KEMPIRE

How deep is your Love?

2006/06

THE WAY IT IS / BRUCE HORNSBY AND THE RANGE


パンうまーやっぱパスコのパンは美味いね。ちょっと高めですけどねヤマザキなんかに比べても。でも全体的にどれも美味い。玄米(食)パンとかあれは美味いよ特に。今食べてるのはチョコスティックパンですが。

で80's名曲年鑑収録曲!は当方のツクリなんですが。ドラマチックですよね。このブルースホーンズビーって人のピアノが印象的で。歌詞とかは英語なので良くわからないんですが、ライナーノーツ見ますと(早く見ろってでも対訳無し)なにやら失業問題を歌ってる暗い歌詞らしいですね。でもイイんじゃない曲さえ良ければ。蛇足覚えてる情報は、これまた大昔、死んじゃった2PACがサンプリングしてヒットしてましたよね?曲名忘れです…覚えてる方是非。

♪THE WAY IT IS / BRUCE HORNSBY AND THE RANGE続きを読む

BAMBAATA / SHY FX

bambaata
さあ盛り上がってまいりました!本日のロニ師匠です!しかも!シャイFXですよ!知ってる?というか僕も知りませんけどねこの人。しかしそれにつけてもこの曲は名曲。なにせバンバーターですよ!ってあの人?もちろんあの人でしょう。リスペクト!

そんな初っ端テレホンラインな♂一人が語りにて開始→ヒップホップテイストに→ちなみにこれはドラムンではありませんジャングルです!とにかくベースが凄い!そんな展開も素晴らし過ぎる原曲。

それをなんと!この頃('88)から既にその天才ぶりを遺憾無く発揮の二人が!その二人とはデリンジャ&ロニ師匠のことです!

まずデリンジャ、これまた凄い…原曲に割りと忠実目ですが、そこはデリンジャ節?さすが天才既にドラムンテイストありありの曲調です。&アウトロにはやはりヒップホップテイストに!天才!

そしてキタ!ロニ師匠のは、原曲がやはり名曲なのでこっちもかなり、忠実ですね。しかしすっとぼけたようなベース音が脱力感とともにグルーブ感までともないます。正直このベース音だけでイッちゃいます!僕は。お宅はどうですか?

♪BAMBAATAA (RONI SIZE & MASK MIX) / SHY FX続きを読む

INVISIBLE / TILT

invisible
朝っぱらからQUIVVERって人もいるらしいグループTILTの代表曲ですみません。やはりこの頃('99)はQUIVVERがまだメンバーにいますね。この後くらいソロに転向したと思います>QUIVVER。誰も興味無い話題もすみません。

さて肝心の本曲、いやQUIVVERどころか参加面子が凄いんですよ!これはほんと。リリース元であるHOOJ CHOONS盤CDSは2種類あり(アナログは3種類)、CD1のリミキサーにはMATT DAREYとレーベルオーナーのRED JERRYのユニットLOST TRIBEが!&3バージョン目では作曲からのCO-PRO.でなんとPAUL VAN DYK師匠まで参加です!CD2は純粋にTILTのみ。しかも!ボーカルが天下の!?グレースちゃんですよ!サイコー!この切なげボーカルが。従って超ヒット(UKナショナルチャート的にも割りといったかと)=代表曲です!それくらいで↓

♪INVISIBLE (LOST TRIBE VOCAL MIX) / TILT続きを読む

WISHFUL THINKING / CHINA CRISIS


今日なんてライブドア相変わらず調子悪くてRSS飛んで無かったみたいなので、さっきあなたの為だけに手動でRSS飛ばしてあげましたよ!そこのあなた!本当に爽やかな朝はやっぱりこっちだね!チャイナクライシスだね!

ほぼ知りませんけど、この曲は名曲ですよね〜タイトルから察するにポジティブ応援歌なのでしょうか。それともラブソングなのでしょうか。どっちでも良いのですが、曲自体が素晴らしいので。取り上げてはみましたが特に書くこと無かったですね…サウンドがド80'sですね〜

帆付きのローラーボードで二人、草原をゆく風を受けながら、時々背の高い葦の波に呑まれそうになりつつ、どこまでも走っていく感じです!

♪WISHFUL THINKING / CHINA CRISIS続きを読む

SEARCHING / 竹村延和


やっぱりこんな梅雨の中休みの爽やかな僕の朝はロニ師匠から始まります。しかもだんだん傑作群に突入していきますよ!ほんとに。ってでももうそんなには無いかな。すみませんけど竹村延和さん全く知らないんですよ。今までで一番知らない人かも。詳しい方たくさんいらっしゃいそうな予感ですので是非ご教授くださいね。でもアルバムタイトルにも入ってるチャイルズビュー名義もありましたよね?>竹村さん

でこのアルバムなんですが、全曲その名義作品?のリミクシーズ盤です。しかも!リミックス参加面子がもの凄い豪華!当然ロニ師匠でしょう、他にも日本人のエレクトロニカユニットですよね?そのリフレクションやコールドカット、ワゴンクライスト、エイフェックスツイン、マッドプロフェッサーですよ!なにこのビッグネーム対決!でもちろん各々サイコーなんですが(一個づつレビューはめんどくさいです)、そうですねベストトラックは、エイフェックスツインのエクスペリメンタルな感じのリミックスかもしれません(彼のリミックスワーク集にも収録です)。

でもここはロニ師匠の場所なので、それは、恐らく2番目に良いですよ。一言凄いジャジーなドラムンベースです&フュージョン感覚も満載です。凄く気持イイ!リミキサー全員に言える事なのですが、竹村さんへのリスペクトなのでしょうか?全員気合入ってると思いますし、ロニ師匠も本気モードのような気がします。かなり良いので。なので音分析とかあまりしたくないほどですが、そこを敢えてしますと。原曲トラックだと思いますが(原曲知りませんので)ボーカルがまず気持良い&それと実に相性の良い師匠のドラム&ベースが軽やかに乗ってます。やっぱり上手く表現できませんね。百聞は一聴にしかず(造語)↓

♪SEARCHING (RONI SIZE REMIX) / 竹村延和続きを読む

POLICY OF TRUTH / DEPECHE MODE


ねむっ!にも関わらずブログとか書いてる俺って…大丈夫?だってさー探してた物みつかったんだもーん。そしてあなたも。KLFがデペモをやってました!

で原曲は最高ですね。でも収録アルバム「VIOLATOR」中では"WORLD IN MY EYES"(THE ORBシリーズにて書きます)や"ENJOY THE SILENCE"や"PERSONAL JESUS"のほうが好きですが。つまり、大傑作ですよね>「VIOLATOR」

しかしこの曲も大好き。歌詞とか英語なのでわかりませんが、この哀愁感!これぞデペモ節ですよね。体調&精神状態良くない時に聴いちゃったら多分泣きますね。上記曲の中でも泣き度は一番高いかも。

でそんな人生の逆応援歌なんですが、早速KLFのはなにこれ…orzやってられません。テキトーです。そんな素晴らしい過ぎる名曲に大変失礼な行為をKLFことジミーコーティー君がかましてます。この頃はビルドラモンドもいるのかな?それはどっちでも良いのですが、何やら原曲数トラックにブレイクビーツ風を噛ましているだけとの印象も。あと+SEくらいですね。歌もほぼ無しです。でやはりそれはあまりにもあんまりなので、結局試聴は原曲を↓KLFカテにも関わらず。

すべてを手に入れた王様は、最後に欲しかったのが静けさだったそうです。("ENJOY THE SILENCE"PVより(書かないので

♪POLICY OF TRUTH (SINGLE VERSION) / DEPECHE MODE続きを読む

EVOLUTION OF THE BEAST / PALM SKIN PRODUCTIONS

evolution
日本が敗れた朝にはロニ師匠シリーズで。これだこれに限る!しかし相変わらず夜向き。
このパームスキンプロダクションズももちろん知りませんが、一応MO'WAX所属アーチストらしいです。そしてこのなにやら"THE BEAST"という曲のリミクシーズ盤ではなんと!ノンストップ気味に繋がっているA面2バージョンを各カメレオンとグロコミが担当なんですがどちらも同じ人達です&B2では何故かオウテカがやってます。

でベストはもちろんA面入魂の2バージョンかと思うんですが、どっかで読んだんですが(多分リミックス誌)、彼らグロコミは「パームスキンプロダクションって大して知らないし好きでもないんだけどMO'WAXからプロモ盤をタダで貰う為にやった」とか言ってました確か。それにしてはカッコイイですね。というかサイコーなんですよね。この頃の2人(なんですが)は絶頂期だったと思います。そんな適当さ加減の手抜きお仕事でもハイクオリティーですからね。そこら辺は多分今後リロード(ってのが元々の名義です)シリーズ中にでも、いつか…

さて師匠!というよりもこれ他にもDJサヴ&クラストなんて人達も参加のリミックスです。レプラゼント名義といっても良いのかも?ただメンバーのDJダイとかいませんし、この頃はまだそんな名義存在しませんしね。という強引さ加減のロニ師匠シリーズなんですが、音的にもドラムンというより、ジャングルです。でもこれまた一つの師匠節。前書きました本人名義での作品"EXER-SIZE E.P."に似てるとも言えます。展開もあるにはありますが、ビート自体はジャングル的に単調。フェンダーローズ風エレピ弾きとか全体的にジャジーな感触で、やはり夜向き。ジャングルとは申しましたが、ジャジーなドラムンの走りのような曲でもあります。オウテカのは無視。

♪EVOLUTION OF THE BEAST (SYSTEM MIX) / PALM SKIN PRODUCTIONS続きを読む

BLOCK ROCKIN' BEATS / THE CHEMICAL BROTHERS


恒例の不正時間操作投稿です。というか最高じゃないですか!?これ!なんなんでしょこのベタな曲は。このベースライン!アンセムです!反抗期とかもうとっくに過ぎてる年頃ですが、聞いてると燃えてきますね!不良です不良。ケミブラ?いまどき?とかいってバカにしたものじゃありませんよ!ダサいのは分かっています、でもそんなもんですよ。ブラジル戦!とかいって昼寝して見てる人のほうがダサいって。

♪BLOCK ROCKIN' BEATS / THE CHEMICAL BROTHERS続きを読む

WE NEVER KNOW EXEPT... / NICOLETTE

wenever
相変わらず偏執的ですみません。ロニ師匠のお仕事シリーズです。

元のニコレットという人も知りませんが、大昔には好きだったシャットアップ&ダンスレーベル所属だったと思います。原曲はプラッドPro.という事で、彼ら流テクノ寄りトリップホップなのですが、いきなりですがその原曲がベストだと思います。時代的に('96)トリップホップという言葉を使うのが妥当かと思いますが、やはりかなりテクノテイスト満載かつ、プラッド流?のすっとぼけたテイストもあり、良いです。ニコレットのアルバムは持ってないのですがアルバムには収録なのではないでしょうか。

それを元にロニ師匠は無理矢理師匠流の軽めのドラムンにしてます。軽くて気持良いです。ただお仕事的に聞えてしまう部分は、あまり展開もなく、肝心のビート&ベース自体がチープなところです。故に軽く聞えるのですが。相変わらずボーカルトラックの細切れ等の使い方は上手いです。

他にもFUTRE/PAST(カークデジョージオ)や、違う曲をアレックエンパイアもやっているようです。

♪WE NEVER KNOW EXEPT... / NICOLETTE続きを読む

643 (LOVE'S ON FIRE) / DJ TIESTO

643
QUIVVER(カナ表記は止めましたなんとなくダサい&違うっぽいので)本人名義探してたのですが見つからず身代わり的なこれで。

でもせっかくなので?微妙にDJティエスト繋がりで。それをQUIVVERがやってました。原曲自体はアルバム「IN MY MEMORY」中では好きなほうではない、彼流の硬めのハードトランスです。それを元にジャーマントランスの人オリヴァーリーブなどもやってまして、それも原曲に忠実目なので今一歩です。で件の人のはそれに比べるとかなり独自色ありの彼流プログレハウス寄りリミックスです。グイグイはきます。ただし原曲自体が持つ硬さが、もちろん原曲トラック使用なのでかなり残ってまして、そこが今一歩と言えます。

♪643 (LOVE'S ON FIRE) (QUIVVER VOCAL MIX) / DJ TIESTO続きを読む
livedoor プロフィール

gogleman

KEMPIRE(基本その日に買うてきた音源をいかにも前から知ってる風に語るブログ)

Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
メッセージ

名前
メール
本文
読者登録
LINE読者登録QRコード