KEMPIRE

How deep is your Love?

December 2007

2007年を振り返って(一人紅白歌合戦)

珍しく本年度の総括でも。たいしたもんでなくごめんなさい(最初に謝っておきます)本年度は偏執的に収穫に行った、というよりも毎年同じくらい行ってるつもりなのですが、このブログとやらに投稿した数が例年以上に偏執的でした。といったわけで総括にも何にもならないので、本年度収穫物より良さそうな物をアットランダムに載せました。名付けて一人紅白歌合戦。ではどうぞ。赤組がんばれ。白組まけるな。

basiaBasia - Drunk On Loveそしてキタ!これは探してましたよ…昔、バーシア姉さんの美麗ジャケの正規盤だったと思うのですが、某所で3000円くらいしてて「アホか」と諦めてた名曲"Drunk On Love"です!でもこっちもプロモ盤で、ロジャーS氏による4バージョンです。というか最高ではないですか。その正規盤には未収のB面バージョンも良いと思うのですが、ここはやはりメインミックス、その名もRoger's Ultimate Anthem Mixでしょう!この盛り上がり。そんな事情で今回の一押し。525円也!

sometimesBRAN NEW HEAVIES - SOMETIMESメインミックス盤であろうAB面よりも、個人的には2枚目のD面、上記CDSの際も載せましたが、リミックスタイトル通りNUYORICAN SOUL流に生っぽくジャズっぽいリミックスが結局、ベストでした。CDSの時も書いた気がしますが(未確認)ドライブするベースが最高です。そのCDSもあるので一見要らなさそうなバージョンですが、そこはやはりアナログ、クラブ系大手TALKING LOUDなりに?重量盤とまではいきませんが、しっかりした盤ですし、音圧は違います。たまりません。その2枚でもはや至福のひとときです。もう軽く367円の元は取った気分です!EF面担当のDIMITRI FROM PARISのはまだ聴いてません…これから聴きます。

STACEY Q - BETTER THAN HEAVENとにかくA面はヒット曲のオンパレードで素晴らしいです。姉さんっていま何歳なのかとか知りませんが(と今DISCOGS見たら49歳でした)この優しげな歌声は…たまらんのですが…今でも現役選手だそうです。今も聴き込み中ですがこれは傑作です。良い意味で軟派80's代表選手による金字塔アルバムではないでしょうか。210円はないです、軽く10倍くらいの価値はあります。

patrickPatrick Cowley - Megatron Man / Menergyこれは一転!ぶっ飛びです!す、すばらしい…このパトリックさんはドナサマーの例の曲"I FEEL LOVE"の超ロング(15分)なミックスで有名かと思いますが、というかそれくらいしか知りませんが、買ってみてびっくらこきました。デンデケとしたアルペジオベースシーケンスがやはり"I FEEL LOVE"流のミュンヘンディスコトラックが両面ともに展開されてます。そんなA面も凄いですが、彼がスターダムに押し上げた人、シルベスター版"I FEEL LOVE"なB面も凄い!315円也。ちなみにパトリックさんは25年前に、シルベスターさんは19年前に、お亡くなりになってます合掌…

natureNATURE UNVEILED - CURRENT 93内容は、す、すばらしい…まさにダークサイドオブクリスマスでしょうか。ジャケも磔刑のキリストですし、試聴曲タイトルはそのまんま「嗚呼ゴルゴダ」です。グレゴリアンチャント〜チベット密教(ラマ教)の読経〜不協和音〜チベット93氏による嗚咽〜時々おとずれるクラリネット、という独自暗黒オーケストラの競演でしょう。裏第9とも呼びたいところです。やっぱりこれはホーリーナイトでしょう!2100円也。

稲垣ドラマティック・レイン/稲垣潤一最後はなぜか稲垣さんの代表曲。タイトル通りの名曲!7"一押し。流れとかほとんど考えてなかったので終わり。

vault7.VA"VL 058"さて本日分もっとも古い(いや昨日&明日のCDを除いてかな不明)音源、今回もダンクラ系ブートモノ3曲入り、サイコーです。片面はもうすっかり夢中のサルソウルオーケストラの"LOVE BREAK"のなんと?13分バージョンでもうお腹一杯で、しかし実は逆面の方がよりサイコーで、両者知りませんけど、EDDIE KENDRICKSとOZOという恐らくダンスクラシックでは超有名な曲、だってこうやってブート化されているので。特にEDDIE KENDRICKS(元テンプテーションズの人みたいですね)'73年の曲"GIRL YOU NEED CHANGE OF MIND"という曲の後半、ブレイク的ビート(コンガ等)が執拗に繰り返される曲でぶっ飛びです。正直こんな音楽今は無い。OZOもなんかしらんけど凄い(笑)1050円也。納得のプライスレス。アナログ(CD以外)では今回の二押し。

normallyNATURALLY - THE HAFLER TRIOでもって店屋のプレイヤーにて試聴開始してみてびっくり、というのはうそで、予想通りほぼノイズCDでした、2枚とも。しかし購入です、1260円也。いえ、決してわりと美人お姉さんに気を使った訳ではなく、すばらしい無音+その後延々と続く美しい発信音的パッドにやられたからです。どこにいるのかはまだ確認できてませんが、アインシュテルッツェンデノイバウテンのブリクサバーゲルド氏がボーカルで参加だそうです。いったいどこに…?ちなみに500枚限定!自分に早くもクリスマスプレゼントです。その後吉野家ではありませんが、神戸らんぷ亭にて350円の並を食って帰りました。帰りの夜風が厳しかったです。

bloodthunderTHE NEON JUDGEMENT - BLOOD & THUNDER昔、といっても先月の収穫物なのですが、聴き込んだ結果これは中々の傑作と判明しましたので、再エントリーです。その収穫時レビューを見返したところ、一曲目は微妙のような事書いてますが、やはり聴き込むにつき、味のあるいわゆるスルメ的オープニング曲だと思い直しました。ミドルテンポというよりも若干ダウンテンポなスピードのインダストリアルビート上に、カントリー調スライドギターや少し古臭いサンプリングネタ(ブラスサウンドやグラスクラッシュ?)や投げやりな感じを演出する白人ラップなどが乗っております。しかし、アルバムベストトラックはやはり、収穫時も載せました2曲目。よりスピードアップにして、ネイティブアメリカン達がキャンプファイアーを囲んで雄たけびを上げている儀式的コーラス?と、やはり白人ラップやアシッドなウワモノ辺りでノリノリになるダンスナンバーです!その後も全編エレクトロニックボディーミュージックなので、やはり傑作ではないでしょうか。

belcantoBel Canto - Shimmering, Warm & Bright100円シリーズ最後はベルカント!(やっぱり言ってみたかっただけ)詳しい方もおられそうなんですが、当方は店屋でCRAMMED DISCSだったので買ったまでなんですが、そうしたらこれが中々のエレポップ〜濃くないDEAD CAN DANCEといった趣で最高ではないですか!DISCOGSの人も最高傑作といっとります!と今まじめにDISCOGSレビューを読んでたら、このアルバム以前にはBiosphereことGeir Jenssenもいたノルウェーバンドのようです。エレポップもよいですが、やはりDEAD CAN DANCE風の原始キリスト教的アンシエントミュージックに傾倒してそうな楽曲も良いです。これが100円はないでしょう。DISCOGS

tonywalkerTony Walker - Field Of JoyそしてトランスといえばシスF師匠でしょうか。その彼のレーベルTSUNAMI盤。B面がFERRY CORSTEN REMIXです。この曲、コンピ等で原曲ともに既聴でしたが、原曲の方がドラマチックで断然よいです!

sunshipSunship - Sun Within The Sun同レーベルより、彼はニューハウスというよりもUKガラージ〜2STEP系先駆者の一人だと思いますが、その人のリラックスした感じのイイEP。今回の三押しくらい。

feargalFeargal Sharkey - Feargal Sharkeyオオラスはフィアガルシャーキー85年の名作とも言われる正真正銘のアルバムです。80's金字塔の一つではないでしょうか?こういう名作を40円で売ったり買ったりしててイイものか?誰かに怒られはしないか?とまでは思わないんですが、再発盤のCDもアマゾンではめちゃ高かったりするので(と思っていまアマゾン見たら24時間以内発送商品が一点だけ1500円台で存在しますよ!必買いかもしれませんぞ!)しかし邦盤アナログでも、うれしい収穫です。たぶん詳しい方もおられるかと思いますが、内容はユーリズミックスのデイヴスチュワート全面プロデュースですが、ユーリズミックス感は個人的にほとんど感じられませんでした。中にはオーソドックスなリズム&ブルース曲もあり、これぞブルーアイドソウルの元祖的アルバムなのでは?と思いました。最高です。もちろん今回の一押し。試聴は一応シングル曲、邦題「夢の恋人」です。

boocPLAID - BOOCとまあ筆者の思い入ればかり書くと長くなりますので、肝心の内容は、やっぱり、す、すばらしい…4曲とも完璧な&完璧にプラッド節です。彼ら流の多数パーカッション群による若干変則的ポリリズム+少し悲しげで儚げなシンセ音とメロディー。未だリミテッドにしておくWARPの意思が解からない傑作です。

moulyMoul'y & Lucida - Inertia (Shogun Remix) / Prophecy (KMC Remix)毛利&ルシーダ?はもちろん知らないんですが、わりと好きな将軍がリミックスしてます。彼流のとても流麗なロマンチックアートコア作品に仕上げてます。やっぱり将軍好き…

WATER LILLY - SPUTNIKA本日の収穫物、アマゾンよりです。先週書きましたウォーターリリー(睡蓮)さんのアルバムを買ってみました。送込1,830円也。予想通りでしたが、全編エレクトロクラッシュの傑作です。まずインナーのアートワーク(デザイン)が一見女性的なんですが、よくよく見ると、テクノ系ジャンルのせいもあるのでしょうが、無機的で女性らしからぬ気がしてきました。映画「アルファヴィル」など連想。音の方も同様、あまり女性らしさは感じられない硬派のエレクラです。時々感じられる人間性排除な雰囲気はかっこいいです。NGワードなのかもしれませんが、INTERNATIONL GIGOLO系のポストMISS KITTIN最有力候補でしょう。いやそれ以上。通して聞くと若干退屈なMISS KITTIN & THE HACKER「FIRST ALBUM」よりも飽きさせない傑作です。おすすめ。美人だし。

keepondubD-TRAIN - KEEP ONそして2枚目よりいっそうの代表曲"KEEP ON"、そのメインバージョンはわりと大人しいながらもやはりディスコダブ的処理も随所に施されています。しかしここはなんと言ってもダブバージョン!3分44秒という短さながら、JUST KEEP PRESSIN' ONというコーラスが虚空空間へこだましていき、リバーブ処理されたピアノ+コンガ+遠くに聞こえるボーカル等がさらに浮遊していく、ぶっ飛びのダブバージョンです。FKは神?

imcaughtupINNER LIFE - I'M CAUGHT UP昨日の収穫物です。いまでも現役バリバリのディーヴァ、ジョセリンブラウンを擁していた往年のディスコグループ、インナーライフです。このグループはダイアナロスの名曲"AIN'T NO MOUTAIN HIGH ENOUGH"の方が有名かもしれませんが、こちらも明日への希望あふれるスピリチュアルミュージックで代表曲でしょうか。歌詞的には「一夜の火遊び、でもそこに本物の恋を見つけたわ、私はもう夢中、ねえあなた信じられるかしら?」550円也。

garynuman1Gary Numan - Your Fascinationそしてゲイリーニューマンへの道。師匠!これってもうあなた人気なしの頃で自分のレーベルNUMAからリリースしてるじゃないですか。自費出版ですね!音もなんともはや、当時85年ですら古臭かったであろうド80'sサウンドですね!サイコーじゃないですか。ジャケもどういうセンスしてるんですか。一生ついていきます師匠!もちろん今回の一押し。

2007年を振り返って(一人ゆく年くる年)

(ちなみに順位とかは全くないです)

forcefieldForcefield - Visions Of Edenフォースつながりで、名義名&いかにもな曲名といい、これはもろにトランスでしょうね、それもサイバー入ってる。結構イイんじゃない。

cheryllynnCheryl Lynn - Got To Be Real The '96 Remixes From Love To Infinityラブっ子がシェリルリンの代表曲をリミクシーズしていました!DISCOGSにも未掲載盤(違う内容の盤はありますけれど)。原曲の華やかな感じをさらに生かして、より一層ラブっ子魂のハデハデなガラージミックスに仕上げています!とポップ書き体です。

urbanallstarsVarious - Urban All Stars EPこの盤もそれにはさすがに及びませんが、当時80年代終盤に最高潮の盛り上がりを見せていたメガミックス物の勢いを感じられる一枚です。蛇足ですが↓DISCOGSによりますとケミカルブラザーズ"IT BEGAN IN AFRIKA"(KとCの違い)はこの音源を元に作られているようです。しかし、メガミックスではありませんがカップリングのTHE JACKSON SISTERS(ジャクソンファミリーの姉妹かと思ってましたが、全く関係ない姉妹グループなんですね)による正にダンスクラシック"I BELIEVE IN MIRACLES"原曲も最高です。"IT BEGAN IN AFRICA"メガミックス中にも登場しますが。今日のアナログはまだこれ一枚しか聞いてませんが、それでも今回の一押しに決定です。(高かったし…)

wireWire - AheadUK的ロックでワイアーですか、ほとんど知りませんが有名ですよね。A面はエレクトリックな雰囲気のエレポップです。いやこれはかっこいい。それもそのはずデペッシュモード等のお仕事でもおなじみらしいGARETH JONESさんがPRO.ですね。B面はライブの3曲です。

ghost1Ghostface Killah - All That I Got Is You特にこんなヒップホップのプロモ盤オンパレードに針など要らないようなものです。ウータン関係が固まってましたので(もう人気無いんでしょうか?)10枚くらいまとめて引っこ抜いてきました。まずはゴーストフェイスキラーだそうです。A面は仲良しなメアリーJブライジをフィーチャーし、彼女が歌う感動的なフック&ストリングスもドラマチックなヒップホップソウルと個人的には呼びたい。

sylvain7.Sylvain Chauveau - Nocturne Impalpableエクスペリメンタル系の3枚です。とはいえこのSylvain Chauveau(読めない)はクラシカルな雰囲気の方が大きいです。店屋で試聴した時は最高かと思いましたが、帰ってから家で聞くといささか情緒過剰な気がしました。でも嫌いではないです。1050円也。

malariaMalaria! - Emotion80年代におけるジャーマンニューウェイヴの代表的バンドの一つのようです。女性ばかりの5人組み、にしてサウンドは典型的ジャーマンニューウェイヴでしょうか。同時期のやはりジャーマンニューウェイヴ代表バンドDAFの女版といった雰囲気です。正直女性ばかりで当時このサウンドを作り上げたとは、と感動に近いものを感じます。ちなみにベルリン出身バンドなのですが、中にはそんな退廃的歌詞ももちろんありますが、このサウンドに乗る歌詞の主なものがラブソング、というのもミスマッチで良いですね。しかしそれとて激情的な歌詞なので少し引きますけれど。420円也。

pascalPascal - Cut Throat / Against The Grainということでここからは怒涛のドラムン攻勢です。興味のない方は15枚くらい飛ばしてください。これこそ何でもよいのですが、一応ガンジャクルーのメンバーです。↑より壊れていながらも疾走感は失わないチューンです。

lenelovichLene Lovich - Flex勢い余ってリーナラヴィッチのこれは邦盤LPなど買ってしまいました。サウンドからはもろに80年代を感じますが、ルックス&ファッションは今流行りのゴスロリ調じゃないですか。似合う美人さんなので全て良しとしますか。というか音もサイコーですよ。

mansun52.Mansun - Eight EPオオラスは!マンサンです!多分これ、ヤフオクに出せば今なら2000円は下らないと思う、プロモリリースのみで、有名曲"WIDE OPEN SPACE"をA面ではポールオーケンフォルド(PERFECTO)が、B面ではトラウザーエンシュージアスツが、各々カラーのトランス仕立てに。A面こそ"LEGACY EP"という邦盤まで出ていたCDSにも収録ですが、Bのトラウザースによるリミックスはレアです。激レアといってもいいくらい。曲調は普通のトラウザース節かと思うんですけが。40円が2000円になりますように…出さないけど(いつか出すけど)なので本日の二押し。

fromtheLIL LOUIS & THE WORLD - FROM THE MIND OF LIL LOUISシカゴハウス界の鬼才というか変態の一人(シカゴには変態がいっぱいいますけど)リルルイスの1stをCDで安く見つけて購入です。とはいえこれ、CDではなかなか見つけ難い物だったので、しかも安く見つかって結構うれしかったりします。ちなみにアナログアルバム(LP)では持ってましたが、なにを血迷ったかヤフオクで売却してしまいました。アナログリッピングして→CDRにはしてたんですけどね。
といった訳で(訳分からなくてすみませんね)正規盤CDとして世紀のシカゴハウス金字塔アルバムを525円で購入です。というなんだか自慢なんだか自己満足なんだか分からないエントリーです。しかしフレンチキッスはいつ聴いてもエロエロアンセム!もちろんアルバムトータルとしても傑作です。持ってない方は見つけ次第即購入をお勧めします。

gloriagaynorGLORIA GAYNOR"NEVER CAN SAY GOODBYE"ラスト3枚は!UNIDISCレーベル物。つまりダンクラ!まずはグロリアゲイナー!もちろん"I WILL SURVIVE"が代表曲の彼女ですが、この盤は3曲入り、しかも片面2曲はダンクラ師匠トムモールトン卿ミックス作品です!タマラン。というか3曲ともなんなんでしょうこの明日への希望溢れまくってくる感じは!いや〜個人的に、ここら辺のダンクラにこれから人類の未来へ救いの手を差し伸べてもらいたいものです。380円也。

shoulderTEST DEPT."SHOULDER TO SHOULDER"なんとなくというかドインダストリアルつながりで、本日唯一のLPでも。これはわりと探してた盤です。ご覧のようにテストデプトですが、CD化されてませんし、再発するのも多分コーラスで参加の炭坑労働者の人々のライセンス取るのがめんどくさかったのではないかと推測です。そんなとある炭坑労働者組合的闘争にデプトが手を貸して、でも自分らの作品として上手いことリリースしたという、グッとくる一枚です。正直傑作だと思います。今回のアナログ一押し。1323円也。

acidafricaVA"DARK ENERGY"ストイックな感じのデトロイトグルーブなテクノです。でも中にはわりとイケイケ風もあって、メリハリはあるんじゃないでしょうか。曲は、彼の祖父が第二次世界大戦中にGIで、ドイツ戦の戦場でドイツ軍が上げた照明弾が、まるで深夜の太陽のようだったという(=恐怖)"MIDNIGHT SUNSHINE"515円也。

songfromSIOUXIE AND THE BANSHEED"SONGS FROM THE EDGE OF THE WORLD"お口直し的に、スジバンも前回に続きまた発見。ただまあ曲は良いのかどうか私のような素人には分からない、これもスジバン節?ズンドコいってるプリミティブな感じは今風のディスコダブものにも通じるような。いま聞いてたらスージースーの泣きっぽいメロディは好きかな。今回の二押です。カップリング曲未聴。

crystalCRYSTAL WATERS"MAKIN' HAPPY"ハウス最終弾は!(ハウス多かったですね)一世を風靡したクリスタルウォーターズの曲。しかもPro,をジプシーウーマンからの付き合いのベースメントボーイズ&リミキサーがスティーブ“シルク”ハーリーですよ!って古い話や…でも未だにこの手のガラージは聴けますね。まったくケレン味や嫌味が無いトラック上にクリスタルウォーターズの非常にクセになる節回しの歌が乗ります。やっぱり最高です。これが今回の一押しでした。

kraftwerkKraftwerk - Trans-Europe Expressさて何からかと思ったところ、やっぱりこれで。アナログシングルで入手できました。結構出回ってるのかもしれませんが、A面が13分バージョン(つまりLPの"TRANS-EUROPE EXPRESS"→"METAL ON METAL"とたぶん同じ)B面は6分弱バージョンのようです、こちらもLPバージョンと音的にいったいどう違うのか?不明ですけど。多分エディットバージョンでしょう。トランスユーロップエクスプレス♪580円也。

southbronxESG - A South Bronx Storyあまり好きくないHMVより憧れのESGが到着。凄すぎてなんていうかもう、なんでまたNYはブロンクス?の正直おばちゃん達がこんな音を奏でますかね。ぶっ飛びすぎて。この曲のプロデュースは故マーティンハネットだそうで納得。彼女らは現役というのもまた凄い。ニューアルバムも発表、こっちもベスト盤的大傑作。そんなことは全部どうでもいいんだUFOがやって来た。みんな乗り遅れるな。

MARKSTEWARTMark Stewart - Mark Stewart引き続き頭がぼーっとしたまま恐れ多くもマークスチュワートのレビューを強行です。うーん破壊的、いやほんとに。これほど破壊的&バイオレンスを感じる音楽もそうはないですね。もちろん基本がダブということもあり、既存の音源(主にサンプリング的に他人アーチストの曲群)を解体してから再構築しているので、手法としてそもそも破壊的なんですが、その再構築の仕方がやはりエードリアンシャーウッド始めON-Uレーベル一流の非常にラフなので、適切かどうか分かりませんが耐震強度「逆」偽装的な、まるでツギハギだらけで歪(いびつ)で傾いてそうな建造物のようであります。

小林麻美ラスト!小林麻美/雨音はショパンの調べで。いや最近極一部で熱く盛り上がっていたようなので。B面もSゲンズブールの曲をカバーしてますけど…

fromtheinsideFROM THE INSIDE / A SPLIT-SECONDとにかく、それくらいサイコーです。一曲目の典型的スプリットセカンド節にしょぼしょぼなニュービートからして持っていかれます!こ、このヘナヘナしたシンセベースとダサダサフレーズのシンセがまた…サイコー!まだ全部聴けてないんですがこれは傑作に違いないです。さっきインダストリアルファンクみたいな曲もありました。かっこいい!おかげでNITZER EBBだのDIE WARZAUなども聴きたくなりますね。いや最近はフリースタイルだのエレクトロだのニュービートだのアシッドハウスだの、もはや誰も見向きもしなくなったジャンルを聴きまくる日々です。

アットランダムだったので見落としてるものや順不同、といいますか上に行くほど最近の物だったり、かなり適当ではありますが、ざっとこのような所です。(ざっと見ると僕ってバカですね)勝敗とかは無し。

音が聴けなかったり、所々文章の前後関係がやはり適当だったりしますので、不明点はご遠慮なくお尋ねください。

それではよいお年ををお迎えください。

郷愁12.28〜29

一昨日〜昨日収穫物をまとめて。
waste1.Mission, The - IVあいかわらずなんでもよしでありますが、ミッションの代表曲"WASTELAND"のリミックスが入ってた12"です。しょぼしょぼなエレピ音シンセ&フレーズがたまりません。知ったかチックですが、イントロ(&アウトロ)の深いシンセパッドはTHE ORBリミックスによる鈴木慶一"SATELLITE SERENADE"でサンプリングされてたと思うのですが、知ってる方どうでしょうか?105円也。
alice2.Sisters Of Mercy, The - Aliceシスターズ(略)の初期12"のようです。自身レーベルMERCIFUL RELEASEより。いや取り立てて珍しくもなく、また内容も同様ですが、↑ミッションにも収録のストゥージズのカバー"1969"がこちらでもカバーされてるのでセットで買ったという所です。ポジパン系には人気曲なのでしょうか?ミッションの方がライブなので勢いがあり軍配です。105円也。
lamix3.L.A. Mix - Coming Back For MoreここでCD編。リミキサーとしては好きだったL.A. Mixことレス・アダムスの唯一だと思うフルアルバムです。ま〜1991年物ということで、古臭くてとても聴いてられないのですが…やっぱり当時流行のグランドビート調が多いです。リミキサーがアルバムを作るとこういう事になる、という盤でしょうか。CDボーナルトラックがアンビエントハウスで一番良いような。210円也。
dimitri4.Dimitri From Paris - Sacrebleuというわけで昨日、彼のブラヘビミックスを聴かず悪いことをしたディミトリー氏のフルアルバム。これ外盤はすでに持ってましたが、邦盤2枚組みが安かったので再購入です。その本盤は申し分ないフレンチラウンジーな傑作だと今でも思いますが、もう一枚の豪華リミックス盤はその本盤音源を使っていながら全く違うような独自リミックス作品集となっており、中々楽しめました。リミキサー陣はDISCOGSをご覧ください。315円也。
dot5.Dot Allison - Afterglow恥ずかしながら?初ドットアリソン作品も安かったので購入です。うーん、一曲目が一番良くて、後はまあ普通かな〜ボーカリストとしては良いと思うんですけど。でも2ndの方が評価高いみたいですね。また安かったら買ってみます。315円也。
tj6.TJ Rehmi & Ravi Bal - Raag Digitaal知らないのですが、この手の大手NATION RECORDSからという事と、少しだけ名前を聞いたことがあるTJ Rehmi(読めないけど)の作品です。目新しいタルビンシン?という立ち居地の人かと思いますが、この作品は正直凡庸です。全編タイトルどおり新しいインド風音楽でした。100円也。
cell7.Cell - Phonic Peaceこっちはもっと謎なんですが、というか全く知らないんですが、DISCOGSみましたら絶賛者が一人いるので買ってみました。↑TJ Rehmiの百倍くらい良い、これぞニューエイジラガでしょう。しかしTJ Rehmiがよりダンスフロア向けだとすると、こちらはホームリスニング用アンビエントテイストで満載です。至福のひとときです。DISCOGSの人が絶賛するのも分かります。みなさんも見かけましたらお勧めします。280円也。
remix8.Various - Remix Selection - Deep & SpiritualさてCD編最終話は?いまさら買ったリミックス誌編纂名物シリーズの一枚です。↑CELLさんばかり聴いててまだほとんど聴いてないのですが、それなりのビッグネームオンパレードなので悪いはずもなかろう、でしょう。これからじっくり聴きます。100円也(それにしても各曲解説&アーチストインタビュー等ブックレットも付きでこの値段はないでしょう、だから買ったのですが…)
bda9.Various - Just Us / I Don't Want To Lose Your Love / Everybody Here Must Partyアナログ編に戻りまして、今回もやってまいりました!ダンクラシリーズです!あいかわらずブート物連投で、このBDA Records, Inc.?ってDISCOGS見たらこの一枚しかないんですが(笑)胡散臭いな〜しかし内容はサイコー!アーチスト詳細は一切知りませんが、この後DISCOGSにて勉強します!ディスコトラック2曲のA面も良いですが、B面、元バージョンはオーロラ三人娘によるディスコ、のインストバージョンが元バージョンの音質と全然違うチキチキシャカシャカバージョンでラジカルです(笑)100円也。
vsm10.Betty Wright / Stevie Wonder / GQ - Clean Up Woman / Tonight’s The Night / All I Do / I Do Love Youキター!スティーヴィーワンダー!これは名曲でしょう(って初聴きですが)幸せディスコなAll I Do含むもちろんブートレグです。A面&B2の和み系ミドルテンポR&Bも良いのですが、やはりここはスティーヴィーでしょう!なにこの幸せ感は!?100円也。
m&a11.Alicia Myers / People's Choice / Ecstasy, Passion & Pain - Disco Classics EPこれまたDISCOGSではこの一枚しか存在してない1スタンドアクトレーベルのようで、UNOFFICIALとは書かれてませんが、どう見てもブートレグです(笑)またはレーベル不法流出ブツなのかな?まそれはいいんですが、こっちの内容は、A面はディスコというよりも↑盤に通じるような和み系R&Bオンパレードなのでそこは少し不満かな。B面が渋めディスコトラック2曲なので良しとします。100円也。
ilevel12.I Level - Give Me / 3 A.M.とうとうDISCOGS未掲載盤。調べてたところI Levelという軟派?ディスコ系グループの曲+バージョン、B面(画像)は調べ方が悪のかさっぱり分かりませんでしたが、ブラコン系ディスコ1曲+ダンクラ系ディスコでしょうか、当然筆者的にはそのB2です!100円也。
caron13.Caron Wheeler - Livin' In The Light (Re-Mix)キャロンホイーラーの代表曲のリミックスプロモ盤です。元盤はTHE JUGLE BROTHERSのAFRIKA BABY BAMプロデュースで、リミックスをBLACKSMITHが担当らしいのですが、それは持ってません。こちらのリミックス盤はDAVID MORALESによる全5バージョンです。彼の勢いがまだあった'90年物なので最高ではないでしょうか。しかし、その名もBONUS MIXとやらがホイーラー姉さんのアカペラのみ一歩手前で得も言われぬ浮遊感が最高でした。
basia14.Basia - Drunk On Loveそしてキタ!これは探してましたよ…昔、バーシア姉さんの美麗ジャケの正規盤だったと思うのですが、某所で3000円くらいしてて「アホか」と諦めてた名曲"Drunk On Love"です!でもこっちもプロモ盤で、ロジャーS氏による4バージョンです。というか最高ではないですか。その正規盤には未収のB面バージョンも良いと思うのですが、ここはやはりメインミックス、その名もRoger's Ultimate Anthem Mixでしょう!この盛り上がり。そんな事情で今回の一押し。525円也!

ようこそここへ香港

hongkong
本日は珍しい所、初夏の香港にきています。いや〜もう蒸し暑いったらないですね。皆さんご存じのように香港は言わば半島のごとく海にせり出す形の大都会なので、通りは、もろに海からの湿気を帯びた海風と、渋滞による一酸化炭素や窒素化合物だだ漏れの排気ガス、そこら中にある露天や店舗を構えた食べ物屋からは調理の湯気が立ち込め、暑苦しさ倍増です。なにより今は初夏、一年中で一番有害な紫外線を発しながら照りつける太陽、そしてそれらを求めて無駄に繰り出すアクティブな人々、それら高カロリーのエナジーが渾然一体となり、むせ返るような陽気の、ここはアジアの香港島です。

しかし、先ほどザーッとスコールチックな通り雨がありまして、いくぶん過ごし易くなりました。

しかしそれも束の間、例えれば焼け石に水、高カロリーでエネルギッシュなこの街の熱気によりほぼ一瞬にして水蒸気として登り立ち、おかげでいっそう湿気を帯びた街となってしまいました。通りは慢性的な車の渋滞と、歩道をはみ出さなければ歩けないほど人通り、そんな足元は先ほどの雨のせいでジメジメしております。一番元気な子供たちがタンクトップと短パンの格好で水溜りの水をわざと蹴るものですから、歩行者たちは大迷惑。その中の私も案の定、都塵を吸った汚い泥水を引っ掛けられてしまいました。しかし、そのとき一瞬見えたわずかな虹は汚いどころか透き通るような美しさでした。

そしてその向こう側には香港島の高層ビル群から海へと掛かる大きな虹、その下を抜けていくチャイナエアライン。ウェルカム香港!

SOMETIMES / THE BRAND NEW HEAVEIS

sometimes
さすがに年末は忙しいですね。その上おうちには留守のあいだ面倒を見る姉夫婦家の犬君が来たりしててんてこ舞いです。という訳で小出しになってきてますが本日の収穫からの一点です。天下のブラヘビ傑作アルバム「SHELTER」からの名曲"SOMETIMES"12"ボックスセットが367円でした。

しかし、難もありまして、本来は12"×4枚組みなのですが、最後の盤(GH面)が無いという3枚組みです。そのGH面はBLACKSMITHとA TRIBE CALLED QUESTの人UMMAH氏とブラヘビ本人によるリミクシーズ盤だったようです。まあ安い物にはなにかしら難はありますよね。といいますか以前書いたのですがCDSにはUMMAH氏によるQ-TIPをフィーチャーしたリミックスは収録だったので、強がりを言いますと「別に要らないじゃーん」という(BLACKSMITHのは少しだけ聴きたかったかな…)なにより、お目当てはMAW(NUYORICAN SOUL)による2枚のリミクシーズだったこともありますし。

メインミックス盤であろうAB面よりも、個人的には2枚目のD面、上記CDSの際も載せましたが、リミックスタイトル通りNUYORICAN SOUL流に生っぽくジャズっぽいリミックスが結局、ベストでした。CDSの時も書いた気がしますが(未確認)ドライブするベースが最高です。

そのCDSもあるので一見要らなさそうなバージョンですが、そこはやはりアナログ、クラブ系大手TALKING LOUDなりに?重量盤とまではいきませんが、しっかりした盤ですし、音圧は違います。たまりません。その2枚でもはや至福のひとときです。もう軽く367円の元は取った気分です!EF面担当のDIMITRI FROM PARISのはまだ聴いてません…これから聴きます。

DISCOGS

♪SOMETIMES (NUYORICAN MEETS THE HEAVIES) / THE BRAND NEW HEAVEIS続きを読む

BETTER THAN HEAVEN / STACEY Q



また本日の収穫から一枚です。

ステイシーQ姉さんの1stアルバムのようです。以前このLPのA2"WE CONNECT"だった思うんですが、12"を某所に放置してましたらいつの間に買われてて悔しい思いをしたので、今回210円にて発見だったので即買いです。ちなみに、昔タイトルは忘れましたがもう一枚見かけたことがあるのですが、それは法外な値段(たしか1680円くらい)でした。

とにかくA面はヒット曲のオンパレードで素晴らしいです。姉さんっていま何歳なのかとか知りませんが(と今DISCOGS見たら49歳でした)この優しげな歌声は…たまらんのですが…今でも現役選手だそうです。

今も聴き込み中ですがこれは傑作です。良い意味で軟派80's代表選手による金字塔アルバムではないでしょうか。210円はないです、軽く10倍くらいの価値はあります。

アマゾンでCDが24時間配送物としてありますので、試聴曲に何か引かれる、と思った方はお勧めします。

DISCOGS

♪WE CONNECT / STACEY Q続きを読む

ALIVE / CASCADE / DAN CURTIN PRESENTS TIME UNDEFINED

alive
本日の収穫物から一点。

数ある(千人くらい)gogleman心の師匠の一人ダンカーティン師匠の登場です。なんてそれほど音源は持ってない師匠なんですが、本日は彼がご覧のようにUSはハウス総本山だったSTRICTLY RHYTHMから出していたらしい盤を発見です。735円也。

735円とはまた、この手の12"にしては奮発しました。しかし、この盤の存在は知ってましたが、師匠とSTRICTLY RHYTHMとはこれまた異色な気がして、わりと探していたのです。ちなみにSTRICTLY RHYTHMからはもう一枚あるらしいのですが…欲しい…

内容は、全然STRICTLY RHYTHMっぽくないじゃん!という師匠独自テクノ路線を両面ともに展開しており痛快です!DISCOGSの人も同じようなこといっとります。とにかく無事確保につき個人的にめでたかった。

DISCOGS

♪ALIVE / DAN CURTIN PRESENTS TIME UNDEFINED続きを読む

郷愁12.26

今日の収穫です。
filur1.Filur - Exciting Comfortこのユニット、相当前に流行ってたと思うんですが、2001年ですか、今まで敬遠してましたが今回100円だったので買ってみました。いやその頃店屋(もちろんHMVやタワー等の新品店)の店頭で平積みされてましたね。個人的には暗黒時代?だったので「けっ軟弱者めが」と思った事を懐かしく思い出します。どーでもよいことでしたが、そんな全編当時流の主にフィルターハウス系楽曲群です。引き出しも多そうですが、かわりに器用貧乏感もあります。少し安いベースメントジャックスといった感。しかしなかなかの力作ではないでしょうか。
praise2.Praise - Praiseこれは↑と違ってなんとなく今まで探してましたが、今回100円にて発見、店屋で小踊りしながら購入です。かなり前になりますが、天下の片桐さんの旧ブログにて紹介されてた頃から気になってました。そして今回聴いてみて「こ、これは傑作だ…」と。詳細は分からないグループですが、相当の達人的サウンドプロダクションではないでしょうか。音がプロっぽいです。しかもアンビエントハウス感が全編を通して貫かれてる、こちらは達者なディープフォレストでしょうか。いや〜気持ち良い!いくらなんでも100円はないです…
tatjana3.Tatjana - Santa Mariaそして今話題急上昇中のタジャーナさんのアルバムも100円。これも片桐さん関係繋がりですね。とにかく買ってみましたーサンタマリアを超える曲はないんですが、これ誰のカバーでしたっけ?"LET'S GO ROUND AGAIN"が次に良いです。全面的Pro.はストック&エイトケンで、こちらもさすがのサウンドプロダクションでしょうか。これ邦盤ではなくAVEX ASIA盤でしたね(業務連絡?)
nickrobertson4.Nick Robertson & Slice - Bullet Proof Boyそしてこれは天下のオオシマさんの所にて紹介されていて気に入った逸品です。しかし100円です…ここの所、奇を衒ったような音楽ばかり聴いていたので、このストレートさは身に沁みます。捨て曲らしきものは見つからない、全編傑作の名盤ではないでしょうか。素晴らしいソングライターですね。しかしこの手は門外漢ですので、下手な事は書けません。その他曲試聴も含めて詳細はオオシマさんの所で。
shlamar5.Shalamar - The Second Time Aroundあとはアナログ12"の2枚です。恒例のダンクラ系ですが、前回収録のブート物中曲もサイコーだったので買ってみた3曲入りです。残念ながらその曲"Right In The Socket"を超える曲は個人的にありませんでしたが、一般的な評価は高そうなA1タイトル曲はほのぼのとした幸せ感一杯のファンキーディスコチューンです。この手が分かるお年頃に早くなりたいわ。315円也。
patrick6.Patrick Cowley - Megatron Man / Menergyこれは一転!ぶっ飛びです!す、すばらしい…このパトリックさんはドナサマーの例の曲"I FEEL LOVE"の超ロング(15分)なミックスで有名かと思いますが、というかそれくらいしか知りませんが、買ってみてびっくらこきました。デンデケとしたアルペジオベースシーケンスがやはり"I FEEL LOVE"流のミュンヘンディスコトラックが両面ともに展開されてます。そんなA面も凄いですが、彼がスターダムに押し上げた人、シルベスター版"I FEEL LOVE"なB面も凄い!315円也。ちなみにパトリックさんは25年前に、シルベスターさんは19年前に、お亡くなりになってます合掌…

(試聴曲名はブラウザのアドレス名にてご確認ください。打ち間違えしてましたらごめんなさい)

THE BEST OF / WU TANG

wutang
なぜかウータン(理由はいつもどおり目についたから)ですが、これずっと前の収穫物でしたが書いてませんでした。

タイトル通りベスト的内容なのですが、一聴すると地味に聞こえます。しかしゆえに噛めば噛むほど味が出てくるので飽きません。一曲目から、当たり前のように、RZAの繰り出すピアノループ主体の怪しげトラックで、METHODMAN始めまさにWU-TANG CLAN総動員によるフリースタイルが繰り広げられてます。試聴曲の3曲目(A3)は原曲?"PROTECT YA NECK"と聞き比べましたが、あまりにも怪しげバージョンなので全く違う曲のようでした。次のMETHODMAN"THE RIDDLER"も同様、あえて地味にすることによって怪しさを醸し出しているようです。40円也。(こういうのを40円で買える喜びは他には代え難いです個人的に)

結局WU-TANG CLANについては門外漢ですが、なぜならヒップホップの伝統芸風的マッチョイズム=ギャングスターイメージがことのほか強かったりするからですが、RZAの作るトラックには引かれます。ニューアルバムも出るそうですね。

(DISCOGS未掲載)

♪PROTECT YA NECK2 / OL DIRTY BASTARD, BROOKLYN ZOO CREW続きを読む

RISE ABOVE / DIRTY PROJECTORS


早3ヶ月以上前ですが、天下のパイクマンさんの所で紹介されていてかなり気に入ったので買った盤です。このユニットではもう5枚目になる最新アルバムらしいですが、これ一枚しか持ってないので、以前作品レビュー等含めたアーチスト詳細情報はぜひそちらで。

とはいえまだ聴き込みが足りてないほど、奥の深いアルバムだと思います。

しかしそちらでの試聴の際受けた「新しいトーキングヘッズ」という第一印象は変わりません。リズムの緩急が頻繁な変拍子を多用、それと呼応するように妙な高揚感から一転泣きのメロディー、といったように感情の起伏も目まぐるしく変わるので(アルバムタイトルも暗にそれを表してるのでしょうか)トータルで何回聴こうとも、けして飽きません。いわゆる聴く度に新たな発見があるスルメ盤です。

時々情けないようなメインボーカルの男性と、そこに絡む時に儚げかつ時に力強い女性コーラス、というパターンもトーキングヘッズ的であり、実に効果的です。また、主にカッティングギター辺りにはワールドミュージック的感触、インプロビゼーション(即興)的展開はジャズから、やはり泣きのメロディーはブルース的と、あまりにも膨大な量の音楽ジャンルから影響を受けている人々なのでしょう。

これからも上記のような意味で何度も聴くであろう名盤です。

DISCOGS

♪DEPRESSION / DIRTY PROJECTORS続きを読む
livedoor プロフィール
Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives