anvilチャングム!チャングム!おもしれええ!無理矢理・・いや普通に面白いよ。
今日はね、厨房の最高責任者チェゴサングン選出のやり直し&
横領→横流し&賄賂等、汚職まみれの厨房の現状が発覚!の回。大雑把に言うと。

まずは、選出やり直しなんですが、でもあれって、、
バラエティー系クイズ番組なんかによくある、最後の問題さえ当てれば大逆転!
じゃあ、今までの問題は何だったのか?に近い。。
飯の炊き方コンテスト。ハンサングンすげー。
一つのお釜で硬いご飯から柔らかいご飯まで一回で炊き上げるなんて。
お釜の中でお米を均等にならさないで、釜の壁側のほうのお米を盛り上げて、
お釜の中心に行くほどお米の量を減らしていくそう、つまりすり鉢状に。
外側が硬めに、内側ほど柔らかく、だそう。僕もIH炊飯ジャーでやってみよう>実験。無理か?

汚職まみれのほうの説明は、、なんかめんどくさいのでイイや・・
まったく汚れきってる!汚れきってるぜ!大人の世界はよー

あとは、、チャンイの可愛さに気づいた回。ハンサングン(もうチェゴサングンですが)
には是非SMの女王様やって欲しい。あんな呆れられたような目で見られた日には・・
うぅ、すみません・・となりそう、と。カンドックは相変わらず癒しキャラだな〜

では今日の音源を(思わず↑で長くなっちゃったので短めに・・本末転倒・・)。

ウルトラヴォックスのミッジユーロのサイドプロジェクトでしたが、
売れ線狙いでそれがものの見事に当ったヴィサージの2ndですかね。

実は1st"Visage"のほうが好きなのですが、それについては知る人ぞ知る本社のほうで
大昔に済み、ですので。。
でももちろんこの2nd"The Anvil"もイイですよ。
ある意味手探り状態(でもそれがイイんですけどね・・)の1stよりも小慣れてて。

A面が圧倒的良い!特に1、2曲目は鬼。

夜中過ぎのクラビング専用夜行列車に乗って僕らはあの伝説的クラブへ
そこへ一歩入るとすべてがモノトーン 君や僕の体まで すべてがグレーに染まる
気づくと回りは1890年代末期の装い モボモガ達が集う場所 一夜限りのあの伝説的クラブへ

(僕の心の詩集第1巻冒頭より)

♪The Damned Don't Cry

↓便宜上、アマゾンのリンク貼りましたが。このマーケットプレイスの商品ふざけてんの?
絶対買わないでくださいね!(笑、買うわけないか…)他でいくらでも買えると思いますので(中古屋とか行けばいくらでも)。