KEMPIRE

How deep is your Love?

ミュージック師匠

mu-ziq 1
今日は僕の心の師匠μ-ziq師匠についてアツくカタってみたいと思いますよ。
まず、μ-ziqはご存知Aphex TwinのレーベルRephlexよりデビューしました。
結構注目されてのデビューだったと思います。

phi1700実質的デビュー曲Phi*1700(u/v)は、やはりその破天荒ながらも若干おしゃれな
モンド〜ラウンジ系のニュアンスも持っていた為その筋の方面で注目され、
ベルギーの名門テクノレーベルR&Sにもライセンスされリリースされたりしています。

tangonvectifその曲収録のデビューLP(CD)"Tango n' Vectif"はもちろんRephlexよりリリースされ、
そのLPトータルでの完成度の高さでテクノ界的には、とんでもない新人現るって感じで、
衝撃が走りました。日本のKen Ishiiさんも当時Remix誌上の年間ベスト5に選んだりしています。
bluff limbo
ですが、個人的には次のもの凄いボリュームのCDでいうと(LPでは知りません)二枚組み
2nd"Bluff Limbo"が、そのボリューム&上記1st以上のラフさ&デモっぽさで、
そう言った意味で衝撃的でした。


特に1曲目"Riostand"の、叙情性&ハードビートの組み合わせには度肝を抜かれ、さらに、
その安っぽいエフェクター等使用のシロウトっぽさに「これなら俺でも出来るんじゃねぇか?」感で、
期待を持たしてくれたと言う意味で、コイツは信用できるかもしれない、一生ついていきまっせー!
となったのは、早十年も前の話。

それから時代は目まぐるしく移り変わり、ドラムンベースだトランスだ、
と個人的趣味も変わっていったわけで(いつのまにか倉本聰節に…)。
(そうそうドリルンベースは、このμ-ziq,AFX,Plug(Wagon Christ),Squarepusher辺がパイオニア)

あの頃の俺の熱い思いはなんだったのか…

in pine
実質3rd"...In Pine Effect"頃にはそんな熱い思いも早くもさめていったわけ。
でも、その2曲目"Within A Sound"を始めて聞いた時は、疲れていたせいもあるんだけど、
泣きましたね。

その後の展開は推して知るべし(?)。

lunatic harnessroyal astronomyでも彼(Mike Paradinas)はまだ頑張ってますよ〜自身のレーベルPlanet-μなども立ち上げて。
4th(には未収ですが…Remixのほうの"Brace Yourself"は名曲),5th,6th,7th...と
別名義Jake Slazenger,Gary Moscheles,Kid Spaturaとか順調に。

俺は今でも奴に注目してる。今でも。

今日の魁皇 11/25 九州場所十二日目
○魁皇  9勝3敗  押し倒し  ●雅山  8勝4敗
(厳しい…一日目と全く同じような展開。なぜ引く!?魁皇!綱絶望…)続きを読む

魁皇二敗死守。白鵬大金星。

今日の魁皇 11/24 九州場所十一日目
○魁皇  9勝2敗 叩き込み  ●露鵬  8勝3敗

魁皇のこった。執念の二敗専守、に見えた個人的には。
あの露鵬に叩(はた)かれて、残ったあたり。
結果叩き返して二敗をも守る。それと、

今日のヒーローはむしろ白鵬。凄かった…

●朝青龍  10勝1敗 送り出し  ○白鵬  10勝1敗

大金星ですよ。朝青龍相手に。
昨日の魁皇戦と同じような展開を見せた。

朝青龍の攻めは全く問題の無い「横綱の攻め」だった、にも関わらず、
それを冷静沈着に見極めながら、一瞬のスキを突いて、いなし、
最後は手を添えるだけで送り出し。

両者反射神経の良さも印象に残った。
昔から言われてきたような気もするが(舞の海全盛時等)、
これからは力相撲以上に反射神経第一の相撲スタイルに
移行していくのかもしれない。
特にこの朝青龍&白鵬のようなスタイルを見ていると、
そう感じずにいられない。

やっぱり白鵬は大物、大横綱の到来&
朝青龍vs白鵬二大巨頭時代の幕開けも予感させる。

全てこのまま順調に行けば、の話だが。

だがその前に、先に横綱になってくれよ魁皇!ということで、
「俺はもう少しでお前を見失うとこだった。あそこで…」の
♪Screaming Trees "I Nearly Lost You (There)"で。続きを読む

Save Us (Funky Music) / Black Science Orchestra

bsoヤなこと多過ぎSave Us!
そして願わくば我も救い給え神よ!(マジ)
Oh God save me! as you wish...(seriously)
& Give me a funky music♪続きを読む

魁皇二敗。

kaiou hakuhou
今日の魁皇 11/23 九州場所十日目
●魁皇  8勝2敗 寄り倒し  ○白鵬  9勝1敗

うわ〜魁皇負けた…それも白鵬に。
残念だが致しかたあるまい。
正規放送時には見れなかったので、
土俵脇等でのしぐさは分からなかったのですが、
ダイジェストで見た所、気合の入った立合い&
集中力のある取り口を見せていた魁皇に対し、
白鵬はまさに虎視眈々とその魁皇の様子を見、
スキを狙っていたね。いや、奴(白鵬)は末恐ろしい…

白鵬じゃしょうがないか…ある意味、価値のある黒星。
まさに土俵ぎわだが、この後全勝すればいいわけで。
大変だろうけど…

そんな魁皇頑張れソングは、アッパーだかダウナーだか分からない
♪Mansun "Wide Open Space (Perfecto Mix Trance Nation Version by Ferry Corsten)で。続きを読む

イケるか魁皇?綱取りへ!

bakesaleペイヴメントの所でローファイサウンドその他思い出せないな〜
って言ったけど、セバドーがいたじゃない!失敬失敬。

と言ってもそんなに詳しいわけじゃないんだけど、
まあたまたまこの5th?"Bakesale"持ってたんでね、
こんな機会でもなきゃ聞き返さないかなと思って聞きましたよ。

そしたらこれがイイじゃない!実に充実してる内容。試聴に選んだシングル"Skull"ももちろん最高なんですが、
一個前の曲"Dreams"なんかも一見ローファイとはミスマッチな叙情性のあるストリングなんか使って名曲かも。

たしかリーダーのルー・バーロー(ってカタカナで書くと変だね…最後は"ウ"でもいいのか?)
は、あのダイナソーJR元メンバーでしたよね?それで奴Jマスシスと仲違いして脱退後、
このセバドー結成したかと思うんですが、この5th?にもなってもいまだそのダイナソーを彷彿とさせるようなサウンドで、
ほんとこの疾走感は独特で、ダイナソーか?セバドーか?ってくらい最高でした。今回聞き返してみても。

でも当時(93〜4年?)、絶賛されてたルー・バーローのソロも聞いたけど、
当時はローファイの神みたいに言われてたけど、個人的にはパッとしなかったな〜
個人的にはバンドにいてこそ本領を発揮するタイプなんじゃ?って思いました。

で、セバドーはペイヴメントのおかげでたまたま思い出して書いたまで。
本題は今日の魁皇よ!ノってキタ!イイぞ〜!続きを読む
livedoor プロフィール
Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives