KEMPIRE

How deep is your Love?

May 2010

Die Peitsche Des Lebens / Der Plan

うーんド田舎の場末の酒場で売れない芸者と杯をかわしたい気分だな。演歌はなんでもいいのだが、出来ればラジオで小さい音で鳴っていてほしい。小さい音で聞く演歌は好きだ。長年の酒やら汁が染み込んだ、角がこすれて丸くなっている木のテーブルに、擦り切れてへこんでいる汚い籐のいすがある隅っこの席。すすけた有名人のサイン色紙となんだか分からない動物の彫り物と目玉が一個しか描かれてない汚いダルマなどごちゃごちゃと置物がある出窓の外で初雪が舞い降りる。もう一組いた中年の不倫風カップルは閉店も近いということでカウベルをからんからんとならして帰っていく。芸者も暗い俺に愛想をつかして「私も置屋に帰らなくちゃ、それじゃ」といってカップルを追うように帰っていった。店内に客は俺一人、誰もいない向かいの席をぼーっと眺めながらやる冷酒もまたいいものだ。しょうがない、今日は女将の二階に泊めてもらうか。年増の女将もきっと寂しいことだろう。



Die peitsche
ドイツのAta Takなど詳しいわけもなくただ時々耳にするこの手はたしかに魅力的ですね。冗談半分、マジ半分というような立ち位置の気がしますが、その塩梅が見事というか、センスあると思います。ドイツ人は基本的に真面目という勝手な先入観を持ってますが、ふざける時も真面目にふざけるという印象のアルバムですね。DISCOGS
Anders Sein

郷愁5.31

今日さんざんテレビのニュースでやってたので皆さんも見てると思いますが、例の一日40本というヘビースモーカーの2才児、気持ち悪いんですけど。あれ絶対2才じゃないよ。あんな2才児いるか。エマニュエル坊やとかの類で、俺と同い年くらいじゃないの?

Iloveyokohama1.横浜銀蝿 - I Love 横浜
A面が代表曲ですけど、個人的にはミルクチャンの替え歌EDのほうが馴染みがあるので新鮮味なし。しかしB面がある意味衝撃的!ヨコハマアンセムでしょう。夕ぐれせまる元町Date course!あの娘さそってチャイナ・タウンDinner time!最高気分じゃ〜ん横浜♪
Deeetron 12.Deetron - Fuse Presents Deetron Sampler 1
はっきり言って後はオマケみたいな物だが、これはプラスチックマンのミックスCDから12"としてカットした物のようですね。その1。DISCOGS
Deetron 23.Deetron - Fuse Presents Deetron (Sampler 2)
その2だが、ここではなんと言ってもFigers Inc.の曲。DISCOGS
Rush hour4.Population One - Rush Hour - Part One
デトロイトテクノ&ハウスの名作を再発しているオランダのRush Hour Recordingsからテレンスディクソンという人によるその名も"Rush Hour"だそう。DISCOGS
Hidden agenda5.Hidden Agenda (2) - Don't Fight It / You Can't Run
惰性で買ってる気がするNU-Groove物、なんとなく予想が出来ていた音。DISCOGS
Blow ya mind6.Lock 'N' Load* - Blow Ya Mind
ここら辺はほんとにどーでもよいオマケ、ハードトランス。DISCOGS
I walk alone7.Those Guys - I Walk Alone
しかしこれは問題作、Those Guysといえば個人的には"Tonite"などのディープすぎるガラージハウスをベースメントボーイズなどと作り上げてたチームだと思ってましたけど、これはすっかりプログレシッヴになっておる…まあリミキサーがそっち方面の連中だからか、と思いましたが、しかし盟友ベースメンツのミックスからしてプログレッシヴ。ベースメンツも時代の波に勝てなかったか?と感慨ひとしおです。やっぱ問題作だな。DISCOGS
Strings of life8.Strings Of Life - Strings Of Life
これも問題作っちゃ問題作、タイトル通り例の曲のなにかトライバルミックスだそう、いったい誰がやった事なのか。ちなみにトムミドルトンによるブートレグミックスも同じ片面プレスらしいので、奴かも?DISCOGS
計2500円也。

Always On My Mind / Elvis Presley

always on my mind
様々にカバーされてるエルヴィスの曲ですか、いやべつに詳しくないのでこの曲が彼やファンにとってどんな曲なのかとか分かりませんが、少しフォーク後のニューミュージックに通じる日本人受けしやすい旋律と編曲で解かりやすい曲だな、とは思います。しかし彼の声質なのでしょうか、彼が歌うことによって始めて意味をなすというか、極端にいうとこんな曲は彼しか歌っちゃダメ、という気すらしてくるエルヴィス名曲じゃないでしょうか。Girl, I'm so sorry I was blind. You are always on my mind.
DISCOGS

Elvis Presley - Always On My Mind

Pet Shop Boys - Always On My Mind (PSB流の悪意を感じる)

Pet Shop Boys - Always On My Mind Trance Remix (エルヴィスが天国で泣いているぞ)

Travelogue / The Human League

Travelogue
おーアニマックスでおお振り再放送ですな。アニメ見てる歳でもないんだけど、これだけは見る。一見、青臭いスポ根モノのようで全く青臭くないですよ。というか個人的にもっとも熱いと思う野球部などにどっかでコンプレックス持ってるんだろうな、と自己分析してるんだけど、その手を経験してこなかった者としてはこんなアニメでも見て擬似追体験してるんだろうな。しまっていこうぜーとかばっちこーいとかナイバン!(ナイスバント)とかリアルで言ってみたかった。言ったことある人いる?

ヒューマンリーグの2ndでしたか、何度か聞いただけで今まで何年も寝かしてましたけど、今回聞いてみたらとんでもない名盤のような気がしてきました。今流行ってるエレクトロポップの要素のほとんどはこの時点で出来上がっていたのではないかと思い、逆に言うと今のエレクトロポップのほとんどはこのオリジナルアルバム10曲のどれかの真似に過ぎない気もします。今のエレクトロポップ好きの若者で、このアルバムを聞いたことない人は必ず好きな曲はあるはず、聞いたならば「僕/私の好きなあの人はただの真似っ子だったんだ」と気づくはず。とりあえずこれが30年も前に出来上がっていたとは信じられませんね。DISCOGS

Dreams Of Leaving

The Touchables

Being Boiled

郷愁5.27

雅夢 - 愛はかげろう1.雅夢 - 愛はかげろう
あいかわらずうけ狙いで買った7"ですけど、普通にイイ曲だな(笑)
Rat Alert2.Jan Driver - Rat Alert
プログレハウスの人ですか、まあまあですけど、気になるのはB面Dubというのはべつにこの手のジャンルは歌物じゃないので最初からDubみたいな物じゃない。細かいか?DISCOGS
Vlammen3.Egbert - Vlammen EP
いっそう知らない人ですけど、去年の物ってことで今風テックハウスか。DISCOGS
Central Mouth4.Piemont - Central Mouth
筆者としては、最近のブツが100円で何枚かあったので若者と話をあわせるおっさんとして買ってきましたよ。とはいえ2008、9年あたりで既に古臭いブツなんでしょうね。これはミニマル〜テックハウスですね。DISCOGS
Opiate Opus5.Michoacan - Opiate Opus EP
こういうのもそうなんだろうね、80年代ぽくダサい感じのフレーズをあえて使ってすかしてる感じだね。DISCOGS
Bigbbear6.Big Bear - Your Favourite Dancer EP 2
これは’05ということで少し古い感じのディスコダブで落ち着きますね。B面は"I Feel Love"じゃないか。DISCOGS
Appetite7.Chin Chin (3) - Appetite (Chicken Lips Remixes)
チンチン?筆者的には充分ナウいチキンリップスによるリミクシーズですか、しかしやっぱりこういうけして熱くならない僕達みたいな感じは、すかしてんなよ!と思ってしまう。頭の固いおっさんとしてはね。DISCOGS
Tom select8.Discodeine - Tom Select
これも去年産ということで今風なんだろうね。でも少し情熱は感じるからまだイイかな。DISCOGS
It Is Time To Get Funky9.D Mob Featuring LRS & DC Sarome - It Is Time To Get Funky
やっぱりこっちが落ち着くな〜(笑)やっぱり今こそDモブでしょう!It Is Time To Get Funky!DISCOGS
Change10.Blow - Change (Makes You Want To Hustle)
そしてこれが一押しの1988年産、なので名実共にまた私的にもこれは立派な80's。デトロイトのケヴィンサンダーソンがリミックスしてるだけに往年の彼流アシッドテイストがある、というか303のベースラインを実際使っているウェアハウスレイヴ。DISCOGS
計1740円也。

郷愁5.27 洋楽7"編

なんども言ってますけど(笑)この時期は最高の日和ですな。日差しはめちゃ強いんだけど、今日など西高東低で北風が吹くと少し寒いくらいですね。湿度は低いし、日差しと風が相殺されてめちゃめちゃ爽やかですね。スキップって何十年もしてないけど、したくなる気持ちもわかる!したら捕まると思うけどね。それにこんな僕でも恋が出来そう。

Modern Talking - Cheri, Cheri LadyModern Talking - Cheri, Cheri Lady
ヨーロッパのみならず、まさに全世界的なワールドワイドヒット曲でしょうけど、はっきり言ってこれの一発屋さんではないかな?と思いましたが、この曲ほどではないにせよ、色々ヒットしてるみたいですね。しかも恐ろしいことに、いまだ解散せず現役選手のようですね。才能ある二人みたいなのでもしかしてこれからもヒット放つとか。DISCOGS


ABBA - Gimme! Gimme! Gimme!ABBA - Gimme! Gimme! Gimme!
マドンナの曲で見事にサンプリングされてた曲ですか、たしかに印象的なシンセフレーズですね。ミュンヘンディスコからの影響をもろに受けてますね。PVはありがちなスタジオ収録風景ですけど、臨場感があってイイですね。卓操作のシーンあたりがかっこいい。DISCOGS


IOUFreeez - I.O.U.
7"はこれが本命でしょう、B面もフリースタイル名曲Pop Goes My Loveですし。発見できて最高。いつきいても、イイ!おかげでPVも初めて見ましたけど、ジョンロッカ(左の方)が意外とチビ(まあ人のこと言えませんけど)だったのが印象的です。PVもかっこいいいねえ。たぶん今は無きだと思うNYのFun Houseには一度行ってみたかったねえ!DISCOGS

各100円也。

Letter From Home / Pat Metheny Group

Letter from Home
白く脱色された本革のソファーに埋もれるように深く座っていた彼女に僕は「じゃあどんなタイプの音楽が好きなの?」と聞くと、「変な歌が入るくらいならインストの方が好き」と彼女は言った。あまりに単純明快な答えに僕はある意味衝撃を受け、いまだにその答えに影響を受けている気がする。しかし、PMGのアルバムはもちろんほとんどがインストなのだが、中にぐっとくる♂ボーカルの曲が所々に挿入され、そのボーカルが実によいアクセントになっている。ポップス、それも我が国でその傾向が強い気がする歌至上主義にじつは昔から相容れない物を感じてきた筆者には、やはりボーカルとは楽器の一つとして機能している方がよいのではないか?と思える一枚。DISCOGS

Dream Of The Return

'77 Live / 裸のラリーズ

77 live
あれは立川だったのか、1977年のラリーズのライブからの帰り、僕はライブ前だからよせと言ったのに、君は焼酎とバーボンのちゃんぽんをくらってべろんべろんの状態だった。そんな状態でラリーズのライブを見たものだから、ライブ中から酩酊状態で吐かなかったのは奇跡だったけど、隣の客に喧嘩売られてもおかしくないほどグラグラと体をぶつけていたな。まあそんなライブなのでべつにおかしくはないけどね。当時のフォークくずれ、主にサイケデリック方面のバンドはみんなこんな感じだった。その後出てきたパンクバンドなんて比べたらかわいいものさ。なにせハッパを吸って参戦していた連中も多かったからね。あの時の君もおなじようなものだったけど。僕はといえば品行方正な好青年だったからなにもやらずに大人しく見ていたから、あの中では浮いていたな。真面目なオーディンスさ。しかしおかげでラリーズの混沌を堪能できたとも言える。あれはまさに目の前で繰り広げられた音による世界だった。この世の音すべてをぐっちゃぐちゃに掻き混ぜて、それをおにぎりのように凝縮し、こっち投げつけてた。こちらとしてはただそれを阿呆のように口を開けて次から次へと押し込まれていくままにするしかなかった。やっぱりシラフで聴くものではなかったかもしれないな。あれはラリってでもいなければ精神に異常をきたす。だから今のおかしな僕になったのか?君の方がやはり正解だったんだ。君はライブ後、なんにもわからない状態で僕に支えられながら小川のせせらぎに顔をつけて思いっきり吐いていたね。そこまでは僕も憶えている。しかしその後の記憶は僕も無いんだ。幸せなお母さんになってるかい。やっぱり君が正解。(フィクション)DISCOGS

The Night of Assassin (代替品)

郷愁5.22

ふたりの夏物語1.杉山清貴&オメガトライブ - ふたりの夏物語
ベタな歌謡曲シリーズで、こういう当時的ナンパな曲聴くとハートカクテルを連想しますね。
Lets groove2.Phat 'N' Phunky - Let's Groove
ナンパといえばこれもナンパ、少し名前は知ってた連中がEW&Fのやはりナンパディスコナンバーをカバーしてますね。DISCOGS
Ill do anythng3.Denroy Morgan - I'll Do Anything For You
これはナンパでも筋金入りですよね。彼の超ヒット、ほぼ一発の代表曲、のブートレグ。勝手にエディットでロングになってますが、穴のセンターがずれてて音最悪…DISCOGS
computer incarnation4.Various - Computer Incarnations For World Peace II
Jazzanovaのレーベルなんですか、そこのCDでも出てるコンピのサンプラー的12"でビッグネームもちらほらいますが、全曲そのCDに収録のようですね。DISCOGS
Tuning 075.Rodriguez Jr. - Tuning 07
しらんのですがミニマルなのかニューディスコ?なのかわからん片面プレスのカラーヴァイナル。DISCOGS
Acidkidz6.Acidkids* - We Were Wild
ここら辺の今風もわからんのですが、エレクトロクラッシュ系。DISCOGS
Delirium7.Owusu & Hannibal - Delirium
こういうのは少し古い感じでほっとする(笑)名門だったから買ってますがしらん人。DISCOGS
Love is stronger8.Sade - Love Is Stronger / Somalia (Remixes)
これはあまり期待しないで聞いた分、思ったよりよかったです。と今DISCOGSクレジット見たら個人的師匠DJデュークによる仕事みたいです。DISCOGS
I dont want see myself9.Terry Callier - I Don't Want To See Myself (Without You)
大御所ボーカリストだと思いますが、よくはわかりません。リミキサー2組の名前で買ってますが、両者普通ですね。DISCOGS
It aint nothin like10.Rae & Christian - It Ain't Nothing Like (The Nextmen Remix)
彼らがファーサイドをフィーチャーしてる曲みたいですね、ファーサイドをリミックスしてたのでお返し的コラボじゃないでしょうか。DISCOGS
You showed me11.Salt-N-Pepa* - You Showed Me
少し好きだったソルトンペッパ、しかしこれはどんな頃の曲なのかわかりません。A面がナンパリミキサーBen Liebrandでそれなり、B面がまだ聞けます。DISCOGS
Give it up12.En Vogue - Give It Up, Turn It Loose
終盤はR&B系大御所で、この手は某R&B系有名DJのミックステープに収録!とかで場所によっては高かったりするんですが、400円だったので買ってます。特別イイ曲だとは思いませんけどね。DISCOGS
Weak13.SWV - Weak
これも同上、ただこっちの方は好み。ていうか一押し。DISCOGS
tevin_campbell_goobye_ep14.Tevin Campbell - Ever Green Ep
最近のお気に入りテヴィンのしかしなぜかDISCOGS未掲載プロモ盤、表題曲含め純4曲+リミックスなどで少しおなか一杯です&You are always in my heart...
計3100円也。

We're All Alone / Rita Coolidge

We're all alone
久しぶりに変なおじさん(元義理の兄)が来たんだけど、その会話はともかく、はぶりがよさそうでB&Wの一組100万のスピーカーを買ったとか自慢していきました。型番きくの忘れた…それを言いに来たと思うんだけど、B&Wごとき、べつにうらやましかないね。くれ。

収穫物よりまた一点で、とはいえこの7"ですがYTなどではアホのようにアップされてるので意味はないかもしれませんね。ボズスキャッグスの曲で彼自身のバージョンももちろんありますが、この曲は彼女のバージョンの方が有名ではないのでしょうか。歌詞のことを書くのは野暮な気もしますが、微妙に後ろ向きな物にもかかわらず、人間喜劇よりも悲劇を見た後の方が幸福な気分になるそうです。100円也。DISCOGS


Boz Scaggs ver.

Angela Aki ver.
livedoor プロフィール
Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives