KEMPIRE

How deep is your Love?

Vienna / Ultravox

viennaこんな場末のブログをご覧の皆さんご苦労様です。
特に書くことないんだけど、せっかくなんで、Ultravoxの"Vienna"でも。

"Vienna"は第二期Ultravoxの最初のアルバムですね。
第二期のリーダーはミッジユーロという人です。

歴史書いても僕もあなたもつまらないと思うので、また
実際良く知らないので、飛ばして、音なんですが、
第一期の頃からのプロデューサー、亡くなってしまった
コニープランクという人の非常に空間的な音処理が良いです。

正直コニープランクなしではUltravoxは語れない、と言うと偉そうなので、
ここまでの成功は成し得なかったかと思います。

1曲目の、いきなりインストトラックなのですがイントロ等空間的な、これはリバーブですねエフェクトの、
そこら辺からコニー節はすでに炸裂しているかと思います。

2曲目はカッティングギターがかっちょいい曲で、大昔たしかお酒か何かのCMで使われました。
子供心に強烈な印象をおぼえてます。後にこのアルバムで偶然再会した時は感動しました。

あと主なところは(ちょっと1曲づつ解説するのも面倒臭くなってきたので…)、
レコで言うところのB1"Mr X"とか次の"Western Promise"とかですかね。アップしたので聞いてね。
両曲にも限らず随所にやはりコニー節が感じられるのかと思いますアルバム全体を通して。

で来ました"Vienna"です。

コニープランクのプロデュースする作品には必ずと言っていいほど、このドスンドスンいう、
独特の音処理がキック(バスドラ)になされ、通になると彼のプロデュースした作品は、
このキックを聴いただけで分かるとか…なるほどね〜

あとその他パーカッション群も、リバーブだ、ディレイだ
(まあどっちもカラオケでいう(笑)エコーの親戚みたいなもの)等のインパクトのある音処理がなされており、
それらを総称して、「コニープランクのハンマービート」ととも俗に言います。

まあ"Vienna"(とは英語でオーストリアの首都ウィーンの事)は彼らの代表曲。
しかし、今聞くとやっぱ若干ショボな…昔は衝撃を受けたんですけどね…歳は取りたくない。

以上です。続きを読む

ロキシー最高傑作アヴァロン

avalon今日はアヴァロンでおま(鶴光で)。
なんか昨日hoodlumとか言う人が失礼しました。
僕とはまったくの別人(格)ですので、誤解のないように。
って別に謝るほどの事でも無し。

で出ちゃいましたよアヴァロン。
僕のような者がレビュー的なもの書いていいんでしょうか?
そろそろネタも無いんでね…(もうですか…)

言わずもがなのロキシーの最高傑作ですねアヴァロン。自他ともに認める。
どうレビュー書いてよいものやら…失敗したな〜(笑)

まず,任垢韻匹諭1曲目らしいグッと持ってかれる名曲"More Than This"です。
フェリー先生のナヨ声炸裂です(まあ全面を通してですが)。

△枠瑤个靴(?)、タイトルトラックのアヴァロンです!とは言え、
この傑作中ではベストトラックではないな〜と個人的には思っとります。
しかし名曲には違いない!特に好きな部分は、細かいけど…
♪When you bossanova There's no holding
(君の踊るボサノヴァを止められるものは何も無い)ってとこです。

い眸瑤个(短い曲なので)、でイこのアルバム中1,2を争う名曲"While My Heart Is Still Beating"です。
泣きの名曲ですね。ここでもフェリーのナヨナヨ節炸裂ですね。もうメロメロ。

Α銑Г蓮△どいようですが…この傑作中では、どうしても消化曲に聞こえてしまいます。
単独で聞けば名曲かとは思うのですが…しかし、これも含めて、流れとしての傑作なので。
CDで飛ばしたりしてはダメです(笑、俺は一体誰なんですかね?)

┘タ!一番ドラマチックな曲かと思う"To Turn You On"ですね〜
「春夏秋冬、いつでもどこでもどんな事でもするよ、君を振り向かせるためなら」(ちょっと違約)
だそうです…こんな事言われてみたいですね〜しかもこんな声で…ねえ女性陣。俺だって、フェリーになら言われたい。

さて、個人的にはベストトラックかと思われる、"True To Life"なんですが、これこそどう言ったら良いものやら…
基本的にロキシー&フェリーの曲は、未練たらたらの失恋ソングなんですが(それがイイのよ)、
この曲に関しては、結構抽象的な歌詞のようで、ちょっと謎めいてます。そんなことぐらいしか言えない…
まあほんとこの曲だけでもいいからさ、聴いてみてよ、もし聴いたことのない人。

最後は小曲の"Tara"でおしまい。

今日はいつも以上に書くのに苦労しました…好きで思い入れのあるアルバムなのにな〜なんでだろう…続きを読む

Radiator / Super Furry Animals この敗北主義者め

sfaこんなところをご覧の皆さんこんばんは。
僕は敗北主義者のhoodlumという者です。どうぞよろしくお願いします。
だって俺に何ができるよ。例えば何かポジティブなこと言ったりすると評判が良いそうですが、
それはやっぱり世の中(リアル&ネット)がそんなようなこと欲してるからなんでしょうか?

なんかネガティブなこと言ってそれがかっこいい、みたいなスタイルを取る人も
世の中には少なくないと思いますが、また、ポジティブ⇔ネガティブを行ったり来たりしつつ、
悩んで学んで(by奥田民生)みたいな、「悩める俺」みたいなスタイルを取る人も実際多い。

で、このhoodlumですが、どんなスタイルがイイのかただいま模索中。
こんな事書く事自体「悩める俺」スタイルなんかな〜…

このブログ自体やっちゃった感がありますが、ブログとは言え、一応表現の場なんで、
いわゆるパンツ脱がないとね、みんな。

SFAはそんな敗北主義者の僕を元気づけてくれます。傑作実質2nd"Radiator"です。

恐らく(歌詞和訳できないんで、もの凄い思いこみ&音から感じた独自の勝手な解釈で)、
そんな自分の中のデーモンを歌った"Demons"や「あんたはかっこいいよ、いつでも」だと思う"Play It Cool"や
イケて無い二人の恋を歌った"Hermann Loves Pauline"や、ベースのチューニングをD.E.A.D.からL.U.V.にする事が
出来るだろうか俺は!?な"Bass Tuned to D.E.A.D."や、二人はこうやって別々の河を下っていくんだけど、
いつかきっとまた会えるよね?"Down A Different River"や、今も様々なものが様々な人にダウンロードされてます"Download"や、
最後とうとうキレた…"Mountain People"あたりが激お勧め。個人的には無人島の100枚の内の1枚。

しかし…アマゾ○、邦盤それもマーケットプレイス物…以外在庫切れかよ…最低だな…
いやアマゾ○さんが、って意味ではなく(汗)、配給元が(笑)。だってロック史に今後も残っていくであろう名盤ですよ…多分。続きを読む

Soundtracks for Living / The Gentle People

gentle people最近はいやな事が多いですね。
こういう時こそ音楽が私達を癒してくれます。
つかの間のうさ晴らしでもいいではないですか。
それがなかったら大変ですよ。笑いと同じで。
やはり空気のように無くてはならないものです。

たしかに60年代のウッドストックなどでみられた
いわゆるヒッピー思想が幻想だったように、
音楽で世界は変わらないのかもしれませんが、
少なくとも明日だけでも生きていける、かもしれない、
と思わせてくれるだけの力が音楽にはまだ残っています。

ジェントルピープルの音楽は素敵です。
とてもいやなことがあった日でも聞けば明日は頑張っていけそうな気持に、
グループ名どおり穏やかな気持に、なかば強制的に(笑)してくれます。

よし俺も明日から頑張るぞいっと。(レトリック)続きを読む

We Fade to Grey. Visage

visage本日はお日がらも良くヴィサージで。ヴィサージは、ご存知かもしれませんが、
スティーブ・ストレンジという人をボーカルに立てた、と言いますか、
その人をどこからかひっぱり出してきて、いかにもUK的な、企画物とまでは言いませんが、
ショウビズ的に一儲けしようとしたグループです。結果大成功しました。

その勝因はミッジ・ユーロという音楽的才能ある若者(だったかと当時は)を、
これまたどこからか連れてきて(一体どこからでしょうか…)、
サウンド面を全面的にプロデュースさせたところにあります。

このグループには、ウルトラヴォックスという、その頃すでにニューロマンティック〜エレポップ
というムーブメントの代表格だったグループのKeyプレイヤーも参加しており、これがきっかけで、
ミッジ・ユーロは、元リーダー、ジョン・フォックスの後釜として第二期ウルトラヴォックスに加入し、
すぐにリーダー格になりました。

そんなエポックメイキングなプロジェクトでもあるヴィサージですが、上で企画物うんぬん
みたいな事をレトリックとして、やむを得ず書いてしまいましたが、飽くまでレトリックとして流してもらって、
サウンド的には、やはりウルトラヴォックスのサイドプロジェクトと言っても良い、
ニューロマンティックムーブメントを象徴するような所々耽美的&エレポップ色大の曲等です。
(ニューロマンテックとエレポップは、ほとんど同じようですが、微妙〜に違います。
まあつまらないジャンル分けですが…)

爽やかかつ華やかなオープニングらしい
個人的にはこれがヴィサージらしいヴィサージ節なのでは?と思っている
出ました。歴史的名曲、の
ウルトラヴォックスを彷彿とさせる泣きの名曲
デンデケデンデケノッテケノッテケのアルペジオシンセベース&シンセドラムそのまんま&ボコーダー&
変なコーラス等が、笑いと共に、古き良き当時(80's)が懐かしく思い出され涙を誘う(好き!)
彼らのお約束大げさチックな終曲

といったようなところが個人的に好だった曲の内訳です。

やはり当時のムーブメント史上に残る記念すべき1stであります
(2ndも良いのですが、やはり1stほどのインパクトは当時も、今も、ないかと…"Damned don't cry"などは名曲ですが…)。

中でも"Fade to Grey"は、全てのニューロマンティック〜エレポップ史上にも、さん然と輝くような名曲だと思います。続きを読む
livedoor プロフィール
Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives