KEMPIRE

How deep is your Love?

2007年05月

郷愁5.31

久々の郷愁コーナーです。(このネーミングの意味を知ってる方はそれなりのKEMPIRE音楽詩集ファン)

tka1.初っ端TKA!もうTKAに夢中です。そんなことはないんですが、奇妙にも偶然見つかりましたので。このブログとやらで書いてた記事に関連したアーチストや盤に、書いた後めぐり会う事がよくあります。多分頭のどこかで意識しているが故に、いわゆる電波を発しているから、それに引っ掛かるのでしょう。そんな風に思ってます。いやべつに電波君ではありませんから。この曲もイイです。少しエレポップ入ってるフリースタイルというツボな曲となってます。やっぱTKAサイコー。
tilt2.順番は相変わらず滅茶苦茶です。でも極力関連ありそうな流れを目指します。とはいえやっぱり滅茶苦茶です。持ってるのに買っちゃったシリーズ?ティルトですが、両面ともに収録のCDSを持っていたのにも関わらず、なぜか買ってしまった盤です。ただアナログならではの音圧ということで後悔はしません。もはや古く臭い感じがするプログレトランスかな。
transgenic3.プログレトランスつながりで、このTRANSGENIC TOOLS&その他リミキサーは一切知りませんが、唯一知ってるC面アンバサダーミックス狙いで購入です。でもやっぱりどーでもイイ気がする軽い感じのプログレトランスでしょうか。その他面未聴。
saints4.これもプログレハウスかな。知りませんけどSAINTS&SINNERSで。バレアリック名曲TC1992"FUNKY GUITAR"のサンプル使用のようですが面白くはありません。
luzon5.プログレハウス〜プログレトランスといえばやっぱりこの曲LUZON"THE BAGUIO TRACK"でしょう。これもCDS所持ですがそれとは1バージョンしか被らないので喜んで購入です。いつ聞いてもベッドロックリミックスの妖しい雰囲気にはしびれますが、さすがに聞き飽きた感もあります。その他リミキサーの物はまだ未聴ですが、楽しみに聞きます。
dream6.トランスチックに戻りますが(今回落ちてたのはプログレハウス&トランス多かったです)ヒット曲のようなドリームキャッチャーらしいですが、プロモっぽい盤でA面RIVA&B面SUSHIリミックスだそうです寿司って…RIVAの方が華やかでイイかな。いや寿司もド・サイトラでこれはこれで良い。
shiva7.ヒューメイトリミックス狙いで。当然元アーチストは知らないんですが。疾走するプログレハウスビートがかっこいい!
humate8.ヒューメイトつながりで、彼の古巣?SUPERSTITIONレーベルですが、知らない人SNITZERとのコラボ曲のようです。でも普通かな。
remy9.プログレハウス最後の使者は、これまた元アーチスト知りませんが、辛うじてB面DJ REMYの名は知ってたので冒険購入。そしたら結構良かったというグイグイプログレハウスでした。もしや今回の一押し?
higate10.で後はまたトランスムードになっていくんですが(終盤はお洒落系ですよ!飽きずに読んでね☆でも古いやつだけど…)でもこれはプログレチックでしたね。順番テキトーに選んでやってますのでご容赦を。UKクラブミュージック界の才人ポールマスターソンともう一人のユニットHI-GATEですが、それなりのヒット曲だと思う"GONNA WORK IT OUT"という曲です。フロア映えするような、でもま繋ぎ的曲でもあるような、つまり使い捨て曲ですかね。でも好きですよ。思わずハンズインジエアーしたくなります。B面いかにもな歌物トランスも良。
cirillo11.さあトランスといえばこの人!ポールヴァンダイク師匠ですね!のもちろんリミックスワークで知らん人CIRILLOさん?をもろ師匠節のわかりやすーいトランスに。わかりやすいブレイク部&単純なピアノがまた…ほんとわかりやすいな〜でも駄作ですね(笑
etienne12.そんな師匠つながりで、師匠とハイブリッドがセイントエチエンヌをリミックス!でどうなのか?と問われればどうなのか…うーん両面ともにいまいち。師匠の方は↑とは違ってあまり師匠っぽくないフツーのセンエチ節?詳しくないけど。でも両者は師匠の作品でもコラボってましたっけ。希望あふれる感じは嫌いじゃないけど。ハイブリッドのは面白くないブレイクビーツ風。
airwave13.トランス系最終弾は!素敵名曲!エアウェイヴとアーミンさん(RISING STAR)のコラボ曲サンスポット!流れるような旋律+大空をイメージするシンセパッド+力強く疾走していくビート&ベースと、申し分ないロマンチックトラックです。B面リミックスは初めて聞きましたがそっちもグー。ああ大空にたなびいて行くノロシをどこまでも追いかけていきたい気分です(?)これを42円で売ってちゃダメでしょう>レ○ファン
boysrus14.さて、一呼吸置きたいんですが…でも目をつむって手に取ってしまった=ランダムセレクトがこれですか…ボーイザラスってRが反対になってますけど、トイザ○スのマネなんでしょうか?相変わらずUKクラブ音楽の1スタンドアクトはテキトー名義すぎです。そんな感じで音もどーでもよいUK的ハンドバッグ?(よく知りませんけどビートが強いだけで踊る目的のためだけのクラブトラック)でもリミキサーもそっち系総動員な感じでROLLERCOASTER,KLUBBHEADS等がやっとりますよ。試聴は知らない人のだけど。
tempo15.さて疲れてますけど、これもそっち系の、でも大御所だったテンポさん。こちらはさすが大御所、音楽性が高いですね。気合入ってんじゃないの?あでもB面の知らん人たちMAURICE&NOBLEリミックスのほうがええわ(すれっからしキャラになってきてごめんなさい
kelis16.元気系?がまだ続きます。元アーチストKELISって知りませんけど有名な人?その人をティモマースがリミックスのよう。しかし、なんとも言えない感じになってますね。うーんこれぞ今の言葉で言えば微妙。あ、いまアルバムバージョン聞きましたけど、この人はあれですかね今風のR&Bの人なんですかね。ネプチューンズとかティンバーランドとかの。そんな原曲。と思っていまクレジットの小さい字じっくり見たらネプチューンズプロデュースでしたー
liveelements17.この人達?は名前だけはよく聞くので音を聞いてみたかったLIVE ELEMENTSですが、初めて聞きましたがこんな感じなんですね。ファンキーフィルターハウス。普通によろしいんじゃないでしょうか。音がくぐもったりしてね。買ってよかった感じ。ちょいダフパン似。
nuyorican18.ファンキーな感じで。これはよーく見かけてた盤でしたが、今回一番安く購入。WパックにてMAW&ニューヨリカンソウル&知りませんがキングブリットのユニット?SILK 130がリミクシーズ、でよろしい感じです。ニューヨリカンよりもMAWミックスの方が予想外に渋いかな。ドライブするベースがイイ感じ&なんと言ってもルイヴェガ妻インディアさんの子供みたいな声が本当にタマリマセン。SILK 130のは未聴。いやこれは良い曲ですよ。試聴もつい長めに。
kamasutra19.どうやら同傾向で(基本的に全部いま書いてる最中に始めて聞きますので)カーマスートラ関係らしい盤。しかし渋かった良い意味で。これも予想外です。ファンキーディスコ=ガラージテイストな、これもわりと良い曲。
dino20.なにか戻る感じですけど、UK的クラブトラックスがまだ残ってました(この後まだあるかも)知りませんけどねーこれも使い捨てトラックでしょうねーブレイク中エレクトロ風味な所だけは好きかな。
filur21.一番謎のヤツで。いやフィラーっていうフィルター系アーチストかと勘違いして購入なんですが、どうやら同名異グループみたいですね…なんですかねこれは。プログレハウスでしょうか。この後ディスコグスで調べてみます。いま調べなくてごめんなさい。
karen22.これまたよーく見かける盤を今回安く購入。俺のカレンの曲"TROUBLED GIRL"こないだも書きましたけど…代表曲の違うリミックス盤。ウェイアウトウェストはちっとも面白くないニュースクールブレイクス&フルインテンションもフツーハード目ハウス&こないだ書いた盤にも収録だった結局ボリスダルゴッシュのモノが一番原曲に近いボサノバテイストありのイヤミナシハウスで良。
chimes123.でチャイムス2枚発見。'89&'90物を相変わらずふるーいですけどね。'89のは当時流グランドビートテイストなデヴィッドモラレスリミックスあり。悪くはないですけど、今更…といった感はあります。
chimes224.これもモラレスリミックスあり盤。こっちの方がケレン味があって良いです。でもグランドビート。カップリング曲未聴。
air25.エールも発見。原曲からして初めて聞きますけど、これは面白いのかな…よくは分かりません。B面わりと好きなTHE HACKERがリミックス、そっちの方が面白いエレクトロクラッシュ系。でも単純かな。もう飽きた…で結局知らん人MALIBのが展開もあってまだ良。でも全体的に良くない盤。
nickhook26.やっとラストまで5枚に。元の人&リミキサーまったく知らずですが辛うじてレーベルDISTINCTIVE BREAKSは知ってたので購入。まあ普通。ニュースクールブレイクス?
stryke27."U SURE DO"の超ヒットでも知られると思うイカニモなUKクラブ音楽系ストライキの曲。こんなプログレハウス崩れになってたんですね。と、ここまで書いて今ディスコグスで検索したら!綴りのIとYで全く違う人でした…ほんとテキトーでごめんなさい。そんな人の一応2005年の一応最新作のよう、評価もまあまあ高い、と思って聞いてたら良くなってきた!特に流れるような+グイグイ来る感じが。
freakpower28.これもふるーいクラブミュージックのユニット(ノーマンクック=ファットボーイスリム=)フリークパワーを、また(繋げるのを忘れてた)ウェイアウトウェストとフィラブラジリアがリミックス。どれが一番面白いかと問われれば、原曲。ハイパーな感じがあまり古さを感じさせない普遍的な曲でグー。いま気づきましたがブンブンサテライツ似てますね。
tricky29.ラス前!なんでかトリッキーの古い曲を発見購入。どうということの無い普通のトリッキー節トリップホップ。カップリング曲未聴。あ相方(恋人?)の女の人、好きでした(←ジャケ)
小林麻美30.ラスト!ネタで。いや最近極一部で熱く盛り上がっていたようなので。B面もSゲンズブールの曲をカバーしてますけど…
計1260円也@レ○ファン。続きを読む

FREESTYLE GREATEST BEATS VOLUME 1 / VA


ちまちま12"で小出しにしてももう埒があかないので早速昨日お知らせしたTOMMY BOY編纂の傑作フリースタイルコンピ第一弾です。まあこれ、詳細は知らないんですが、収録アーチストがこれでもかというくらい、そちら方面の代表者たちのデビュー〜初期ヒット=代表曲を網羅してますね。

そんなVOL.1(どうやらVOL.10くらいまで出ている模様)の記念すべき一曲目を飾るのは昨日書いたTKAさんです。この曲がやはりデビュー的曲のようで、これ以上ないくらいの典型的フリースタイルです。そして!次が!出たカバーガールズ「ショウミー」ですね。もはや何も言うことないのですが、森川由加里さんもカバーしてました。いつ聴いてもグッときますね。

でもしかしたら個人的ベストトラックのノエルという人の曲"SILENT MORNING"です。I'M ON FIRE♪&オケヒット連打の初っ端から持っていかれる80'sを感じる名曲です。なにかの映画でそんなMTV等の80'sをバカにしたようなシーンのバックで流れていて「バカにしてんのか?」と思いました。

全曲この調子で朝っぱらからやってる暇も無いのでその後の主なところを書きますと、次もリサリサ&カルトジャム代表曲"I WONDER IF I TAKE YOU HOME"ですが様々なコンピに収録なのでさすがに聞き飽きました。次もイイんですけどね…スウィートセンセーションですか名前くらいしか知りませんけど、この曲も他に持ってるフリースタイルコンピに収録なのでそれなりのヒット曲なのでしょう。でこれも名前しか知らないナヨベ等挟んで来たジェリービーン代表曲"THE MEXICAN"ですけど、これまた聴きすぎなり。でも永遠のフリースタイル名曲でしょうね。

サファイアインフォメーションソサエティージュディトーレスという既に書いたアーチスト達の名曲群と来て、最後はカバーガールズか?エクスポゼか?と当時、80年代終わり頃、比べられてたと思うエクスポゼのやはり代表曲(デビュー?)"EXPOSE TO LOVE"にてきっちり閉めるという、これこそ一家に一台、皆の衆必携の逸品となってますので是非。

♪SILENT MORNING / NOEL続きを読む

TEARS MAY FALLS / TKA

tears
TKAというフリースタイル系グループですが結構代表的グループのようです。天下のTOMMY BOYから'86年にデビュー&現在も所属するフリースタイル部門の看板だったと思います。(未だに解散していないようなのですが、でも開店休業状態のようです)

実質デビュー曲の"ONE WAY LOVE"から既にかなり完成度の高いフリースタイル曲でした。(12"盤は持ってませんがTOMMY BOYからの傑作フリースタイル系コンピ「Freestyle Greatest Beats: The Complete Collection, Vol. 1」収録でした。ちなみに…それは化石時代のKEMPIRE音楽市場本社時代にレビュー済ですなのですが、また改めてレビューするつもりです)

この曲は3rdシングルのようで、もはや貫禄すら漂う余裕のフリースタイル曲となっています。Pro.は現在ハードハウス系リミキサーとして有名なTONY MORANが在籍していたフリースタイル系プロデュースチームTHE LATIN RASCALSが行っています。ビート&ベース自体はその他フリースタイル曲と取り替えてしまっても分からないような典型的なモノですが、そのブレイク等合間合間に見え隠れする遊び心のあるテクノ的な鳴り物や音処理は、フリースタイルがエレクトロの発展系だった事を気づかせてくれます。無駄に長いエクステンデッドミックスの部分も個人的に好きです。

♪TEARS MAY FALLS (EXTENDED DANCE MIX) / TKA続きを読む

COME INTO MY ARMS / JUDY TORRES

comeinto
昨日もそうでしたが今日も北から寒気が入ってきて爽やかな朝ですね。そんな爽やかな朝からフリースタイルで申し訳ないですが、これは典型的です。

情熱的な歌とシンセ音丸出しのKEY.が奏でる泣きのメロディー&プエルトリカン達がストリートでブレイクダンス等しやすように跳ねるようなビート&そのビートを補強しつつ、かつ泣きのメロディーも補強するかのようなマイナーコード進行のベースライン等による典型的フリースタイルのA面2バージョン。'87年という、この辺りのフリースタイルからハウスへと主流移行期を感じられるハウスリミックスのB面。

というような、このレーベルPROFILE RECORDSでの仕事もいくつかあるようですが、自身がオーナーのレーベルCUTTING RECORDSでの大量の仕事が有名なフリースタイル→ハウスプロデューサーALDO MARINの心意気が感じられる一枚です。

しかしボーカリストJUDY TORRESは"NO REASON TO CRY"というヒット曲の方が有名だそうです。ぜひ欲しいところです。

MYSPACE
http://www.judytorres.com/

♪COME INTO MY ARMS (SOUTH MIX) / JUDY TORRES続きを読む

SEDUCTION / SEDUCTION

seduction
昨日フリースタイル物をやっていませんでした。セダクションのデビュー曲その名もセダクションです。もちろんPro.はC&Cですが、さすがにデビュー曲ということもあり、気合は入ってます。A面は初っ端、何かのサンプルであろう♂掛け声のインパクトからして持っていかれますが、その後はフリースタイルというよりもディープハウス調のベースやペットショップボーイズのやはりサンプル等参戦で、盛り上がるのかと思いきや、いまいち盛り上がりに欠ける印象です。B面のカップリング2曲(タイトルは同じ"SEDUCTION"ですが)の方がフリースタイルらしく、B1がジャンピンビート&しょぼいシンセ&こちらはフリースタイルらしい単純なシンセベース、B2ガオーケストラヒット連打&ピアノ弾きまくりのソロもあり、B面の方がフリースタイルとしてはどう考えても好感度大です。しかし両面ともにセダクションであるはずのカワイコちゃん3人組みがほとんど出てきません(辛うじてB3に登場、でも後にセダクションになる人かは判断不能)。その辺はどうなってたんでしょうか。想像するにこの頃は「セダクション」というプロジェクト名だけが決まっており、カワイコちゃんグループにするとはまでは決まってなかったものと思われます。そんなセダクションのデビュー曲です。

♪SEDUCTION (EVERY BODY "JUMP") / SEDUCTION続きを読む

ANGEL'S EGG / GONG

angelsegg
マーケットプレイスからゴングがやってきた!衝撃的です。買ったのはレディオグノームシリーズのいきなり第2弾なんですけど、どちらも名盤と名高い(一番名高くないのはこの「ANGEL'S EGG」らしいけど…ゆえに)第1弾「FLYING TEAPOT」&第3弾「YOU」も即買いしそうです。いやとにかくぶっ飛び!正直どう表現してよいやら&これから最低10回ほど聴き込まなくてはレビューできそうもないほど、とてつもないブツですが、そこを見切り発車で無謀レビューしますと。

一曲目がいきなりぶっ飛び!その名も"OTHER SIDE OF THE SKY"ですよ!このOTHER SIDEって言葉に弱くてね…スペースメン3の"TAKE ME TO THE OTHER SIDE"とか、くらいしか思いつかないけど。それはイイんですけど、音がもちろんすげえ…名前出したのであえていうと、ソニックブームのスペクトラムかE.A.R.バリの音響+もうこの頃は参加してるスティーヴヒレッジの虚空宇宙を漂うギター++アレンさんの訳分からん雄たけびボーカルでタイトル通り&一番長くて7分半の曲。

いきなりすご過ぎたので、このあと一体どうなっちゃうの!?と期待は膨らむ一方ですが、そんなリスナーの期待を裏切るかのように、2曲目がアレンさんのすっとぼけ歌も炸裂な悲しげサーカス楽団風=グラムロック調。しかし、また3曲目はヒレッジのギターソロが!いや〜ヒレッジのGはほんと好きです。詳しくはないんですけど、そんな彼を知ったのは現在の奥様(ミケットギラウディー)とのユニットSYSTEM 7からなんですがやっぱり最初から彼のギターにはやられっぱなし、というくらい好きですね。ただ3曲目は1分強と短いのが残念です。一曲目のバックも実はヒレッジソロ作またはSYSTEM 7の曲にそっくりです。
angelsegg2
そんな初盤から持っていかれるので、いわゆるツカミはばっちりでしょう。その後もなにか怪しい中東辺りの民族音楽風だったり、フーリガン達のパブロックコーラス風だったりするんですが、一々書いてられないし、筆者の音楽知識&表現力&ボキャブラリーを超越してるので、書けない、というのはけしてめんどくさいからではないです。ほんとに。

もうほんと訳分からない感じは確かにありますよ。繰り返すようですが、言語表現領域を逸脱してますし。ただオリジナルアナログ盤ではB面最初(正確には、CDで言うと7&8曲目がアナログでは一曲扱いされてるようですが)の変拍子&変態な"OILY WAY"が後半の幕開けかつ、いきなり山なんですが、それ以降はわりとフツーのサイケデリックロックになっていくかな〜というのが個人的意見です。でもそんなこと言うとツウの人に「分かってねえな〜これこそがゴング!」と怒られるのでしょうか?というかやっぱり聴き込み足りてないようです。それでも特筆したいのは、ヒレッジのGがサイコー!という事ですね。

現行の紙ジャケ等再発盤には14か15曲(盤によってまちまち)以降のボーナストラック3〜4曲が付いてない物もありますが、UK VIRGIN盤(画像リンク先)のような、人によっては「そんなの要らないよ」という方もいるかもしれない、ボートラ入り盤もありますよ。(私もマーケットプレイスから来て初めて知りましたけど、ついてる。但しCCCDです)

♪OTHER SIDE OF THE SKY / GONG続きを読む

SET YOUR LOVING FREE / LISA STANSFIELD

setyour
日曜の午後、出かけようと思ったんだけど、なにか暑いのでやめて、今年最初のアイスアッサムティーを片手にリサスタンスフィールドです(アイスアッサムティーはウソね)いやさっきの物と同時に見つかったりしたので。曲名等:DISCOGS(ちなみに画像はCDSの物

この盤はA面"A LITTLE LOVE MORE"&B面"SET YOUR LOVING FREE"のカップリングですが、どちらも2nd「REAL LOVE」に収録のようです(持ってません)。"A LITTLE MORE LOVE"はアルバムバージョンとそのエディットなのですが、こ、これは…(?)オシャレチックで「うーむ、こんな日曜の気だるい昼下がりにはもってこいだろう」というわけです。そんなゆるーいグランドビート調ですね。

さてB面"SET YOUR LOVING FREE"はなんとMAWがリミクシーズですよ!といっても誰もおどろかないんですが。でも流麗&スムースにして、こちらもラウンジーな大人向けハウスミュージックです。よろしいんじゃないでしょうか。ただ故に引っ掛かり(フック)は無い感じです。しかしこの手のオシャレハウスを作らせたら当時90年代前半、彼らの右に出る者は多分、フランキーナックルズくらいだったでしょうね。やっぱりサイコー!(そんな気がしてきた

♪SET YOUR LOVING FREE (KENLOU 12") / LISA STANSFIELD続きを読む

THIS IS THE RIGHT TIME / LISA STANSFIELD

thisis
リサ(略)とコールドカットの組み合わせではやっぱり"PEOPLE HOLD ON"だと思うんですけど、持ってないので、代わりに何かないかと何年も手を付けてないレコードの墓場を必死で探したら一枚ありました。でもその組み合わせでは"PEOPLE HOLD ON"の次によいと思うんですよね。"PEOPLE HOLD ON"(フルレングス9分バージョンも)はコールドカットのベスト「PEOPLE HOLD ON」に収録。


原曲(12"には未収)は彼女の歴史的傑作1st「AFFECTION」(↑アマゾンマーケットで19円…(涙)の方に収録ですが、その中では唯一コールドカットPro.作のようです。それ自体は当時80年代終わり〜90年代最初の頃のイカニモなUK的ハウスサウンドですが、このUS12"では御大シュップペティボーン&GOH HOTODA(方土田剛)のタッグがA面にて、いわゆる12"的なエクステンデッドなミックスと4分半と短いながらも故にシャープにしてドラマチックなダブを。B面をベテランUSハウスの人だと思うイヴォンヌターナーがUS的にディープかつ流麗なハウスミクシーズを行ってます。

持ってるから言うわけではないですが(笑)これは結構イイ12"です。リサさんのは巷によく落ちてる気がしますので気になった方はぜひ。

♪THIS IS THE RIGHT TIME (THE RHYTHM MIX) / LISA STANSFIELD続きを読む

SEDUCTION / THE DANSE SOCIETY


そんなわけでコメントいただいているsuper catさんにお約束した関係のダンソサです。うーんまったく詳しくないんですけど、これと多分名盤「HEAVEN IS WAITING」しか持ってませんし。(ちなみに「HEAVEN IS WAITING」は大昔エントリー済みですが恥かしいのでリンクしません。どーしてもという方はリクエストください。書き直すかもしれません(笑)

ただ、そのポジパン的ルックス&音もポップなポジパン、なのかもしれませんが、グループ名に入ってしまっているダンス(綴りは古語のDANSE)が象徴しているように、非常にダンサブル、もしかしたらクラブミュージックと言ってもよい部分まで持ち合わせています。結局そこが好きなんですが。

これは本国UKで'82年に発表されたミニアルバム「SEDUCTION」にそれ前後のシングルをカップリングしたCDですが、中でも「SEDUCTION」収録の2曲、ズンドコリズムとスティーヴロウリングスのナルシスティックなボーカルで典型的ポジパン曲(SOUTHERN DEATH CULTも彷彿)"FALLING APART"と、次にくるその名も"DANSE/MOVE"におけるデジタルダンスビートのギャップがこのバンドのスタンスを象徴&宣言しているようで、その部分が特に好きです。

後に彼らはストックエイトケンウォーターマンPro.の"SAY IT AGAIN"なんていうヒットチャート曲も発表したそうです。

♪DANSE/MOVE / THE DANSE SOCIETY続きを読む

GROOVE YOUR MIND / FREEDOM WILLIAMS

grooveyourmind
そんな感じで目に付いたこれでも。フリーダムウィリアムスという人ですけど、セダクションの時も書きましたがC+C MUSIC FACTORYデビュー代表曲"GONNA MAKE YOU SWEAT"で大々的にフィーチャーされ、一躍有名になったと思います。たしかプエルトリカンなので(違ってたらご指摘ください)ジャンル的には一応ラテンヒップホップ〜フリースタイルのラッパーです。この盤は3バージョンをMAWが+α+アルバムエクステンデッドバージョンの計5バージョンですが、渋すぎる気がするMAWのハウスリミクシーズよりも、やはりアルバムバージョンが一番それらしくて良いです。彼が参加のC+C一連の曲でもそうですが、当然ノリが良くかつ滑らかで艶のあるラップは色っぽいと思います。ジャケもプエルトリカンノリの直球でしびれます。

♪GROOVE YOUR MIND (EXTENDED LP VERSION) / FREEDOM続きを読む
livedoor プロフィール
Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives