KEMPIRE

How deep is your Love?

2006年08月

MOVE YOUR BODY / RUFFNECK

moveyourbody
なぜかMAWで。このRUFFNECKってたしかHENRY STREET REC.の人たち(オーナー?)のJOHNNY Pとかプロデュースで出てたハウスだけどなにかダンスチーム的な部分もあるようでコーラスグループでもあるようなそんな中途半端なグループだったかと記憶してるんですが、詳しくご存知の方、教えてください。でこの曲の前の"EVERYBODY BE SOMEBODY"がクラブ超ヒットな感じだったんですが(それもネタ無しにつき書くわけですが)多分2ndシングルのこの曲、原曲もそんなこれってJOHNNY P流?中途半端ハウスなんですが、それを元に我らがMAWが実はボーナスビーツ的なバージョンしか僕の持ってる邦盤(!例のRHYTHM REPUBLIC盤、画像は便宜上UK POSITIVA盤)には入ってなかったんですが、それが何気なくサイコー!だったので。少し当時('96)流行っていたフィルターハウスに色目使ってる感もありますね。ブレイク部で音がくぐもったりして。しかしその名もMAW YOUR BODY!すごいファンキー&ずっと一緒な感じゆえに最高にハマれる。

♪MOVE YOUR BODY (MAW YOUR BODY) / RUFFNECK続きを読む

PLAYING WITH TIME / MARK VAN HOEN


いよいよ今年の夏も終盤に差し掛かり、本日のエントリもイノセンス→ドアーズとそれらしい少し悲しげエントリだったんですが、ここで止めのマイサマータイムアンセムです。マークヴァンホーヘンはローカストとしても有名かと思いますが、その他プロデューサー&リミキサーとしての肩書きも持ちますね。まあご存じの方も多いと思いますので経歴等ここでは述べませんけれど(つまりそんなに知らない)。

この盤は確かソロ名義の1stで、この盤以前のローカスト名義の作品と全く同路線ですが(つまり名義違いの意味は分かりません。ローカスト名義がその後女性ボーカリストなどを立てポップスフィーリングになって行ったので個人的には残念だったのですが)、もしかしたら彼のアルバム中で最高傑作なのでは?とすら勘違いしそうなほど名盤かと思います。特にラス前"WHEN TOMORROW COMES"がまたイイ!

まさに夏の日の朝、24時間テレビは毎年同じ、さすがに飽きたので途中で切り上げ、しかも熱帯夜でないお陰でクーラーも付けずに済んだ昨夜、そんな省エネ気分と熟睡できてすがすがしい気分にも関わらず、ふと気づいてみれば、蝉の音が弱々しくなっているのに気づき、去りゆく夏の終わりを実感する。そんな名曲では。

♪WHEN TOMORROW COMES / MARK VAN HOEN続きを読む

RIDERS ON THE STORM / THE DOORS


でドアーズの"RIDERS ON THE STORM"って曲聴いてみたんですが、結構渋いですね…というかイノセンスのイントロ、この曲のイントロそのまんまじゃないですか…まあちゃんとクレジットにTHE DOORSって書いてあるので印税等も払っているのでしょう。よしよし。でもこうやってもしかしたら後一生聴くことも無かったかもしれない曲をクローズアップして聴けてイノセンスには感謝ですね。

でこの曲、これはなんというジャンルなんでしょう?ブルースフィーリングですね。ドアーズ全然詳しくないのですが、やっぱりジムモリソンの声がピカイチ(死語?)に最高ですね。あとはワウワウ?ギターが少しでしゃばってる感じ&それが古い感じを醸し出しており、それはそれでイイのかな?

♪RIDERS ON THE STORM / THE DOORS続きを読む

NATURAL THING / INNOCENCE

silentvoice
なぜかイノセンスってグループ。このグループよく知りませんけど流行りましたよね?ビートはドグランドビートで、上物がアンビエントハウスな雰囲気で中々良いですね。しかも♀ボーカルの人の声も中々そそるもの(べつに変な意味でなく)があります。アルバムも持ってたような気もしますがもはや捜索不可能です。

蛇足で、ここら辺のグランドビートは未だに人気らしく、特に中古アナログでここら辺(この曲は'90年)の物は平気で3000円とかしてます。そんなに出すんだったらアルバム10枚買ったほうが良いですよね?(笑

でタイトル曲も上記のような秀曲なんですが、カップリングで同路線の代表曲らしい"NATURAL THING"もリミックス収録なんですが、なにかドアーズの"RIDERS ON THE STORM"って曲をサンプリングしておりそちらの方がより一層最高です。いやほんとに。

♪NATURAL THING (NO-ONE HERE GETS OUT ALIVE) / INNOCENCE続きを読む

BLOOD RUSH / BARK PSYCHOSIS

manman
まだまだ暑い!そんな感じの曲?バークス(独自略)の3RD STONEって所からの3枚目のEPみたいなんですが(前書きました(適当エントリ)コンピ収録の"I KNOW"が1枚目らしい)、EPタイトル曲はジャケイメージに近いポジパン入ってるちょっと頂けない曲ですが、2曲目とかこれはバークス節に美しい!こんな秋の夜長一歩手前の雰囲気にふさわしい曲。

♪BLOOD RUSH / BARK PSYCHOSIS続きを読む

STRAIGHT TO THE POINT / SPX

spx
ラング連投で(すみませんねえ)。こっちのほうがずっと良いですよ。ご存じだと思う"AIRWAVE"の超ヒットでも知られるランク1の変名ですが、リリースはこの曲のみの1アクト名義?でしょうか。その原曲もまあまあですよ。'00年物なので今聴くとさすがに古さは否めませんが、ロマンがある!それを元に我らがラング大先生がこれまた!超ラング節に!失踪するアルペジオベースライン&空間的パッド&シャープなクラップ、そして潜行して来る感じのシンセのリフレイン等、ラング七つ道具でその場の雰囲気を盛り上げます!でもブレイクが長い…

♪STRAIGHT TO THE POINT (LANGE MIX) / SPX続きを読む

EVERYDAY 2002 / AGNELLI & NELSON

everyday
ラングでも。このアグネリ&ネルソンってほぼ知りませんけど。(知ってる内では"HOLDING ON NOITHING"って曲が良かったな、ということでネタの無いので多分書きます)その原曲は当然?歌謡曲なんですが、まあまあまあでは?アゲアゲな感じですけど。そんなものを元に我らがラング先生は、でもこれも割と普通のラング節に。少し前書いたDJセイキンの物に似てますが。ワンパターンといえば永遠のワンパターン。グイグイはきますね。

♪EVERYDAY 2002 (LANGE REMIX) / AGNELLI & NELSON続きを読む

NOTHING REALLY MATTERS / MADONNA 冥王星問題について


盛り○がってまいりました。どう?伏字って少し気持ち悪いでしょう?冥王星ばりに。
ん〜そうね、やっぱり冥王星かな、問題は。僕の中で時が経つに連れどんどんどんどんどんどんと彼女の存在は大きくなっていくばかり。苦しい…

リアルワールドにおける冥府の使い、それが冥王星。じつは一度だけ行ったことあるんですよ。秘密にしときたかったんですが…だってなんか自慢してるみたいじゃない。一度行ったくらいでいかにも自分の庭みたいにさ、今回の事件の時話すのも嫌味っぽいじゃない。

しかしとにかく暗くて寒くて静かで息ができなかったね。ご存じのように地球型ではなく木星型の気体で出来てるので、ずぼずぼって足が嵌る。というか底が抜ける感触ですよ歩くと。しかも足元がドライアイススモークみたいなので一切見えなくて怖いよ。何があるかわからないし。時々ガキ!とかジャリ!とか音するし、それはまだイイほうで、ヌルとかグチャって感じで「何か」を潰してる感触がまた気持ち悪い…

でもあれほんと何なんだろう?一体僕は何を踏み潰してきたのか?考えるとさらに怖い。冥王星の生物だったのではなかろうか?もしかして僕が潰したことで、進化の過程だった貴重な種が、それも知的生物に発展するべき種を、僕は踏み潰してきたのではなかろうか?すみません冥王星人さん…

というか、引きづり込まれる時もありました。慎重に一歩踏み出して「あれ?ここ地面ない?」とか思ってるうちに、それが実は何かが、足首なら分かり易いのでまだしも、気づかれないよう巧妙に靴底を鷲づかみにして引きづり込もうとしてたり。あれもいったい何だったんだろう?ということは、今気づきましたけど、知的生命じゃん…こわ〜

♪NOTHING REALLY MATTERS (VIKRAM REMIX) / MADONNA続きを読む

MOOG DROOG EP / SUPER FURRY ANIMALS

moogdroog
まだ暑い。そしてだるい。いやゆえにだるい。頭も働かないわけだが、投稿してみる。ほんとそんな時、沁みるわ。

何故にこのイギリスはウェールズ出身の白人どもの情けない音楽がこうも沁みるのか。育った環境も国の歴史も文化も地位や富や名声もまたメンタルも大違いであろうに。なにか奴らに僕の大事なモノを握られてるような気もして多少シャクに触る。

なんなんだー!お前ら!僕の大切でデリケートで誰にも見せたくない、いや決して見せられない部分に入ってこないでください。ファーリーズさかのぼってます。クリエーションデビュー以前、地元ウェールズのレーベルからの2ndEPのようです。傑作。

♪pamV? / SUPER FURRY ANIMALS続きを読む

I KNOW / BARK PSYCHOSIS

gameover
あなたってば相変わらず罪作りな人ですよね。それをご自分でお分かりでしょうか。
自分で分かっていなさそうな所、がまた罪深いんです。
自分が行っている罪をもう少し自覚されたほうが良いですよ。
振り回されている人たちも多いと思いますよ。しかし本当に分かってないのだろうか?
もしや分かっていてそれを行っているのだとしたら、それはより一層罪な事では?
僕はもう慣れてきたから良いのですが、これから体験する人は大変だと思いますよ。
少し、そこら辺の事をその人たちの為に考えて、振舞われたほうが良いと思いますね。
いや、それ考えると少し気の毒なので>その人たち。
もちろん僕なんかの勝手すぎる意見完全無視でご自由に、ですけれど。
でもやっぱり、罪な人ですね…それは生れ付いてのものでしょうか?神秘的です。

♪I KNOW / BARK PSYCHOSIS続きを読む
livedoor プロフィール

gogleman

KEMPIRE(基本その日に買うてきた音源をいかにも前から知ってる風に語るブログ)

Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives
読者登録
LINE読者登録QRコード