KEMPIRE

How deep is your Love?

November 2008

Pienso En Ti (I Think Of You) / MAW Featuring Luis Salinas

maw
焼けつけるような太陽の余韻がまだ残る砂浜を、夜一人歩いていると、どうしようもなく君の事を思わずにはいられない。今どうしているのだろうか。僕の方はどうでもよいのだが、あなたは今幸せだろうか。多くの人や特に誰かと幸せであるならば、僕はそれだけで幸せだよ。たとえ今そうでなかったしても、大丈夫あなたはきっと幸せになる。そのとき僕は何もしてあげられないけれど、それだけを願っているのを知ってほしかったんだ。暖かく湿気を帯びた潮風に乗って、どこからかカーニバルの太鼓の音が聞こえてくる。そして満月の月明り、君が生きている今、同じ時間の中にいられるだけで、僕は充分だ。という歌(うそ)こちらは血便が出たりしてます。

DISCOGS

Pienso En Ti (I Think Of You) (Nuyorican Mix)

郷愁11.29

今日は夕方にもちろん収穫のためにブラブラと歩いていたら微妙に暑かったんですが、行き交う人々は、おいおいもう真冬かよ?というくらい重装備の人もいれば、横浜ですけどちょっとコンビニに買い物というあまりにもだらしないスウェット上下のおっちゃんなんかもいて、ファッションも人それぞれでした。当たり前か。
roseroyce1.Rose Royce - I'm Ready For Your Love
あちゃーやっちまいました…な物、このローズロイスって映画「カー・ウォッシュ」のサントラで一躍有名になった多分それ用の企画物オーディショングループだと思いますが、これは後の曲のようで落ち目だった頃かな、イントロとかほとんどムード歌謡ですよ…Preludeからだったし試聴めんどくさくてしないで買ったらこれです。ただまあ買ったので無理やりイイところ見つけると、途中の泣きの歌メロディー辺りは、好きかな。500円也。DISCOGS
aguy2.A Guy Called Gerald - Voodoo Ray
こいつは一味ちがうぜ!20年も経った本日、やっと購入のUK的アシッドアンセムVoodoo Rayです。一時はプレミアム価格(3千円前後だったかと)で手が出ませんでしたが、オーナーをおそらく2人3人と渡り歩いてやっと小慣れた価格になったので、ここで購入です。いつ聴いてもよいですね。B面ではナックルズ師匠がリミックスしてますが、DISCOGSではほめてる人もいますが、これは師匠手抜きでしょう。672円也。DISCOGS
dukes3.Dukes Of Stratosphear, The - Chips From The Chocolate Fireball (An Anthology)
これはあまりにも見かけるのでほとんど買う気が起きなかった物ですが、本日どういうわけか、というか一番安かったので購入です。XTC変名ですよね。とてもお遊びとは思えない60's〜70'sの主にサイケデリックテイストの模倣犯というか確信犯的プロジェクトでしたね。ストーンズありビートルズありビーチボーイズあり初期ピンクフロイドありです。4曲目がもろサージェントペパーズ時代のビートルズで一番好きかな。380円也。DISCOGS
testdept4Test Dept* - Materia Prima
これも正直めちゃ安かったから購入ですが、ゆえにまったく期待せず聴いたら、かなりよい!彼らの90年代的展開はあまりにもテクノジャンルを意識してる(コンプレックスという意味でも)気がして好きではないんですが、これは1990年発表ということで、ギリギリ初期の頃の張り詰めたような緊張感がそこかしこに残ってますね。落ちていく前ゆえに?ギリギリのテンションを保っているという意味で傑作かもしれません。と思ったら過去曲のライブ録音みたいですね。もう少し聴きこんでみます。100円也。DISCOGS

The Bottom Line / VA

bottomline
今更ながら、多発するテロや金融危機など、やっぱり諸悪の根源はアメリカだよな、と。結局トラブルメーカーでしょう。小浜さんもイラクから撤退してアフガニスタン一本でやっていくそうですが、タリバンの主な生息地はパキスタン領内なので、掃討作戦という名目のため増兵等軍事力強化&提供でパキスタン政府との関係を蜜にすると、またパキスタン&米国双方ともにインドとの関係がいっそう複雑化する予感がするのですが…逆に安定化すればよいのですが。関係ないからいいけど…小浜さんがんばって。

これは210円でしたが、2枚組みなので実質100円シリーズで。Bottom Line Recordsは80年代後半にその界隈では一世を風靡したガラージ系レーベルだったと思います。そこがリリースした何十枚かのレコードからのメインミックスを収録してるのがこのコンピです。筆者はこの辺の80年代ガラージは後追いでしたが、たしかリミックス誌で「黒いド渋のモノホンガラージレーベル」みたいに書かれてたのを記憶してますが(ゆえに何枚か12"を買いましたが)いま聴くと全然素直で気持ちの良いハウスだと思います。

作詞作曲&プロデュースのほとんどをレーベルオーナーであるEdward GoltsmanとNancy K. Goltsman夫婦が行っており(時折Big Beatレーベル等で当時絶頂期だったNelson "Paradise" Romanも関わっていますが)そんな夫婦息の合ったスムースさも感じられますが、残念ながらもう閉鎖しているところを見ると、この手のガラージは地味ゆえに、その後のハデハデなハウスという時代の波に合わなかったのかと感慨一入です。

DISCOGS
Tammy Banks - My Life

Daze Of Madness / Deep Zone Productions

deep zone
100円で昔買っておいて今までほぼ放置だった物シリーズです(1回限りのような気がします)ざっとは聴いた記憶がありましたけど、その後山の中に埋もれてましたが、ここの所ハウスづいてたのでなにげなく聴き返したら中々ノリがよい、全編ガラージハウス〜ディープハウスアルバムでした。しかしこれCDは日本のみリリースみたいですね。そんな海外ファンもいるはずなのに勿体無いシロモノでもあります。

アーチスト詳細的には2人組みで、両者ともに今でもハウス系プロデューサー兼リミキサーという、いわば夢のタッグチームのようです。というか、このDeep Zone名義は一時めちゃくちゃ流行りました。音がミックスバランス等?小慣れてる雰囲気ですし、ツボを押さえた、ボーカルの抜き差しや適度なミニマル感や鳴りモノのチャカポコ感など、これは匠の仕事的「ハウス」です。しつこいようですが非常にノリがよろしい!

危うく不良在庫になるところでしたが、今まで寝かせてたからこそ、熟成したのかも?いや私の耳の方がね。蛇足ですが試聴曲は少しUK的でバレアリック入ってます。インストと2バージョン収録なので本人達的にもベストトラックなのでしょう。でも他の曲も良いよ!

DISCOGS
Let Yourself Go

Playlist 11.26

Attack Of The Grey Lantern / Mansun

Attack of the Grey Lantern
ブログブームはもう終わりですか。盛り上がってないみたいに感じますけど。というかそもそも盛り上がるような類の物ではないのか。だいたい何かを期待してる人が多すぎた気がしますね。これ、べつに続けてたからって何にも起こらないんですけどね。あと何処の馬の骨だか分からない人間に何かを期待したり、何らかの影響のような物を受けたりするのもよくわからんな。いやそういう人も意外と多そうなので。

その反対で、止める人の理由で笑ってしまうのが人にどう見られてるか気になっちゃって…てのが多いのですが、そんなこと気にしてたらブログなんてやってられませんよね。私の場合だと、こんな所でイイ人だと思われたいとはさらさら思わないんですが、というか無理。だいたいイイ人ではないので。もしそれを期待されたら鬱陶しい。現実世界でも自分はそうではないのに人にそれを求める人も多いですね。簡単に言うと、自分には甘く、人には厳しい人など。やっぱり鬱陶しい。

まあ全世界誰でも見れるメディアなので、全く人の目を気にしてないと言う人は嘘つきだとも思いますが、私も音楽レビューという形は取ってますが、それでも基本的には日々思った事をつらつらと書いてるだけの、所詮日記だと思ってますね。しかしこういう事をあえて書いてること事態、自意識過剰か(笑)結局何かを期待したり人にどう思われてるかなんて気にしてたらやってられないって。

オマケでマンさんなど。アルバムはこれ一枚しか持ってないマンさんですが、ブリットポップの斜に構えたような若者達の憂鬱みたいな雰囲気たっぷりの楽曲群満載で、傑作じゃないでしょうか。

DISCOGS
Wide Open Space

郷愁11.23 アナログ編

アナログ編なり。

eternal1.Eternal (2) - Just A Step From Heaven
エターナル4人時代のジャケに引かれて買ったまでのこの盤、ルイーズが追い出されるのも分かる一人浮いてる美しさ。内容はA面ウエストエンドによる2バージョン+B面ではテディライリーが"Stay"をリミックス。525円也。DISCOGS
inxs2.INXS - Disappear
イネクセスなど、まあB面でコールドカット+ミックスマスターモリスという往年のNinja Tune組がリミックスということでどんなん?と買ったまで、そしたらイマイチ…むしろA面の素直なエクステンデッドの方が気持ち良い。100円也。DISCOGS
robbase3.Rob Base & D.J. E-Z Rock* - Get On The Dance Floor
往年のレイヴ世代おっちゃんには涙物のこの曲、まあタイトルのようにフロアでは聞いたことないですが、流行ったことには違いないです。一緒に涙を流してくれる人は同士です。しかしいま聴くとなんともはや、ほとんど盆踊りですね。250円也。DISCOGS
centuryfalls24.Century Falls - It's Music
先週収穫したハウス職人Crispin J. GloverのプロジェクトCentury FallsのWパックも発見につき購入。多少高い気もするが、リミキサーが豪華につき止むを得ず。ガラージ職人95 Northや結構本気出してるBSOによるゴスペルテイストのミックスも悪くはないが、ここはもろにイジャットボーイズになってる彼らのミックスで。1080円也。DISCOGS
clockdva5.Clock DVA - Thirst
禍々しいこのジャケがあまりに有名なので敬遠してましたが、どうやらCDでは入手困難なようなので今更買いです。今更内容についてとやかく言う気にもならない粘着質かつ土着的なホワイトファンク〜ニューウェーヴ。630円也。DISCOGS
hifi6.Hi-Fi Set - 卒業写真
本日も名曲コーナーがありますがハイファイセット版この曲で。死ぬほど名曲ですね(笑)もちろん作詞作曲荒井由実&編曲は服部克久先生。100円也。

Release / The Ananda Project

Release

偏執的になってきてますけど郷愁コーナーで。他にすることないんですよ。そういえば今日もBSニュースの癒し系、結野たんは夜〜日付変わって今日深夜までの夜勤、ご苦労様ですね。ある意味強行軍ですね。午前0時の原稿読みではなにか少し苛立っていたような気が(笑)三連休なのにお仕事入っちゃって彼氏とはどうなってるのかしらね。もしかしていなかったりして…あの…よければ僕では?僕が結野たんと付き合えるようにみんなで考えてくれ。

CDが一枚だけ。もしかしたら、今更?という声も聞こえてきそうですが、Chris Brannって人の本気プロジェクトAnanda Projectの1stみたいですね。この人詳しくなんですが、DISCOGSでみたWamdue ProjectやWam Kidzってのはこの人のプロジェクトとは知りませんでしたけど、少し好きでした。このAnanda Projectもそうですが一言でいうと、空間性のあるディープハウスでしょうか。ウワモノが妙にトランシーだったりする所とかも好みですね。この1stは最初の方はそんな感じが非常に良いのですが、中盤辺りがかなり執拗なミニマル感で(いや曲調はハウスですが)少しイラっとしますが、また終盤には大人なラウンジテイストに戻るのでよしとしますか。最後のオマケ?モラレスのRadio Editは要りませんけど。DISCOGSでもアマゾンでもほめてる人がいるからイイアルバムかもね。336円也。

DISCOGS(ボートラ入り邦盤もあるようです)
Cascades Of Colour

郷愁11.21 アナログ編 島さんの美しさについて

島ひとみ
JNNニュースバードからBSニュースに移ってからのセントフォース所属、島ひとみさんの美しさが凄いことになってます。画像は多少古くて今一歩なのでもはやこんなもんじゃないですよ。実際彼女が映ってる時はまばたきするのも勿体無いほど。今日などは昼1時〜夜7時まで1時間ごとに彼女が出っぱなしだったので毎時間欠かさず見ました〜ランチやおやつの時間も共にしました。休日の10分バージョンだったのでトータル1時間10分を共にしたわけだ。軽くデート気分です。幸せな連休初日だな。私は電波を出して念じてたので彼女の方も私の存在を意識したんじゃないかな。それにしても三連休初っ端から長時間労働+こんなキモオタ(達)と共に過ごすなんてお気の毒に。夜8時からは癒し系アナ結野亜希嬢だし今日はウハウハだな。しかし、読まれるのが嫌なニュースばかりなので彼女達の美しさも台無しです。そんなアナ繋がりの昨日のアナログ編です。

geraldine1.Geraldine Hunt - Can't Fake The Feeling
しりませんが、ダンクラ大好きっ子としてはUnidiscからだったしタイトルもどこかできいたことあるような感じだったので購入の盤。そんな間違いなくダンクラなのでしょう。ほのぼの+幸せ感があいかわらず漂ってきますね。B面もどーでもいいやと書こうとしましたが、意外と聴けるハウスリミクシーズでした。しかしこの音ほんとに80's?90'sぽいんですが…380円也。DISCOGS
7th wonder2.7th Wonder / Rhythm Heritage - Daisy Lady / Theme From S.W.A.T.
こっちはダンクラブートレグ専門店、Alpha Omega Recordingsから、たぶんA面は誰でも聴いたことあると思う初期R&B的ディスコチューン。しかし両面ともにアーチストはしらなんですがここはB面、ベタベタな夜中の大捜査線のテーマ的ファンキーチューンの方がより好み。LLクールJなどもサンプリングしてたヒップホップネタでしょうか。このS.W.A.T.ってテレビドラマ?は有名でしょうか?280円也。DISCOGS
kc3.KC & The Sunshine Band - Get Down Tonight / That's The Way (I Like It)
そしてもっともベタなこのバンド、しかし両面ともに言わずもがなの代表曲でたまらんす。ゲットダウントゥナイト&ザッツザウェイアハアハ♪です。星の数ほどある彼らのベスト盤でも2曲ともにこのオリジナルロングバージョンで収録盤は意外となかったりするので安かったし買ったというところです。190円也。DISCOGS

郷愁11.21 CD編

三連休を前に街は華やいでますね。街はすでにクリスマスムードでイルミネーションやオーナメントがキラキラとするゲートの下を今日も寒かったので一本のマフラーを一緒に巻いてるカップルなどが談笑しながらショッピングしたりしてそうですね。どいつもこいつも浮かれやがって…こっちは通常ローテーションの小汚いレコ屋巡りしかすることないんだよ。ま、それも幸せの一つの形だけどね。毒吐き失礼しました。そんな今日も郷愁コーナーのCD編です。

organum1.Organum - Volume One
例によって怖い奴からすませちゃいましょう。オーガナム先生の過去作品コンピレーションみたいです。こういうコンピはもうLP買わなくてよくなるので好きなんです。ノイズ系L.A.Y.L.A.H. Antirecordsからの2枚+NWWのUnited DairiesからNWWとのスプリットLPのオーガナム担当B面曲を収録のようです。内容、不快なノイズですけど。1700円也。DISCOGS
nick cave2.Nick Cave & The Bad Seeds - Henry's Dream
安かったので買った(笑)ニックケイヴ&バッドシーズ、しかしこれは傑作ですね。冗談抜きで珠玉の楽曲群です。ニックケイヴのソングライターとしての才能+バッドシーズの鬼気迫る感じのバンドサウンドが相まってますね。素晴らしい!もっと早く買っとくべきだったかもしれませんが100円だったので今が買い時でした(笑)DISCOGS
gina x3.Gina X - Yinglish + Remixes
そして軽く?ディープ80'sの人、詳しくないですが、今もエレククトロクラッシュ系等に影響大だと思うこの姉さんと、前書いたディープ80'sなFashionでも良い仕事をしていたエレポップ職人Zeus B. Heldが作り上げたやはり裏的80's金字塔の一枚でしょう。一曲目ビートルズカバーこそいただけませんが、その後は初期エレポップ〜ニューウェーヴのオンパレードです。しかしその本体よりもCD化にともなって収録されたボーナストラックの方がじつは好みだったりします。よりダークです。945円也。DISCOGS
明日はアナログ編。
livedoor プロフィール
Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives