KEMPIRE

How deep is your Love?

September 2009

Deep Rage / Mirage

軽めに?ドラムンベースサウンドでも。このミラージュはも上げましたけど、ソースダイレクトって二人組みの変名ですね。前の曲はSDばりのダークコアというテクノロジーなドラムンだったんですが、こっちは一転アートコア寄りなので名義名の意義が一貫してない気がするのですが、まあよしとしますか。アクセントとなっているソウルフルなボーカルサンプルはアレサフランクリンではないかと思うのですが、違うかもしれませんね。DISCOGS

郷愁9.28

Eye Talk1.Fashion - Eye Talk (Mutant Version)
ファッションの12"を発見、よくは分からないんですが、正規盤とは違いカップリング"Slow Motion"が入ってない"Eye Talk"の3バージョン、もちろんA面のMutantバージョンとやらでしょう。Prod.とおそらくMixもZeus B. Held、彼のエレクトロニックポップセンスとファッション側ファンクバンドサウンドがイイ塩梅。DISCOGS
late Night2.Jeff Mills - Berlin / Late Night
これは大昔みつけてスルーしてしまっていた盤、まあいまさらな雰囲気も感じつつ、またいつ会えるか分からず、しかも安めだったので購入です。特筆は両面ともにDJピエール師匠がダブも含め各2づつ計4バージョンも行っているところですが、彼がテクノ系でお仕事をするときの超硬めのミクシーズでした。しかしミルズ本人のミックスがやはりベスト。DISCOGS
Say What3.Trouble Funk - Say What?
トラブルファンクの代表的な曲の12"も発見!いや"Drop The Bomb"につぐくらいの代表曲だと思いますけど、同名アルバム"Say What"にも何故か未収という不思議な曲ですね。なんでちらっと調べましたけど、どうやらライブアルバム以外のアルバムには未収録曲かな。やっぱり不思議な曲です。DISCOGS
River must flow4.John Rocca - The River Must Flow
ジョンロッカ発見!のち無事保護。今日のアナログは魅惑のラインナップだな(笑)いったいいつ頃のどんな評価の曲なのか、わかりませんが、ズールーというか不思議テイストな曲ですね。まあ今となっては貴重でしょう。DISCOGS
Matador5.Various - Everything Is Nice - The Matador Records 10th Anniversary Anthology
あとCDはべつにイイんですけど、これはマタドールの10周年記念コンピですか、3枚組みにして260円だったの買いましたよ。全部聞いてられませんけど、早十年も前ということもありラインナップが微妙に古い(笑)DISCOGS
hang-ten6.Soup Dragons, The - Hang-Ten!
彼らの1stですか、初期EPなどの編集盤なんですね。ジャカジャカしてますね〜若々しい勢いがあってよいんじゃないでしょうか。DISCOGS
Christin Death7.Christian Death - Past, Present And Forever
これも若々しいといえば若々しい、というか若気の至り、これもアナログEPにシングル曲など足した再発盤CDみたいですね。1曲目"Believers Of The Unpure"は名曲。DISCOGS
mojave38.Mojave 3 - Ask Me Tomorrow
彼の1stですか、NGワードだと思いますがスローダイヴをまだ引きずってる所がよいかな。DISCOGS
計2680円也。

ラヴ・イズ・オーヴァー / 内藤やす子

誰でも歌えそうな曲(笑)しかし最も有名なのはオウヤンフィーフィーさんのバージョンだと思いますが、この内藤やす子がオリジナルなんですねえ。大人オンリーの曲のようでいて(いや歌詞中の「酒」ってフレーズさえなければ…そこは惜しい)しかし若くても年を取っても老若男女、誰でも必ず一度は経験する、恋または一つの愛の終りの瞬間を物の見事に切り取った永遠の名曲。100円也。

Komodo / Mauro Picotto

ピコット師匠の代表曲でも。聞いてもらえばお分かりの通り相変わらずの師匠節ハードトランスなので特に書くこともないんですが、この途中ブレイク部のアフリカンなコーラスは誰なんでしょうね。ディープフォレスト辺り?ディープフォレスト自体も原住民のコーラスを録音か何かしてパクってるので一層出所は分からないわけですが。ちなみに大量に存在する他の人リミックスを全部聞けるわけもないので分かりませんが、個人的にはこのWパックB面"Alternative Mix"とやらが一番分かりやすく(ポップ)やたら長くもない、硬軟+緩急ともにイイ塩梅なので好きですね。DISCOGS

Fantastic Voyage / Lakeside

レイクサイドの超?ファンクでも。名曲ですよね。一応80's('80)なんですね、ほぼ同時代でしょうけど、カメオとかこのブリブリのファンクには相当影響受けてるんでしょうか。お互い様かな?なんと言ってもブリブリのシンセベースとチョッパーベースのW攻撃に尽きるような気がしますね。NGワードのような気もしますが、タイトルそのままでクーリオが超ヒットさせましたね。懐かしい話です。DISCOGS

Love Like Blood / Killing Joke

やはり好きなこの曲「血のような愛」とは直訳だけど、まあこのエクステンデッドも無駄に引き伸ばし作戦のような気もしますが、好きな者にはその微妙に長い所がお得な感じがします。地を這うようなユース師匠のベースライン&音がなんと言ってもちびりそう(失礼)加えて指一本弾きみたいなLow keyのピアノとの絡みが聴き所。あとはまあコールマンだっけ?の歌はさすが元祖ゴスでナルシチックなのもよいね。DISCOGS

I Love You / John Creamer & Stephane K

一時期勢いのあったと思うプログレハウスな二人組みジョンクリーマー&ステファニーKの代表曲だと思うんですけど、原曲ではなくより最高なハイブリッドによるリミックスをユーチューブにアップしたら、ほとんど人気のない我がチャンネルとしては、比較的ペイパービュー(うそ)されとります〜ご報告。タイトル通り、おまえをいつでも見ているよ、昔から今もこれからも、だって俺が必要だろう?というような勘違い野郎のストーカーソング。DISCOGS

郷愁9.21

鳩山首相は大丈夫かな…サラブレッドのおぼっちゃまで超エリートなんですって?皆さん昔から思ってることでしょうけど、かなり頼りないですよね。周りのブレーンが優秀だと思うので大丈夫かな。いやスルーしてもイイんだけど、やっぱりねえ、一応我が国の長なわけですし、気になるわけです。

Freak a zoid1.Midnight Star - Freak-A-Zoid / Operator / No Parking On The Dance Floor
ミッドナイトスターのもっともダンサブルな代表曲集的12"を比較的安く発見!475円也。うれしいなあ。まあなんと言ってもA面、エレクトリックディスコの金字塔"Freak-A-Zoid"のよりダンス仕様のリミックスでしょう。もちろん始めて聞きましたが、この頃はリミックスといっても突拍子もなく原曲とは違わず、しかし故により躍らせるために計算しているぽいストイックなリミックスで最高です。B面"Operator"のエクステンデッドも同様。ダンスフロアーの神様ありがとう(笑)DISCOGS
Ego Trippin2.De La Soul - Ego Trippin' (Part Two)
本日のデラソウル、というかTommy Boy(笑)比較的ヒットした曲のようで、店によって値段が違うのですが、他店では800円くらいだったのに見つけた店屋では500円だったんで購入。まあ内容は結構渋めの曲ですね、オリジナルミックスなど地味なくらい。個人的にはB面ミクシーズが多少派手にされており好みでした。DISCOGS
Cascades of colour3.Ananda Project, The - Cascades Of Colour
才人だと思うクリスブランの今のメインプロジェクトの実質デビュー曲のWパック。というまあ豪華なようでめちゃくちゃな面子のような気もしますが、ジョー氏の相変わらずスピリチュアルなミックスや何故かベンワットやルイダシルヴァという連中のミックスをエディットしてるダニーテナグリアなど参加です。しかしこれだけあって本人リミクシーズ2本がやはりベスト、というかここには未収のアルバムバージョンがベストミックスですね。DISCOGS
what will tomorrow4.Femi Kuti - What Will Tomorrow Bring?
以前は一枚バージョンを郷愁した曲のWパック。その時のミックスとはどうやらダブらないようですが、もちろんここでもレーベルオーナー、ジョー氏のミックスがメインなんでしょうけど、やはりジョー氏外しで(笑)違うカップリング曲をスラムモードがミックスしてる物でも。アフロディープハウス。DISCOGS
計2690円也。

シクラメンのかほり / 小椋佳

めまい
いやーシルバーウイークはなにかと疲れるわい。そこで収穫物から一点のみ、ここは小椋佳でしょう。もちろん詳しくもないんですが、銀行マンだったんですよね、SSWの道を極めるために辞めたんでしたか。まあウィキで調べれば一発なんでしょうけど。そんな社会人とSSWの二足のワラジを成功させたと。立派な人です。このシングルはA面「めまい」よりもB面「シクラメンのかほり」でしょうね。小椋佳はロマンチストだな〜声ももちろん素晴らしい。100円也。

Rock Me After Midnight / Arabesque

シルバーウイーク真っ只中なのでアラベスクでも。これノリノリですよね、私は最高だと思うんですが、いかがでしょうかね。ギリギリ70'sで、所謂ミュンヘンディスコ成熟の匂いがするのですが、洗練された商業的ディスコミュージックここにあり、という感じです。ちなみに邦盤のみシングルのよう。ナイス!(笑)DISCOGS
livedoor プロフィール
Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives