KEMPIRE

How deep is your Love?

2006年06月

JAM J / JAMES VS THE SABRES OF PARADISE

jamj

ライブドアのブログ投稿画面上部に最近Livedoor match.comとかいうなにあれお見合いサイト?出会い系?のバナーがいっつも出てるんですが(ライブドアブログユーザーは全員ご存じの物)、それがまたイケメン&最近はやりなんですか?ギャルサー系?な感じの二人が(あんな二人だったらネットでなくリアルでウハウハだろうに…)「こんにちは〜はじめまして。なんとかさんは映画が好きなんですね〜」「はい大好きですよ!(^−^*」みたいななので思わずクリックしちゃったじゃないの!

それもそうなんですが、探してる物が見つからないほど気持悪い事もないわけで、そんな訳で本日のロニ師匠物も本当にやりたかった物無しに付きお休みです。あとデリンジャがスギゾー君をリミックスしてた物とか。見つかり次第やってきますのでこうご期待です!誰か。

そんな流れでしょーがないので、久々ウェザーオールvs大御所シリーズでも再開です。それにしてはかなり嫌いな物より…

これ理解不能なんですよね。ジェイムスとの全面的コラボ作って事になってますが、実際はジェイムスの音源を滅茶苦茶に使ってセイバースが曲に仕立て上げている作品だと思います。全2曲17分&16分ですけれど、やっぱり理解不能です。一体どこが面白いんでしょう?
いきなりダウナーエントリですみません。

♪JAM J (AREANA DUB) / JAMES VS THE SABRES OF PARADISE続きを読む

CHILDREN / ROBERT MILES

childrenrobert
やっぱりこれもやっちゃわないと気持悪いので、というかネタ無しに付きこれです。

ま、西洋音楽カブレなら全員ご存じの曲ではないかと思いますが、好き嫌いもはっきり分かれるタイプのトランスですね。これ最初テレビかなにかでPV観た時から衝撃でしたね〜いやそのPVは何にも無い内容、単に車の後部座席に座る女の子&その車窓から見える景色を映しているだけ、でしたが、曲が衝撃的でした。個人的モロツボといいますか。しかしそれから早10年ですか…歳も取るはずです。

サウンド面のプロデュースは"SWEETEST DAY OF MAY"超ヒットでもしられるJOE T. VANNELLIのようです。この後ROBERT MILESは全曲同路線のアルバムや延長線上のアルバム、その後なにやらエスニックめいた実験的アルバムなど発表してたみたいですがその頃にはすでに興味無しでした。

やっぱり個人的にはこの曲。今聴いても単純な曲だな〜と思いますが、僕自身単純なのでぴったりフィットしてます今でも。

♪CHILDREN (EAT ME EDIT) / ROBERT MILES続きを読む

RIDE ON TIME / 山下達郎


こんばんにゃーすっかり夏ですね。
気温もウナギ上りでウナギが食いたくなる季節です。
ここのとこ晴れてますけど(関東地方)もう梅雨明けなんでしょうか。
カラ梅雨で水不足は困るのですが、まあそれは今後に期待で、とりあえず、
夏への扉が開きつつあります。自称夏男にとっては溜まらない気分です。
まあなんですそんな↑駄文とか関係なく夏です夏!ライドーン!タイム↓

♪RIDE ON TIME (SINGLE VERSION) / 山下達郎続きを読む

CIRCLES / ADAM F

circles
てな感じでアダムFの"CIRCLES"。誰もそんなには期待してないとは思いますけれど、これは良い曲ですよ。てか皆さん全員聴かれてるのでは?とすら思えます。好き過ぎて書けないくらいなんですが、そこを老体に鞭打って書きますと。

まずその原曲がもちろんベストバージョンなのですが、そのウッドベースサンプルのベースや細かい鳴り物にディレイ&深いリバーブ等のエフェクトとか、反対にシャープなキック&スネアのドラムンコンビネーション、そして極め付けこの曲のポイントである♂ボイスサンプルの細切れ加減が最高です。そのチェチェチェチェチェチェチェと言う。

それらを元にUK盤マキシでは、ORIGINAL UNKNOWNという人が原曲のコンビネーションは無視で独自の硬い金属的なキックで原曲の横揺れとは反対にドスンドスンと縦ノリに&発信音ベースも良いです。そしてもちろんロニ師匠ですが、素晴らし過ぎる原曲にかなり忠実な好ミックス。こちらも独自ウッドベースが良いポイント。

しかし!それにつけてもカールはやっぱチーズ味でしょう!もとい原曲!まさにアートコアドラムンベースの燦然と輝く金字塔。

巨大な母船が宇宙より飛来、我々の救世主となるのか、はたまた殲滅する為にやってきたか。回転する外周部から発せられる、目もつぶれんばかりのビーム、虚空の空へと放たれる。

↑アルバムにはボーナスで師匠ミックス入ってます。

♪CIRCLES (7" EDIT) / ADAM F続きを読む

CHILDREN / 4 CLUBBERS


そうか、ブログってのはテキトーにやるべきモノだったんだ…依存するほうがおかしいのか。勘違いしてたみたいです。僕以外のみなさんは昔っからそんな感じでやっていたんですね>ブログ。知らなかったのは僕だけだったんですね…2年近く続けてきてエントリ数も1000近くなった今、やっとその事に気付きました。なんという遅い学習能力。そう思ったら滅茶苦茶気が軽くなりました。これからはみなさんと同じように適当に距離を置きつつフツー&自由奔放にやっていきたいと思います!宣言。

でそんな記念すべき一発目は一昨日のチルドレン繋がりで。フューチャーブリーズ名義でも有名な、というかここでもその名義で手前味噌リミックスしてますが、4クラバーズとかいうふざけた連中が恐れ多くもトランス金字塔をカバーです!

原曲に相当忠実ですね。故に好感ですが。ピアノのフレーズとかこれって原曲のサンプリングなのでは?カバーというよりかむしろリミックスバージョンですね。それでも独自部分の若干ブリーピーなビート&ベース辺りでハードトランス感触もあります。特にそのフューチャーブリーズ名義でのリミックスバージョンが。ガバ感触もありますね。まあハードトランス自体ガバの影響大ですが。

そんな精神年齢が6歳くらいのわたくしにぴったりなバージョンとなっております!

♪CHILDREN (FUTURE BREEZE VS. JUNKFOOD JUNKIES MIX) / 4 CLUBBERS続きを読む

SMASH SUMTHIN / ADAM F

smashsumthin
えっとどっちかっていうと明日書きたいアダムF"CIRCLES"への前奏曲って感じでこれ。

最近はめっきりヒップホッパーの人達と仲良しで、トラック自体もそんなヒップホップテイスト満載な曲ばかりで個人的に少し残念なんですが、この曲もそんな曲の一つです。フィーチャーリングでレッドマンみたいです。よく知りませんが。アルバム「KAOS」では他にもLL COOL J,MOP,DE LA SOULなどそっち方面の方々をフィーチャーしているようですよ。ちなみに昔('97)全面アートコア系ドラムンベースのアルバム「COLOURS」という大金字塔を打ち建てた人と同じ人とは到底思えません。

でその原曲は実は知らないのですが、ここでのロニ師匠の物もそれなりのヒップホップ寄りリミックスです。大袈裟なイントロから始まりますが、その後レッドマンの熱いラップ挿入で一気にそっち方面へ首根っこを掴まれて引き釣りこまれる仕組みのようですよ。しかしそこは師匠、と言いたいところなんですが、いま聴いていても師匠色ほとんど感じられませんでした。相変わらず適当な感想でごめんなさい。

明日に期待です!でもそんなに期待しないで。

♪SMASH SUMTHIN (REMIXED BY RONI SIZE) / ADAM F FEAT. REDMAN続きを読む

NO GOVERMENT / NICOLETTE

nogoverment
昨日書き忘れた大事な事はアテンションプリーズ中の真矢みきさん(教官)のセリフ「空には必ず仲間がいる!」です。良く考えると意味が分かりません。

一昨日かなニコレットさんの曲をロニ師匠シリーズ中にて取り上げましたが、他の曲をなんとデリンジャがやってました。若干お仕事っぽいんですが、僕は割りと好きです。

ちなみにこの曲なぜか12"とCDSとで持ってまして、メインバージョン(原曲)以外は各々違ったバージョン収録で、CDSにはC/Wの違う曲&プラッドがPRO.の別バージョン&BUD BROTHERSという人によるもろジャングルバージョン、12"の方にはデリンジャの他にもまた知らん人(FELIX&KENNY C)&バイオスフィア(GEIR JENSSEN)による彼流?アンビエントバージョンも収録でした。

でデリンジャのは、シャープなビートや原曲トラックであろう空間的シンセパッドや時々音が割れ割れになる所などが特徴です。

しかし結局ベストバージョンはプラッドの別バージョンかと思います。少し前でた彼らのリミックスワークスアルバムにも収録のようですよ。最高ですからそちらで是非。
nicolette
♪NO GOVERMENT (IN DILLINJA'S JUNGLE) / NICOLETTE続きを読む

CODED LANGUAGE / KRUST

coded
アテンションプリーズ終わってました。まともに見たのは3回くらいですが、まともに見なくて良かったです。適当過ぎです演出とか。あんな職場無いって。あったら是非働いてみたい。美人ばっかりだしね。まあ全てドラマという事で。

僕がもし脚本&監督&演出等させてもらえるなら、OJTとかいうCA(キャビンアテンダント)養成の最終段階コース?があるんですが、ドラマみたくあんなに簡単には卒業出来ず、次OJU→OJV→OJW→OJX→OJZ(なぜかYは無し)→OKA→OKB…と永遠に続いていくドラマにしてみたいですね。で結局だれも真のCAにはなれないとか。真のCAの姿を見た者はまだいないとか。CAとは本当に存在するのか?CAとは一体なんぞや?そんな不条理劇にしてみたい!

ですみませんまた本日のロニ師匠なんですが、昨日も少し書きましたお互いレプラザント組みの一人クラストを師匠がリミックスしているという若干手前味噌?な曲です。クラスト自体はそんなに好きではないのですが、日本人アーチストの間では人気ありますよね?U.F.O.や鄭さんのリミックスなどもしていたと思います>クラスト。

でこの曲は何かSAUL WILLIAMSという人のラップ?というよりもアジテーションなポエトリーリーディングなどがかなり単調なビート&ベースのドラムントラック上に乗ってる熱い曲なんですが、この曲は割りとイイですね。

それを元に我らが師匠はかなりその原曲に忠実でそういった意味で良いです。しかしもちろん師匠独自の低周波発信音ベース等が凄くイイです。やっぱりドラムンはベースだね!と思わせられます。個人的偏見ですがドラムンはビートよりもベースが命かと思ってたりします。反対に例えばデトロイトテクノはベースよりもビートかな、とも。

ちなみに意味不明のPV付きでした↓
coded2
♪CODED LANGUAGE (RONI SIZE DESERT ROAD INSTRUMENTAL) / KRUST続きを読む

CHILDREN / TILT

children
変なおじさんも帰ったことだし、もう一個投稿してみます。
しかし知らないっつーの奈良の放火の事件の事なんて。そんな話題興味無し!
でそんな事よりティルトをブリーダーがリミックスです!
しかも、天下のロバマ(ROBERT MILESですが)の歴史的トランス金字塔曲ですよ。
もはや古過ぎですが>原曲&このカバーも。でも良い曲はいつ聴いても良いということで。
このミックスはそれにしてはイマイチですみません。
最近見てくれる方も多くなり喜んでおりますが自己検閲もしてしまいます。
僕にはあなたしかいない事もご存じのはずでしょうに。

♪CHILDREN (BREEDER'S BAROQUE DUB) / TILT続きを読む

GANGSTER / DILLINJA

gangster
本日のロニ師匠は番外編です。というのは、RONI SIZE名義での仕事ではなく、なにかFIRE FOXという名義だからです。しかし!昨日書きましたSHY FXにて共に素晴らしい仕事をしていたDILLINJAの曲をその名義でリミックスしてました!

DISCOGSにて師匠のお仕事について調べていたところ発見&「あれ、これ持ってるじゃん俺」と思い、家の中を検索したところありました!それはどーでも良かったですね…しかしこんな機会を頂けなければ、持ってるにも関わらず、もう一生聴く事もなかったかと思うと今回のロニ師匠シリーズ&自分に感謝です!

すみません肝心の内容です。でもそんな最高さ加減です。まだジャングル時代かと思いますが、それにしてはかなりエクスペリメンタル加減です。ビート&ベース自体はこれも師匠節?のチープで軽め&ボイスサンプルの細切れも健在です。

しかし実はそっちはB面的でありまして、本当に凄かったのはA面KRUSTによるリミックスのほうでした!つまりこの盤、ロニ&クラストという現レプラゼント組みによるDILLINJAリミクシーズ盤でした。

初っ端の妖しい感じのイントロから持ってかれますが、その後来るショート(サーキット)したような音は当時流行りだった思います。そしてドラムンビート&ベース挿入で疾走感が一気に増しますが、それにしても、このベースライン!すみませんオシッコ漏れそうです。元のDILLINJAもきっと天才なんだと思います。

♪GANGSTER (REMIXED BY GLAMOUR GOLD) / DILLINJA続きを読む
livedoor プロフィール
Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives