KEMPIRE

How deep is your Love?

March 2006

DON'T LOOK BACK / BOSTON 僕とボストン


ボストーン!(僕の心の声)
どうか僕をこんな薄汚い世界から連れ出して。そして君が住むロックシティーへ連れてって。僕ならいつでもOK!準備万端レッツゴー!

ボストン「ほんとうにイイのかい?」僕「うん!いつでもOKさ!」ボストン「そうか、それじゃしっかりつかまってな!俺が住むロックシティーまで!ブッ飛ばすぜ!」僕「いやっほーい!」
そんな事があったらイイなー

さ冗談は抜きで"DON'T LOOK BACK"名曲です。次の曲なんかもイイ。というか全部イイ。なんだこれ!?最高傑作じゃん!前言撤回。さあ準備はイイかい?僕らが住むロックシティーに君を特別に連れてってあげるよ!だけどドントルックバック!

♪DON'T LOOK BACK / BOSTON続きを読む

SOUNDS OF SILENCE / SIMON & GARFUNKEL ブログ考


ブログって、って事あるごとに書いてますけど、結局表現欲でしょう。
私or僕は毎日こんな事を考えてますよ!どう立派な考えでしょう?そうでもないかしら?どうかしら?または、私or僕はこんな素敵な事や新しい事を知っているよ!どう凄いでしょう?君達はもちろんまだ知らないよね?とか、私or僕はこんなに趣味がイイのよ!ねえ見て見て私or僕を!そんな所でしょうか。もちろん全部自由ですよ書く人の。
&コメントとかにも若干疑問がありまして、人のブログとか見てますと、大抵記事内容とはあまり関係の無い、実に当たり障りの無い物が多いようです。それでもコメントしてくれた人は、きっと管理人が書いた記事の何処かに反応してコメントしてくれてるので、管理人はそういった意味で、おもてなしをしてあげるのが礼儀というものでしょう。
後は、ブログをハケ口として書いてるgoglemanさんとか。

♪SOUNDS OF SILENCE / SIMON & GARFUNKEL続きを読む

TRAVELLER / TALVIN SINGH


なんだますます微妙になってるな>ここ。デプレッションスパイラルです。
筆者が本来持つ面白さも半減、読んでる君達の堪忍袋の緒も切れかかり、
そして当方の頭上に天使が舞い踊ります。君達の行く末だけが気がかりです。
なるべく元気出してやっていってください。どうか僕の屍を超えて行って、
そして忘れてください。なにか面白いことってある?あんまりないようね。
滅びの天使が東の空に昇り始める時、
知をつかさどる天秤座と乙女座と水瓶座と魚座の使いは南の空に天中、
力の天使は北中、美のヴィーナスは西の地平へと消えて行きます。
夜と昼とが相半ばする日蝕、それを目の当たりにした君は、全ての事を理解する。
そして僕をきっと棄てるだろう。ああ僕はこの時を心待ちにしていたんだ。
ありがとう、そしてさようなら。

♪TRAVELLER / TALVIN SINGH続きを読む

ALIVE / JENNIFER LOPEZ


最近どうもモチベーションが不純になってるような気も(笑。何の為にやってるのか分からなくなってきてますね>ブログ。もう止めた方がいいのかしら。かつてのKEMPIRE音楽市場本社時代のピュアさ加減を取り戻したい。別に取り戻せばイイんですけどね。
そんな陰気な事は放っておいて陽気に。よっ!久々!サンパス&しかも名コンビ!ジェニロペとのやつで、よっ!ご両人!そんな感じですね。ほんとこれも単純に良いですよ。ただアホアホサンパスにしては、やや大人しい目かな。でもまあイケイケには変わりない感じで。ジェニロペの節回しなども、これまたサンパスと相性抜群なホイットニー、特に"I WILL ALWAYS LOVE YOU"などを連想させて。まあなんだ、嫌な事はみんな踊って忘れろや。とサンパス&ジェニロペが言っていました。

♪ALIVE (THUNDERPUSS CLUB MIX) / JENNIFER LOPEZ続きを読む

FEED ME WITH YOUR KISS / MBV

feedme
今時、ライドとかマイブラとか取り上げてると思いっきりダサいと僕も、また皆さんもお思うわけですが、まあイイではないですか何でも。やっぱり良いわよこの曲この疾走感。取り上げましたが特に言う事無いですね。オー!フィードミー!ウィズユアコメント!これが言いたかったんで。。

♪FEED ME WITH YOUR KISS / MBV続きを読む

BE THERE / UNKLE

bethere
もう自分の事とかどうでも良いですね。
いやどうでも良いとか言うと言い過ぎですが、限定して言うと、
自分の要求とかどうでも良いですね。いややっぱり上手く言えませんが具体的に。
だってこのまま生きてても、将来?そんな大した者にも成れなさそうですし。
そういった意味でどうでも良いんです。これは全然ネガティブな事とかじゃありませんよ。
死にたくないですし、むしろ生を謳歌したい(笑
でもその生き方が問題なので、くどく繰り返すようですが、
自分の為だけには生きたくないなと。
人間、誰か他の人の為に生きてこそ、本当に生きてるってもんです。
ひいてはそれが結局、自分の為になるんでしょう。情けは人の為ならず、です。
そんな訳で、そんなに価値の無い自分の為では無く、多いに価値のある、
あなたの為に生きますよ宣言。

♪BE THERE FEATURING IAN BROWN / UNKLE続きを読む

SATELLITE / BT


ここの所サテライトづいてるみたいなのでBTさんのやつで。
イイ曲ですよね単純に。ダンスミュージックばかりでなくこういう曲も書けるんですね。
でもまああまり言う事も無いような、言わば歌謡曲ですから、恒例の歌詞違約でも、
「岬の突端で君と二人、とても風の強いこの無人島で。
君は常に大丈夫、と言う、その言葉に救われます。
ほら見てごらん、サテライトが来たよ。
僕らを家へ導くサテライトだよ」多分そんな風。

♪SATELLITE / BT続きを読む

SENTINEL / MIKE OLDFIELD

sentinel
こんばんは。今日は僕が岬の突端で見張り番を任されました、さっきまで。
とっても寒くて大変だったです。
でも突端の芝生の上で寝っころがりながらできるのでその点は楽です。
見張り番の主なお仕事は、見張りです。
海賊や敵国からの襲来が無いか、目を皿のようにして見張ります。
もしそのような怪しい船がチラッとでも見えた場合は、
狼煙を上げてみんなに知らせます。
あまり意味は無いのですが、錆びた槍のような武器も持たされます。

しかしよりにもよって今日、怪しい船が見えました。さあ大変です。
早速狼煙を上げてみんなに知らせ、自分も村長の所へ直接知らせに行きます。

ところなんですが、その怪しい船?は海の上ではなく空を飛んでいました。
そればかりでなく、何やら人や牛等、動物まで多数、海の上に浮いていました。
推測ですが多分、シースルーのノアの箱舟ではないかと思います。
ノアがまるでボロ切れのような粗末な麻袋のような服を麻ひもで結わいて、
舳先の棒の上に立って舵取りに指示を与えていました。かっこ良かったです。
きっと近いうち、この世を全て飲み込む大洪水が訪れるでしょう。
みなさんも防災対策は今のうちに。

僕はその光景を槍を持ちながら呆然と立ち尽くして見ていました。
今の所、僕しか見てないと思いますが、
近いうち、みなさんもご覧になることでしょう。
ある意味全ての物、森羅万象を乗せた、
しかもそれが全て丸見えな、シースルーのノアの箱舟は、
船内の多数の蝋燭の光で七色のプリズムのように光り輝き、
とっても綺麗かったーなんかだるーい。

♪SENTINEL (ORBULAR BELLS BY THE ORB) / MIKE OLDFIELD続きを読む

BRIDGE OVER TROUBLED WATER / SIMON & GARFUNKEL


サイモ〜ン(ガーファンクル心の声)
これまたイイんじゃないかしら?>サイモン&ガーファンクルJR.
何かしら?心の底に何か暖かいものがこみ上げてくるわ。

泣きたいのに側に誰もいない時、私が直ぐに駆けつけて
その涙をぬぐってさしあげますわ。
あなたが夜の路頭で一人、泣きそうな顔で歩いている時、
側に寄り添って暖めてあげますわ。
夜の闇が迫り、痛みや苦しみがそこら中にある時、
その流れに一歩たりとも触れないように私が身を呈して、
あなたの掛け橋となってあげますわ。

♪BRIDGE OVER TROUBLED WATER / SIMON & GARFUNKEL続きを読む

MORE THAN A FEELING / BOSTON


ナウ・リスニング:ボストン「モア・ザン・ア・フィーリング」
やっぱりイイわねボストン。
前書きました3rd"THIRD STAGE"がアルバムとしては一番好きなんですが、
この1stではやっぱりこの曲ですね。
アルバム冒頭を飾る70's超ヒット名曲ですよね、誰でも知ってる。
でもさっき始めて歌詞みたんですけど(汗、結構現実逃避ソングでした。
なに前半はそうでもないのですが、後半、
「一日の終わり 寒さに凍える そして音楽に没頭 その日を忘れるために
夢にかつて知っていた少女が現れる 目を閉じると彼女は向こう側へ去っていく」
だそう。また改めてイイですね。

♪MORE THAN A FEELING / BOSTON続きを読む
livedoor プロフィール
Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives