KEMPIRE

How deep is your Love?

2008年09月

Color In Rhythm Stimulate Mind Freedom / African Blues

african blues
というわけで(意味分からない人は↓エントリーをみてね)10万儲かるどころか、まず6万儲けその後調子に乗っていたら、例の法案が下院で否決という誰も予想だにしなかった展開で一気にドル急降下につき、評価損(バーチャル損)で一時30万ほど凹みましたが、今現在(2008/9/30/23:50)はドルなぜか急騰中につき、10万凹みくらいで済んでます。もう実決算するかも損切りで。

そんなところでこれはしみる。収穫してるばかりでろくにレビューしてなかった物からですが、シカゴ〜デトロイトハウスの要人ロントレントと盟友アンソニーニコルソンによるUrban Sound Gallery(USG)プレゼンツらしいAfrican Bluesの全編ディープハウスの傑作です。名義名通り、アフリカオリエンテッドな雰囲気が主にパーカッションとコーラス辺りから漂い、そこへジャジーどころかもろにジャズを感じるKeyが加わるという、ある意味完全無敵のディープハウスが展開されてます。

DISCOGS
Sunpower

郷愁9.27

例の米金融機関救済法案(不良債権買取法案)は下院を通る見込み大だそうですね。なので週明けはドル高騰すると思いますよ。それを見込んで週末為替市場&業者が閉める前に1200万円分もドル買っときました!(実際にはレバレッジというテコの法則?で十分の一=120万円の証拠金があれば買えるのですが)まあまだ見込み段階なので実際にフタを開けてみないと分かりませんけど。しかし明日ドルが上がってたらgoglemanやったな!と思ってね。ちなみに1円上がれば10万円の儲けです、逆に下がれば同額損です、その程度なんですけどね…1円は中々上がらないと思ってますが、みんなもよかったら応援してね!

mission1.Mission, The - God's Own Medicine"
汚らしい金の話失礼しました。ここからはピュアにミッションから!1stでしたか。デビューにしていきなり傑作ですね。1曲目の"Wasteland"は12"等で何回か書いてる気がする、いつ聴いてもゴス名曲ですね。ただクラシック調の曲あたりはいただけないかな。210円也。DISCOGS
martika2.Martika - Martika
マルティカの1stも買ってみました。いや4曲目"Toy Soldier"がむしょうに聴きたくなったもので、ただ実際に聴いてみたらこんな曲だったっけ?と少し肩透かしです。大人になったからかな。なにかのドラマで使われましたっけ。いや他の曲もけして悪くないドポップ80'sを代表するような盤でしょうか。180円也。DISCOGS
cover girls3.Cover Girls, The - Show Me
ついでにカバーガルーズの1stも。いや彼女たちのアルバムも持ってませんでした。これまた…全面的にラテンヒップホップ(フリースタイル)&バラードの80's金字塔ですね。ショウミーはもう聴く気がしませんが、2曲目など故デヴィッドコール作&現Masters At Work&Nuyorican SoulのルイベガProd.ということで、もしやベストトラックのノリノリフリースタイル曲です。180円也。DISCOGS
nuyorican4.Nuyorican Soul - The Remixes
というわけで↑で名が出たヌーヨリカンの日本独自企画リミクシーズ編集盤です。これ非常によく見かけてましたが今回一番安かったので買ってみました。というか他のCDS等でほとんどのミックス持ってたもので、それらもまあまあですが、じつは最後のボーナス的MAW名義の曲"Pienso En Ti (I Think Of You) (Nuyorican Mix)"目当てで買ったのですが、収録時間の関係か、約半分にエディットされててがっかりです。12"では持ってたんですけどCDで聴きたかった。MAW流ブラジリアンボサハウスの名曲でしょう。210円也。DISCOGS
pigbag5.Pigbag - Dr Heckle And Mr Jive
ここら辺は詳しくない、持ってない、あまり得意でないのですが、安めにつき購入してみたピグバグです。これも一応1stなのかな。全編いわゆるブルーアイドファンクの傑作ですね。ポストパンクと同時進行の雰囲気が時代を感じますが、正直、ここら辺をいつまでも有難がってるのはどうなのかな…かなりかっこいいけどね。893円也。DISCOGS
giorgio6.Giorgio Moroder - From Here To Eternity
ジョルジオのアルバムも発見につき即購入。これまた、全編彼流のデンデケアルペジオシンセが炸裂してるいわゆるミュンヘンディスコのオンパレードですね。単純にきもちよいです。やはり傑作でしょう。↑のピグバグではきつめに言ってますが、こっちは好きゆえにやさしく言うと、古臭いけど普遍的。この濃すぎるマリオヒゲのオヤジはきっと神でしょう。2押しかな。630円也。DISCOGS
midnight star7.Midnight Star - No Parking On The Dancefloor
ボコーダー繋がり?でミッドナイトスターの代表作もやっと購入。ミッドナイトスターはこれしか要らないくらいの代表作ですね。全編エレクトロディスコファンクの大傑作。他に言うことないですが、それにしてもこの近所のおばちゃん&おっさんの互助会?のような団体が、どうしてこうもかっこいいエレクトロ曲をクリエイトする事になりましたかね。80's七不思議の一つ。もちろん一押しです。893円也。DISCOGS
jigsaw8.スカイ・ハイ - ジグソー
オマケは仮面貴族ミル・マスカラスのテーマで。特に言うことなし。289円也。

Don't Worry About Anything, I'll Talk To You Tomorrow / John Hudak

dontworry
急に寒くなりましたね。季節の変わり目、体調管理にはご注意を。体調といえばヒルズダイエットの「ヒルズ」てのは何を指しているのでしょうか。ビバリーヒルズ?内容はさっぱり知らないんですが、蛭に血を吸わせて痩せるから蛭ズダイエット、という想像したのは私くらいでしょうか。ところで、どうもナタリーポートマンとキーアナイトレイって人の区別がまったく付かないのですが、それで日常生活困ったことは今の所ないですね。つまり収穫に行って疲れてます。これが一番毛色が違うので取り上げましたが、内容はエクスペリメンタルなので書くことがありません。ヒューダック先生は「何も心配しなくていいよ、明日話すから」とのことですが、いったい何を話してくれるんでしょうか。破格262円也。

DISCOGS

Don't Worry About Anything, I'll Talk To You Tomorrow (Excerpt)

9.22 playlist

Two By Two / Blue Zoo

2by2
ディープ80'sです(笑)とかいうとそれほどディープでもないよって声もどこからか聞こえてきそうですが、個人的にここら辺はディープなのです。天下のDISCOGSにもアルバム一枚も載ってませんし、天下のアマゾンにも一枚も売ってません(HMVは未確認)。まず肝心のビジュアルがもう、カジャグーグーの二番煎じ的な、どっちが先かめんどくさいので調べてませんけどねが、おっ立てヘヤー&化粧は薄そうですがヤワな感じのヤサ男たちの4人組。それだけでもう十分なのですが、音がまたスネアがバシャバシャと妙に強調されてたり等全体的に軽いのですが、それよりなんと言ってもほとんど裏返ってるファルセットなボーカルがド80's感満点ですね。ま、書き始めたはいいが特に書く事ないね(笑)終わり。でも"Cry Boy Cry"は吸引力大の名曲でしょうか。
Cry Boy Cry
bluezoo

Future Retro / Voyager

futureretro

秋の夜長のよい季節となってまいりました。台風が過ぎ空気も乾き日没も早くなり秋の虫たちがいっせいに鳴きだすと、確実に秋ですね。ドラムンにもどりまして、以前フューチャージャズとも呼ばれたドラムンベースですが、全編そんな雰囲気の傑作です。元々音楽好きの両親からロックやジャズを聴かされていたという人らしいので、バックグランドの広さや奥行きが随所に感じられます。歌物も数曲ありどれも水準高いので、意外と歌謡曲などもプロデュースできそうな気がします。これはベルギーテクノの総本山R&Sから出てますが、当時(1997)ドラムンへ肩入れしていた頃のリリースなので、レーベルの本気度も高い作品だと思います。

DISCOGS
Desire (Original Mix)

郷愁9.17 アナログ編

引き続きアナログ編。

underground1.Underground Crew, The - Orgasm (The Remixes)
シカゴハウスから。いったい誰やねん?とDISCOGSみたら現グリーンヴェルヴェットの変名でした。でもエグゼクティブプロデューサーにはディープハウスでは往年の名前Hula & K. Fingersも関わってるようで、今のグリーンヴェルヴェットの作風とはかけ離れてるディープさです。いまいち面白くないけど。同レーベルでは"Feel The Melody"という方が欲しい。DISCOGS
colonelabrams2.Colonel Abrams - So Proud
しばらくハウスで。というか本日はハウスデーです。こっちはニュージャージーの大御所スマックが関わってて彼らのレーベルから御大カーネルエイブラムスが出してた盤みたいです。とりあえず長い(So Longって書いてますし)&ドラマチックではありますね。スマック節でしょうか。くわしくないけど。DISCOGS
jmsilk3.J.M. Silk - Music Is The Key
いっそう古くなりまして、というかハウスシリーズでは一番古い曲かな、1985年物です。古すぎるスティーヴシルクハーリーの初期変名の実質デビュー曲のよう。D.J. Internationalのラベルといいたまらないですね。ミュージックイズザキー!DISCOGS
blaze4.Blaze - Can't Win For Losin'
そしてブレイズ。ブレイズもとうとう100円で買える時代となりました。昔この盤1500円くらいで売ってましたよ。そんなことはよく、初期ゆえの典型的ブレイズ節でちびりそうです。もちろん幸せ気分で。内容はシリアスそうですけどね。これまたQuarkレーベルのラベルもたまらない。DISCOGS
love&sas5.Love & Sas - Call My Name
そしてブレイズリミクシーズ、こっちはブレイズのイケイケサイドが出てる曲ですね。もちろん元のLove & Sasってのは全く知りませんけれど。ほぼこの曲だけの一発屋?DISCOGS
rockers6.Rockers Uptown - Magnificent
でロジャーSが関わってたユニット?唯一のシングルかな。師匠としてもかなり昔の作品('91年)ゆえのディープさがよいですね。この後はもうイケイケでしたからね。B面Ego Trip Mixがフルート音色のKey等で一番ディープ。DISCOGS
kymmazelle7.Kym Mazelle - Useless (The Remix)
彼女は辛うじて知ってたキムマゼル嬢、ハウス系ボーカリストですよね。この曲は作プロデュースがディープハウス神マーシャルジェファーソン&デヴィッドモラレスによるリミックス盤のようです。ちなみにノーマンクックによるリミックス盤もあるよう。そっちはべつに聴きたくないけど(笑)こっちはイケイケになる前のモラレスによる誠意のあるディープハウスリミクシーズかな。いやもうすでにイケイケか。DISCOGS
basnoir8.Bas Noir - Shoe-B-Doo
これも往年のハウスボーカル系グループ、バスノワールって読むのかな。読み方は知らないんですが、初期のNu-Grooveからの盤はプレミアム的になってると思うのですが、この盤のほうは大手アトランティックからなので安いのでしょう。他の盤でもプロデュースしてるケリーチャンドラーによるシュビドゥビドゥ〜のスキャット使い等、燻し銀のリミクシーズでディープ。DISCOGS
kerrijoe9.Kerri Chandler & Joe Claussell - Escravos De Jo
ジョーさんの所イバダンのプロモ盤も100円で買える時代となりました。ハウス人気ねえなー(笑)これも昔なら3000円くらいだったと思います。お蔭でこっちは名盤ザクザク堀り放題でウハウハなんですけどね!そんなこれもジョーさんとケリチャンさんによる夢の競演、ブラジリアンハウス。きもちいい〜でハウスシリーズ終わり。DISCOGS
maryjane10.Mary Jane Girls - Break It Up
でこれもハウス系には影響を少なからず与えてると思うファンキーギター弾きまくりリックジェームス入魂の?ガールズ系ユニットですね。奇しくも3.J.M. Silk - Music Is The Keyと同年だが、あまり類似性は認められない、ファンキーディスコファンクチューン。これも個人的には気持ちよい。DISCOGS
timeout11.Material - Time Out
そしてマテリアル。これは↑メリージェーンガールズとの類似性が認められるファンキーチューン。ただし82年作。マテリアルの小難しくないポップサイドがよく出ている良曲でしょうか。ナイスナンバー。DISCOGS
wildboys12.Duran Duran - The Wild Boys
あとはあまり物です(笑)この曲は好きなのです、なぜか。プロデュースはナイルロジャースだったんですね、どうりで、彼の良くも悪くも80's的展開が感じられる資料としての価値もあります。DISCOGS
eva13.Jean-Jacques Perrey - E.V.A.
でもってジャンジャックペリーの代表曲を↑で悪い事を言ってしまったファットボーイスリムがリミックス。でもこのバージョンはよいと思いますよ。極単純ですけどね。原曲も入ってるのでDISCOGSでほめてる人がいるよ。DISCOGS
money14.Various - Money No Trance
あーこんな盤買ってるよ「マネーの虎ンス」いやなにげなく4曲入りかつポールマスターソンやマイクコグリンなんていうそっち系では大御所も参加のようだったので。CDはただで売ってますよね(笑)当然DISCOGS未掲載。
kstyle15.K-Style - Best Hit Trance Forever
でこれもインチキな邦盤アナログ、こっちもグリーンコートやシステムFが参加だったので買ったまで。グリーンコートのが一番よいかな。DISCOGS未掲載。
funkstorung16.Funkstorung - Fat Camp Feva / Disconnected
数合わせ?のファンクストラング。今も流行ってる感じでしょうか。'04年作のようですがエレクトロニカヒップホップでこれ面白いのかな…DISCOGS
biffbang17.Biff Bang Pow! - Love's Going Out Of Fashion
最後は良心的にビフバンポウです。この曲はクリエイションスープというコンピで聴いてよい曲だなと思い、今回安かったので速攻で買いました。ガシャガシャヘナヘナのクリエイション王道路線ですね。でもB面は暗いね。これだけ378円也と中途半端な額(他オール100円)アナログ一押しとしときますか。DISCOGS

郷愁9.17 CD編

いや今週末に総括を書こうかと思いきや、ご存じ金融破綻、お蔭さまで儲けさせてもらってます。株やってる人は大変でしょうけど、為替は激動してなんぼみたいなものなので。それにしてもシステム破綻の足音がしてますね。日本も主に株の資本経済システムという砂上の楼閣に乗って回っている以上、誰も今回の金融破綻について無関心でいるわけにはいかんでしょう。自分には関係ないや、という孤高の人を気取っていても、アメリカとは呉越同舟、運命共同体のポチ日本にいる以上、豊かさも享受し、また破滅する時も一緒ですよ。例えば一見関係なさそうな自給自足のスローライフの人だっとしても、種や肥料(堆肥だとしても)の高騰や、それ以上に自分の土地だったとしても、いつまでもそこが自分の土地だ!と言い張るわけにもこのままだといきませんよね。結局資源は誰の物でもなく、共有財産、もっというと人間だけの物でもないですからね。少し脱線したので、また次回(いつ?)まとめて書きますよ。

tristate1.Above & Beyond - Tri-State
A&Bのアルバムを安かったので購入。デビュー盤にしてまだこれ一枚しか出てないようですね(2006年作)。全編彼ら流?トランス〜プログレハウスまでのオンパレードで、所々ダサい情緒たっぷりの曲などもありますが、今風なのでしょう。525円也。DISCOGS
clockwork2.ISAN - Clockwork Menagerie
アイサンの過去作品集的盤も比較的安かったので購入。上のA&Bとのギャップが激しくて申し訳ないが、こっちも全編彼ら流エレクトロニカでオンパレード。840円也。DISCOGS
disgraceful3.Dubstar (2) - Disgraceful
ダブスターのボートラ満載(7曲)邦盤が超安かったので2回目の購入(笑)いや一枚目はヤフオクでうっぱらっちゃいましたので(1000円だったかな。もちろんCDR化)。時々聴きたくなる一家に一台の常備薬みたいなものです。そんな名作だと思いますがまだレビューしてなかったのでいつかまた別枠で。180円也。DISCOGS

Work It Out / Midnight Star

workitout
なんでわざわざ収穫行く日に限って残暑なのだろう。今日は暑かったですね。しかし中秋の名月も終わり、名実ともに秋。おそらく夏の終わりを惜しんだ最後の抵抗だったのでしょう。そして秋本番です。

そんな所でミッドナイトスターのラストアルバムを発見。正直言いますとこちらも名実ともに悲しい作品なのですが(数あるベスト盤にこのアルバムからの曲が収録されてる物は皆無(笑)しかし去り行く夏同様、彼らの出来る限り精一杯の力を振り絞った、真夜中の星、最後のともし火です。星は炎同様、消えていく時に一瞬だけ光り輝くそう。158円也。

DISCOGS
Work It Out

郷愁9.13 アナログ編

引き続きアナログ編で。

doa1.Dead Or Alive - You Spin Me Round (Like A Record) (Murder Mix)
よく落ちてるDOAですが、ゆえにいまいち買う気もおきなかったりしますが、これは代表的リミックスにしてこの値段だったので買いでしょうか。今聴くといったいどこが殺人ミックス?という実にほのぼのとしたド80'sなミックスですね。しかしこのデジタルマシンビートは永遠でしょう。DISCOGS
woodbeez2.Scritti Politti - Wood Beez / Absolute
これもよく落ちてるシリーズで、CDにも全バージョン収録かな?CDいまないので同バージョンかどうか未確認ですが、とりあえずこのカップリングで50円ならば買いますよね。これもDOAとはまた違った意味で非常にほのぼのとした、元々ほのぼのとした曲ですし、幸せ気分になれるカップリングですね。DISCOGS
wordgirl3.Scritti Politti - The Word Girl (Flesh & Blood)
合わせて買った盤ですが、こっちはもっとほのぼのとしてるレゲエビートの名曲ですね。B面のバージョンといい、気持ちよすぎて失神しそうなほどよいです。買ったよかったな〜(笑)DISCOGS
stylecouncil4.Style Council, The - Promised Land
相変わらずの80's特集で、もちろん代表選手ですよね。しかしこの曲&盤は軽く問題作で、彼らの趣味なのか?シカゴハウスの超名曲ジョースムースの代表曲をカバーしてますね。しかもリミックスしてるのがゴッドファーザーオブテクノなホワンエイトキンスときてます。但し、もちろんですが、ジョースムース原曲には到底及ばず、エイトキンス氏のミックスも単なるエクステンデッドといった感じです。ただこの曲をカバーしエイトキンス氏にリミックスさせたという所には意義があるのでしょう。ちなみになんとジョースムースにもミックスさせてる盤も存在します欲しい…DISCOGS
colourfield5.Colourfield, The - Take
今も健在なのでしょうか。テリーホールのカラーフィールド時代の盤を発見。DISCOGSではトップに載ってるのでデビュー曲なのかな。これもほのぼのとしてるというか、地味な曲ですね。正直売れなさそうなのですが…B面も含めて実に地味な盤。DISCOGS
mccarthy6.McCarthy - Keep An Open Mind Or Else
脈略はありませんがマッカーシーも発見、これも地味だと思う、ジャングリー系っていうんですか、ジャカジャカギタポでよいですね。Midnight Musicより(DISCOGS未掲載)
glennfrey7.Glenn Frey - You Belong To The City
まったく脈略はなくグレンフライです。とりあえずマイアミバイス好きとしては買うでしょう。そんな挿入歌。ま、50円だったから買ったわけですが…以上50円シリーズ終わり。DISCOGS
lakeside8.Lakeside - Fantastic Voyage
そして、レイクサイド。代表曲ですよね。軽いファンクで気持ちよろしいです!大昔軟派ヒップホップの?クーリオがサンプリングしてヒットさせましたね。それで知ったわけですが。B面も同路線のファンク代表曲2曲のお徳盤!ウニディスク好き…アナログでは一押し380円也。DISCOGS
djshadow9.DJ Shadow - Live At I.C.A.
DJシャドウのどうやら海賊盤も発見。まあライブでのミックスみたいですが、リチャードアシュクロフト(祝ヴァーブ復活)でのライブの前座だったのかな。アシュクロフトが参加したUNKLEの曲や彼自身の曲などでミックスしてる模様です。ただまあ及第点的ミックスでしょうか。660円也。DISCOGS
micaparis10.Mica Paris - Two In A Million
最後はミーシャパリス嬢。ってよく知りませんが、ディーヴァ?大昔ハウス系ボーカルも担当してた気はしますけど、この曲ではすっかりお洒落なグラウンドビートですね。しかしリミキサーがアブソリュート(よくしらない)、ブラックスミス、ダライザボーンと豪華です。ダライザやブラックスミスもプロの余裕のお仕事という雰囲気でもちろんよいのですが、よくしらないアブソリュートによる華やかな雰囲気が素晴らしい!これはポップでしょう。アナログ二押し420円也。DISCOGS
livedoor プロフィール
Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives