KEMPIRE

How deep is your Love?

2007年07月

LOVE THE LIFE / JTQ

lovethelife
しつこくJTQでも。相変わらずアルバム無しで探しまくってたらまたマキシを発見。そのアルバム「DO YOUR OWN THING」の一曲目を飾る曲らしいですが、これには原曲未収につきリミクシーズの方につきまして。モラレスと懐かしい名前ダニーランプリングがやっとりますが、まあモラレスは予想通り&もう古すぎてさすがにきついですね。悪くはないんですけど、華やかガラージです。さてバレアリック世代には涙物の人?(しらんけど…)ダニーランプリングはやっぱりUK的にチャカコポ感はありますが、ファンキー要素&わりと大人しめで故にモラレスのよりも今でも聞ける普遍性がある気がします。しかし展開もありそこからは少しダサいかな。

DISCOGS

♪LOVE THE LIFE (DANNY RAMPLING 12" MIX) / JTQ続きを読む

GO GO CRANKIN' / VA

gogo
昨日までいたNYからフィラデルフィア経由の東海岸縦断アムトラックに乗って、ここは今ワシントンDC。いや〜ものすごい盛り上がりをみせていますよ!60年代の公民権運動以来のデモやパレードが連発、理由は主に有色人種と白人間貧富の格差の不満がまた限界に達しているからです。それはもう各地、ホワイトハウス前はもちろん、ワシントンDCの中心部にある記念碑前のでかい池周辺や、桜並木で有名な川(ポトマックだそう)の今はもちろん咲いてませんが、しかし青々とした並木の元、プレートを持った人たちであふれ返る大集会がそこここといたる所で開かれてます。それはもうお祭り騒ぎですよ。現地時間ではいま夜の7時ですが、まだまだ明るく、おそらく今から深夜にかけていっそう盛り上がっていくことでしょう!

やっぱり黒人が一番多い感じですが、我々日系を始め中華系等のイエローから、ヒスパニック系、プエルトリコ系、ネイティブアメリカン、エスキモーといったマイノリティーな人々から、もちろん白人も多く参加してます。極貧階層でも食べる物には困らないという、最低生活レベル的には恵まれた国ですが、そこは人間、ある一部の人種(主に白人)が隣でより良い物を食べ、良い服を着、かっこいい車に乗っているのに、自分達は毎日ハンバーガーを食ってジャージorスウェットで歩き、というのでは不満が溜まっていくのも当然。少なくともこうやってその不満を表現するのは当然の権利だな、と外人である私でも思います。とはいえ、そんな野次馬の私は正直そこらへん興味なし。今も後ろでかかっている不満のハケ口としては最適なBGM、ワシントンDC生まれのゴーゴーに乗っていくだけです!ペイントザホワイトハウスブラック!ドロップザボム!!!!!!!!!!!

DISCOGS

♪DROP THE BOMB / TROUBLE FUNK続きを読む

SHE'S NEVER READ MY POEMS / TELEVISION PERSONALITIES

shesnever
なぜかテレビジョンパーソナリティーズのEPでも。イイEPなんではないでしょうか。タイトルトラックからしてタイトル通り何となく、というかかなり情けないテレビジョンズ節?チャカポコした感じが当時のマンチェに気を使ってますね。2曲目はリバーブ多用な音処理が少しヴァーヴっぽい。3曲目などジョンレノン"HAPPY CHRISTMAS WAR IS OVER"みたいではないですか!タイトルも似てる。そんな感動的なんですけど、やっぱり自己憐憫ソングみたいですね。好きですよ。ジャケもかわいくて良い。

♪CHRIST KNOWS, I HAVE TRIED / TELEVISION PERSONALITIES続きを読む

GOOD TO GO / OST

goodtogo
雨ですね。なのに当方は朝っぱらからゴーゴーで鬼のような盛り上がりです。これサントラみたいですね、映画は見てませんけど、少しくらいは見たいけど。まさに当時ワシントンDCにおいて最高潮をみせていたGO-GOのフッテージでしょうか。まあ中にはサントラ的でどうしてこれが?というようなGO-GOではない曲もありますが、全体的にはGO-GO入門編的な優れ物でしょう。中でも良い意味で引っかかったのは試聴曲。トラブルファンクが当時(85年前後)のダンスミックス的なサウンドに色目を使っている気もするモノホンアーチストとはいえ少し似非GO-GO感がある曲です。特にビートのみのブリッジ部で音階付きオケヒットによって無理矢理に盛り上げようとしてる所でしょうか。

DISCOGS

♪STILL SMOKIN' / TROUBLE FUNK続きを読む

KILLING TIME / THE JAMES TAYLOR QUARTET

starsky
なぜかJTQなんて聴きたくなりましたがアルバムが一枚も見つからないのでこんなシングルです。でもこれはかっこいいですね。アシッドジャズでしょうか。詳しくないので何枚目のアルバムからのシングルとか知りませんが。まさにスパイ映画のサントラ調です。疾走するバンドサウンド的ビート(でも半分くらい打ち込み)&ベースやドラマチックなストリングス上にイケイケながらも勢いのあるラップが乗ってます。カップリングの"STARSKY & HUTCH"なんてそのまんまサントラ曲のようです。曲はそちらで。

DISCOGS

♪STARSKY & HUTCH / THE JAMES TAYLOR QUARTET続きを読む

AIN'T NO MOUNTAIN HIGH ENOUGH / INNER LIFE

aintno
薄暗く所々水溜りがいつもある汚い地下道から階段を上がると、もうそこはY字路のど真ん中、タイムズスクエアだ。比較的静かな地下道から一気にクルマのクラクションや雑踏のノイズの中へ放り出される。ここはアメリカ文化の掃き溜めのような場所。いったいどこへ向かうのか?車や人々までもがせわしなく早足で通り過ぎていく。観光客然として突っ立っていようものなら行き交う人々にどつきまわされる。しょうがないので行く当てもなくブロードウエイを北上してみる。

そんなわけでウィンドウショッピングもままならないのだが、やはり気になるのはレコードショップや楽器屋だ。しかし、どこもここも人相の悪そうな黒人が店員なので入ることすらためらってしまう。そんな中、一軒だけ人の良さそうなおそらくユダヤ人の老人が店番(店主?)をしているひなびたレコードショップに入ってみた。老人は読んでいたタイム誌を置いて老眼鏡を外し、しげしげと東洋人の僕を見た。

「いらっしゃい」僕「ダンスクラシックのコーナーはどこですか?」老人「坊や、ここはダンスクラシック専門店なんだよ。一言にダンスクラシックといっても、ソウル、ディスコ、ガラージ、といろいろあるからねえ」僕はすこしむっとしながらも「そうですよね、ではディスコで」「ディスコ、といってもオールドスクールからイタロ、ユーロ、ミュンヘンから最近のリエディットやディスコダブ等々あるけど、どれ?」「じゃオールドスクールで」「そう、じゃあここ」「どうも」

意外と感じが悪かった老人のせいで、それに大した物もなかったので、ぱぱっと見ただけですぐに出た。そんなことより今日の目的は、デヴィッドマンキューゾのロフトでラリーレヴァン生誕記念パーティーが行われるのだ。せっかく今NYCにいるのだから行かないわけにはいかない。ここから45番街へは遠いのだが時間もあるので、御上りさん丸出しでぶらぶら歩いていくことにする。

DISCOGS

♪AIN'T NO MOUNTAIN HIGH ENOUGH (ORIGINAL LARRY LEVAN 12"MIX) / INNER LIFE続きを読む

WARP BACK TO EARTH

flare
世のなか大変なときにテンプレテスト中とかやってていいもんなんでしょうか。いろいろありますけど人間希望だけはなくしちゃだめですね。ワープ航法で200万光年の旅を続けてきた今、テラ星系にやっと入ってきた。通常航法最後のスイングバイを太陽の引力を借りて行う。太陽のフレアが虚空たかく舞い上がる時、赤く燃え盛る炎の向こう側に、青いオアシスのような地球を見る。私たちが帰る星は宇宙という砂漠のオアシスだ。地球を大切に。

RENEGADES OF FUNK / AFRIKA BAMBAATAA & SOUL SONIC FORCE


エレクトロです。バンバータのベストもやってしまったことですが(そこにも収録なんですが)この曲は書かないわけにはいくまいと。私が持ってるのはトミーボーイのコンピで2枚組みバージョンですが、5枚組みボックスセットなんてのも存在するようです。収録曲は他にもDE LA SOUL,A TRIBE CALLED QUEST,QUEEN LATIFAH,SATSASONIC,NAUGHT BY NATURE,HOUSE OF PAIN,DIGITAL UNDERGROUND,COOLIO...というまさに初期ベストコンピです。これも一家に一台間違いなしですが、しかしここは件の曲。

アーサーベイカー&バンバーター&ソウルソニックフォースチームとしては以前書きました
"PLANET ROCK"→"LOOKING FOR THE PERFECT BEAT"に続く3枚目のシングルです。ビートやベースの主要部分はチームの典型的かと思います。特筆すべきはまさに重箱の隅的ですが、ダン!というピアノ音のオカズパーカッションです。これは同時期のベイカー&ニューオーダーによるエレクトロクラシック"CONFUSION"でも聞かれる音で、個人的にたまりません!それだけです…それにしてこのジャケの12"で欲しいところです(再発もされてるようなんですが
renegades
♪RENEGADES OF FUNK (12" VERSION) / AFRIKA BAMBAATAA & SOUL SONIC FORCE続きを読む

MAHLER SYMPHONY NO.9 / NEW YORK PHILHARMONIC / KURT MASUR

mahler9
広間に通されて、正面窓一面に広がる湖畔の見事さに圧倒されながらも、その中央、青い逆光のせいで黒く影のようになっている君を見た。広間があまりにも大きいので君はとても小さく見えたが、その存在は後ろに見える湖畔にも劣らない。

一同、君のいる広間中央に近づくと君の顔や全身が少しずつ分かってきた。顔は見覚えあるとはいえ、しかしあの時の君とは別人のように化粧も薄く子供ような顔立ち。着ているものもシンプルな白い絹のドレス。舞踏会に招待した城の主にしてはあまりにも質素な出でたちに、むしろ着飾っている招待客たちは驚く様子を見せたが、私は逆だった。それで良い。君の存在自体、身に付けるあらゆる装飾品はなんの意味も持たなくなるからだ。

そんな君に招待され、広間に招き入れられた一同は、フルオーケストラによって奏でられる曲に気づく。ワルツ、その三拍子の優雅なテンポには誰れでも踊り出さずにはいられない魅力がある。中には主催者である君への挨拶もろくにしないまま、ステップを踏み始める者もいたが、私はそのような失礼はせず、まず君の元に寄って、膝をつき君の長い指に口を近づける。「またお会いしましたね。光栄です」

(いっぱいいっぱいです)

♪MAHLER SYMPHONY NO.9 "ADAGIO" / NEW YORK PHILHARMONIC / KURT MASUR続きを読む

今日の収穫7.15

今日の収穫コーナーです。
saywhat1.TROUBLE FUNK"SAY WHAT!"とりあえずジャケ買い473円也。これは飾りたくなるでしょう(個人的に)一目瞭然トラブルファンクですがライブ音源です。ただフリー12"とか書いてある盤が入ってませーん。べつに要りませんけど。わりと普通に盛り上がるGO-GOです。
doctrin2.COLDCUT"DOCTRIN' THE HOUSE"これもジャケ買い、ただ高かった840円也。探してた盤ですが、わりと肩透かし。彼らのメガミックス系初期代表曲mでもボーカルにはYAZZをフィーチャー。これには未収ですが、原バージョンの方がよいです。無理やりつなげるわけではないですが彼ら極初期のメガミックスはトラブルファンク等のGO-GOビートをサンプリングしてできてました。
heymusic3.S'EXPRESS"HEY MUSIC LOVER"同じくUK初期メガミックス時代をともに築いた人々。これも相当古いですが('89)彼らにしては初期からは少し経った頃の曲。ハイパーな感じが古くて涙を誘いますが、でもまだ聴けます。多少メガミックス系。100円也。ちなみにこの曲、フィリップグラスによるリミックス盤なんてのも存在しました。それは面白くはなかったですけど…
beatclub4.THE BEAT CLUB"SECURITY"さて、一応フリースタイルですみません。以前書きましたフリースタイル系コンピにも収録だったので一応とは書きましたが、タイトルにも現れてるようにルーツであるエレクトロと、過渡期ではないですが、境界線を引くのが難しい作品。個人的には非常に好みのタイプです。100円也。
barthezz5.BARTHEZZ"ON THE MOVE"100円シリーズでやってまいりました!バーセッズ!この曲は持ってなかったので良かったです。代表曲でしょうか。ドサイバートランス。しかもBではDUMONDEがリミックス!スノボーをイメージです(?
lasergun6.LOPAZZ / BAD COP BAD COP"EP"SAVAS PASCALIDISという人が運営するエレクトロクラッシュ系レーベルLASERGUNの盤です。両者知りませんがスプリットシングルです。片面が昨日のクリスコーダにも通じるようなボーカル細切れによるトランシーなエレクトロ。まあまあ。100円也。
gusto7.GUSTO"DISCO'S REVENGE"ガスト?の代表曲らしい曲をディープディッシュとNYディスコ時代からクラブ界の大御所トムモールトン卿がリミックスのようです、ディープディッシュは△。卿は往年のディスコテイストかつやはりエクステンデッド的に無駄に長い感じのミックスで、こっちは最高です。100円也。
kelis8.KELIS"CAUGHT OUT THERE"最近気になる存在モジャモジャ頭のお姉さんケリス姉さんのデビュー曲らしき盤を発見。当然?Pro,はネプチューンズですが、両者まだ小慣れていないせいか?いまいち普通のR&Bです&♀ラッパー?の叫び声が超うるさい…100円也。
clara9.CLARA MORENO"CLARA CLARIDADE 0002"女の子つながりで、元の人は知りませんけど、この邦盤12"ではAをジョークラウゼルが、Bをアシュレイビードル(BLACK SCIENCE ORCHESTRA)がPro.からMixからバックの演奏まで担当してますが、Aはブラジリアンハウスを期待しましたがまあサンバテイストはありますが普通のおしゃれっぽいハウス、BにいたってはなんだかトリップホップっぽいダウナーなR&B。Aの方がまだ良いです。あでもこっちも♀コーラス?がうるさい。100円也。
joesmooth10.JOE SMOOTH"I'LL BE THERE"さてここから何枚かはオールドなハウス攻勢ですよ!興味のない方はとばしてね☆まずはジョースムース。当然"PROMISED LAND"が有名かと思いますが、それに比べると何段か落ちるシカゴハウスです。リミクシーズも御大トニーハンフリーズがやってますがそちらも素直過ぎる印象。そこがイイのかな?100円也。
raze11.RAZE"BREAK 4 LOVE"RAZEの代表曲も100円で発見!イイんでしょうか?こっちは代表曲だけあっていつ聞いてもサイコーです。フランキーナックルズ"BABY WANTS TO RIDE"路線のハマリ系のハウス→後にRAZEの人ヴォーンメイソンが発明するGO-GOビートのヒップハウスへの変遷が感じられる名曲です。言わずもがなかもしれませんがKLFやらフランキーボーンズやらにサンプリングされまくってました。というか奴らもろにパクってヒットさせましたからね…
kraze12.KRAZE"LET'S PLAY HOUSE"名前が似てるつながりで。このグループは"THE PARTY"という一個前の曲が代表的かと思いますが、こっちもなかなかディープです。これはNYディープハウスなのかな。とべつに詳しくありません。ただATLANTIC傘下でNYの代表的ハウスレーベルBIG BEATからですね。
charvoni13.CHARVONI"ALWAYS THERE"さて一応名前が似てるつながりですが…BLAZEがPro,したイケイケ気味傑作ハウスです。このCHARVONIとは元BLACK BOXのボーカリストのようです。そんな歌声からBLAZEによるトラックもイケイケですが、それでもこの品の良さはさすがBLAZEといった気がします。しかしこれも100円で売っててもイイもんなんでしょうか。ビニールに付いてた前の値札は1950円ですけど(笑
jungle14.JUNGLE WONZ"TIME MARCHES ON"これも値札1950円つながりです(笑)が、これはさすがに100円ではなく735円也。シカゴディープハウスの神MARSHALL JEFFERSON別名義の代表曲です。しかしこのVENDETTA盤にはその原曲は未収で(原曲自体はCHICAGO TRAXのコンピ等様々なCDに収録です)NYの人でしたっけ?JUSTIN STRAUSSによる全5バージョンのリミックス盤です。こちらも最高。ドラマチック&明日への希望あふれる古き良きハウスです!
robert15.ROBERT HOOD"INTERNAL EMPIRE"さて希望あふれる感じから急にミニマルに。ロブフッド自身のレーベルM-PLANTよりの4曲入りEP「精神の帝国」です。このタイトルではアルバムCDもありますが、それは悔しいけど持ってません。欲しいですが、この4曲はすべてアルバムにも収録ですし、アルバムが高かった場合はもう要りません。誰かがマッドサイエンティストが実験室で実験してるような音、とかいってたような気がしますが、たしかにそのまんまですね。タイトルトラックよりも次の曲なんかがイイ。100円也。
acidafrica16.VA"DARK ENERGY"デトロイトつながりで、というかロブフッドもいた古巣URの2枚組みEPも比較的安かったで購入。515円也。超イイです(笑)参加アーチストはオーナーMAD MIKEと、看板アーチストの一人JAMES PENNINGTON等のようです。AB面を彼の名義SUBURBAN KNIGHTが、C1をMAD MIKE、C2&DはUR名義ですので、一体何人参加とかまでは分かりません。そんなことはどーでもよいのですがアシッドアフリカ!
darkenergy17.DARK ENERGY"COLLIDED ENERGY"さあいよいよCD編です。上記JAMES PENNINGTONのなんと?CD2枚組みベスト盤も発見!ということで↑のAB面&C1の曲なんかも全部入っちゃってるんですけど…(まあ12"にはこっちも入ってない曲もあるので良しとします。でもC1はMAD MIKEの曲じゃ…?)ストイックな感じのデトロイトグルーブなテクノです。でも中にはわりとイケイケ風もあって、メリハリはあるんじゃないでしょうか。曲は、彼の祖父が第二次世界大戦中にGIで、ドイツ戦の戦場でドイツ軍が上げた照明弾が、まるで深夜の太陽のようだったという(=恐怖)"MIDNIGHT SUNSHINE"(DISCOGSより)1012円也。
labradford18.LABRADFORD"E LUXO SO"我が勝手にソウルメイトグループのLABRADFORDの一応最新アルバム(この後にはミニアルバム的EPはリリースですが)も比較的安かったので購入。567円也。たしかにスカスカ&暗いんですけど(誰に言ってる)個人的にはこの手の間&暗めのほうが落ち着きます。だけど後半などは彼らにしては明るめかつメランコリック、それは暗い曲でもそうですが、さらに良。なごめます。
meme19.VA"MEME000CD"最後二枚は今から聞きますが、MEMEというエクスペリメンタル〜ノイズ系レーベルのコンピみたいです。参加アーチストもRYOJI IKEDA,JIM O'ROURKE,LOREN MAZZACANE CONNORS等と豪華そう(後は知らない)。まあありがちといえばありがちな面子なんでしょうか。音の方もまだ全部聞いてませんが、わりと想像がつく感じのやはりエクスペリメンタル〜ノイズみたいです。一曲目からこれだもんね↑945円也。
syllyk20.SYLLYK / KOJI MARUTANI"OTHER-WISE"最後、一応JIM O'ROURKEつながりで、いやこの作品には参加してませんが、彼とのコラボというよりもスプリット盤(以前書きました、それは怖かったです)もあるフランスのノイズ系SYLLYKと日本人?KOJI MARUTANIのコラボ盤でしょうか。全部聞いてませんが、やっぱりダークサイドなんですね(笑)でも好きですよ。856円也。
昨日のCHRIS KORDAと合わせまして21点計7080円也。
livedoor プロフィール

gogleman

KEMPIRE(基本その日に買うてきた音源をいかにも前から知ってる風に語るブログ)

Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives
読者登録
LINE読者登録QRコード