勉強してる人が気の毒的な優等生コメントを聞きますが、そんな要領の悪いやつは落第!

このSoul Jazzレーベルは名前からしてそうなんですが、過去のNW〜ファンク〜レアグルーヴまで、コンピ化&各ジャンルの渋めの大物の名作を大量にリイシューしてますが、そのセレクションが「わかりやすいな〜」という感じでいまいち食指が動かないのですが、これは安めだったので買ってみたところです。このコンピも筆者もそうなのかもしれませんが(笑)まるで最近NWファンク=ホワイト(ブルーアイド?)ファンクを知った若輩者がこの手では誰でも知ってるような、言わば反則に近いやはり素人の選曲のようなNWの金字塔曲ばかりだと思います。ゆえに、今も聴いてますが、あ〜も〜お腹いっぱい…という感じにもなりますが、各曲は時々むしょうに聴きたくなるような曲ばかりなので、たまに単曲を聴く際には重宝しそうですね。800円也。

DISCOGS

This Heat - 24 Track Loop

A Certain Ratio - Knife Slits Water

郷愁2.26

街はひたすら1ふきのとう - 街はひたすら
我が心の友、なぜ好きなのか分かりませんが、だいたい好きなのかどうか。しかし本当に好きってことは大抵そういうものだ。
visage2.Visage - Visage
同名のEPを再発見、昔一度見かけなにを思ったかその時はスルーしたら次の日くらいにはなくなってたブツなので今回は速攻で買いです。初期名曲のDance Versionとかでたまらんです。
DISCOGS
foreveryoung3.Alphaville - Forever Young (Special Dance Version)
これもDance Versionとやらについ引かれて買いです。まあ好きなバンドですが、これはけっこう淡白な80'sですね。
DISCOGS
betterlate4.Cover Girls, The - Better Late Than Never
カバーズ(略)でなにかサントラ曲みたいですね。B面の"Show Me"フルバージョンにしたい気もしますがベタなのでやめときますか(笑)
DISCOGS
diese5.DJ Hell* - Diese Momente EP
ここから試聴しまくりシリーズの収支報告書(笑)でヘル師匠によるセローネのカバー、Cクレイグも後にリエディットした曲ですがこのヘル師匠にインスパアされたとみた。
DISCOGS
toulouse6.David Carretta - Toulouse Is On The Map
Dカレラ君のはこの盤でした前勘違いしました…まどっちでもいいのですが。
DISCOGS
trinity27.Trinity, The - The Trinity
DJジゴロ系ばかりですが、しらんひとでまあまあかな。
DISCOGS
milch8.Milch - The Motor Years EP
ミルヒ?ミルチ?独なのでミルヒだろうね。しかしなぜかHフォルターメイヤー氏のクレジットが…
DISCOGS
echobeach9.Arc, The (2) - Echobeach
これも前書いてましたね、まあまあかな。
DISCOGS
20something10.Twenty-Something - Morphing Mirror / Mayflower
10年前のトランス。
DISCOGS
factor911.Factor 9 - Release Me
同じく、より古い感じがするスヴェンソン&ギーレン。
DISCOGS
vividskies12.Lucien Foort - Vivid Skies
上2枚と同じ2000年だが、こっちは文字通りプログレッシヴトランス(笑)
DISCOGS
degeneration13.Degeneration - Una Musica Senza Ritmo
上でリミックスしてるジョンジョンソンはわりと好きでしたがここでもやってるミックスは△で、とりあえずヨークのがまあまあ。
DISCOGS
leloo14.Minilogue - Leloo
上からはすこし深化したプロッグハウス。
DISCOGS
dirtyshifter15.Kenny Shifter - Dirty Little Self (Disc One)
Baroque Recordsつながり、ダーク&トライバルだけど、歌入りか…
DISCOGS
dayna16.DJ Nukem vs. Chab - Dayna
このチームは前あったと書いた曲と一枚違いましたか、まこれもどれでもよろしい。
DISCOGS
shaiva17.DJ Nukem vs. Chab - Shaiva
こっちはあってましたね、こっちは呪術的でよいかな、でも途中からは凡庸な四つ打ちになりますね。
DISCOGS
real18.Graham & Blades - Real
少し好きだったマックスグラハムとブリーダーの一人、非常に淡白なプロッグだが、ゆえに繋ぎ曲などとしては相当重宝するのだろうし、品のある良い曲。
DISCOGS
actingout19.Inkfish - Acting Out
こっちはエグイが、ピーク時にドロップすればそれなりに盛り上がるのではなかろうか、ま500枚限定ということで買ったのですが(笑)
DISCOGS
16b20.16B - Inbetween Your Choice / Ignas Fav
アフターアワーズはこの曲で(笑)もはや時代遅れの人かもしれないが、16B師匠はいつ聴いてもイイ。
DISCOGS
計2560円也。





Dance The 12inch! Vol.1 / VA

dance12inch
やっぱ西新宿はある意味天国だな、とはいえ時間の関係でバックトリップレコ○ズとヴィニ○ルジャパンと西ではないのでデ○スクユニオン(オルタナ館)しか回れませんでしたが、それにレコ買いすぎにつき非常に吟味をしたおかげで計6枚ですが、しかし他にも目ぼしいブツが満載で、例によって試聴しまくりで後々ゆっくり買っていこうかと計画中。舞い上がってちらっと言うと(笑)Last Few Daysのアルバム、ClockDVA,Fashion,The Chameleons,Play Dead,Blancmange,Cassandra Complex,SPK,Talk Talk等々の12"を大量に発見!ウキウキランラン春まっさかり〜しかしヴィニ○ルジャパン向かいのフレ○シュバーガーのコーヒーは少しシンナー臭い。

春先はやっぱりテンション高いですね(笑)でそんな中から厳選した一枚がこれなんですが…しかも若干高めの525円也。でもレディオ〜♪いいわレディオガガ〜この邦盤独自コンピ、といっても当たり前すぎてキータイプするのもめんどいですが(笑)もちろん今となってはどこにも無い廃盤LPですが、そんなLP中、やっぱりクイーン"Radio Ga Ga"につきる!あともまあ全て12バージョンなので、私的にはビリーアイドル"Rebel Yell"辺りのバージョンもたまりませんが、それくらいですね。

DISCOGS未掲載

Queen - Radio Ga Ga (Extended Version)

Billy Idol - "Rebel Yell"

What's THIS For...! / Killing Joke

東京地裁
本日は素晴らしい陽気でウキウキルンルン春気分!でしたね。そんな中、筆者は霞ヶ関の東京地裁に被告人として出廷です。ま、もちろん彼女の場合とは違って、些細な民事ですけどね。和解成立!
What's This for
キリングジョークの2ndなんですか、恥ずかしながら、1stは持っておらずまたちゃんと聴いたことすらないのですが、そんな筆者でもこのトライバルムードのズンドコとしたリズム隊は恐らく1stとはまったく異質のものであり、またこんな斬新なサウンドが30年も前に発表されていたという事に驚愕です。たしかにこのあたりのニューウェーヴ〜ポストパンクは当時のダブミュージックの熱狂的なムーブメントの影響を直接的または間接的にもろに受けていたと思い、Youthのベースはミキシング的にも異様なほど強調されており、はっきり言ってこのアルバムのメインではないか?とすら思います。そんなダブ直下の影響下で奏でられたニューウェーブではないでしょうか。650円也。

DISCOGS

Tension

Madness

郷愁2.23

throughthe1.Dawn Tallman - Through The Fire
巨漢(笑)ディヴァがなんとなく似てる気がするチャカカーンの名曲を歌う。
DISCOGS
masquarade2.Gerideau - Masquerade
上の人とコラボシングルもあるこっちもベテラン♂Vo.がレオンラッセルの名曲を歌う。
DISCOGS
smalltown3.Bronski Beat - Smalltown Boy / Infatuation / Memories
これは持ってなかった、BBの代表曲、12"は9分バージョン。
DISCOGS
fallingaway4.Boy (3) - Falling Away
やっぱり完全に上BBの真似でしょう。適当な名義と曲名やなにより曲調など。好きですよ。
DISCOGS
littleflowers5.Thomas And Schubert* - Little Flowers
イタロ〜ハイエナ帝国Fleaつながり、Fleaはたぶんこんなんばかり…
DISCOGS
comeinside6.Thompson Twins - Come Inside / The Saint
はずかしながら原曲は知らないのですが、このバージョン集はよい、全て当時のレイヴが入ってますが、それほどくどくない。本人達ミックスなのが少し意外。カムインサイ〜
DISCOGS
becauseof7.Cover Girls, The - Because Of You
彼女達の初期名曲を発見、恐らく彼女達の「フリースタイル」という意味では最高峰。"Show Me"が嫌いな人でも聞けるのでは(笑)
DISCOGS
bgirls8.Young & Restless - "B" Girls
恐らくコアなヒップホップマニアからは相手にもされないナンパヒップホップ、ゆえに筆者は好きである。
DISCOGS
pushyer9.Kurtis Mantronik - Push Yer Hands Up
カーティス(略)のいつごろの曲なのか、はっきり言ってソロ名義に馴染みはありませんが、これはマントロニクスでの"Bassline"を手前味噌サンプリングしておりゆえに好感です。
DISCOGS
銀色の世界10.ふきのとう - 銀色の世界
春だというのに季節を逆行したような曲。しかしふきのとうには心洗われる。
計1000円也。





Complete Works For Solo Tape / Luigi Nono

shima1
shima2
shima2
し、島さん…どうしたんですか…人生長く生きているといろいろなことがあるが、私の人生の中でも1、2を争う衝撃的なことだった…(某防衛大臣のパクリ)いやほんとに、女子アナがバラエティー系番組に出るときならばまだしも、普通のニュースでメガネ掛けてるのって私は初めて見たのですが…最初、もしかしてメガネ掛けてるの忘れてそのまま出てきちゃったのか?などといろいろ想像しましたが、一時間毎のBSニュースで結局3回ともこのメガネスタイルでしたね。これ、似合ってるのかどうなのか…まあ見ようによっては女教師風にも見えますが、でもこれはちょっとばかしどうだこれ?どっちかっていうとPTA会長?モンスターペアレンツ?あの人すこし変わってるからね〜でもそういうところも含めて全部好き…愛は盲目だな。おあとがよろしいようで…そんな事もあるわな。

Complete Works for Solo Tape
詳しくはありませんがイタリアの現代音楽家、故ルイジノノの何かテープ音楽のベスト盤のようです。テープ音楽といってもそのメインは電子音楽であり、様々な現実音や発信機などによる電子音を録音したマスターテープを今でもリミキサーなどは好んでする人がいますが、原始的な作業であるカッターで切り貼りしていくという手法で作り上げられている作品集だと思います。ただどこで切り貼りしたかなど、当たり前といえばそうですが、その場所が分からない為に、細かい作業なのか?それともマスターテープを延々流しているだけなのか?などは分かりません。まあもう一つ大雑把にいうと所謂ミュージックコンクレートなのでしょう。しかし現在のエクスペリメンタル系アーチスト達に与えた影響は計り知れませんが、この1960年代の時点でエクスペリメンタルというジャンルは完成されているような気にもなります。950円也。

DISCOGS

Musiche per Manzu (1969) [Part 1/2]

Musiche per Manzu (1969) [Part 2/2]

めっちゃ試聴するシリーズ5


ジャケもなくラベルも白ラベルで盤のRun Out面の型番(DDP001)から推測なので全く違う曲かもしれません(笑)できればこれであってほしい。

これは間違いなくこれ。それにしてもYTの人も書いてるけどこのビデオはなかなか凄い。

例によってもう誰も見向きもしないYoshitoshi物、ふつうすぎてつまらん。

個人的にはなつかしいのだがTiltのジョングラハムと知らん人のコラボ。けっこうふつうだな。

そのTiltも出していた個人的にもなつかしいレーベルBaroque Recordsが2枚くらいありましたけど1枚は忘れ、もう1枚はこれだった。

こいつもそこから出してたらしいインクフィッシュ?違うレーベルで白いシールだけがはってありましたけどDISCOGSによると500枚のみということらしいので買っとくか。

でもこれはダーク&トライバル(笑)でイイね。

同じ両者によるこっちはもっとトライバル、買う。

急激に違う感じ、このナンパさ加減はイイ。

これも買いですね、聞く前は少しなめてましたが、マントロニクスのソロ、けっきょく誰も真似が出来なかった自分の歴史的名曲"Bassline"を焼き直している。

Secondhand Daylight / Magazine

上戸彩
う、上戸彩ちゃん!と、ここにきて上戸彩ちゃんにはまってしまいそうなgoglemanなのだ。少し前までははっきりいってガキぽくまた身体もほっそい少女体型だな、と思っていたのだが、大人っぽくなりました、おじさんはうれしい!おっぱいもずいぶん大きくなったのだね。体型は少女型から変わらない部分が日本人的な胴長ではあるが、その細い部分(まあウエスト〜上10センチほどのアンダーバスト)とおっぱいのふくらみが目立ってきたのでそのメリハリがまた中々よい具合ですな。それにしてもちょっと前のNHKのドラマなどではちーっとも感じなかっただがな。この年頃の娘はまた急激な変化で化けますなあ。なに!?森田剛?にはもったいなさすぎる!ま、これもまたこの年頃なのですぐ別れるだろうけどな。イイ人と結ばれるのだぞ。あ、今検索したら、森田剛とはやはりもう別れてましたか…

Secondhand Daylight
しんずれいしました(加トちゃん?)レコフ○ン横浜西口店で例によって誰も見向きもしないエサ箱を漁っていた間ずーとホワイトライズのニューアルバム(2nd?)がヘビロテされており、まあ嫌いな音ではないので「おお、なかなかイイね…」とか影響されとりましたが、こうやって家に帰りマガジンの1979年の2ndを聴くにつけ、なんだ同じような音を彼らは32年も前に鳴らしていたのではないか、と今更ながらポストパンクの偉大さと未だに影響を与え続けているという奇跡的な事実に驚愕したんです。素晴らしい、未だに新鮮、フレッシュ!奇跡的ではなく奇跡。でもホワイトライズのニューも凄いね。こういうテキトーレビューのせいで買わなくなる人がもしいたら、勿体ない&彼らもかわいそうなのでフォローです(笑)なにせ、マガジンの未だに誰も触れることが出来ないほどの名作と筆者はつい比較してしまったほどなので(笑)

DISCOGS

Rhythm Of Cruelty

Cut-Out Shapes

Back To Nature

めっちゃ試聴するシリーズ4


トンプソンズ(略)のこれが誰も買わずずーとあるのですが、私もどうしようかと今日YTで聞いたところたしかに1991年なりのレイヴ入ってるミックスで古臭いですが、最高じゃないですか。
Dawn Tallman - Through The Fire
ディヴァ、しかしソロ作品は一枚も持っておらず、これを初めて買うか、というところ。スムース。

あとはまあ例によって80's攻撃かな(笑)もちろんしらんお姉さん。

Malcolm J. Hill氏はたしかこの盤だったと思うんですが…少し陳腐だな(笑)

ボーイ?はFalling Awayって曲のほうだった思うんですが、それがYTにはなくこのたぶん違う曲でしょうがなくお試しです。名前〜音も完全ブロンスキービートのパクリぽいんですが…

Tフィックスマー君?のはたしかこの盤。そうとう予想通り。

Dカレラ君?のはこの盤。純4曲でまあまあのようだし買うかも。

もっともしらない人が↑2枚もそうですがInternational Deejay Gigolo Recordsからの盤のよう。もうそうとう古臭い感じが愛しい。

あとは覚えとらんな…イタロ〜ハイエナ帝国だと思うFlea&多分サブレーベルのAsiaレーベル物でVeniceとかChip Chip?とかがあった気がするが曲名まで覚えられず。気が向いたら買ってきますよ。

郷愁2.18

dancing1.David Bowie And Mick Jagger - Dancing In The Street
この盤がめっちゃ浮いてる(笑)
DISCOGS
sweet2.Sarah McLachlan - Sweet Surrender (DJ Tiesto Remix) / I Love You (BT Mix)
アーチストらしい人つながりで(笑)
DISCOGS
monkey3.Midway - Monkey Forest
本日はトランスデーぽく、オランダのそのまんまのレーベル名からのトランス的にはヒット曲。
DISCOGS
worldinmy4.Talla 2XLC - World In My Eyes (Remixes)
まあたぶんヒット曲、タラ氏のオリジナル盤ではなくコズミックゲートなどのリミックス盤のほう。
DISCOGS
csharp5.Tomonari & Tommy Pi - C Sharp (Part One)
こっちは昔Part 2を郷愁したおぼえがあるその1のほう。Part 2も含め全バージョンベタトランスで最高。
DISCOGS
nevergoing6.Rapid Eye (2) - Never Going Back
スリルシーカーズって名義の方が有名だと思うそのまた別名義、これは3rdで1st〜3rdまでじつはこれでコンプリート(笑)
DISCOGS
ppk7.PPK (2) - Slave To The Rhythm
そしてピコット師匠降臨、我らが師匠が超80'sクラシックのカバーに挑む。
DISCOGS
baas8.Slusnik Luna vs Lowland - Baas
個人的にはなつかしいのだが、"Sun"の超ヒットがあった人ですか、比較的最近の曲。
DISCOGS
player9.Player - Infamous Player Remixes Vol. 8
けっこう謎が多いアーチスト&同名レーベルPlayerから、しかしリミキサーはこれ以上ないほどのビッグネームが集結で傑作リミクシーズ。これはテクノ。
DISCOGS
desynch10.Hacker, The - Desynchronized EP
でお約束どおり?ハッカー先生のEPでアク抜きです。チープでよい。
DISCOGS
計1000円也。





livedoor プロフィール
Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives