KEMPIRE

How deep is your Love?

2006年07月

EMBODY / BALLET MECHANIQUE

embody
さて、ほんとに佳境と申しましょうか、いよいよ大詰めな感じで、そろそろネタも尽きつつあるセブン。そんな感じで、この曲というか人。ウィキによりますとこの「バレエ・メカニック」は坂本龍一の曲から取られているとの事。(アルバム「グルッポ・ムジカーレ~ベスト」収録)

しかし!それは嘘だ!ウィキはテキトーだ。絶対このステファンロバーツによるオランダはテクノ失楽園EEVO LUTE MUZIQUE所属の人の名義名から取られているに違いない!と独自解釈で。ですから大詰めです。でもだとしたら、タイトル中たぶん(知らない物もありますので…)一番マニアックかもしれません。そう、エウレカスタッフはそれくらいの事はしているはずだ!とまた独自&知ったかで。

それにしてもこのEPは傑作です。全4曲捨て曲無し。10年前(涙)大流行したピュアテクノ(インテリテクノとも)系の傑作です。A1のディープなベース、A2のカールクレイグばりのロマンチシズム、B1の変則的なリズム、でもB2は今一歩(笑

微妙に古い物ですが、EEVO LUTE MUZIQUEも昨日ベルトラムの項で書きましたTRAXばりに、というと言い過ぎですが、それなりに再発してる、と思いますのでもしや新品、無理でも中古で落ちてると思います。ほんと最高です是非とも。

♪EMBODY / BALLET MECHANIQUE続きを読む

JANEIRO / SOLID SESSIONS


ジャネイロ!つながりで!ジャネイロ!なんつって。
リオデジャナイロとは「一月の川」という意味らしい。リオが川、デが英語のof、ジャネイロが一月。つまり、大季節外れなわけだ。しかし、そこを無理矢理いってみたい。

そう季節は今頃、ほぼ真夏。君と僕はコルコバードの丘に立つ嘆きのキリストが見下ろす通称サンバストリート(カーニバル中は例の行進が行われるメインの通りだ)をかの有名なイパネマ海岸へと向かって下っている。

僕はTシャツに短パン、君はといえば、薄手で白いワンピース。お互いその場その時にふさわしい、まるで地元住民のリオっ子である。

イパネマへ着いたら何をしよう。とりあえずお互い水着になるわけだが、まあそれが第一目的で行くようなものか。もちろん君の方である。ビーサンは既に履いているし、他に必要な物は何一つ無いのだか、そうだ、君はビーチボールを持ってきたと言っていた。

それを膨らまして、海岸に落ちている流木を2本ポールに立て、てっぺんをそこら辺に落ちている糸で張り、即席のビーチバレーといくか、二人だけではつまらないので、これまた現地調達でそこら辺の兄ちゃんや姉ちゃん、いなければ子供たちでも良い、即席チームを作って、本格的にやってみるのもいい。

リオのイパネマ、灼熱の太陽が照りつける下、その太陽の強すぎる日差しで目をくらましながらボールを追いかける、なんてイイじゃない。

曲はプロンティ&カルマニ(歌物トランスが得意、まあ歌謡曲系)Pro.のトランスヒット曲のアーミンミックスです。

♪JANEIRO (ARMIN VAN BUUREN REMIX) / SOLID SESSIONS続きを読む

SAMB-ADAGIO / SAFRIDUO

sambadagio
サンバつながりで!サプリ(ウソ)も久々です。そんな彼らの代表曲をサ〜ムウェ〜オーバーザレインボー♪のカバーでも有名な(通じます?それは今後書きます)コズミックゲートがリミックスしているようです。彼ら流?なのこれ?そんなグイグイくる感じは素敵ですが、原曲(書きましたSAMB-ADAGIO / SAFRI DUO)が持つまるでアフリカの大地を表現しているドラマチックな感じは薄めに。しかしこっちの方がそういった意味では踊れるのでしょうか?YOU CAN DANCE TO THIS?

♪SAMB-ADAGIO (COSMIC GATE REMIX) / SAFRIDUO続きを読む

BELO HORIZONTI / THE HEARTISTS

belo
夏といえばサンバ!デジャネイロー!いやほんとに!これベースメンツ(ほんとはトです…)ジャックス変名のクラブヒット曲ですけど、そんなに暑苦しくなくてイイですね。つまりラウンジテイストもあります。サンバデジャネイロと言えば一般的に思い出すのはベリーニのの方ワールドワイドヒット曲かもしれませんが、我々クラバー(誰?)はそんなチャート物の方でなく、断然こっちでしょう。イイわ〜このサンバのリズム。この盤はプロモ盤のようですが、ベースメンツのレーベルコンピ「Atlantic Jaxx Recordings: A Compilation」に原曲が収録ですからそちらで是非。そっちの方がやや熱めですよ!

♪BELO HORIZONTI (DUB DUB SANBA VIBE) / THE HEARTISTS続きを読む

THE START IT UP / JOEY BELTRAM

rerelease
おっとセブンはやらさせてください。
まあベルトラム師匠?私が師と仰ぐ数ある(多分100人くらい…)師匠連中の中でも五本の指に確実に入る人なんですが、でも最近はご無沙汰してます。実際音沙汰無いので。

この音源も早12年も前の、しかもタイトルを信じると(このTRAXはなにかと嘘つきですから)相当古い物のようですね。しかし!この2枚組みLPは全テクノ好き必携盤です。TRAXは再発バリバリしますので、巷でもしかしたら新品、なくても中古盤でそこら中に落ちてると思いますから是非。

その内容、まあ全て彼節のNYテクノな感じで、荒廃しきったブロンクスのストリートでゲットーブラスター(ラジカセ)にて大音量で流れているべき音。

けれどこの肝心のセブン曲はその中ではかなり異色なラテンテイストを伴った名曲です。後に同じTRAXよりクロードヤングによるリミックス再発されてました(それは未聴)。ケンイシイなども何かのミックス物CDで確か使っていたかと。そんな名曲です。

良い機会でしたから、ベルトラムシリーズなども再開したいなと。。

♪THE START IT UP / JOEY BELTRAM続きを読む

OH MY STARS / RICHARD YOUNGS


更新しすぎでうざったかったですか(笑。ペース少し落としますね(^^;
また僕はBリスト以下落ちでしょうか。またこのループですね。こちらはあなた一筋でした、いや今でもです。僕のほう常に見てたんですけどね。なぜなら好きだから。ま、こちらは見られなくなったらなったで、でした。ブログ、ですからね。暑苦しくなられない程度に努力してきたつもりでした。でもそれはこちらが勝手に思い込んでお熱を上げた押し付けがましい一方通行、でしかありません。当たり前ですが、あなたには何一つ非はありません。確かに、いくらこんなことやってても埒も明きませんし、どーにかなるわけでもないですよね。ただ好きな人の事は極力受け入れたい人間なのはわかって欲しいですし、信じられないのは当方の問題です。だけど昔の土日とか楽しかったな〜(笑。だってあなたが必ず来てくれてたから。何一つ強制されるようなものが無いのがブログ、でしたね。すみません。

でリチャードヤングスそんな時にイイですね沁みる〜別にこのアルバム自体そんなに好きな物でもないんですが、特に後半〜最終曲とか17分もあり長すぎ!の感で。ただ2曲目とか結構好きですね。タイトル&曲自体もラフなレコーディングで良いですね。あなたは僕にとって常にオ〜マイスターなんですけれど。やっぱり暑苦しかったですね。以後気をつけます。

♪OH MY STARS / RICHARD YOUNGS続きを読む

STAY TOGETHER / BARBARA TUCKER

staytogether
バーバレラ(独自略というかジェーンフォンダの映画でありましたか)最終弾で。
つまりこの曲でルイベガとの蜜月時代は終わるわけですが、たしかこの曲以降彼プロデュース作はなかったかと思います>バーバラの曲。そんな感じで最後にふさわしく?両者小慣れたプレイ?を披露してます。しかも彼は全面的にリミックスもしていてここではRADIOも含め5バージョン担当です。

しかし正直そんなに面白くはないその原曲に対し、このUS(STRICTLY RHYTHM)盤じつはリミキサーが若干豪華で、当時'95、MAWと相当仲が良かった、盟友のアーマンドヴァンヘルデンと、ご存じかいまいち不安ですが"AMERICA"などのクラブ超ヒットでも知られているフルインテンションの変名グリードが各々それなりの仕事で今一歩の原曲を盛り上げてます。

ヴァンヘルデンのはいつも通り、彼流の超硬め&ぶっ飛びな感じのハードハウスですが、グリードによるこの名義での代表的お仕事のJOE T. VANNELLI"SWEETEST DAY OF MAY"似の若干ぶっ飛びユーロハウス仕立て?の華やかでフロアユースなミックスのほうが良いです。まあこの盤、質より量な感じの全9バージョンだったりしますね。ではさようならバーバレラ(またか

♪STAY TOGETHER (GREED'S EUPHORIC EDIT MIX) / BARBARA TUCKER続きを読む

CHERISH / SLUSNIK LUNA


最終兵器だった彼女は、テポドン2飛来をいち早く察知、もの凄い地響きと耳をつんざくエキゾーストアイドリングノイズを従え臨戦体制。標的であるテポドン2の改良型最新バージョンである、やはり最終兵器「ハルマゲドン2」に向かい、寸分違わぬまるで大田区臨海工場地帯の精密機械加工系職人の手業のごとく、直線的に最短距離にて迎撃。後、直撃後、殲滅。

その破片とともに遠い空の上、あまりにも細かい塵となって砕け散る。それを見ていた僕も、ひざまずき、祈り、涙とともに、崩れ落ちる。

(ちなみに片桐さんブログエントリ中お話の続きでした)

昨日のスラスニックルナのより好きなほうの曲。いつ聴いてもう〜んドラマチック!しかしこのアーミンのミックス物中バージョンしか持っていず。でもこの曲、正規発表盤ないですよ。

♪CHERISH / SLUSNIK LUNA続きを読む

CHILDHOOD / JEFF MILLS


こんにちはジェフミルズ。
また会いましたけど、お互いあの頃よりだいぶ大人になりましたね。頭もやや白髪混じりで、お宅は少し生え際が後退してます?しかし内に秘める青さはお互いまだ残っているようです。

あなたの極最近の音は知りませんが、比較的最近の音を聴く限り、まだまだいけそうですね。いやむしろ音自体は今までの経験とテクニックを兼ね備えた上、コアな部分は無邪気なままですね。これからあなたはどこへ向かって行くのでしょう。まだ目を離せそうにありません。ではまた。
jeffmills
♪CHILDHOOD (MARIA'S MIX) / JEFF MILLS続きを読む

LA LA LAND / GREEN VELVET

lalaland
うほっみんなで行こうよララランドですね。なんてこれ原曲は大したことないんですが、リミックスが凄まじくて、デイブクラークの彼流?聴く暴力なミックスや、ブ〜ンブ〜ン言ってるベースが特徴的な知らない人(あ名前くらいは知ってるかな(笑)Thomas Krome)のミックスや、これはまったく知らない人Zzino vs. Filterheadzのも脅迫神経症的にしてそんなグイグイくる感じ+何気にグルービーです!良いですこれ。しかし都合上?試聴はデイブクラークのものです。
lalaland2
♪LA LA LAND (DAVE CLARKE RADIO EDIT) / GREEN VELVET続きを読む
livedoor プロフィール
Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives