KEMPIRE

How deep is your Love?

2006年04月

NASTY RHYTHM / CREATIVE THIEVES

nastyrhythm
やっぱり特にネタとかないんで、サシャで。。
で前エントリで出ましたブラザース変名CREATIVE THIEVESの曲を奴がリミックス!言っててちょっとだけ空しくなってきました。。でも!このバージョン(原曲知らず)はサイコーですよ!やっぱりサシャの代表的お仕事の一つなのでは?>事情通(いないんだよね。しかしこれまた91年物ですね。やっぱりこの頃は大仲良しだったみたいです>サシャ&ブラザース。

川の流れ&鳥のさえずり等アンビエントなSE+トリッピーなシンセ群+♀スクリーミングボーカル+チャカポコパーカッション群+チャンキー(重い感じ)なビート&ベース等、これぞ初期トランス(くどいようですが今風のモノとは全然違います)と呼ぶににふさわしい曲かと思いますけれど?どう事情通(いないんだよね。

♪NASTY RHYTHM (SASHA'S MFI MIX) / CREATIVE THIEVES続きを読む

PEACE AND HARMONY / BROTHERS IN RHYTHM

peaceharmony

んじゃまお約束通りサシャ関係で。これまた、古いですね〜申し訳ない。
あ、これ今見ましたけど前の物(B.E.MX)より古い91年物でした。
で、なんと、ブラザースインリズムをサシャがリミックス!と言っても誰も驚かないんですが、
この頃の両者ブラザース(実質デイブシーマン)とサシャは仲良しだったみたいで、
ここら辺のジャンル、初期トランス〜バレアリックの当時の総本山?STRESS RECORDSでは、
ブラザースの変名CREATIVE THIEVESの曲"NASTY RHYTHM"のリミックスをサシャがしていたり、
SASHAの曲"HIGHER GROUND"をブラザースがしていたりとリミックス合戦だったようです。
さらにSTRESSのコンピ"DJ CULTURE"はサシャvsデイブシーマン両者のミックス対決盤、
1バージョン目:サシャvs2バージョン目:デイブシーマンで、傑作です。
この曲ももちろん古いんです(特にオーケストラヒット連発が泣けてきます)が、
そこかしこに当時勢いのあったこのジャンルの息吹が感じられて、個人的に涙物でした。

♪PEACE AND HARMONY (VIOLENCE AND DISCORD MIX) / BROTHERS IN RHYTHM続きを読む

LIGAYA / GOURYELLA


またネガティブ発言で申し訳ない感じですが、その時思った事を文章校正とか自己検閲とか、全くしないなんて事は不可能ですが、まあほとんどしないで書き殴っていくのがブログかと個人的には思ってますので、ご容赦を。

で、ブログってそんなには面白い物でもないですよね。いきなり結論から言いますと、人に見られている、ってのが、面白さ&モチベーションでもあると同時に、ネックですね。やはり上でも書きました、校正&検閲とかを、人の目を意識して、無意識的にでもせよ、しかし、自意識過剰的にしてしまっているのが、ネックです。

自意識過剰とは、例えば、てにをは等の助詞の使い方一つでも、そのセンテンス(文章)が伝えたい事の印象が変わっていく、とは思うのですが、しかし、それを特に意識し過ぎているのは書いてる人、当の本人が一番で、読んでる人は、実はそんな細かい事にそんなには囚われていない、とか、そんな意味です。

また↑散らかった文章ですが、これを例に、てにをは等を抜いてみますと、

自意識過剰とは、例えば、てにをは等の助詞の使い方一つでも、そのセンテンス(文章)が伝えたい事の印象が変わっていく、と思うのですが、しかし、それを意識し過ぎているのは書いてる人、当の本人が一番で、読んでる人は、そんな細かい事にそんなに囚われていない、とそんな意味です。

こんな感じです。面白いのかどうかは別として、これがgoglemanさん流文章校正の一例という事で。まあこんなモン(ブログ)でもここの人goglemanさんみたいに毎日ウキウキで2も3個投稿、してる人も実際いるわけですから、幸せなもんです。←幸せもんです。

♪LIGAYA / GOURYELLA続きを読む

FIRED UP! / FUNKY GREEN DOGS

firedup
MURK'96年の起死回生一発大逆転大ヒット曲FUNKY GREEN DOGS"FIRED UP!"です。当時のMURKは、膨大な量の初期12"傑作群の発表で世界中にマイアミディープハウスの存在を知らしめた後、世界中から舞い込んだREMIXの仕事も含めて、そのあまりの多作によって飽きられ始めていた頃だったと思います。しかし、この曲の大ヒットによって再びクラブミュージックシーンに一気に返り咲きました。

そんなエポックメイキングな曲ですが、REMIXERもまた豪華で、マイアミディープハウスシーンでの師匠的存在のDANNY TENAGLIAや、当時NYハードハウスシーンに現れた期待の星CLUB 69ことPETER RAUHOFERが、各々気合の入った素晴らしい仕事でMURK BOYSのこの復活劇をサポートしています。正直、彼らの仕事のおかげでMURKの復活があったと言っても過言ではない、それほど素晴らしいREMIXESで参加しています。そんな彼ら三者にとって記念碑的名曲をこの際よろしければどうぞ。(ヤフオク出品時傑作選より)

♪FIRED UP! (CLUB 69 FUTURE MIX) / FUNKY GREEN DOGS続きを読む

G.F.Handel Messiah / Sir Colin Davis

messiah
やっぱり死ぬ時はこの曲「屠られたまい、その血によりて我らを贖い」だね。でも、前書いたマタイ受難曲「我ら涙にくれ、うずくまり」(ひざまずき、では無かったです…)も捨て難い。どっちにしようかしら?どっちがイイかしら?というか葬送曲にしたい曲はそれこそ星の数ほどありますけど。ヴァーヴ「ビタースイートシンホニー」なども中々捨て難いな…

でまあ唐突ですが、僕はエヴァのカヲル君であり、モンスターのヨハンであり、増してやベルセルクのグリフィス系の色白系美少年なんですけど、皆さんご存じのように。しかしその前に、受難者ゴーグルマンであるので、磔刑にて死んだイエス君にはシンパシーを感じるんですよね。と言うか、ゴルゴダの丘にて、そのイエスと一緒に磔刑になった強盗二人の内の一人、なんですよね多分。お互い十字架上にて、
イエス「この盗人野郎!」
僕「イエス様、この最後の時にそのお言葉はあまりにヒドイ…」
イ「だってお前は盗人だろう?」
僕「はい、確かにそうではございますが、言わばこの様に一緒に逝く者同士、最後の時くらい仲良く致しましょう…」
イ「バカか?お前と俺様が一緒?笑わせるな」
僕「と、言いますと?」
イ「お前は本当にバカだな。いいか、俺様は恐れ多くも神の子だぞ、それに比べてお前ときたら、ただの強盗殺人のゲスもゲス野郎ではないか、一緒にするな!」
僕「はい、それは存じております、ですが、その神の子であるあなた様と、いま私とは死刑囚、という立場では全くの平等、ではございますまいか?」
イ「それは、そうだが…」
僕「だろ?でお前は結局何をしたから死刑になるの?」
イ「え、何にもしてないんですけど…」
僕「はあ?何にもしないのに死刑になる訳ねえだろうよ」
イ「いえ、本当に何にもしてないんですよぉ」
僕「へーそんなこともあるんだねこの世の中。可哀相に」

(丁度お時間となりましたのでこの辺で。僕とイエス君とのゴルゴダの丘での会話続けて欲しくばリクエスト)

♪G.F.Handel Messiah "Worthy is the Lamb" / Sir Colin Davis続きを読む

EXTRA / B.M.EX

bmex
んじゃまあサシャ関係でも引っ張ってみますか。オールドな感じのものから、これ92年物ですから。知らんざんすけど、サシャ&もう一人の人のユニットのようですが、実質サシャでしょう。

やっぱりすげえ古いんですけど、超クラシック?当時トランス(今のものとは別物)と呼ばれていたジャンルかと思います。当時、ロックとハウス(といっても全然ハウスじゃなかったんですけどね、ここら辺語り出すと長くなりますので止めときます)との融合系であるインディダンスと、ここら辺の極初期トランスが更に融合してできたのが、バレアリックと呼ばれるジャンルでした。

でこのマキシ、純2曲の各々3+4バージョンづつ収録の全7曲入りですが、やっぱり、さすがに、今聞くと古い…orz。ただジャケの"SASHA MIXES"の文字が、もし今でも巷で見つけたとしたらたとえ同じ物だったとしても絶対買っちゃうくらい、そそります個人的には。

♪FEEL THE DROP (RENNAISSANCE) / B.M.EX続きを読む

RUNNIN' / THE PHARCYDE

runnin
何でかな〜いやほんとに。多分この前MTVかでPVやってたので思い出してこの曲。

ファーサイド、もちろん知らないわけですが、LP&EPはこれも含め2枚持ってて、そのもう一個のEPは代表曲らしい"PASSIN' ME BY"なのでそれもいつか書きます。でこの曲も非常にレイドバック(和める)イイ曲です。そんな原曲もイイのですが、その曲のリミックスをRAE & CHRISTIANという人達がやってましてこれがまたイイ!

そうですね、湘南辺りの海岸線を鎌倉方面から平塚方面へ、カブリオレのもちろんホロを外して潮風を受けながら、後ろのシートでは毛足の長いコリーがその風のせいでその長い毛をなびかせてる感じですね。途中、延々と続く防砂林を左に眺めながら、その間からときおり相模湾も見えてます↓

♪RUNNIN' (RAE & CHRISTIAN REMIX) / THE PHARCYDE続きを読む

BEAUTIFUL STRANGE / BEDROCK


朝っぱらからベッドロックですか、お宅も好きね〜でもこのEPは中々、渋い、EPですね〜

メインの"BEAUTIFUL STRANGE"は、その原曲&MOONFACE,RUI DA SILVA,VOYGERS,BEDROCK'S AMBIENT BEATSの計5バージョン+C/W曲"VOICES (SAEED & PALASH REMIX)"+"HEAVEN SCENT (POB REMIX)"(邦盤とBEDROCK RCORDSからの物は上記に+C/W曲"FORGE"入りで計8曲入り)。

もちろん"BEAUTIFUL STRANGE"の原曲も良いのですが、ズバリ個人的ベストミックスは、何気に"BEAUTIFUL STRANGE (BEDROCK'S AMBIENT BEATS)"が良い。結構なチルアウト度ですよ、これは。♪BEAUTIFUL STRANGE〜っていう女声サンプルは恐らく、GLOBAL COMMUNICATION変名LINK"ARCADIAN"のサンプルではないかと思っているのですが、事情通いかがでしょうか?まあその"ARCADIAN"自体もどっかからサンプリングしてるのかもしれませんが。。

でこのAMBIENT BEATSが、繰り返すようですが実に、気持イイ!これまた就寝前に最適!っていま朝なんですが、とお後が宜しい様な宜しくない様な、でわ!

♪BEAUTIFUL STRANGE (BEDROCK'S AMBIENT BEATS) / BEDROCK続きを読む

BE AS ONE / SASHA & MARIA

beasone
つっかれったなーそれだのに、こんな投稿してる僕ってアホなんでしょうか?というか頭おかしいんでしょうか?どうなんでしょうか?でも皆さん、プレGWでウキウキですね!でまあサシャ繋がりで過去名曲のこれでも。いえ正確にはサシャ&マリア名義ですけれど、マリアとはあのマリア様ですねというかボーカリストです。
僕「なに?二人できてるの?」
サ「な、なわけねーじゃん!なあ?」
マ「そうよ、おかしなこと言うわねこの人」
僕「え〜そうなん?あやしいな〜へへ」
サ「お前って男と女が一緒にいるだけで、常にそんな事考えちゃうタイプ?」
マ「そうよ、いやらしい人ね」
僕「え?普通じゃん、ていうか、むしろ健全?」
サ「まあ、健全な男女が一緒にいれば、か?そういう意味?」
マ「違うわよ、この人、常に頭の中がそういう事で一杯なのよ、変態よ変態」
僕「そうだサシャ、お前が言ったように、健康な男女が一つ屋根の下にいればだ、そうなるってのが物のどおりだろう」
サ「まあね、ただ、僕達二人はちがいますから、それだけは言っときます」
マ「そうよ、なんでもかんでもあなたみたいないやらしい事になるってものじゃないでしょう?」
僕「そうか、まあお前達二人、仮に百歩譲ったとして、今そういう関係じゃないとしてもだ、将来そうならないとは誰も言えんだろう?」
サ「ああ、それはそうだけど」
マ「ちょっとあなた、なに認めてるのよ」
サ「だってちょっとしつこいんだもんこいつ…」
マ「だからって、妥協していい事と悪い事があるじゃない!」
サ「そんな…そんなたいそうな事でも無い気が…」
マ「いえ、大切な事よ、男女の問題という事は」
サ「それはそうだけれど…」
僕「まあまあ夫婦喧嘩はそれくらいにして、結局このジャケと名義名と何よりもこのタイトルがそんな誤解を生むのでは?」
サ「そうだな」マ「そうね」サ&マ「以後気を付けます」今日はサシャ&マリアに勝ちました!

♪BE AS ONE / SASHA & MARIA続きを読む

XPANDER EP / SASHA


サシャー!さあみんなもいっしょに!サシャー!いやあんまり意味は無いのですが例によって、そんなサシャの超傑作EPでも。イイですねこのEPいつ聴いても。表題曲"XPANDER"も勿論当時('99)なりプログレハウス的なビート空間を叙情的なシンセが舞う名曲ですが、その後も同路線のプログレハウスあり、当時のジャンル名でいえばニュースクールブレイクス(今はただブレイクスのみ)あり、チルアウトトラックありと全4曲完璧。その手の諸氏は必携盤ですよね。もちろんもう持ってるとは思いますが>諸氏。同系統のEP、という括りではJOHN JOHNSON"CITY EP"も同じくらいの傑作ですので(でもそっちは全面プログレハウス)、今後それも書くと思います。それにしても"XPANDER"

♪XPANDER / SASHA続きを読む
livedoor プロフィール

gogleman

KEMPIRE(基本その日に買うてきた音源をいかにも前から知ってる風に語るブログ)

Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives
読者登録
LINE読者登録QRコード