KEMPIRE

How deep is your Love?

2008年12月

18番街の奇跡 / 岩男潤子

18番街の奇跡

株が暴落したり円は13年ぶりの円高水準になったりと、師走ということも重なり、年を越せない人々云々等、景気の悪さについて大騒ぎになってる気がするが、かくいう筆者もニュース等であまりにも騒ぎ立てるので「世も末か?」などと高々メディアごときに踊らされそうな瞬間もあるが、良く考えると日本などまだまだ、世界を見渡すと情勢不安の南アや海賊事件で話題になったソマリアなど、主にアフリカ方面では街もおちおち歩けないような酷い治安だあり(一説によるとリアル北斗の拳状態だそうだ)そんな所と比べればまるっきり裕福なヘヴンではないか、と一種の刹那的な優越感に浸っている本日。

そこでクリスマスへの高まる気分をいっそう高めようと、少し好きだった声優、岩男潤子さんのオールクリスマスソング集であるこのアルバムを聴いてみる。最初から最後まで、どっぷりとクリスマス気分であり、しかもソング毎の合間に声優ならではのたまらない語りや小劇などが挟まり、これ一枚聴き終わる頃には天使が降臨しラッパのような物を吹きながら私の周りをくるくると回るのではないか、と思えてくるほどだ。ちなみに岩男潤子さんはやはり主にアニメ関連の作編曲家として有名な山本はるきちさんとご結婚されて、もう人妻である(残念)。それはともかく、これほど幸せ気分にさせてくれるアルバムも他にあるまい。奇跡。


クリスマスケーキの宝箱〜White Christmas

郷愁12.10

昨日の収穫で。
In Mid-Air1.Charlemagne Palestine - In Mid-Air
怖い奴から、とはいえロマンチックだとも思います(どっちだ)まったく名前が読めない人ですが、DISCOGSによると米国ミニマリズム運動の代表的ひとりだそう。同じくトニーコンラッド氏とのコラボ作品(CD)などもあるようです。1967〜1970年にかけての作品集で、けっこうツボな正弦波のみの小曲1曲目〜やっぱり怖い感じの長尺な曲まで、聴きようによってはレトロSFのUFOの音に聴こえなくもない、というかそのもの。そんな気持ちの良い環境音。1470円也。DISCOGS
PMG2.Pat Metheny Group - The Road To You
ウェザーリポートかPMGか?というくらい、気づくと大量に放置してある彼らですが、ゆえに買う気がおきなかったりしますが、これはさすがに安いので買いです。ライブ収録のようですが、上とは全く違った意味で気持ち良いですね〜こんなことならば片っ端から買っていってやろうかしらね。74分の天国が210円也(コストパフォーマンス高すぎ)DISCOGS

夜空の星 / 加山雄三

夜空の星
繋ぎ?で若大将。A面曲はあまりにも有名な「君といつまでも」ですが、それはさすがにいろんな意味で厳しいですね聴くの(笑)ここはやはりB面「夜空の星」ですね。両曲ともに映画「エレキの若大将」主題歌「君といつまでも」&挿入歌「夜空の星」ですが、やはりどう考えても映画タイトルにマッチしてる曲は「夜空の星」。ベンチャーズ来日時には競演できるほどの若大将のエレキさばきが堪能できますが、でもこのエレキ、編曲を手掛けている寺内タケシだったりして…バックバンドも寺内タケシ&ブルージーンズ、それよりノリが良い。こういうノリって普遍的だと思いますが。まあ当時だとゴーゴーダンスとか(ツイストってまだなかったのかな)太陽族(カミナリ族は不良なので若大将の敵です)などのアイビールック出現一歩手前の若人たちが踊ってたんじゃないかな。ま半分くらいウケ狙いの7"ですけど。相変わらず状態が悪い(怒)まあ時代物('66!)なのでしょうがないかな…100円也。ちなみに定価330円!あんまり安くなってないじゃん…

夜空の星

郷愁12.8

昨日の収穫です。

test dept.1.Test Dept* - Pax Britannica
本日のテストデプト、いや先月購入のアルバムも良かったので。そしてこれまた傑作…いや〜先月彼らの90年代的展開はいまいちとか書いてますが、とんでもない!わたくし勘違いしてました。まこれも91年物と90年代入ったばかりなのでこの後はよくわかりませんが、少なくともこの時点では、完全に彼らの美学である若干ファシズム+中世〜近代宮廷音楽的展開で、全く持って個人的ツボです。少しライバッハかな。ちなみにタイトルはパクスロマーナに習ったイギリスの植民地政策時代〜産業革命辺の平和をさします(ウィキペディア)。途中、なんとなくベルリン天使の詩やサウンドオブミュージックのパクリのようなフレーズやポエトリーリーディングなどもあるいわゆるシアトリカルですが、とにかく最初のパリー「エルサレム」からして一気に持っていかれましたよ。凄い!662円也。DISCOGS
der plan2.Der Plan - Geri Reig Und Normalette Surprise
デアプランやAta Takレーベル等いわゆるノイエドイッチェヴェッレ(ジャーマンニューウェーヴ)は門外漢ですが、こういうお得盤は買います。彼らの1st+2ndのニコイチです。こういうボリュームの盤をざっと聴くと、あまりにも素晴らしいので敬遠してたことを後悔しますね。恐ろしいことに捨て曲無しです。聴きこんで、もしかしたら別枠にて(相変わらず適当だから期待はしないでね)1323円也。DISCOGS
rune lindblad3.Rune Lindblad - Objekt 2: Electronic & Concrete Music (1962-1988)
いっそうさっぱりわかりませんが、DISCOGSによると、スウェーデン出身で絵画やフィルムワークなどもこなしたエンジニアリング上がりの現代音楽系アーチストのようですね。お亡くなりになってます。店屋で試聴してわりとツボだったので購入ですが、いわゆるミュージックコンクレートでしょうか、1曲目こそ弦楽器をノコギリで弾いてるような、黒板を爪で引っ掻いてるような不快なノイズですが、その後はわりとまともで、というよりも今のアブストラクト系やエレクトロニカ系と遜色ない電子音の渦のような曲もあり、家で聴いてもやっぱりわりとツボでした。電子音楽先駆者の一人でしょうか。1050円也。DISCOGS
浅田美代子4.浅田美代子 - しあわせの一番星
アク抜きで浅田みっちょん、寺内貫太郎一家挿入歌ですか。どうでもいいけど状態が悪いよ…100円也。

生きるってすばらしい/豊川誕

豊川誕
なんというか今日の収穫からの7"です。この人もちろん知りませんがさっと検索したところそれなりの知名度の人みたいです。ご存じの方いますか?(ジャケが満載のサイト、ひかる一平とカップリングですが…)でまあはっきり言って興味ないのですが、このタイトルと時代がいまいち分かり難い白黒ジャケに少しだけ萌える爽やか少年だったので買いました。しかし、音痴です。それと上記サイトで分かりましたが、生い立ちが孤児だからという設定のA面曲が暗いんです。作曲は平尾昌晃先生なんですが、ジャケの彼とギャップがあって曲調が若々しくない。タイトルの真逆で少しだけ死にたくなりましたよ…。しかし、B面の方がより彼のキャラクターに近い気がする爽やか恋歌で、圧倒的に良い。でもタイトル「希望くん」はあんまりでしょう。という誕生の誕をジョーと読ませる豊川ジョー君でした。

希望くん

Can't Stop / Richard Rogers

richardrogers
例の「篤姫」見てて勉強になりましたが、版籍奉還は版だったんですね、わたくし廃藩置県とごっちゃになっていて「藩籍奉還」と間違えて覚えてました。で見てて、あれ?これ藩の誤字じゃね?NHKも間違えることあるんだねー肝心のテロップで。もし受験真っ只中の受験生が間違えて覚えたらどうするの!って思ったわたくしの方が間違っておりました。

ハウス系メイルボーカリスト、リチャードロジャース、唯一のアルバムです。3曲にてディープハウス神マーシャルジャファーソンが絡んでおり、時代的には彼の全盛期から若干ピークアウトした頃ですが、それでも彼の全盛期の余韻がもちろん残っているディープハウステンプレート的2曲がたまりません。但し、それが最初の2曲でその後は、以前書いたやはりジェファーソンが絡んだ2曲のみを聴けば良いCe Ce Rogers「Ce Ce Rogers」や、またR&Bのアルバムのほとんど全部が同様ですが、アルバム消化曲的どうでもよいバラード系などもあり、もし聴かれる方は最初の2曲だけどうぞ、という内容です。しかし、じつはバラード系が染みてきてる年頃になってきました。ルーサーヴァンドロスなども聴けるようになるとは10年前には想像出来ませんでしたよ。

DISCOGS
Spread A Little Love

Last Rights / Skinny Puppy

Last Rights
さっきまでNHKでやってた裁判員制度、こわー私絶対なれない…あんな精神的重労働は他にないでしょう。やってたのはもちろんまだ模擬裁判で、被告&証人は俳優さんでしたが、裁判員に選ばれた6人は極普通の人で、かなり厳しそうでしたね。それも殺人事件、バーチャルな再現写真とはいえ生々しい現場の写真を見せられたり、被告の母や被害者の娘など、俳優さんが上級だったのか?演技が真に迫っており私も「これ本当の事件じゃないの!?」と思ったのはうそですが、でもそれくらいな物。あれ裁判員に選ばれてその後トラウマになる人、絶対いるでしょう。鬱になったり自殺者ももしかたら出るのでは。正直裁判員制度はイイものなのかどうか、疑問に思いましたよ。

大体私は人が人を裁く事自体疑問で、裁判官だろうが何だろうが、この世に人を裁ける資格がある人は一体いるのか?と常日頃思ってますけど。他の人はしらんけど少なくとも私は罪人だと思ってるので裁けないですね。特に死刑。死刑制度は廃止した方がよいと思っていて、長くなるのでここでは書きませんけど、結論を言うと死刑からは何も生じないし、被害者遺族と地域社会への治癒と配慮や社会的見せしめや法治国家だし無くしたら犯罪の歯止めが効かなくなるなど、理屈は分からんでもないけど、だからといってまた人を殺すのはまず心情的にも、また何より人を殺したという事実に対峙した時、理論が矛盾してる気がしてますが、どうでしょうか。まあ私は半前科者なのでもし通知が来ても立派な辞退理由があるから、多分断るけどね。

前段が長くなりましたが、スキニーパピーです。持ってるアルバムは確か2枚だけですが、こちらは大傑作でしょうか。リーダー的人物が亡くなってしまったので解散状態らしいのですが、それでも未だにインダストリアル系ジャンルやNIN系統のラウドなバンドに与えた影響は計り知れないんじゃないでしょうか。ボトムにはもちろんそんな硬質なインダストリアルハンマービートが炸裂してますが、上物が妙にトランシーだったり空間的だったりメランコリックだったりするので、一言ダークなロマンがあります。それと、じつはジャケがかなり好きで、この黙示録的世界観を音が見事に表現してると思います。そう確実に世界がありますね、ライバッハはいるしデリリアムはいるし(いやデリリアムことBill Leebは元メンバーだそうですが、このアルバムの頃はもう脱退のよう)ハフラートリオなどもいます。つまり大げさに言うとそこら辺のノイズ/インダストリアルジャンルのある意味総決算的、やはり傑作です。ちなみにトラック10は欠番で、理由はティモシーリアリーのサンプル利用を著作権保有者が認めなかったとの事。リアリー自身は認めたらしいんですが。

DISCOGS
Killing Game

おっさん寝るの図

おっさん

Playlist 12.5

City Baby's Revenge / G.B.H.

City Baby's Revenge
最近笑いましたニュースは、例のアメリカBIG3の再建計画の一環としてCEOなどの年俸が1ドルになる、というもの。1ドルって…僕の年俸よりも低いじゃん。こんな事になる以前は何千万ドルだったらしいですよ。ご存じのように公聴会だったけな、3者共に自家用ジェット機で乗りつけて議員たちに「お前ら!破産寸前でお金恵んでとか言っときながら、何やってんじゃ!?」と大げさでなくほぼそれくらいの勢いで怒られてましたよ。でジェット機売ったりしてましたね。次回公聴会に出席するときは皆さん車でワシントンに来るんだとか。むしろ電車で来たらどうだ?いやチャリか?というか歩きで来いヒッチハイクとかして。あ1ドルから離れてますが、まあその光景も想像して「一年間ご苦労さん。はい、じゃこれ1ドル」って手渡されてたりして。ママ〜これじゃ駄菓子も買えないよ〜いま1ドル92、3円ですからね…

なぜかハードコア。アルバムはこれしか持ってませんし、G.B.H.がいったい何の略なのか?とか知らないくらいですが。一聴、ハードコアにしては明るめというよりも少しおバカが入ってる(ほんの少しです、もろにおバカなハードコアも一杯あると思いますし)ロカビリーやメタル傾向のある曲などもあり、きっと当時でも半端なスタンスのバンドだったのでは、と想像してます。なにせ同時期にはシリアス路線まっしぐらのディスチャージ&ディスオーダーや、ヒッピー方面から参戦してきたモノホンのクラスなんてバンドの乱立時代でしたから。しかしこれはこれで非常にノリが良く、スピード感もあるので爽快です。ただ時代も時代の84年物なので、もはやデスメタルやらスラッジコアやらグラインドコアやら何たらコア(笑)などのラウドでエクストリームなロックジャンルを聴いてしまった人にはほとんど何とか音頭に聴こえるのでは。ところでアンディウェザーオールなどはノリの悪いオーディエンスで機嫌の悪い時、ハードコアパンクを延々とかけまくるんだとか。そっちのプレイを聴いてみたい気が少しします。

DISCOGS
High Octane Fuel
livedoor プロフィール

gogleman

KEMPIRE(基本その日に買うてきた音源をいかにも前から知ってる風に語るブログ)

Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives
読者登録
LINE読者登録QRコード