KEMPIRE

How deep is your Love?

2005年09月

Another Chance / Roger Sanchez Roger S

another chance
ROGER SANCHEZの超ヒットフィルターハウスは"ANOTHER CHANCE"
REMIXERの物も含めてアナログ2枚組み全て、
フィルターハウス〜プログレッシブハウスのオンパレード。

                (ヤフオク出品時私的傑作説明文より抜粋)
                (やる気なくてごめなさい、その分↓試聴多目で)

♪Another Chance (Original Mix) / Roger Sanchez続きを読む

Cubik / 808 State

cubik
なんで俺こんなブログごときに必死になってんだ…(・A ・)カコワルイ!
温故知新ですが、さっきまでMonTVでやってたWire05の808に感動し
(しかし、808はADFみたいになってたな…でも復活の兆しあり?だったらうれしいのだけど)、
808 State"Cubik"という物でも。

代表曲"Cubik"のFrankie Bones&Tommy Mustoリミックス2本&他バージョン1本&
"In Yer Face"って曲の全4曲のよう。

原曲"Cubik"(このEPには未収)は流石に当時(90年初頭)は燃えましたね。
確か808には専属のダンサーがいたんですが、彼が、普通のオッサンなんですが、
手をヒラヒラさせて踊るダンシングに「なにこれ?ただの酔っ払いオヤジじゃん…」
などと思ったものです、でもそれが実はかっこ良かった…
そして当時青少年の僕はそれを見様見真似で練習したものです。
それが今新橋辺りのライオン辺りで大ジョッキで5杯くらい空けた後
噴水周りのレンガのベンチの上であの酔っ払いオヤジダンサーばりに
だらしないネクタイ&よれよれのYシャツ姿でバカ騒ぎする時
あの時の練習が役に立つとは思いませんでしたよ。

という事で試聴はボーンズ&マストーのじゃない、ベストミックスのc/w"In Yer Face"のほうで…
(なのでBonesカテには入れません、どうでもいいことですが…)。でもほぼ同じ曲です>Cubik

♪In Yer Face (Mancunian Delight) / 808 State続きを読む

Hide U / Kosheen John Creamer & Stephanie K

hide u
では2個前くらいに名前が出てしまったのでジョンクリマー&ステファニーK特集でも開始です。。
なんて言ってそんなに持ってませんけど>ジョンクリマー&ステファニーK物。
まあぼちぼちとね…そんな初っ端はKosheen"Hide U"でも。

コーシーンはデコーダーって人とサブスタンスっていうピンでも各々活動していた、
ダークコアドラムンベース系の人達でしたが、それがユニットを組んで最強な、
でも何故か若干売れ線路線に入ってしまった、それでもドラムンベース系ユニットです。

サブスタンスはともかく、デコーダーはそれなりに好きでしたので、
今後恐怖のドラムン物シリーズを展開するんだとしたら、その時、特集しますです。。

さて本作はそんな彼らのデビュー曲にして超ヒット代表曲となってしまった曲です。
というのは、肝心の原曲(ドラムン)よりも、件のジョンクリマー&ステファニーKによる
傑作なプログレハウスリミックスが恐らくロンドン辺りのソレ系クラブから火が付いて
一気にUKナショナルチャートのそれも上位(多分30位以内)に入ってしまったようですよ。

彼らジョンクリマー&ステファニーKのお仕事としても代表的な一発かと思います。
弾けるストリングスのリフレイン&ズンドコ調ビート&原曲歌の使い方が上手い等で
迫ってくる感を演出します。

予告:次回ジョンクリマー&ステファニーK物は、ニューオーダーのやつを&
コーシーン物は(笑、富家哲特集にて。

♪Hide U (John Creamer & Stephanie K Remix) / Kosheen続きを読む

Glorious / Andreas Johnson ハイブリッド3

andreas johnson
またハイブリッドの3でも。なんや知らんオッサンAndreas Johnsonさんの。

相変わらずハイブリッドはイイお仕事を&ハニ師匠なんかのミックスもあり、
ハイブリッド以外の全5バージョンもやってますし、それは相変わらずインチキ中近東風でした。ハニ師匠も以前何個か本人作を取り上げてる気もしますが、特集組むまでには到りませんね。。なんかもう面倒臭くて…>シリーズ物。でもシリーズ物ってある意味何も考えず書きネタがそこにあるので、楽と言えば楽かな…そんな事なので、是非!なんていう変わり者の貴方がそこにいるなら喜んで!やりますけど。。>ハニ

さてハイブリッドの。そのオッサンが火事現場から火の粉振り払って泣きながら、でも怒って走ってくる感じ?そんな感じ。ハイブリッド流ブレイクスがここでも冴えわたっています。結構な力作かもです。10分近いです。

♪Glorious (Hybrid Mix) / Andreas Johnson続きを読む

Rock 2 House / Hip Housin' / X-Press 2 シリーズ5

rock2house
連投必死です(笑。ちょい怠っていたエクスプレス2の奴で。
でもたいして好きでもない曲(笑"Rock 2 House/Hip Housin'"とかいう奴。

いや悪くは無いのですが、これまでご紹介してきたデビューから一気飛ばしてきた3部作&"Tranz Euro X-press"に比べちゃうとね〜といった感じですね。

しかしこの曲にはリミックス盤も存在し、それにはフェリックスダハウスキャット&リッチーホーティン(プラスチックマン)による傑作リミクシーズ収録のようですが持ってません。。ただリッチーホーティンのリミックスのほうはJBOのコンピ"Collection Two"という物に収録でした。ので今日はそれをアップ↓彼リッチーホーティン流の骨組みのみアシッドハウスです。サイコー。でも彼にしては若干派手目かな。

♪Rock 2 House (Plastikman's Acid House Remix) / X-Press 2続きを読む

I Love You / John Creamer & Stephanie K ハイブリッド2

i love you
それでは、ハイブリッドの2で。景気付け、一発ど派手な奴で、
John Creamer & Stephanie K "I Love You (Hybrid Remix)"って奴。

まずJohn Creamer & Stephanie K、たいして知りませんけど、
リミキサーどおしのコンビのようですよ、プログレハウス系の。
NOやシニードオコナーなどもリミックスしてます。

そんな奴らを我らがハイブリッドがリミックス。
原曲も一応知ってますけど>"I Love You"(別盤収録、↑画像の方)、
明らかにこっちのハイちゃん(略)のほうが100倍くらいイイですね。
ハイブリッド流ブレイクスな一発です。ぶっ飛びのブレイクビーツ
(とは言えサンプルではない独自のビーツ)&
原曲トラックの気持に悪〜い野郎ボイス辺りが特徴的。
特に、尋常ならざる長さ(約2分)のブレイク
(ベース抜き=上物的パーカション&ボイスのみ)が。

「ああ〜お前にスタック!いつでも俺はお前の事を見ているよ。
ずーっと長く、これまでも、またこれからもずーっと。今も。」
というストーカーソングです。

(あれ、これもずっと前書いた覚えが…)

♪I Love You (Hybrid Remix) / John Creamer & Stephanie K続きを読む

ニ天一流/五輪ノ書 / Photek

ニ天一流
何故かここで我が人生の師でもあるフォーテック師匠見参です。。

まあご存じ師はドラムン侍中の侍なんですが、かく言う僕もドラムン侍の端くれ者として、
師直系の愛弟子の一人かと思ってるわけです勝手に(笑

そしてそんな師の代表曲にして完璧な侍ドラムン物の傑作EPがこの「二天一流/五輪ノ書」
なんですが、個人的生涯マイチャートの100以内も決定曲なのでしょう。やはり完璧です。

もちろんタイトルの二天一流&五輪ノ書は当然宮本武蔵ネタ。

師は黒澤明等の昔の所謂チャンバラ物映画が好きらしく、この曲中にもサンプルで
確か「用心棒」中の仲代達也の声かと思うのですが「どいつも事切れてやがる、
こんな殺し方が出切るのは腕の立つ侍だけだけだ、いいな、こんな技を持つのは、お前だけだ」
ダーン!←効果音(以上聞けばわかります…)っていうサンプルなんかも使用&、
チャンバラの音(殺陣音)&日本笛のようなおそらくシンセ音等で嫌が応にも侍感を盛り上げます。
c/w「五輪ノ書」もそんなサンプル群が無いくらいでほぼ同じ曲。

銅鑼のようなベース&完璧なポリリズム、その絶妙な間合いが、
侍どおしの抜き差しならぬ状況を良く表わしています。

しかしそれにしても、UK在住の白人クソガキ(失礼)の師匠が何ゆえ、
このような日本人特有の侘び寂びを理解できるのかは大いなる疑問で、
今後の研究課題です。多分相当上記映画等見たんでしょうけどね。

次回フォーテック物はモラレス&富家シリーズ中にて…

♪Ni Ten Ichi Ryu / Photek続きを読む

Come Home / James ウェザーオール11

come home
じゃウェザーオール11で。でもま、2ケタ台突入を記念しまして、傑作系でも。
James"Come Home"で。

まずジェイムス、それなりに好きでしたね。特にこの"Come Home"とか名曲じゃん?
あとは当時'89みんなで大合唱だった(らしい)"Sit Down"とか(ビデオで見ました)。
当時流行のマンチェ、インディーダンス、ましてやアシッドハウス等、
バカらしいムーブメントとは一切無縁の感じが、またかっこよくもあり。
そんな彼らの事を一部では、U2orシンプルマインズ等と同じスタジアムロック、
と呼ぶ向きもありましたけどね。また当時は、クレバーな(笑、大学生等に人気があったらしく、
そんな若干ヤッピーな?雰囲気も、貧乏臭いロックヲタやバカクラバーには逆に不人気だった要因かも。
僕はそれでも好き。ちょっと懐古気味で涙が…(´Д⊂グスン

件のウェザーオール及びセイバースとも大の仲良しで、
彼らコラボ(ジェイムスの音素材使ってセイバースがリミックスしたものですけど)で
"Jam-J"って17分&16分の2曲入りEPもあったりしますね。

さてここでのセイバースというよりかウェザーオール一人(つまりThe Aloof抜き)、
傑作ですね。昔ここらへん詳しそうな音楽評論家の先生が
「ウェザーオールのダブ魂が爆発している彼のベストワークの一つ」
とは言ってましたね。僕はそれほどか?と思いますけど(笑
でもまベストワークか…確かにグイグイ迫ってくるモンスターダブベースは凄い。
&炸裂するエレキギター(笑、&ブレイクビーツ&ボーカリストティムブースへのリバーブな音処理。

ちなみにこのミックスにはフラッド(既聴)とユース師匠(未聴)の物もあります。
そこら辺収録のベスト&リミックス集邦盤「シットダウン」は勿論もう既に廃盤ですが、
是非どっかで探して下さい(但しユース師匠のは未収…)。
james
♪Come Home (Weatherall Remix) / James続きを読む

Lemon / U2

lemon
んじゃまU2"Lemon"でも。超レアなカラーバイナル盤(U2コレクターの方どうですか?(笑)
内容は、KEMPIRE音楽市場得意のリミキサー特集でーす。
A面モラレス+富家=Def Mixリミクシーズの3本、
B面オーキー&オズボーン=Perfectoリミクシーズの2本です。

どっちもそれなりに良いのですが、そうですね、何て言うのかな、ぱっとした物が感じられないんですよね…いえもちろんそれなりの良いお仕事なのですが、U2が、悪いのかな?(笑

リミックスの世界には、素材がどうしようもなくても、リミキサーの手腕で飛んでもなく良くなったり、また逆も真なりで、素材名曲→リミックスクソ(失礼)、というのも、多い、というか確率的にはそっちのほうが多いかな?

ですがこの盤に関してはどちらにも当てはまらない感もあり、実は原曲しらないのですが…>"Lemon"、全5バージョンのトラックから察するに、シングルにもなっている事ですし、悪い曲ではなかろうとは思います。が、しつこいようですが、リミックスもちょっとお仕事的。大も大メジャーのU2ですから、若干の売名行為も感じられるのかな?>リミキサー陣

中でも面白かったのは、Pro.はブライアンイーノ(&フラッド)なんですが、モラレスの1バージョン目"Bad Yard Club"(この頃の得意のミックス名>モラレス)でイーノ氏のコーラスワークが聴こえるとこ。

A man makes a picture
A moving picture
Through light projected
He can see himself up close
A man captures colour
A man likes to stare
He turns his money into light to look for her

↑そのコーラス部。これって恐らく氏の作詞部分では?いかにもそんな感じですけど…

でも試聴は個人的ベストミックスの奴で、Perfecto調の超古〜い当時のトランスですけど、
このさめた感じはかっこよかった…U2&Perfectoでは"Even Better Than The Real Thing"もやりますよ(やったほうがいいですよね?…)。上記コーラス部を黒人女性がコーラスしてるんですけど、これってPerfectoが独自に雇ってさせてるみたい。

♪Lemon (Perfecto Mix) / U2続きを読む

Sylvie / Saint Etienne トラウザース12

sylvie
さあ!トラウザース12で。。大御所センエチ(そんなことばっかり言ってる気も)「シルヴィー」で。

でもイイですよこのリミックスEP。リミキサーが勿論トラウザース、ストレッチ&ヴァーン、
フェイズアクションです。豪華面子ですね。いまさらトラウザースの説明はしませんし、
ストレッチ&ヴァーンはご存じダウンタウンDXのポスト君のコーナーの曲でも有名な(今もかな?)
"I'm Alive"とかハウスオブペインの"Jump Around"使ってヒットした"Get Up!Go Insane!"とかで
お茶に間にもすっかりおなじみかと思いますし、フェイズアクションもUKのディスコ大王ジョーイネグロの弟たちグループとしてクラブキッズ達をとりこにしてましたし昔…、
そんな面子がよってたかってセンエチを我が物顔に弄りまくってますので、悪くなりようも無く、
名盤です。

サラクラックネルになら「あなたわかってるでしょうね?彼は私の物ですからね!」
と言われたいもの?そんなような歌。

(でもこれ今日の収穫コーナーで大昔取り上げた気が…覚えてるなんていうKEMPIRE音楽市場ストーカーの人はぜひ!ご連絡を&アドレス教えて…自分で調べるのめんどくて…(笑)

♪Sylvie (Trouser Enthusiasts' Tintinnabulation Mix) / Saint Etienne続きを読む
livedoor プロフィール
Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives