KEMPIRE

How deep is your Love?

November 2004

神と聖霊とキリストの名によって三位一体改革。

3mi1tai

今日は難しすぎる例の三位一体改革について
筆者が思っていることを何回かにシリーズ化して(笑)、
縦横無尽に語ってみたいと思いますよ。

とは言うものの、良いとか悪いとか、中央(都市部)と地方間の問題とか、
一概には言えない実に複雑な問題なので、なにから手を着けましょうか…

まず、三位一体改革とは、極々簡単に言うと、それまで有益&無駄共々の公共事業を行っていた
地方行政へ、その予算(補正予算)として渡していた 嵎篏金」と、
主に教育、福祉、医療等の地方間格差を埋める為に交付されていた◆崔亙交付金(税)」を
各々大規模(交付金は地方によって大きな格差があるため補助金で言うと実質2兆5千億円)削減し、
その代わり、
中央官庁が地方からもそこから収税していた税源&税収(所得税、住民税等々)を一部、
地方へ税源移譲しようというものです。

つまり、言葉悪すぎ&語弊を恐れず言うと、今まで元締めが、チンピラのアガリを全てハネて
小遣いとして彼らに必要経費を分配していた、というシステムを、
ある程度(実際にはほとんど)独立採算性にして、彼ら自身に競争力をつけ、
全体としての底上げ(税収アップ)を狙ったものです!うわ〜そんな乱暴な…(汗)

↑には、地方分権というこの改革のデモクラシーな側面が全く抜け落ちているようなので(汗)
それについては次回にでも。しかし!この筆者goglemanはめんどくさくなったら直ぐに止める
という習性を持っていますので、お約束はできません…期待せず待っていてください(そんな人いないか…(泣)。

Another Star c/w Sweetest Day Of May!今日の収穫。

another star今日の収穫〜実においしい盤発見!
A面ななんとKathy Sledgeの超クラブヒット曲
"Another Star"(+なぜかTevin Campbell…)&
B面!Joe T. Vannelliのこれまた超超超クラブヒット曲
"Sweetest Day Of May"のスゴすぎるカップリング盤だ〜
DJ用みたい。でも、なぜか?JASRACの文字が…JASRAC恐るべし。

Kathy Sledgeはご存知シックのナイルロジャース全面的Proで
ディスコ全盛時の「顔」の一組Sister Sledgeの何番目かのお姉さんですね。
そんな往年のスターは、ハウスのRoger Sの全面的バックアップで
"Heart"→この"Another Star"→"Another Day"、
と三部作でも軽くヒットを飛ばした大御所姉ごです。

"Sweetest Day Of May"は、もっと言わずもがなのような気もしますが、、、
まあ超ヒットですよねご存知のように。例の♪スィスィスィスィスィ〜です。
一部ではこの曲に合わせてみなさん平泳ぎのようなダンスを踊っていたとか?
(俺は知りませんが…知りませんとも(汗)
メインミックス系のGospel MixとGreed(Full Intention)による
これがクラブかかりまくりのEuphorik Mixの2バージョン収録なんでさらにおいしい。

そんなカップリングの12です。実は各々の曲12&CDS等で
二種くらいづつ持ってるのですが(笑)、
このカップリングは珍しかったのと安かったのでつい買っちゃいましたよ。。
300円くらい也(20%offとかだったので)。
でうれしくてつい熱く語っちゃいました。(いつもか…)

"Another Star"も聞きたい人は言ってね、アップするかも。

♪Sweetest Day Of May (Greed's Euphorik Vocal Mix) / Joe T. Vannelli Project続きを読む

大相撲来年への展望。

さて今年最後の場所九州場所も終わったので、
恐れ多くも今年一年の大相撲の簡単な総括及び、来年の展望をば。。。

3yaku
ニュースでも散々言っている通り、今年は新入幕力士が十人と久々の二桁らしく、しかも、
平均年齢的には二十歳近辺と若く、幕下→十両→幕内と昇進を一年以内に達成している者がほとんどで、
これからの活躍が望まれる人達ばかりである。特に、白鵬の動向が最注目項目であろう。
個人的予測では、早くも来年中には綱取りへの足がかりが見えているような気がする。

asasyouryuu
しかし、今年も終わってみれば結局ザ・イヤー・オブ・朝青龍だったわけであり、
この一人勝ち状態は来年中どころか、ケガ等の事故さえ無ければ、
彼の天下は数年〜五年くらいは続くように思われる。

そこへ今場所は、無双山関が惜しくも引退、角番だった栃東も先場所の引き続き途中休場と、大関の減少、また、
千代大海が負け越し(来場所角番)、唯一綱取りへの望みがかかっていた魁皇も今場所での綱取りは無理であったため、また、
関脇若の里も今場所大関昇進ならず、トータルで大関は二力士のみとなり、ますます横綱の一人勝ち状態の様相を帯びているが、
上記のように三役以下に大きな波が訪れているため、横綱一人勝ち状態ながらも、以下の番付関脇〜小結の地位は有名無実化し、
まさに戦国時代に突入していくのが来年、早くも初場所からの展開であろう。

みんな!日本人なら日本の国技「相撲」を見ようよ!ってこと。
来場所からまさに戦国時代突入大混戦模様できっと面白くなるよ。

今日の魁皇 11/28 九州場所千秋楽
●朝青龍  13勝2敗 寄り切り  ○魁皇  12勝3敗
(最後横綱戦で勝てば綱への希望が残っていただけに、横綱にまわし取らせず、上手下手両方万全の体勢で、
魁皇は執念の寄りを見せた、が綱へは惜しくも届かず…しかし来場所へ夢はつながった!)
♪Don't Give Up! / Chicane feat.Bryan Adams続きを読む

Remember Me / Phreaq

phreaq書くことないんで、昨日から始まりました今日の収穫コーナーでも。
と言うか今日は収穫ないんで(笑)出てないんで…
そうそう毎日いってられませんよレコ屋なんて…
正確には昨日の収穫の延長で。2番ってことで。。。

プログレハウス系では有名らしいPhreaqって人のヒット曲らしい
"Remember Me"って曲です。

泣きがあってイイのではないでしょうか?
典型的プログレハウスですね。ちょっと古いけど…

B面では、これまた有名なPraha(Kansai,Lamai)って人のRemixもありますが、
それはまあまあ、A面のオリジナルのほうが良いです。80円也。
(内訳的には10枚で800円って事です。昨日のも含めて)

Will you remember me?

今日の魁皇 11/27 九州場所十四日目
○魁皇  11勝3敗  上手出し投げ  ●若の里  11勝3敗
(結構大相撲。勢いのある若の里相手に良く頑張った魁皇。
今場所は無理だけど、来場所の綱取りへ繋げる為に千秋楽も頑張れ魁皇)続きを読む

マイアミバイス第一回目&新コーナースタート(w

sote昨日からスカパー系のAXNで始まった
マイアミバイス見ましたけどね〜良かったですよ普通に。
シリーズ物の一発目としては上等なのでは。
マイケルマンは天才ですね。

ソニー(ドンジョンソン)とリコ(フィリップトーマス)の必然的出会いも無理はなかった。
エド(本名なんでしたっけ?)は一回目にしていきなり爆殺でかわいそうだったけど…
(でも彼はこの後「NYPDブルー」で大活躍)

スタイリッシュポリスアクション、ということでね、今後も期待。

だけど再放送しすぎですよ…週5回も!それがちょっと萎える…
(また後で見ればいいやって結局見なかったり。
でもそれよりビデオレンタルすればいいって話も…)

今日の魁皇
○魁皇  10勝3敗  送り倒し  ●千代大海  6勝7敗
(同じく後が無い負け越せば次角番の千代大海相手に、当たりは負けたもののその後冷静に対処)

今日の収穫コーナー(勝手にコーナー化)
SOTE "Electric Deaf/Subconcious (Pure Mix)"
超変態ドリルンベース!音ワレワレですが元々こんな音。
俺も最初アンプ等接触不良でこんな音になってるのかと確かめたほど。80円也。続きを読む

ミュージック師匠

mu-ziq 1
今日は僕の心の師匠μ-ziq師匠についてアツくカタってみたいと思いますよ。
まず、μ-ziqはご存知Aphex TwinのレーベルRephlexよりデビューしました。
結構注目されてのデビューだったと思います。

phi1700実質的デビュー曲Phi*1700(u/v)は、やはりその破天荒ながらも若干おしゃれな
モンド〜ラウンジ系のニュアンスも持っていた為その筋の方面で注目され、
ベルギーの名門テクノレーベルR&Sにもライセンスされリリースされたりしています。

tangonvectifその曲収録のデビューLP(CD)"Tango n' Vectif"はもちろんRephlexよりリリースされ、
そのLPトータルでの完成度の高さでテクノ界的には、とんでもない新人現るって感じで、
衝撃が走りました。日本のKen Ishiiさんも当時Remix誌上の年間ベスト5に選んだりしています。
bluff limbo
ですが、個人的には次のもの凄いボリュームのCDでいうと(LPでは知りません)二枚組み
2nd"Bluff Limbo"が、そのボリューム&上記1st以上のラフさ&デモっぽさで、
そう言った意味で衝撃的でした。


特に1曲目"Riostand"の、叙情性&ハードビートの組み合わせには度肝を抜かれ、さらに、
その安っぽいエフェクター等使用のシロウトっぽさに「これなら俺でも出来るんじゃねぇか?」感で、
期待を持たしてくれたと言う意味で、コイツは信用できるかもしれない、一生ついていきまっせー!
となったのは、早十年も前の話。

それから時代は目まぐるしく移り変わり、ドラムンベースだトランスだ、
と個人的趣味も変わっていったわけで(いつのまにか倉本聰節に…)。
(そうそうドリルンベースは、このμ-ziq,AFX,Plug(Wagon Christ),Squarepusher辺がパイオニア)

あの頃の俺の熱い思いはなんだったのか…

in pine
実質3rd"...In Pine Effect"頃にはそんな熱い思いも早くもさめていったわけ。
でも、その2曲目"Within A Sound"を始めて聞いた時は、疲れていたせいもあるんだけど、
泣きましたね。

その後の展開は推して知るべし(?)。

lunatic harnessroyal astronomyでも彼(Mike Paradinas)はまだ頑張ってますよ〜自身のレーベルPlanet-μなども立ち上げて。
4th(には未収ですが…Remixのほうの"Brace Yourself"は名曲),5th,6th,7th...と
別名義Jake Slazenger,Gary Moscheles,Kid Spaturaとか順調に。

俺は今でも奴に注目してる。今でも。

今日の魁皇 11/25 九州場所十二日目
○魁皇  9勝3敗  押し倒し  ●雅山  8勝4敗
(厳しい…一日目と全く同じような展開。なぜ引く!?魁皇!綱絶望…)続きを読む

魁皇二敗死守。白鵬大金星。

今日の魁皇 11/24 九州場所十一日目
○魁皇  9勝2敗 叩き込み  ●露鵬  8勝3敗

魁皇のこった。執念の二敗専守、に見えた個人的には。
あの露鵬に叩(はた)かれて、残ったあたり。
結果叩き返して二敗をも守る。それと、

今日のヒーローはむしろ白鵬。凄かった…

●朝青龍  10勝1敗 送り出し  ○白鵬  10勝1敗

大金星ですよ。朝青龍相手に。
昨日の魁皇戦と同じような展開を見せた。

朝青龍の攻めは全く問題の無い「横綱の攻め」だった、にも関わらず、
それを冷静沈着に見極めながら、一瞬のスキを突いて、いなし、
最後は手を添えるだけで送り出し。

両者反射神経の良さも印象に残った。
昔から言われてきたような気もするが(舞の海全盛時等)、
これからは力相撲以上に反射神経第一の相撲スタイルに
移行していくのかもしれない。
特にこの朝青龍&白鵬のようなスタイルを見ていると、
そう感じずにいられない。

やっぱり白鵬は大物、大横綱の到来&
朝青龍vs白鵬二大巨頭時代の幕開けも予感させる。

全てこのまま順調に行けば、の話だが。

だがその前に、先に横綱になってくれよ魁皇!ということで、
「俺はもう少しでお前を見失うとこだった。あそこで…」の
♪Screaming Trees "I Nearly Lost You (There)"で。続きを読む

Save Us (Funky Music) / Black Science Orchestra

bsoヤなこと多過ぎSave Us!
そして願わくば我も救い給え神よ!(マジ)
Oh God save me! as you wish...(seriously)
& Give me a funky music♪続きを読む

魁皇二敗。

kaiou hakuhou
今日の魁皇 11/23 九州場所十日目
●魁皇  8勝2敗 寄り倒し  ○白鵬  9勝1敗

うわ〜魁皇負けた…それも白鵬に。
残念だが致しかたあるまい。
正規放送時には見れなかったので、
土俵脇等でのしぐさは分からなかったのですが、
ダイジェストで見た所、気合の入った立合い&
集中力のある取り口を見せていた魁皇に対し、
白鵬はまさに虎視眈々とその魁皇の様子を見、
スキを狙っていたね。いや、奴(白鵬)は末恐ろしい…

白鵬じゃしょうがないか…ある意味、価値のある黒星。
まさに土俵ぎわだが、この後全勝すればいいわけで。
大変だろうけど…

そんな魁皇頑張れソングは、アッパーだかダウナーだか分からない
♪Mansun "Wide Open Space (Perfecto Mix Trance Nation Version by Ferry Corsten)で。続きを読む

イケるか魁皇?綱取りへ!

bakesaleペイヴメントの所でローファイサウンドその他思い出せないな〜
って言ったけど、セバドーがいたじゃない!失敬失敬。

と言ってもそんなに詳しいわけじゃないんだけど、
まあたまたまこの5th?"Bakesale"持ってたんでね、
こんな機会でもなきゃ聞き返さないかなと思って聞きましたよ。

そしたらこれがイイじゃない!実に充実してる内容。試聴に選んだシングル"Skull"ももちろん最高なんですが、
一個前の曲"Dreams"なんかも一見ローファイとはミスマッチな叙情性のあるストリングなんか使って名曲かも。

たしかリーダーのルー・バーロー(ってカタカナで書くと変だね…最後は"ウ"でもいいのか?)
は、あのダイナソーJR元メンバーでしたよね?それで奴Jマスシスと仲違いして脱退後、
このセバドー結成したかと思うんですが、この5th?にもなってもいまだそのダイナソーを彷彿とさせるようなサウンドで、
ほんとこの疾走感は独特で、ダイナソーか?セバドーか?ってくらい最高でした。今回聞き返してみても。

でも当時(93〜4年?)、絶賛されてたルー・バーローのソロも聞いたけど、
当時はローファイの神みたいに言われてたけど、個人的にはパッとしなかったな〜
個人的にはバンドにいてこそ本領を発揮するタイプなんじゃ?って思いました。

で、セバドーはペイヴメントのおかげでたまたま思い出して書いたまで。
本題は今日の魁皇よ!ノってキタ!イイぞ〜!続きを読む
livedoor プロフィール
Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives