KEMPIRE

How deep is your Love?

2006年10月

CONQUISTADOR / ESPIRITU

conquistador
でこれが噂のぶっ飛びセイバースリミックス入りHEAVENLYレーベルからの2枚目です。このCDSにはNO.1ミックス&12"(相当前書きました)の方にはNO.2&3ミックスと、収録バージョンが分かれてます。要するにHEAVENLYの販売戦略です。でその中で個人的にはNO.2ミックスが一番好きなのですが、こっちのNO.1ミックスもそれなりにぶっ飛びで良いです。昨日も書きましたが邦盤マキシにも収録ですので是非。エスピリトゥ原曲(も邦盤に収録)も昨日の"FRANCISCA"と同路線のサンバテイストの良曲ですが、このNO.1ミックスはそんなの例によって?微塵も感じさせないセイバース流エクスペリメンタルなバレアリックテクノミックスとなってます。辛うじてボーカルのエロ姉さんのパパパヤパ〜♪というコーラスが残ってる感じです。

♪CONQUISTADOR (SABRES OF PARADISE MIX NO.1) / ESPIRITU続きを読む

INNOCENTE / DELERIUM

innocente
そんな流れでデリリアムも聴いていきます。BILL LEEB一人による第二期DELERIUMの第二弾シングルとして有名なのがこの曲。
"INNOCENTE"です。原曲は少し前書きましたアルバム「POEM」に収録で、相変わらずエニグマチックながらもフィーチャーリングボーカリストのLEIGH NASH(SIXPENCE NONE THE RICHER)さんの憂いを帯びた歌声が響き渡るので救われてる曲なのですが、このマキシにはその原曲は未収録で、リミックスでDEEP DISH,DJ TIESTO.LOST WITNESS等、参加です。

DEEP DISH=ガッツンガッツンくる超ハード&ガチガチに硬いプログレハウス系リミックス。
DJ TIESTO=こちらも硬質かつ金属的。彼流にハードなプログレトランス。
LOST WITNESS=彼ら流?ポップなフィーリングの軽いトランス。
以上のような各々独自のカラーにて料理しているようです。

♪INNOCENTE (DJ TIESTO REMIX) / DELERIUM続きを読む

FRANCISCA / ESPIRITU

francisca
そんな流れでエスピリトゥを聴いていきます。これはHEAVENLYからのデビュー曲です。12"ではファイアーアイランドことFARLEY & HELLERによるその名も(というのはこの二人はJUNIOR BOY'S OWNというレーベルオーナーだからです)"JUNIOR STYLE DUB"がオルガン音色のコード弾きやチャカポコな鳴り物等による典型的バレアリックハウスミックスでハマれてサイコーです。♪パパパパラ〜のコーラスは少しバカっぽいのですが。そのバージョンは未収ですが、代わりにセイバーズオブパラダイスによるカップリング曲"CONQUISTADOR"とその曲のぶっ飛びリミックス入り邦盤マキシもありました。原曲もサンバテイストで良いので邦盤ですし比較的見つけやすいと思います。

♪FRANCISCA (JUNIOR STYLE DUB) / ESPIRITU続きを読む

THE SOUND OF THE BIG BABOU / LAURENT GARNIER

やっつけ更新の時はやっぱりこれでカルチェ師匠のPV@YOUTUBEで。エレベーターネタって好きかも。ぱっと思いつくのは『CUBE』の監督(ヴィンチェンゾ・ナタリって人)のその前の映画『ELEVATED』ってのもタイトル通り、エレベーターの中に閉じ込められた人々の切羽詰った感→お互いへの疑心暗鬼→狂気へとつながる感じで良かったですよ。しかしあれ結局宇宙人の侵略だったというよーわからんオチ?機会があれば観てみてください損はしません。エレベーターの中でかかってるミューザック(どーでもよい環境音楽)も良かったです。あとエレベーターネタでは『死刑台のエレベーター』でしょうか?(笑。しかしこの人イイ人だな…というかマヌケだな。ちなみにスペイン語?の管理人がカルチェ師匠です。

DID I DREAM / LOST WITNESS

didi
また変なオヤジキター!僕にどうしろっていうのよ?ていうかあなた僕のこと好きなの?もう関係ないんですけれど…でまあ、手早く追っ払うために、現世解脱の話をしてやったさ奴に。少しびびってた。具体的にここで言うと皆さんも引くと思うので、極具体的に(ウソ

そうですね基本的には釈迦の天上天下唯我独尊でしょうな。自分の芯をしっかり確立&持つことでしょう。そうすればおのずと周りのモノ(人を含む)は一切関係ない境地に至ります。自分に一切関係無くなります。従って自分自身とも、特に、あなたの周りの装飾品である肉体も必要無くなります。で幽体離脱→解脱です。元に戻れるかどうかは一切不明。今まで元に戻ったり、帰ってきた人は一人もいないから。

そんなくだらな過ぎる妄想話をしてやって変なおじさんを撃退しましたー!今日のところは…またいつポーションの泉を飲んで復活してくるか分かりません。当方はMP100ほど消耗です。さてと今日はもう寝るかな明日も早いことだし(ウソ

♪DID I DREAM (DJ TIESTO REMIX) / LOST WITNESS続きを読む

『初恋のきた道』


暇にまかせて昔(99)話題だったこの映画をケーブルで観てみた。大味な映画ですね。ある意味すっかすか。感動的&お涙頂戴的なお話部分だけで、成り立っているような印象でした。ディテール(細部)とかの描写がほとんどなく、簡潔にその両要素を目立たせる事だけに専念してる印象。つまり大味。印象論だけを語っててもなんのこっちゃ分からんと思いますので、気になった部分をいくつか。

主演女優はチャンツイィーさん、この人もあまり好きな感じじゃない女優さんです。演技が少しくどい?しかもこれ女ストーカーの話?ってくらい勘違いしそうなほど、情熱的女を演じてるので、くどい通り越して若干キモイ?まあ誰か一人のことだけを思い続けるっていうプロット(題材)は決して嫌いではないですよ。目の前の障害物&人にさえぎられても「ちょっとそこどきなさいよ!」ってくらい好きな人を追いかけてる時の目が怖い。そういの好きだけどね。

好きな登場人物は、その母(若い時はチャンツイィー)&そこまで惚れられたド田舎赴任教師である父、を両親に持つ息子(主人公)。お話はその父が死に、死に目に会えなかった息子が都会?からその地元へ帰ってくる所から始まります。まあその場面も良かったのですが、母は車で愛する人の死体を運ぶのが、気に入らず、人手によって、葬式の場所まで運ぶように、相当無理なお願いをするのですが(その道のりが長い為人件費等莫大に掛かってしまうので)、その望みを叶えてあげる為に、大金をポンと渡す所など、親孝行者だね〜と感心しました。ま、ざっとそんなところでしょうか。

散々に書いてますが、ただ、人間は志高くないと駄目だね〜とは思いました>父。ということでそんな人にベタボレする母も無理はないのかな?と。過去の両親若かりし頃がカラーで、現在の父死去以降が白黒の演出法もベタかもしれませんが、気に入りました。案の定、最後に、父と母が出会った最初のころ地元学校での初授業のシーンでカラーになる所など、実に効果的。結局悪い映画ではないです。

曲は中国的という意味ではこんなのしか持ってなかった&思いつかなかったのでこれ。あ、でもこれインドだわ…ラストエンペラーと間違えた…わざとらしいけど、マジ。イイじゃんタイトルもそれらしいし。アマゾンレビュー、絶賛ですね…>『初恋のきた道』すみません(笑

♪THE MIDDLE WAY / LITTLE BUDDAH OST RYUICHI SAKAMOTO続きを読む

ALWAYS / TIN TIN OUT


ブログ界の切り込み隊長こと片桐さんに気づかされて聴き返してみるシリーズ?最近ネタが人任せ?になってきました!その回はハイソ&ノーブル&インテリ&セレブ等々のわたくしにしてはお下品な表現をしておしまいになりましたティンティンアウトの2枚組み(限定?)アルバムのようです。全体的にはなにかカバーが多いなと。つまりこやつらも人任せ風です。

具体的には、一曲目からしてもう天下の(いや個人的に)マークボーイズの楽曲モロ使用のその名も"STRINGS FOR YASMIN"です!YASMINというのは、調べましたが、マークのLIBERTY CITY名義の曲"IF YOU REALLY WANT SOMEONE"のボーカリストで、その人の声トラック&恐らくですがLIBERTY CITYのウワモノ的シンセリフレインを使用しているようです。

続きましてはよくは知りませんがサンデイズの曲"HERE'S WHERE THE STORY ENDS"のカバー、元曲は知りませんがこれは極めて普通です。ダンスミュージックですらありません。そして!これはやっぱりベストトラックでしょう!上記の件で以前書きましたスパンダーバレーの人トニーハドリーさんをフィーチャーした名曲!"DANCE WITH ME"がやっぱり最高ですが、それに付きまして興味ある方は以前エントリのほうを。

続きましても恐れ多くも天下の(これは本当)バートバカラックさんの曲"ALWAYS SOMETHING THERE TO REMIND ME"のカバーです!しかも!天下の(これも本当)片桐さん情報により気付かされたのですが、微妙?バレアリックポップダンスグループ、エスピリトゥのエロ姉さん(Vanessa Quinones読めない…)をフィーチャー!これもイイですね。大体バカラックさんの元曲が名曲ですからね!

で後半はもうイイです。いえほんとに、前半のみお聴きください。ちなみにボーナスディスク的2枚目は彼の曲ノンストップミックスで、中には"STRINGS FOR YASMIN"のマークによるリミックスなどという手前味噌なオマケ付きです!但し通常の1枚バージョンAlwaysは今アマゾンマーケットですが150円で買えます!

♪STRINGS FOR YASMIN / TIN TIN OUT続きを読む

GREED / LAURENT GARNIER

ガルニエ師匠のPVも常に面白いね。訳分からんけどね。美しいんじゃない。曲はエレクトロだがいまいちだな。あと途中の現実音とかはヌーヴェルヴァーグ?今更ヌーヴェルヴァーグもないか。

EVAN / JAN HAMMER


なにかいまいち更新意欲沸かんね。そう久しぶりにマイアミバイスとか見ましたけど訳分からんね話とかさ。途中から見たからなんだけど。寅次郎もやってたけどそれも見る気にならんしね。というかゴミばっかりだなテレビの中って。今更だけど。というかゴミだな全部。俯瞰して見てごらん、君の周りを。何か一つでも価値のあるものはあるかい?何か一つでもこれが無くなったら生きていけないってもの。あるようでいて、しかしそれは本当に必要かい?PC、テレビ、CD、本、携帯、インターネット、彼氏、彼女、父母、兄弟、隣のお姉さんお兄さん、車、服、風呂、シャワー、靴、青いハンカチ、本真珠のネックレス、靴べら、扇風機、全自動洗濯機、家の前の標識、近くの公園、隣の家、犬、最寄の駅、多分そのほとんどは要らないものだよ、燃やしてしまいな。

♪EVAN / JAN HAMMER続きを読む

US AND THEM / SYMPHONIC PINK FLOYD

usandthem
趣味悠々必見!
西村由紀江先生!僕にも(ピアノ)個人レッスンしてください!正直あのNHKのおっさんアナウンサーうらやましすぎです。先生と連弾しやがってー唯一の救いは一緒のイスに座ってないこと。あと大正琴の先生もイイ。山崎バニラもイイけどね。ビブラートだかトレモロだかする時の細かく動かすあの指使い…溜まらんね。女子の方、大正琴はねらい目ですよ!

それは置いといて、僕は何故か今、ピンクフロイドの楽曲をキリングジョークの人ジャズコールマンと元キリングジョークの人ユースがシンフォニックにアレンジしたというこの正直得体の知れないCDを聴いています。悲しくもあり、また、美しくもあり、そして最後には何も残らない感じ。なんなんでしょうかこの虚無感は。元曲はピンクフロイドの楽曲ですし、決して悪い物ではないはずなのですが。

なぜこのようなCDを買ったかと申しますと、邦盤だけだったかと思うのですが、元キリングジョーク、現在アンビエント〜クラブミュージックプロデューサーのユースによる本盤(DISC 1)の音源使用によるリミックス収録のボーナスディスクが特典として付いていたからです。

しかし、その肝心のボーナスディスクはもはや何処かへと、そう、それに収録であったピンクフロイド代表曲の一つ「虚空のスキャット」の如く消え去ってしまいました。そして残ったのは、この本盤だけです。

強い潮風により芝生が舞う小高い丘の上から、人々の営みが見える港を望む。
そこには漁を終えて着いたばかりの漁船、そしてそれを向かえる妻や母たち。
大漁のようだ。早速その大量の収穫を船から下ろす。すぐ近くにある魚卸し市場へ向けて。
漁師たちと女たちが手際良く、助け合い、支え合って荷を下ろし、市場へと運んでいく。
その光景を小高い丘より眺め、その後、静かにそして心地良い麻痺に落ちいる。

♪COMFORTABLY NUMB / SYMPHONIC PINK FLOYD続きを読む
livedoor プロフィール

gogleman

KEMPIRE(基本その日に買うてきた音源をいかにも前から知ってる風に語るブログ)

Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives
読者登録
LINE読者登録QRコード