KEMPIRE

How deep is your Love?

2010年10月

High On Emotion / Shizuo

スーパーBIGチョコ
(スーパーBIGチョコゲットの図、誰かしらんけど)
スーパーの半額セールの帰り公園で一服するんですけど(タバコではありませんが)今日はいつも座るベンチになんと未開封のスーパーBIGチョコが!落ちてるもの食うのもどうか…とは思いつつ、未開封だし大丈夫だろう!と匂いをかぎつつおいしくいただきましたよ。穏やかなイイ日曜日だな。

high on emotion
あいかわらず収穫物ですが軽く書けそうなこれでも。静夫氏はよくしりませんがいかにもDHRぽさを体現してるような音ですね。一曲目などはまだRephlexぽいエレガントさを感じ、辛うじて2曲目もどういう経緯かはわかりませんが他のDJ Scudって人プロデュースの曲みたいでタイトルどおりジャングルぽさがありまだいけますが、その後はエンパイア総帥直系な感じのガバテイストのドラムンですかね。あ、3曲目もエレクトロオリエンテッドでまあまあですね。後半などたんなるライブ音源じゃないですか…値段相応の270円也。アマゾンでも1円。

DISCOGS

Tisan

郷愁10.27-2

der mussolini1.Deutsch Amerikanische Freundschaft - Der Mussolini
YT先出し物?で、代表的すぎる曲で申し訳ない、その5曲入りで全てオリジナルアルバム収録のコンピみたいですね。
DISCOGS
housecalls2.Nicole* - Housecalls
ニコール嬢?まえもJam Packedって曲郷愁した覚えはあり、Jam Packedはいまいちでしたが、こっちの方がよいかな。
DISCOGS
whereareyounow3.Cerrone - Where Are You Now
セローネ卿、いったいいつの頃の曲なのか、いや1983年というのはわかってますが、この頃卿はどんな勢いだったんでしょうか、そんなド80's曲。
DISCOGS
feelthebeat4.Mato Grosso - Feel The Beat
でなんとなく流れはレイヴへ(笑)この人は当時そっち系では有名な人だったみたいですね。このラベルがたまらないマイアミのレーベルから。
DISCOGS
lovethelife5.Danny Xtravanganza - Love The Life You Live
レイヴといえばこの人も忘れてはならないフレディバストーン卿、でもこれはNu-Grooveからでディープ〜ガラージハウスミックスで当時流行りのヴォーグが入ってますね。しかしこういうのも当時レイヴなどで入り乱れてたと思います。特によく分かってなかったUK?
DISCOGS
forevertogether6.Raven Maize - Forever Together
ジョーイネグロの昔の名義ですか、見つけたのは1998年盤でベースメントジャックス、フェイズアクションのリミックス入り再発みたいですが、どう考えても1989年原曲。
DISCOGS
horizen7.Tyme Forse - Horizen
この人を通らずしてレイヴ道は語れないと思うのですが、トッドテリーのいつごろの曲ですか、ほんとに年が書いてないですが(DISCOGSのもう一枚も)
恐らく、90年代初期の曲でしょう。そんな雰囲気です(笑)
DISCOGS
loonettunes8.Looney Tunes - The Looney Tunes E.P. Volume 3
我が心の師フランキーボーンズ師匠とその仲間達によるルーニーチューンズ名義ですが、第3弾があったとは知りませんでした。Nu-Grooveマークですが後身レーベルからの多分過去音源(ボツテイク?)の寄せ集めでしょう。しかし、そのどれもこれもが個人的にはたまりません!ハードハウス、ガバ、アシッドなどです!一押しかな。
DISCOGS
moveyourbody9.Ruffneck Featuring Yavahn - Move Your Body (The Remixes)
そんなとこですかね(笑)あとはまあ違う盤で何度も買ってる気がする2枚で、こっちはMAW肝入りのフロアヒット曲。
DISCOGS
bigtimesensuality10.Björk - Big Time Sensuality
彼女の曲では好きな方、しかしここは違う曲で、隠れてしまってあまり知られていないMAWによる2枚組み最後のダブがじつは最高。
DISCOGS
計2415円也。

Planet Pacific / VA

planet pacific
JNNニュースバード内コーナー「ラスト10ミニッツ」復活。いや一日の終わり23:50(実際には少し前だけど(笑)にキャスターのお姉さん達の中から一人が色っぽい感じで「今日一日最後のお相手は私○○○です…」とかいって一日のニュースから目ぼしいものをピックアップするコーナーです。それだけなんだけど、以前やっててなんでか中止になっちゃって、たぶんスタッフ一同編集等めんどくさかったんだろうけど、このたび復活です!あーこれでまた一日の(最後の)楽しみが増えたな。これでまたなんとか生きていける!命が長らえた…ほんとに。

収穫物ご開陳はめんどくさいので、これは収穫物の一昨日分からCDを一点。その前に、レイヴリバイバルは当然このあと来ると思うんですが、全体的には90'sが津波のように来て、その中の代表的なファクターの一つとしてレイヴ、アシッドハウス、ジャングル辺が温故知新でオリジナルと若輩者達によるリバイバル作品とが大量に入り乱れて盛り上がることでしょう、たぶん。というわけで、この手のレイヴ系コンピは本当に星の数くらいあると思いますが、そのほとんどが燃えないゴミ行きなのに対して、これはまだ分かってる方。というかこれも前半ですね。後半はウエストバムって人の6辺りから怪しくなって、その後は古いUKヒップハウスのリズムで、まあ確かにこれまたレイヴの中の一つのムーブメントだったかもしれませんが、これは来ないな(笑)いやヒップハウス自体はシカゴ方面のオリジナル物は来るとは思いますけどね。とにかく前半のグルヨシ〜シカゴアシッドのアドニスProd.のCharles B〜我らが?フレディバストーンの代表的名義Corpolation Of Oneときて、ご存じの人がいるか分かりませんけれどアンドリューコミス(Komix)Prod.のフリースタイルの曲〜詳細はまったく不明(DISCOGSにもこの曲しかなし)のDream IIIの軽いガラージハウス、とその辺りが聴きものです。あとはまあ10、ダブルトラブル&レベルMCの曲はさらにプレジャングル的でむしろ新鮮。450円也。↓DISCOGSで最高に聴けますよ。

DISCOGS

郷愁10.27-1

stop crazy1.Coldcut - Stop This Crazy Thing
コールドカットが2枚、これはTommy Boy盤プロモWパックで購入。試聴はAシャーウッドミックス。
DISCOGS
telephone2.Coldcut - My Telephone (Disconnect Mixes)
こっちは彼らのレーベルAhead Of Our Time盤で発見。初期代表曲だと思いますがそれのLスタンスフィールドの声が彼ら流メガミックス空間でダブ的に響き渡る個人的にはたまらないリミクシーズ。
DISCOGS
hypnosis3.Psychotropic - Hypnosis
レイヴ方面に行きますが(笑)こういう曲で泣いてくれる人はたぶん同志です。
DISCOGS
dont lead me4.House Master Baldwin* - Don't Lead Me
このラベルは未だにそそられます。往年のレイヴ〜アシッド〜シカゴデトロイト物まで網羅してたと思います。これはインナーシティのパリスグレイ嬢をフィーチャーでインナーシティくりそつなフレーズまでありますね。
DISCOGS
emb5.EMB - Dear John
インナーシティ繋がり、Sサンダーソンのレーベルから彼と仲間達カールクレイグ、MK、チェズダミアーなど、相当豪華な面子だと思うんですが、DISCOGSの人もこき下ろしてるように、たしかにボーカルが歌謡曲入ってますね。
DISCOGS
get it right6.Area 10 Featuring MK* - Get It Right
でもこれは素晴らしい、今や非常にレアなレーベルMasahiro盤を発見!MK師匠のレーベルですが、ゆえに力が入ってる気がする傑作EP!210円でしたけどありえない…DISCOGS
desirable7.Candy J - Desirable Revenge (The Saga Of Sweet Pussy Pauline)
デトロイトからシカゴへ、アーチストは辛うじて知ってますが、曲はもちろん初聞きです。シカゴらしく?すごい音圧ですけど、まあまあかな。DISCOGS
and i loved you8.Satoshi Tomiie Featuring Arnold Jarvis - And I Loved You
一応シカゴってことで、富家先生の初期の代表的すぎるディープハウス名曲ですか、邦盤CDSでは持っててそこに全バージョン収録ですが、レコで安かったので。いつ聞いてもイイですね。
DISCOGS
love and respect9.Paul Simpson Presents Carlos Sanchez Movement, The* - Love And Respect
クレジットのポールシンプソンやボイドジャービスはシカゴの人達ですがその他はNY系統?の人達。
DISCOGS
come inside10.Joe Claussell Presents Cosmic Ritual - Come Inside (The Loft)
上でもミックスしてるジョー氏本人名義、ジェフテギオムなどSpiritual Life系動員でまさにタイトルどおりの内容。画像のようなブルーヴァイナル盤で発見。
DISCOGS

本日分はこれくらいで、計2500円也。

Another High Exit / The Beatniks

Another high exit
収穫物から一点、これはもちろん邦盤なのでそれほどレアでもないのでしょうが、しかしあまり日の当たらない隙間ぽいブツだったので買いです。そんな感じで持ってる人は意外と少ないのではないかと思います。まあそんなに欲しいと言う人も多くないとも思いますが、しかし内容はやはり意外と秀作。ってビートニクスは今日初めて買いました(笑)なので現曲は知りません。有名な「出口主義」のリミックスアルバムですが、リミキサーの面子がなんとも当時流でバレアリックおじさんには涙なしには語れない面々です!808Stateのグラハムマッセイ、エイフェックスツイン、リアクト2リズム!ビルラズウェルなどですが、マッセイとエイフェックスは真面目なのか?卒の無い言わば職人仕事な気がします各々のスタイルですが。ラズウェルはまだまあまあなんですがリアクト2リズムは完全にやっつけてますね…バレアリックテクノミックスです(涙)しかし白眉は1、8、9と一番多い日本人Kay Nakayama氏で、よくは知らないのですが、日本のアンビエントレーベルChillscape / Vap Inc.(Vap傘下ですか…)の運営者らしく、ここでの仕事も依頼数のせいか力の入っているアンビエントテイストの曲の気がします。特にラストの9はナチュラルビブラートな高橋幸弘氏の声がミックスバランス的に強調されておりファンにはうれしい仕上がりではないでしょうか。概ねなかなか良い物です。450円也。

DISCOGS

Now And Then ... (Something Wonderful Mix)

What You Don't Know / Exposé

恋のダンス・パラダイス
前セダクションなども出てたしおなじくオーロラ三人娘のエクスポゼも聞きますかね。アルバムはこれしか持ってないエクスポゼなんですが、ま〜フリースタイル基本のビルボード系ポップソングのオンパレードですね。プロデューサーなどよくは知らないのですが、それはなかなか優れたポップソングの数々ではないでしょうか。超ヒットした1st"Exposure"の勢いそのままにプロデューサーなどが楽曲を乗りに乗って作り上げたのではと推測もできます。音楽の限らずどんなジャンルでもそうだと思いますが、世間に「お前らなかなかイイよ!」と認められた瞬間はもの凄い最大瞬間風速が吹きますね。ちなみに未収の(笑)"I Wish The Phone Would Ring"が大好きなgoglemanです。

DISCOGS

What You Don't Know


I Wish The Phone Would Ring (未収曲)

West Side Story / Leonard Bernstein

Bernstein 'west Side Story' of
うーん出身地なんですけど南品川の目黒川から屋形船に乗り天王洲の沖合いからレインボーブリッジ越しにお台場辺りの夜景でも見たい気分だな。もちろん江戸前のキスの天ぷらを肴に熱燗でもやりながら、和服美人の膝枕で芸子の姐さんの長唄をBGMにうとうととしたいものだ。 夜のノイズは発着枠が増えた羽田の国際線が管制空域の関係で上空を飛ぶようになったので夜間便のそれかな。皮肉にも天王洲のJAL本社ビルのほぼ真上を飛んで行くのではないかな。Where's my Maria? Somewhere over the raindbow? はオズの魔法使いか…ウエストサイド物語は最後の10分、つまりお洒落なエンドクレジットくらいしか見てませんが、今度きちんと見てみよう。

DISCOGS

Maria

Somewhere

70 Minutes Of Madness / Coldcut

Journeys By DJ: 70 Minutes of Madness
さて暇だし婚活でもするかな、その前にブログでも更新するか。コールドカットの歴史的?ミックス物のCDですか、オリジナルは1995年らしいんですが、再発希望の為か2002年の再発盤のようです。15年も前ということで今聴くとさすがに当時のメガミックスサウンドで、どこかで同じようなのを聴いたな、という雰囲気ですが、しかしUKメガミックスの本家だけあって古臭いとは思いません。はっきりいって普遍性を持ってますね。100年後のパーティーなどでもきっと聴けると思います。だいたい使われてる元ネタ自体、1970年代のファンクなども多用で(ようするにブレイクビーツ)そこへ当時いけてたテクノなど織り交ぜてる感じでしょうか。強いて難を言えば本家だけあってこんだけすげえんだぞ、といわんばかりのメガミックステクで一曲のDJ使用が短く、目まぐるしい所でしょうか。いや忙しない感じがメガミックスの醍醐味、という意味ではそこもプラス要素と言えますけどね。個人的ベースパートは本人達のブレイクビーツ(ツェッペリン"When The Levee Breaks")曲のM9"More Beats"から当時Rising HighがWarpに対抗してプッシュしていたインテリジェントテクノなベドウィンアセントのM10〜Bob Holroydという人の似非アフリカンミュージック"African Drug"へ掛けての辺りか、ルークスレイターのアンビエント"Grace"とロバータフラックのカバーJoanna Law"First Time Ever I Saw Your Face"をマッシュアップしてハロルドバッドのアンビエントへ繋げてる辺りですか。ちなみにタイトルはエリックB&ラキムでの仕事"7 Minutes Of Madness"へ引っ掛けてますね。やはり彼ら的にもあの仕事は大きな意味があったのでしょう。

DISCOGS



Journeys By DJ 5/8

郷愁10.23

rasputin1.Boney M. - Rasputin
ボニーMの有名な曲ですか、画像の邦盤で買いです。ジャケはどう考えても邦盤が一番ディスコぽい。でもDISCOGSに無し。
DISCOGS
atlantic dream2.Atlantic Dream - Dynamic Water
だれこれ、DISCOGSにもこの一枚しかないアーチストでハードトランスかな、レーベルがその手の名門Red Alertだったので買いましたよ。
DISCOGS
hold it3.De Leon @ DJ JamX* - Hold It
上とラベルが似てるんですが親レーベルArsenic Soundが同じだからなんでしょう、しかし曲も似たり寄ったりのハードトランス。でもこのチームは好きでしたね。
DISCOGS
dvno4.Justice (3) - DVNO
唯一のCDS、340円だったので。でもこの曲はどうなのかな?普通ですが最後のTodd Edwardsのミックスがおかしな感じでイイかな。
DISCOGS
cafe del mar5.Mental Generation - Cafe Del Mar (Underworld Remix)
いつもの100円雑魚シリーズとは変わって今回はすこし散財しましたが、それだけに豪華なラインナップなのでは(笑)大都会新宿はええなあ、これ探してましたが500円で発見!アンダワによる奇跡的リミクシーズ!
DISCOGS
Los Niños Del Parque6.Liaisons Dangereuses - Los Niños Del Parque
B面がレアぽそうだったので購入、Prod.自体コニープランクだと思いますが、ここではリミックスもしてます。原曲と変わりばえはしませんが正にハンマービート。
DISCOGS
lazy lisa7.Lazy & Lisa - Bad Young Sisters / Dedications
内容単なるツェッペリンブレイクはともかく、コールドカットのレーベルだったと思いますがAhead Of Our Time物はレアになってるので見つけ次第買いです、ただし安かった場合。
DISCOGS
mamacita8.Troop (3) - Mamacita
雑魚で(笑)Gerald Levert絡みのNJSですか、前見たところでは高かった気がしたので100円で見つけ購入です。
DISCOGS
smokin balls9.Idjut Boys - Smokin' Balls
一番高かった900円也、まあイジャッツは好きですし彼らにしては6バージョン入りと多めだったので貧乏性買いです。内容まったく想定内。
DISCOGS
boogie nights10.Heatwave - Boogie Nights
ムリに10個にすると、まあ落語の落ちみたいなものでどうでもよい感じが逆にいなせになるか、とこれでも。ヒートウェーヴの代表曲ですか、それの原曲無しの1990年版みたいですね。涙のサイモンハリス卿がお仕事的に無駄に引き伸ばしてますね。
DISCOGS
計3540円也。

Free / Ultra Naté

free
新宿二丁目のらんぷ亭はいつ行ってもすいてるな。というか新宿に限らず全国のらんぷ亭は常にすいてる気がする。大丈夫なのかと他人事ながらも心配になりますよ。今日も夜7時という夕飯真っ只中の時間帯に客は私も入れて5人くらいでしたからね、定員は30人くらい入れるのではないかな。少し外れとはいえ土曜の新宿の夜7時ですよ。5人って、最近涼しくなってきたとはいえ空風に土ほこりが舞ってるような寒さですよ。3F全部客席のマックは店の外にまで行列ができてたというに…収穫物から一点、昨日すでにユーチューブに上げてしまったウルトラナテのヒット曲でしょうね、今週同じくナテのヒット曲"Found A Cure"も収穫しましたが、あっちはフルインテンションなどによるなにか少しミーハーなハウス歌謡曲という雰囲気でしたが、こっちの方はナテとは相性のよい盟友?ムード?スイングによる作曲自体からのプロデュース("Found A Cure"もそうですが…)でリミックスはDISCOGSの人もベタほめな長丁場のA面12分+B面は軽くてジャジーなグルーヴが気持ちよいミックス+↓の展開など凝ってるようでけっこう軽く作ってしまったのではと推測するダブバージョンと、完璧な3本ですね。100円也。

DISCOGS

Free (Mood II Swing House Dub)
livedoor プロフィール
Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives