bronski beatガ━━(゚Д゚;)━━ン!ブロンスキービート
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
なんつって、、よくしんないんだけど、
エレポップ→ハイエナジーの火付け役、
現在はソロでまだ!活躍している
ジミーソマービル率いるホモ軍団(ちょっとウソ)
だったかと思います。
このアルバムは彼ら唯一のアルバムで(多分・・)、
代表曲"Smalltown Boy","Why",
"I Feel Love / Jonnie Remember Me"等含みます。

とにかく、上記3曲は名曲!まじ。特に!"Smalltown Boy"はゲイの方々のみならず、
思春期の少年少女の誰もが思い当たる節があろうかと思われるほどの、まあアンセム。

歌詞的には要約すると、、
お父さんお母さん まして町の連中は誰も 君の本当の事はわからない
ある朝 君は持てるだけの物を持って 寒く雨の降るプラットホームに立っている
さあ逃げるんだ ここから 君の求める本当の愛を探すために
との事。
青臭いといえばこれほど青臭い歌もないのですが、それを言っちゃあーおしまいよ。
やはりティーンエイジアンセム、かつ、ゲイアンセム。

今現在入手できるCDはボートラ入りで(当方の持っている物とは違うのですが)、
それには、なんとソフトセルのマークアーモンドとのコラボ曲
"I Feel Love Medley"なんかも収録。"I Feel Love"とはもちろんドナサマーのあの曲。
凄いですよ、どっちも。。

ただ、理解しがたいのは、原盤のほうには(当方の持っている物)、
"Smalltown Boy"&"Why"の12"Versionが収録だったのですが、
それら二つはその再発盤のほうには未収…
もう一枚リミックスアルバム"Hundreds & Thousands"とその原盤を併せれば、
彼らの軌跡はほぼ完璧なのですが…ぜひ探してください。

jimmy somervilleジミーソマービルは、このブロンスキー(とはちなみに、
映画「ブリキの太鼓」に出てくる小人病の子=人の名前)ビートの後は、
レッドコミュナーズ(赤共産党員?)→コミュナーズ→ソロ活動→現在に至ります。
常にそのゲイパワー炸裂&ハイエナジービート炸裂の姿勢には頭が下がります。。

特にこのハイエナジー特有のアルペジオベース(デンデケデンデケいってるやつ)は、
ドナの"I Feel Love"もそうですが、永遠。
天才ジョルジオモロダーが作り出した世界的発明品、だと思います
(もちろんそれ以前にも存在したのですが、ミュンヘンディスコ、
として世界的に認知させたのは、彼だから)。

今日はこんな所で。エレポップ系は次回ヘブン17でも。多分。。

♪"Smalltown Boy"