AX

KEMPIRE

How deep is your Love?

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブサイコー!キューバ音楽マンセー!

bvsc
明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
(素直に言ってりゃいいものを…(独り言)。2005年1月1日のKEMPIRE音楽市場。

TVK(神奈川テレビ)で、ビム・ベンダースの「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」を見た!
やばい…キューバ音楽マジやばい…かっこ良かった〜

ドキュメントなのでお話的には、
キューバのミュージシャン、それも大御所中の大御所から、今はすっかり忘れ去られてるような
超高齢のプレイヤー達を集めて、練習してNYで公演を果たす、っていう単純なものなのですが、
良かった〜(笑

ほんと超高齢なんですよ。一番は90歳!しかしこの人(ギタープレイヤー、その筋では凄い人らしい…)
がまたポジティブで、その歳で6番目の子供作りに励んでるとか(笑
人生で大切なものは何ですか?との質問に彼は、
「女性と花とロマンスだ」とお答えになっておられましたが、もの凄い説得力でした。
これは僕の座右の銘になります(笑

ドキュメントなのですが、ストーリーテラー的にはギターリストのライクーダー氏があたり、
もちろん彼もBVSCの一員となり演奏(セッション)に参加します。
その彼の語り(ナレーション)が見事に音楽的で、途中浜辺の小屋で
キューバ流のパーカッション&(ウッド)ベース等の軽いジャミング(演奏)をバックに
その語りが入ったときは、大げさですが、トリップしそうになりましたね〜
まあ心は軽くキューバ、ですよ(?)。ハバナ産高級葉巻吸いてぇ〜(たぶん咳き込んでお話になりませんが…)

ただ、彼のスティールギターがちょっと浮いてる感じ(違和感)があったと思うのは私だけでしょうか…
まあキューバ音楽の巨人たちを相手にしてるので、敬意をはらって極力裏方的な演奏ではありましたが。

しかし、あれだけ地に足の付いた音楽もそうは無いですよね。久しぶりに説得力のある音楽を聞いた気がします。
連想したのは、近い南米ですがアントニオカルロスジョビンのボサノヴァとか
ブエノスアイレスタンゴとか、あとはアフリカ音楽系ですかね。
みんな(キューバ音楽も含め)繋がってるので、当たり前と言えば当たり前ですが。。

KEMPIRE音楽市場は普段なんだか浮っついた音楽ばかり紹介しているのですが、
若干恥ずかしくなりましたね(汗)

白人ガキの音楽(by中村とうよう氏)や、スッカスカの骨組みのみテクノとかどうなのかと?
っと自問自答しちゃいましたよ。見ながら。

しかしキューバは貧しい国ですね。町並みなどを見ても。いやだからこそ、
ああゆう豊かな音楽が生まれてくるのかも。喜怒哀楽もの凄い豊かですよ。
そんなあらゆる感情が見え隠れするようなもの凄い情報量。

逆に、先進国のような経済的に豊かの国は上記のような貧しい音楽しか生まれてこないのかも?日本とか(笑
(つんく系とかほんと勘弁してくださいよ〜…マツケンサンバなんかは若干地に足がついてる感ありなので認めるが(笑)

サルサは本当にちょ〜っと好きなんですけどね、と言ってもティトプエンテくらい…しかし彼はLP(CD)150枚くらい出してますよ。
個人的にキューバ音楽の存在を一番最初意識したのはデビッドバーン辺り、ですかね。

あとは、特にNY的なJAZZの持つ孤高の「高み」のようなものは感じられないのかもしれないのですが、
ある意味、どっちが「高み」なのかと?思いました。
いやもちろんお互いに影響されて成長してきた音楽なのですが(地理的にも近いので)、
やはりNY的なJAZZはその先進性ゆえ、大衆性とはどんどんかけ離れて行って、芸術的&形而上的高みを求めていったのに比べ、
キャーバ音楽(ラテン音楽全般と言っても良いのですが)は、常にその大衆性を追及してきたので、
やはり地に足が付いてます(すみません尻つぼみの文章で(汗)。

言いたかったのは、Heaven Is A Place On Earth(byベリンダカーライル)って事です(笑。

でもまあ今のところKEMPIRE音楽市場的には歳相応&身分相応のガキ音楽でも聞いてますわ…
10年後くらいにはきっと聞いてると思いますけど>説得力のある音楽=キューバ・アフリカ・ラテン系辺り。
その前にレゲエ、行きそうですけど、というか行かなくてわ。

年越しにゲスコムか…orz

1000homodjs
年末年始のご挨拶的なものってブログでもやらなきゃいけないんですかね?
ちょっと疑問。日本人ならやるべきなのか…やらなきゃ品位を疑われるとか?
別にやらなくたってイイよ。それならそれで挨拶もろくに出来ない人ってことで。
と声が上より聞こえてきましたので、すいませんじゃあやります。みなさん良いお年を!…
と普段とあまり変わらないような気がしている2004年12月31日のKEMPIRE音楽市場。

きょうは!きのうに引き続き!きのうの収穫の続き!
まず12/31付けとしての一押しは!

gescomオウテカ変名ゲスコムがUKの今は無きクリアーレーベルより出していたEPなぞ。
若干高めの新品価格1380円也。(中古)

もはやこの機会を逃がしては再入手無理かもしれず、と思い清水の舞台から飛び降りて
その清水で寒中水泳を楽しむ!(そんなものないんだけどね…)ってくらいの勢いで大枚をはたいて購入。

クリアーはたしかクレアって女の子がエレクトロリバイバルレーベルとして92〜3年に立ち上げたレーベルでした。

その熱い意思に賛同してくれたアーチスト達は、プラッド、ジェダイナイツ、ハーバート、μ-ジック、アズワン等、
実に豪華な顔ぶれでした。
そのどれもこれもがニュースクールエレクトロといってもよい各自個性豊かなエレクトロ作品でしたが、
経営が下手だったのか、90年代終わりにつぶれてしまいました。実に良いレーベルだっただけに実に残念な出来事でした。

そしてこのゲスコムもこのクリアーからのEPでは、普段オウテカ名義での
エレクトロニカ路線(エレクトロとエレクトロニカの区別はつきますよね?)
とは一線を画すような、エレクトロ作品となっております。

実に忠実に、レーベルカラーに沿っているので、彼らオウテカの律儀な面が
垣間見えるようでほほえましいです。じつは真面目?(笑

しかしそこは腐ってもオウテカ(?)ダイナミックなポリリズムの狂演にもってかれます。特にA面が12分半の大作

brmdjrap
さて、次点はBTリミックス物二点合わせ技で本日の次点となりました。
BILLIE RAY MARTINとDJ RAPの12です。

BILLIE RAY MARTINは原曲ハウス。DJ RAPは原曲ドラムンベースですが(ちなみにどちらも女性)、
各々BTが自分のカラーに染め上げました。彼のリミックス作品には正直クオリティー高くない物
(そうですね例えば、レニクラの曲やコーンやBILLIE RAY MARTINのSpace Oasisという曲もイマイチ…
ですが、中ではこの二枚は高いほうの部類に属するのでは?と思われます。
(高いほうでは、やはりGRACEや、これは結構知られざるなんですが、
B-TRIBE"Nanita"なんて曲は個人的ベストワークかと思っております)

そして!記事トップに掲げた、ジャケが次々点で(笑
前も書きましたREVOLTING COCKS等変名もあるミニストリーのそのまた別働隊、1000 HOMO DJSの12です。
参加面子が凄くて、LARDのジェロビアフラ、NINのトレントレズナーなんかも参加しているようです。
つまり面子最強!でも…音ショボい(泣

ミニストリーとどう違うのかよくわかりませんが、多少ダンサブルなのか!?
ガチガチに硬いダンスビートで、こういうので奴ら差別主義者の白人どもは首を振りながら踊るのでしょうか?
ジャケ買いならぬ、名前買いです。だって1000 HOMO DJSって…怖ぇー想像すると(笑

以上3点各80円也(10枚800円)。

そんなところの12/31。それではみなさん良いお年を(二回目)。おっと紅白紅白。続きを読む

From Within meets Come "A Million Miles From Sex"

come
ひゃっひゃっひゃっひゃ!面白い。極端にアクセス数減ってるZO!
さすが年末。それでは本性あらわすとするか、誰も見てないんでな。
年明け何日か後にはもうとっくに下に落ちてるはず、なんでね。
オープニングの一言とかくだらねぇものもなし。こりゃ楽だわい。

どうかね?世界。

大変な事になっとるわいな。でも結局他人事。こうやってブログ書いてるわけですから。
そしてこんなとこ見てるあなたも同罪。まあさすがにそれにはこれ以上言及しませんよ。

でさ、俺いっつもここで今日の収穫、とかこれもくだらねぇ事やってるわけじゃん?
あれもどうなのよ?どう思う?見てる人。

だいたいさ、ブログってなんなのよ?やっぱ表現の場、なわけ?
Weblogってことらしいけど、日記ではないわけですよね。
日記っつったら、古風な見方では、他人が絶対見ちゃダメ、って物ですしね。

結局のところ、いろんなパターンもあるとは思うが、
自分は日々こんなことを感じたり考えたりしてますよ!
って誰か読んでくれてると思って「表現」してるモノなんですよね。
中には大勘違いして多数の読者がいると思って調子に乗ってる輩もいますけど、いや実際多い。
言っときますが、あなたが思ってるほど見てる人は多くありませんよ。

結局自慰行為?公開オナニ○、ですよね。正直ほんと恥ずかしい人もいる。
で僕もこうやって毎日毎日オナニ○してるわけですよここで。
な、の、で、それが悪いっていってるわけでは全然ないんですよ。
むしろ大肯定。ブログマンセー!

では今日の収穫(笑

大漁大漁わははは!なので明日大晦日にも持ち越しで二日に分けておおくりします。

本日12/30付けとしましては、
そうですねなんでもいいんですけど(汗
貴重なのに安かった、という観点から、

fromwithinプラスチックマンのレーベルから出ていた、そのプラスチックマン(リッチーホーティン)&
FAXレーベル総裁ピートナムルックのコラボ盤、型番PLUS8036"From Within"を380円で。

ナム公はご存知FAXの総裁なわけですが、そのあまりにも膨大な量のリリースから
(今何枚くらいで出てるのかな?5000種くらい?その内、本人&コラボのもの何枚くらいあるのでしょうか?
詳しい人教えてください、いたら…)、クオリティ低っ!って物も多いかと思うのですが、
このリッチ−ホーティンとのFrom Withinシリーズは中ではわりとイイのでは?詳しくないのですが。

これは珍しくFAXからではなくPlus8からの12"物です。

さてと次点は何にしようかと若干迷ったのですが(明日もあることなので…)、高かったのでこれに!(ジャケはトップ)
ノイズ帝王Whitehouseのウィリアムベネットとあと知らない人達2名ほど(Dr.Death&Fuckmanだそう…)のユニット
Come"Rampton"を1600円で。とはいえ、サービススタンプたまってたんで、実質200円で(笑
ちょっとジャケ買い。ピータークルテンです…この人についての言及は避けたい…B4"Sex"

前半毒を吐いたのでなんか長くなりました。それほど毒、とも思ってませんけど。
(でも引いてる人いそうだな…)

From Within "A Million Miles To Earth"続きを読む

Kelly Watch The Bam Bam

kelly
オレ−オレ−マツケンサンバ〜
はあれは時代の求めてる音だね。今ごろ絶賛。
KEMPIRE音楽市場。

今日は雪降りましたね。すぐ雨になりましたけど。
それなのにたいした収穫は無いは、雨にはぬれるはで
まったく踏んだり蹴ったりとはこの事ですよ…

でもAIRの名曲"Kelly Watch The Stars"の12とかありました。
これも今ごろ、ですけど。

CDSでも持ってたのですが、それには収録されてなかった
CLUB MIXとやら狙いで買いました。380円也。

AIRはやっぱり好きなんですよね。その厭世的なところが。
特にこの曲はいっそうイッちゃってる感大で好きです。

たしかPVもイッちゃってる系で、たしかピンポンしてる女の子の
額に球が当たってその子(Kelly?)が、宇宙の世界へイッちゃって、
本当にお星さまを見ちゃう、ってお話だったかと。

でもこういう音楽もこのヤな時代に必要な音なのか?
KEMPIRE音楽市場も今日の踏んだ入り蹴ったりの一日を忘れるために
今も聞いて現実逃避してますよ。(結局良かったんじゃ?)

westbrookさて次点、無しだね(泣

いや無理無理。ノルマ達成できないんで(?

こんな物、あの暗黒の闇にも似たレコの森の中からサルベージしてやるのは
日本広志(あ一応誤変換ね)といえどもこのKEMPIRE音楽市場くらいなもので、
その使命感に燃えて拾ってきてやりました。80円也。

ほぼ(?)シカゴハウスオリジネーターの一人Bam BamことChris Westbrook氏の、
なんだろな〜これ?なんか12。

Bam Bamはそのアシッドハウス時代は凄かったんですけどね〜
変態帝国シカゴのその数ある変態の中でもかなり変態度が高い人でした。
"Where's Your Child?"とか"Give It To Me"とか凄かったですよほんと。
"Where's Your Child?"なんて個人的(KEMPIRE音楽市場)生涯ベスト100に入りますね。
(アップしますか?いいですか?)

でそんな懐かしさも手伝ってついつい買っちゃいましたこの12。
その原曲はどうでも良く(Bam Bam名義でRemixしてますが…泣)、
B面Dekkard(デッカード!またブレランネタだ…)がRemix
何でだろう〜DekkardはSashaやOakenfoldの片腕的存在の人でしたよね?
何でまたその人が?Bam Bamを?ラベルにはGraceタイプとか書かれてますけど
当たらずとも遠からずでした。まあそんなところでした。

♪Air "Kelly Watch The Stars (Club Mix)"続きを読む

仕事納めどうでした?

hw03どうも。
いまいちかわいげの無い奴と評判のKEMPIRE音楽市場です。
始めての方よろしく!

今日はロブフッドのハードワックスの03番や
マイクコグリンリミックス物2枚ゲットしました。

最初のは、ロブフッドと多分ここではクラウドヤングとのユニットだったと思う
ミッシングチャンネルです。ハードワックス物は再発とかも何度かされてたと思うので、
ちょっと前までは新旧ともによく見かけましたので、個人的には放置していたのですが、
最近はとんと見かけなくなってしまい少し(本当に少し)あせっていましたが、
本日03番を420円にてゲットしました。

B2がマッドマイク直系のベースライン等若干トランスチックでしたが好きな事には変わりはない
(ご存知とは思いますが、ロブフッドは第1期URのオリジナルメンバーです)。
その他はいつもど〜り激ハードなミニマルです。

mothersprideさてマイクコグリンのは、Ruff DriverzとMother's Prideの12です。
合わせ技で本日の次点です。

Mother's Prideのはヒット曲"Learning To Fly"ですが、これには確か
Trouser EnthusiastsやFerry Corstenリミックス等あったかと思いますが(Ferry入りのCDSはヤフオクにて売却済み…)、
今日ゲットしたのは多分ダブルパックになっていた物の内一枚、のようです。
つまりバラ売りです。もう一枚があるのかどうか知りませんが…適当ですね…ともに80円也(その他含め10枚で800円)。

ruffdriversRuff Driverz"La Musica"はちゃんとしたダブルパック(12×2)でした。プロモ盤のようです。

曲的には、どちらも激アゲアゲで、もろ手をあげて絶賛、ハンズインジエァーアンファ〜ラウェ〜イ
な曲調。こちらもいつもど〜り。の安心印。
ちなみにマイクコグリンのお仕事ではLustral"Everyday"やKirsty Hawkshaw"Fine Day"が好きです。

実はまだ上記2枚はその他リミキサー(Untidy,X-Cabs)のもの聞いてないので
(先にこのブログ片づけちゃったので…)
もっとイイミックスあるかもしれませんね…この後聞きますね。

♪Missing Channel "B2(No Title)"続きを読む
livedoor プロフィール

gogleman

KEMPIRE(基本その日に買うてきた音源をいかにも前から知ってる風に語るブログ)

Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives