KEMPIRE

How deep is your Love?

2007年09月

STARLIGHT / THE SUPERMEN LOVERS

starlight
映画や音楽等なんでも詳しい村上エケコさんのイギリス留学時というリアルな現場情報により6年も前のヒット曲だったと判明したこの曲です。(↓DISCOGSで確かに確認)

昨日のPVバージョン=原曲も素直といえば素直なフィルターハウスで好感ですが、相撲エージェントによるその名も超魔術ミックスが寄りフロアー仕様に仕立て上げられたノリノリバージョンなので良です。原曲の大げさなオープニングにも期待を募らされますが、こっちも初っ端から盛り上がっていく感じが鳥肌物の一歩手前です。よろしいですね。

DISCOGS

♪STARLIGHT (AGENT SUMO SUPERMAGIC MIX) / THE SUPERMEN LOVERS続きを読む

ONE IN TEN / 808STATE - UB40

oneinten
9月最後の日に808STATEを聞いてみる。808STATEは今一番危険なグループでしょう。デンジャラスっていうか。そういうわけでこれも相当デンジャラスなわけですが、しかしめちゃんこイケてますね(死語満載です)ジャケ通りUB40とのコラボ曲です。でも歌とコーラスがUB40なだけで、あとのサウンドは808STATEそのものですね。時代的にはドラムンベース以前のレイヴ〜ジャングル的ブレイクビーツと、オケヒット連打あたりが涙を誘いそうになりますが、しかしかっこいい!というかダサかっこいい…アシッド感覚ははまります。

DISCOGS

♪ONE IN TEN (ORIGINAL MIX) / 808STATE - UB40続きを読む

STARLIGHT / THE SUPERMEN LOVERS


で、意味無しエントリーです。アニメーションつながりで好きなPVでも上げていきます。このスーパーメンラバーズとはダフパンなどとも交流があるらしいフランスでは有名なヒット曲メイカーGuillaume Atlanの覆面プロジェクトだそうですが(DISCOGS)覆面にはならなかったほど、この曲はヒットしたそうですイギリスなどでも。そんな曲自体もダフパンばりのファンキーフルターハウスといった趣で結構好みですが、キモカワイイ?キャラがひとり辺境のプラネットで誰からも相手にされずシコシコと宅録している、結果彼の音楽は宇宙人にしか良さが解からなかった、というPVも浮世離れしててよろしいです。見ればわかるので説明することもないんですが。汚い機材が最高。

NUMBER ONE / PLAYGROUP


意味無しPVエントリーです。このプレイグループはUNDERDOGというリミキサーとしても有名だと思うトリップホップ系アーチストの別名義です(DISCOGS)それはいいんですがロボットがロボットダンスを踊るのが単に面白いなと思ったもので。というか意味はあるのか?と。他にはスティックスのドモアリガトミスターロボットとか。曲はテクノファンクといった感じでかっこいいですね>プレイグループ

TOO BLIND TO SEE IT / KYM SIMS

tooblind
スティーヴ“シルク”ハーリーによる明日への希望あふれるガラージ、といえばこの曲!避けては通れません!元のキムシムズさんもそれほど美人でないながら実に良さそうな人、というルックス面も好きなんですが、その人柄を表現しているようなこの曲も素晴らしい。といいますか、まだ先があるので確定ではないですがマイ生涯チャートの恐らく100以内には入るであろう曲です。べつに知りたくないかもしれませんが。なんでしょうねこの明日も頑張って生きていこう!と思わせる希望あふれる曲調は。なんにも特別な事してない気がするんですけどね。しかしそこが勝因でしょう。

ちなみに歌詞は彼女の同タイトルアルバム「TOO BLIND TO SEE IT」歌詞カードにて極最近知りました。歌詞カード見る前はこの曲調ゆえに、I CAN SEE CLEARLY NOW♪というジミークリフ調かと勝手に想像していましたが、なんとまあ「私をほったらかしにしとくからもう出て行くわ。あなたは何の事だかさっぱりわからないようね(バカね)」という女の子が彼氏を振る歌じゃないですか。つまり広義の意味での失恋ソングです。そんな歌だったとは…しかしなんでまたそんな歌が、惚れた腫れたのお歳頃を過ぎたおっさんである私の心に、こうも響いてくるのか!

ついスティーヴ“シルク”ハーリーについて触れることを忘れてました。でもほんと特別変わった事はしてませんね。素晴らしい!キムシムズ&スティーヴ“シルク”ハーリーよ、ありがとう!このCDSは墓場まで持っていきます。

DISCOGS
kymsimshurley
♪TOO BLIND TO SEE IT (HURLEY'S HOUSE MIX) / KYM SIMS続きを読む

GYPSY WOMAN (SHE'S HOMELESS) / CRYSTAL WATERS

gypsywoman
満を持して登場のこの曲、いつ聞いても素晴らしい。クリスタルウオーターズの調子っぱずれで投げやりなスキャットと、シンセ音丸出しのコード弾きやTR-909そのまんまのビートがシンクロして妙なハーモニーを醸し出す瞬間に、今でも鳥肌ものです。その原曲は一昨日PVアップしましたので、ここはあえてDISCOGSでも誉められていたバージョンです。よりいっそうノリがイイ!というかノリノリです。これでもか!と執拗にたたみかけてくるような上記ハーモニーが圧巻。しかし、彼女はホームレス♪あきらめなさい♪とは。プロデューサーのベースメントボーイズはこの曲でやっちゃいましたね。

DISCOGS

♪GYPSY WOMAN ("GIVE IT UP" VOCAL MIX) / CRYSTAL WATERS続きを読む

WORK IT OUT / STEVE "SILK" HURLEY

workitout
流れで昨日名前が出ていたスティーヴ“シルク”ハーリーの初期だと思う曲です。昨日のクリスタルウオーターズでの仕事は1991年でしたが、それより2年も前の曲なので、だいぶ作風が違います。クリスタルウオーターズではガラージ(往年のディスコテイストを残す、つまり古っぽいハウス)でしたが、これはもろにシカゴハウステイストを残す普通のハウスです。しかもJBブレイクビーツやラップなども入るので、当時流行っていたヒップハウスにも色目を使ってるその部分は、今聞くと厳しかったりします。B面はその名もアシッドミックス&アシッドダブだそうが、ベース音&そのシーケンスはアシッド風ではありますが、こんな素直はアシッドハウスは聞いたことないくらい、ぶっちゃけアシッドハウスではないリミクシーズです。言わばヒップアシッドハウスでしょうか。しかし、全体的に愛おしいサウンドです個人的に。こんな盤よく買ってました。

DISCOGS

♪WORK IT OUT (ACID MIX) / STEVE "SILK" HURLEY続きを読む

GYPSY WOMAN (SHE'S HOMELESS) / CRYSTAL WATERS

というわけで今J-WAVEでは一日10回くらいかかっているはずはないこの曲です。なんかもうなつかしすぎて涙も枯れはてましたけど、それにしても名曲には違いない。しかしなんでまたこんなチープな音色ばかりのバックと、歌詞が歌詞だけに多少投げやりな歌の曲が超ヒットしましたかね。改めて聞くと不思議な気もしますね。歌詞がホームレスについて歌ってるという社会派だったのも要素の一つでしょうが、やっぱりこの印象的なラダディラディダ〜という鼻歌(厳密にはスキャットでしょうけど)がキャッチーだったんでしょうね。と分析。

MAKIN' HAPPY / CRYSTAL WATERS

makinhappy
新首相の就任所信表明演説を差し置いて民法は各々、三流芸人のものまね歌合戦とか細木数子とか超能力ものとか大家族ものとかお宝鑑定団をやってましたけど、10チャンの大家族ものはまあまあ面白かったかな。もちろんやらせ感はありますけどテレビなので。収穫物からです。聞き返してみて改めて思いますが、これは名曲です。CRYSTAL WATERSといえば、あまりにも有名なデビュー曲"GYPSY WOMAN"でしょうけど、この曲は次のシングルで"GYPSY WOMAN"と同路線で、少しヤボったい(でもそれが逆にかっこいい)ドタドタしたキックやベースのリズム隊とチープな音色のコード弾き等のトラック上に、なんと言ってもCRYSTAL WATERSによる印象的なスキャット(鼻歌)フレーズが乗る曲です。多少"GYPSY WOMAN"の影に隠れているかわいそうな曲ですが、しかし名曲でしょう。プロデュースは"GYPSY WOMAN"同様BASEMENT BOYS、リミックスを当時この手の明日への希望溢れる感じのガラージでイケイケだったと思うSTEVE "SILK" HURLEYで、片面づつ担当の12"両面ともに最高です。ある場所では中古で1000円くらいで売ってましたが、当方は例によって40円で購入です。しかし見つけた方はいくらでも即買いです。当方も↑画像の美麗ジャケ付き12"で欲しいです。

DISCOGS

♪MAKIN' HAPPY (HURLEY'S HAPPY HOUSE MIX) / CRYSTAL WATERS続きを読む

SECURITY / THE BEAT CLUB おしりかじり虫について


休日の朝っぱらからなんですがね、おしりかじり虫はふざけ過ぎだろう!みんなの歌が放つ団子3兄弟以来の超ヒットと聞きますが、それにしては歌になってない。ラップ調+歌らしき部分もオンチの人がテキトーに作った創作歌を歌っているようで、ある意味むちゃくちゃ難しい。この曲カラオケで歌える人は相当の達人でしょうね。まあいいやそんなことは。俺もヒマだな。あ、ユーチューブだとさすがNHKだけあって速攻で削除されてるようですが、もろに日本語で「おしりかじり虫」とかタイトル付けるとすぐ見つかっちゃうみたいなので、こうやってoshiri kajiri mushiとかにしとくと見つかり難いみたいですよ〜ユーチューブアップの際の1ポイントアドバイス。

security
さて本題、といってもまた収穫物リサイクルですが、これは最高だったので。このビートクラブというのは全く素性が知らなかったのでDISCOGS見たところ案の定、ほぼこの一曲だけの一発屋みたいですね。しかしDISCOGS見てると何気に凄い曲のような気がしてくるから不思議です。

曲調としては、以前書いたフリースタイルコンピにも収録だったんですが、これフリースタイルではないですね。DISCOGS見る前からそんな気がしてたんですが、マイアミベースサウンドに影響を受けてるエレクトロでしょうか。なんとUKライセンスリリースではNOのバーニーがリミクシーズしてた模様です。でもそれはあんまり聞きたい気が起こらないな。↑画像ジャケのマキシCDで欲しいところ(当方のは12"ですので。

DISCOGS

♪SECURITY (CLUB MIX) / THE BEAT CLUB続きを読む
livedoor プロフィール
Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives