KEMPIRE

How deep is your Love?

2010年07月

The Sweetest Illusion / Basia

Sweetest Illusion
やっぱり小沢が本腰入れないとダメだな。セミが鳴きだしたな。外は夕立、薄暗い畳の部屋で窓は開けっぱなしの凄い湿度の中、汗だらだらで君と抱き合ったことを思い出すよ。若かったな。バーシアのサードなんですか、NGワードなんでしょうかマットビアンコすらまともに聴いたことないんですが、このアルバムの華やかな感じは好きですね。1曲目のヒット曲"Drunk On Love"からそんな大人の余裕な軽くジャジーな雰囲気で持っていかれます。続く曲もまたボサノバテイストのカフェバーサウンドですね。それで3曲目の中ヒットかな"Yearning"の少しシリアスでドラマチックなミドルテンポでバーシアが歌うバラードと来るという序盤は完璧な流れでしょうか。後はアルバム的な中だるみはありつつ、しかし曲自体の出来はすべて水準点は超えている、まあオシャレサウンドのオンパレードですね。

DISCOGS

Drunk On Love


Yearning

Afro-Desia / Martin Denny

Afro-Desia
ひさびさ変なおじさん(元義理の兄)小ネタ(←ビルボードトップ40の中村真里さん風)、まあしばらく見ない内に、といっても2ヶ月ぶりくらいだが、なにか丸くなったな。彼もきっと社会の荒波に揉まれたんだろうね、それ自体はイイことだが、少し面白みが欠け精彩も多少欠き、よりいっそうおっさん臭くなったな。元々は「しょうがない…」などで話を済ますのが嫌いなタイプだと思ったが、いまでも「しょうがない…」こそ直接には使わないが、しかしそれに順ずる「まあ、社会はどこでもそうなってるからね」など言うようになったな。彼も年には勝てないか、ずいぶん大人になったものだ。

夏はやっぱりマーティンデニーでしょう。ということで目についたこのアルバムでも。何枚目とか知らないんですが、まあ相変わらずというか永遠のワンパターンというか、ゆえに普遍性を帯びている似非エキゾチックポップでしょうか。恒例の美女の上目使い(デニー氏の趣味?)の後ろにはタイトル通りなのか?アフリカの民族を思わせる仮面が掛かっている、というジャケからインチキ臭さ満点ですが、内容も全く負けていない似非も似非、現地で実際に聴いたのか、または録音で済ませたのか、多分耳コピー一発勝負的セッションが続いてきます。しかしそのモノホンにはない、白人ならではなんでしょうか少なくとも黒人的シャッフル感をあまり感じない、生真面目なビートによってここではアフロビートなどを再現しようという試み、それこそが彼らの面白みではないんでしょうか。それでもデニー氏は洒落の分かる天才だとは思います。

DISCOGS

Swamp Fire


Aku Aku

Classic Paradise / Love To Infinity

Classic Paradise
今更だが大相撲中継を行わないというNHKの対応には正直びっくりしている。なんだかんだ言っても結局中継すると思っていたので、日曜から始まり翌々週の日曜に終わるという2週間を楽しみにしていた人はその些細な楽しみを奪われてがっかりしているのではないだろか、筆者も含めて。NHK、調査委員会など内部の事情にまで詳しくないのでそこは触れないが、とくに一連の不祥事から少なくなってきているとは言え、それでも楽しみにしているファンのことをこのままないがしろにしてしてしまって良いとは関係者一同誰も思ってないはずだが、結果的にはいっそうファン離れになるのではないか。まったく酷い事になったものだ。

リミキサーとしても通称ラブっ子としてここ日本でも一世を風靡したと思うチーム自身によるフルアルバムです。しかし邦盤のみなのでしょうか、CD2枚組みで出てます。アマゾンではもはや1円〜というもう10年以上も前の物ですが、しかし今でも充分聴ける、UKのポップなハウスミュージックとしては極上の部類に入るのでは。この手のアーチストはたいてい陳腐なR&Bやバラードでアルバムを消化するものですが、バラードは一切無し、R&Bはあるにはありますが、少なくとも陳腐な感じはしないのでそこら辺も好感です。CD2はモラレス、CJマッキントッシュ、ジョニーヴィシャスなど、今となってはなんとも時代を感じる面子による、しかしあまりお仕事的には感じないリミクシーズで満載です。持ってない人もアマゾンで送料込み341円ならば損はしないでしょう。

DISCOGS

Keep Love Together


Someday (CJ Mackintosh Cosmack Mix)

Show Me / The Cover Girls

最近気になるイケメン♂アナベスト3。
赤平大赤平 大
どうやら元テレ東→フリー→現在日経CNBC唯一の男キャスターのようだが、物怖じせずゲストコメンテターなどに質問をどんどんぶつけていく様はなかなか気持ちよい。受け答えも早く正確でクレバーだ。立て板に水。
中川 聡中川 聡
こちらは現役テレ東局アナ、経済ニュースモーニングサテライツで、いま池谷氏が夏休み中?のおかげで彼が見れる。時々番組進行の順番を間違えるなど、少しぼーっとしたところがチャームポイントだろうか。その度に滝井嬢につっこまれる。母性本能が強い女性にはたまらんキャラなのではないか。
斉田 季実治斉田 季実治
NHK首都圏ニュース845の気象予報士、平井さんからバトンタッチ。NHKなのでご存じの方も多いのではないだろうか。当たり前だが相当男前だ、ガタイもイイ、池田氏との受け答えも相手の質問をいったん受け止めてから、間を置き正確に答える。はっきりいってかっこいい。筆者が女だったら間違いなくほれている。それにしても全員ネットで画像が少ない…


Show Me
カバーガールズの超ヒット1stですか、タイトルソングが全ての始まりにして、けしてこの曲を超えられなかったとは言いませんが、商業的には一番売れたのでしょう。典型的なフリースタイルの曲ゆえに音楽的にははっきり言って陳腐な音楽性だと思いますが、しかしフリースタイルブームも去り、後にR&B方面へと活路を見出していく彼女達の変遷は興味深いものがありますね。乱暴に言うとこういうショービズのアイドルグループは売れなくなるとより陳腐な楽曲となって行き急速に失速するパターンが多いと思いますが、彼女達の場合は少し違い、この頃の浮かれたようなポップ性からだんだんとR&B的にクオリティの高い曲を目指すようになり、それなりに深い所に行ったんじゃないでしょうか。その出発点としてのデビューアルバムだと思います。DISCOGS

Show Me

Spring Love

Inside Outside

郷愁7.7

do you believe1.Beatnuts, The - Do You Believe?
唯一純粋なヒップホップでビートナッツですか、ファンではないですが、これはヒットしたのかな、安く売られてるのでそれなりのブツなのでしょう。DISCOGS
Earth people2.Dr. Octagon - Earth People
アブストラクトな方、初期のシングルはこれで大体そろいましたが、そんな中でもEP的な一枚でうれしいな。DISCOGS
Sound of NOW3.Nightmares On Wax - Sound Of N.O.W.
これも個人的にはたまらないEP、デラをフィーチャーした曲やラエ&クリスチャンによるミックスなど他盤で持ってたりしますが、EPとしてまとまってることに意義がある。DISCOGS
Bridge is over4.Various - The Bridge Is Over
これもまあA面はBDPなので純粋なヒップホップか、B面はめちゃくちゃな面子を勝手に集めている、ブートVA。でも楽しいDISCOGS
By your side5.Sade - By Your Side (Naked Music Mixes)
ブートつながりだと今月の?シャーデー、原曲は知りませんけど、ディープハウスリミックスか。なかなか気持ちよい。DISCOGS
You dont know6.Mass Syndicate Featuring Su Su Bobien - You Don't Know
ハウスでもガラージのそれもゴスペルハウスですね。この手ではそれなりのヒット曲のようでUKなどでもリミックス再発されてるようですね。買ったのはストリクトリーリズム盤。DISCOGS
resurrect me7.Marty Thomas - Resurrect Me (Lift Me Up)
しらん♂ボーカリスト、今やブレイズが運営するWest Endから、もちろんブレイズとヘックスヘクターリミクシーズのWパック。DISCOGS
Thank you poer8.Marty Thomas - Thank You (Power Of Love)
2枚目、ここでもブレイズがいかにもなガラージミックス。DISCOGS
Danger9.Rochelle Fleming - Danger!
こういう人の名前を見ただけで往年のディヴァだと知ってる人はそれなりのディスコジェネレーションの人だと思うんですが(笑)ファーストチョイスの三人娘の一人ですか、その人がソロでフリースタイル後のハウスで歌っている盤。イントロなどでファーストチョイスのサンプル使用。DISCOGS
Breathe Life Into Me10.Mica Paris - Breathe Life Into Me
比べるとずっと近代の人、しかしこの曲ってDISCOGSではトップに載ってますね。ナックルズ&モラレス師弟が当時なりの漂白されたようなグランドビートに。でもこの手のよさが分かる年頃になってきました。DISCOGS
Share my love11.Inner City - Share My Life
青春時代には寝起きを共にしたインナーシティーなんですけど、もうこの頃は興味なくなってたかな。しかしこういうのも今聞くとその完成度の高さに驚きますね。DISCOGS
Lite of brain12.Dirty Minds - Life Of Brian
今風になってくんですが、これは面白いのかな、よくはわからないファンキーなクラブハウス。DISCOGS
Electric13.Eyerer & Chopstick - Electric
もう4年も前みたいですけど、やっぱり今でもこういう淡々として感じがクール、みたいな風潮がまだあると思うんだけど、若者ではないのでノーサンキュー。DISCOGS
Bug on the beach14.Tiger Stripes - Bug On A Beach
こっちの方がまだよい、なぜならメリハリがあるから、メリハリはサービス精神の現われでしょう。DISCOGS
Git back
15.Chicken Lips - Git Back EP
で今ではその手の大御所?チキンズ(略)なんですが、DISCOGSでは一番上に載ってるし年も1999年と10年以上も前のEP、まあまあ。DISCOGS
各100円計1500円

郷愁7.6

Dog day1.Dog Day - Night Group
犬の日?当然しらんのですが、バンド名につられて買ってます。少し怖い雰囲気なのかと思いきやわりと素直な米オルタナロックでピクシーズなどを連想のポップさですね。DISCOGS
Dioyy2.Does It Offend You, Yeah? - You Have No Idea What You're Getting Yourself Into
今風だな、エレクトロクラッシュ?パンクディスコ?そんな感じ。DISCOGS
BSP3.British Sea Power - The Decline Of British Sea Power
基本的に100円だったので買ってますけど、2ndもまあまあだったので。DISCOGS
Ha4.Talvin Singh - Ha
これが2ndかな、まあ予想通りの内容。DISCOGS
Showtime5.Nitzer Ebb - Showtime
で筆者らしくオールドスクールへとさかのぼっていくんですけど、これは持ってませんでした、あまりに有名だったので。当然イイですね。DISCOGS
Mind bomb6.The The - Mind Bomb
これはまったく同じ邦盤で持ってましたけど、歌詞対訳付きのライナーノーツ紛失で買い直し、100円だったのでね。名作ですね。DISCOGS
dusty7.Dusty Springfield - Ev'rything's Coming Up Dusty
10年以上も前(1999)に60歳で亡くなってるんですね、若すぎますね。このアルバムはどういう位置にあるかとかファンではないので知りませんが。とりあえず和めますね。DISCOGS
E=mc28.Giorgio* - E=MC?
一番高かった1100円なので本命かな、名義もそのまんまジョルジオになってますけど、まあたぶん代表的アルバムですよね。どいつもこいつも真似した80年代直前1979年発表の言わば80'sサウンドのフォーマットのショーケース。DISCOGS
計1800円

Don't Fear The Reaper / The Bridewell Taxis

ryuchisyu
今日例の?1000円床屋でなにを血迷ったか頭の周りを刈り上げで頼んでしまったら、実際おっさんなんだけど、おっさん通り越してお爺さんみたいな頭になってしまいました〜(涙)お爺さんって刈り上げるじゃないですか、しかも私後頭部の一箇所が円形白髪症?みたいになってて、そこがまたなんとも目立つ、いや自分じゃ見えないからそれはべつにイイんですがね。それにしても全体的に爺さんの頭だよこれ…想像できると思うんですが、笠智衆さんみたいな感じ。拙者と笠智衆さんを一緒にしてはバチが当たりますがね…ま、繰り返すようですが自分の容姿ってのは鏡見ないかぎり分からないからじつはどうでもイイんです。むしろ自分の目に映る周りの人が容姿に気を使ってほしい。って言ってた奴がいたな。

dontfear
郷愁の宿題が勝手に溜まってるんだけど、相当量なのでめんどい(笑)というところで唯一のマキシシングルでも。こんなバンドいましたね、かなり地味だったんじゃないでしょうか。と、この曲しかリアル(現物)では知らんのですが、ブルーオイスターカルトの名曲中の名曲ですか、それのカバーですね。この曲は誰がどうカバーしても悪くしようもないほどの名曲だと思うんですが、彼らはけっこう原曲に忠実な感じにカバーしてますね。敬意を払ったんでしょう。+当時90年代初頭流インディダンスーフレイバーとなっております。グルーヴィーでサイケなオルガン辺り、インスパなどに近い。買ってよかった100円也。DISCOGS

The Bridewell Taxis - Don't fear the reaper


Blue Öyster Cult - Don't Fear (The Reaper)

郷愁7.4 7"編

喝采1.ちあきなおみ - 喝采
相当ベタなラインナップのなかでも一番くらいベタかな、そもそもマニアックな人間ではないのでね(笑)歌詞をはじめて真剣にみましたけど、人気歌手は元カレの死をしっても幕が開いたら恋の歌を歌うってやつですね。
子連れ狼2.橋幸夫 - 子連れ狼
萬屋錦之介バージョンもありますね、でもこっちでしょう。全部ですが、歌詞をまじまじとみれるジャケはやっぱりポイント高いです、ネット上でみるのとは風情が違いますからね(笑)帰りゃあいいが 帰らんときゃあ この子も雨ン中 骨になる〜
ケメ子の歌3.ザ・ダーツ - ケメ子の歌
A面はやはり好きにはなれず、素直なGSのB面。
青い果実4.ザ・ワイルドワンズ - 青い果実
ヒット曲かな、しりませんが、GSの中でもより軟派な雰囲気でよい。あんまりサイケ方面は好みでないんですよ。
ブルー・シャトー5.ジャッキー吉川とブルー・コメッツ - ブルー・シャトー
これはA面でしょう。それもしてもこの頃60年代のヒット曲は短いな。ライナーによると作詞も2分で出来たとのこと、それでレコーディングもこれ1時間くらいで終わってるでしょう恐らく。ヒット曲量産時代だな。
計500円

Titanic (Music From The Motion Picture) / James Horner

Titanic: Music from the Motion Picture (1997)
森崎友紀先生…美人料理研究家発見。知ってた人います?有名なのかな?まあ研究家や栄養士としての腕前はまだ定かではないですし、モデルさんのキャラクター作りの一環のような気もしますけどね…当方今の住みか神奈川県のケーブルTV「J:COM横浜」ではあまりにもローカルな番組をやっているのですがその中に地産地SHOW(地産地消ね)ってのがあってやはりローカルすぎて番組というか神奈川県の農林畜産物を使った料理コーナーみたいなものですが、最近知って森崎友紀先生目当てに毎回見ようかと思っているのです。おもろいっすよ番組自体、他にもたんぽぽっていう売れないお笑いコンビ()など出演でそのあまりにも「こいつら一生うれねえだろうな〜」っていう一種自虐的ギャグも個人的にはまってます。ブログ見てもらえばわかりますがルックスもかなりいけてない二人なんだけど、おもつまらなさ?のツボにはまると、かなりかわいく見えてくるから不思議。合わせ3人をこれからも応援してくぞ〜多分ほとんどの人が見れない番組でごめんね。見れる人は見てね。

音楽聴く気にもならんのでタイタニックのサントラ聴いてますよ。総指揮のJames Hornerさんですか、その人の映画音楽職人的曲と、ケルト風旋律を取り入れた具合が良い方向に出てる気がしますね。でもま、セリーヌディオンのメインタイトルソングに尽きるんじゃないかな。DISCOGS

How To Live 100 Years / 16B

How to Live 100 Years
まあ当方のは日記ブログなんですけど、長く続けてるとなにか思いいれや勘違いのようなものを感じる人もいるようですね。そこがブログってめんどくさいね。文字通り単なる、日記なんですけどねえ。あなたのサイトは日記ではないのかな?なにか夢のないタイトルのアルバムですが、ペルシャルーツのロンドン子らしい彼の2ndみたいですね。1stはなんとスヴェンヴァースのEye Qよりとの事、1stも傑作らしいんですが未聴なので分からず、しかしこっちの2ndはもうプログレハウス期に突入のようで、アルバムトータルの統一感はあります。試聴曲は唯一くらいのディープハウスですが。あとミニマルテクノやビッグビートぽい曲もありますが、それは少し退屈ですね。しかしプログレハウスの方のクオリティは高く、フロア用には12"バージョンの方なのでしょうが、こっちのアルバムはラウンジでこれ一枚ずっと流していても良かったんじゃないでしょうか。2002年発表ということでもう少しOut Of Timeなのかもしれませんが、しかし今でも上記のような用途としてもいけるのでは?とりあえず気持ちよいですね。DISCOGS

Doubt


Escape (Driving To Heaven)


Colours

livedoor プロフィール

gogleman

KEMPIRE(基本その日に買うてきた音源をいかにも前から知ってる風に語るブログ)

Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives
メッセージ

名前
メール
本文
読者登録
LINE読者登録QRコード