KEMPIRE

How deep is your Love?

Bring Down The Walls No Limit Squad Returns / Silver Bullet


べつにいらない前段なんだけど、まあ人の事ばかりではなんなので自前のやつでもたまには上げてみようかと。汚い部屋で汚い顔のハゲのおっさんがブツブツ文句いいながらゲームをしてる動画でも。誰もみたくないよな(笑)いや中でも言ってるけどインチキくさいマイクを買ったテスト動画ね。



これは隠れた名作では?と思ってるんですが、UKヒップホップでも、ある意味邪道というか恐らくコアな?特にアンダーグランドヒップホップマニヤのような人には全く受け付けないと思います。それ自体はUKらしいさだと思いますが音数のあまりに多さと、それよりもBPMが早すぎるせっかちなビートなのでその方面の方にはやはり全く論外の音楽かもしれません。もちろん本場?USのヒップホップにはこの手のサウンドは皆無というか存在すらしないと思います。なのでむしろ逆にUSには新鮮に響くのではないか?といまさら思うんですが、まあそれもこれもオリジナルリリースは四半世紀以上も前(1991)なので意味のない考えでした。蛇足かもしれませんがシングルでのリミキサーがベンチャップマンやノーマンクック(Fatboy Slim)というようなヒップホップでは邪道的な人達だったのもよくなかったのかもしれません(笑)また、この兄ちゃん(Silver Bullet)のラップのいわゆるスキル的なことはヒップホップ門外漢には分りませんが、それでも肌の色などの偏見もあってか、あまり黒くはない少し白人ラップぽいとさえ思います。しかし、個人的にこれは音数の多さによるメガミックスぽさと、やはりUKらしさかもしれないUKダブの影響という、コールドカットやジ・オーブなども連想させられるテイストを持って、さらにそれで貫かれているフルアルバムとして非常にレアな価値を持つ傑作だと思います。ゆえに今となってはなにか時代の隙間に埋もれてしまった、そういった意味で非常に残念かつとても勿体無いアルバムの気がします。ぜひ心ある方には発掘していただきたい。

DISCOGS




Gothic Rock / VA


イマムー(らしい(笑)気になる所を突かれて論破されそうになったからって激昂はいかんな…長いんで(埋め込みって開始位置指定できないんだね)6分半あたりからイマムー劇場というか激情なんだけど、そこまでの流れもあるんだろうけどね。自分でも言ってるように公式の場で質問されてるだけなのに、中傷誹謗とか(笑)「撤回しなさい!出てきなさい!」の所で急にキレてるな。捨て台詞で「うるさい!」とか、中学生かよ…しょうもな。まあ記者(有名な左翼系の人みたい)も大臣も、お互いの立場からみれば、あまりおかしな事は言ってないんだが(ただ無責任だとは思うけどね)、こういうのはキレた方が負けでしょうね。ディベートや論戦では常に冷静でいなければならないのだが、誰でもそれはなかなか難しいね。脱線すると(全部脱線みたいなものだけど)怒りで脳内のアドレナリンが出てくると、その怒りを抑え込んで冷静沈着に思考を働かせるというのは、おそらく瞑想などで鍛錬した仙人級の強者じゃないとやっぱりほとんどの人は出来ないことなんでしょうな。みてるこっちはおもろいわー(笑)なぜかエヴァのネクタイをしてたのも話題になってるそうな。さすがイマムー。

gothicrock
レビューもこれから軽い感じで書いていくわ、そのかわり更新スピードはあげようかと…わからんけど(笑)という記念すべき?一発目にはこんな感じがふさわしい、中古屋などでは何度か見かけたタイトル通りのゴスロック(ポジパン系?)のコンピですが、これがまたなんというか節操が無いというかそっち系の超ビッグネームのバンドをただただ集めてるだけという、やはり身もふたもないようなコンピでしょうか。しかし、これだけのポジパン系を代表するようなビッグネームばかりだと、もう潔いというかポジパンってこんな感じだったんじゃない?という、例えばもし知らない若者世代などにはこれで十分アピールできるようなコンピだとも思ってしまいます、やはりビッグ過ぎるバンドばかりなので。このシリーズ自体有名だと思うんですが(この黒だったり赤だったり黄色だったりと色を変えただけの2〜以降ありです、やはり見かけたので)これがvol.1だけあってか、厳密にはポジパンとは呼べないのではないかと思う、しかしそこへ多大なほどの影響を与えたであろうバウハウス"Dark Entries"(Dアッシュのトーンズオンテイルもあり)から始まり、この辺が元祖ポジパンに当たるのではないかと思うサザンデスカルト、ジーンラブズジザベル、ヴァージンプリューンズ、シアターオブヘイト、セックスギャングチルドレン、エイリアンセックスフィーンド、ダンスソサエティ等々、やはりえげつないほどのラインナップにして曲も代表的な曲ばかりと、実は私も流しているだけでとても楽しめます。そうこれでいいんですよ、だいたいこんな見るからにベタなとあるジャンルの紹介のようなコンピなので。よくいう入門用とかよりもそれ以前のような(笑)やはりなんの脈略もない、ゆえに文脈や系統立ててポジパン考察のような事など出来ない、ただ羅列しているようなコンピながら、流し聞きして雰囲気だけを味わえるような好コンピです!こんなレビューもどうでもええわ。うっひょーポジパンサイコー!ああvol.1でも無理やり一枚に詰め込んだ1枚バージョンなどいろいろあるようですよ。

DISCOGS



Small Moon / Chris Carter

smallmoon
歳のせいなのか書くこともなくなってる淋しい毎日のグダグダ更新なので、もう嫌われてもいいや…とめちゃくちゃではないながらも(まじめな性格が邪魔をしてほんとにめちゃくちゃな事はできないのです)くだらないことで誰でも思ってることでも書いちゃろかい!とはいえ時事ネタなんですが、例の我孫子市のベトナム国籍少女事件、ロリ野郎どもいい加減にせいよ!ほんと奴らの性癖は全くとは言わないが(笑)わからんね。それ以前に自分のそんな性癖、性欲を満たすだけの為に、あんな将来のある小さい子を殺すかね?殺せるかね?その辺がほんとわからんし、ゆえに人間のエゴの最も醜い部分を見る気がして、やりきれんのだが。やっぱり病気なのではないかと思い、だとしたら、自覚をもって自分から克服まではいかないとしても極力軽減するための治療を受けに行って、無理だと思った時は、自ら隔離してもらう、それも無理だと思うなら自分の方の生命を絶ちなさい、とさえ思うけれど。そんなふうに考えていくと、今回の犯人も含めて、それらも出来なくて自分自身死ぬほど苦しんでいるのかもしれず、そういった性癖はやっぱりかわいそうだとさえ思うが、だからといって、他生を傷つけたりましてや奪っていいことにはもちろんならず、だとしたらやっぱり自分の方の治療、隔離、自死を考えた方が良いというか、そうするべきでしょうね。それらをせず(いや正確には分からないが今回のように至った場合は既にそのレベルは不問でしょう)、他生の方を奪うのはこれは誰がどう見ても、また宇宙的な節理や真理としても(=どんな宇宙人が見ても)、明らかに確実にこれは「悪」であり「罪」でしょう。そうこれほどはっきりとした悪と罪は他に見当たらないくらい。真理的だとさえ思うね。そうじゃね?筆者の浅はかな浅知恵なので、異論反論反駁などなど求めます。

スロッビンググリスルの一員としても知られるクリスカーターの何枚目かのソロのようです。自身のレーベルというかやはりTGの一員で妻Cosey Fanni Tuttiとの(夫婦)レーベルらしいConspiracy Internationalという所からで、そこの諸作品としては一番有名かもしれないChris & Cosey名義のやはりおしどり夫婦ならではのエロチックさやセクシーさ(私は微妙に違うと思ってます(笑)の雰囲気は皆無とさえ言える、少し陰鬱でストイックにエレクトロニクスな雰囲気のいわゆる打ち込み系の音楽でしょうか。リリース年が1999年だったのでそれほど前ではないなと思ったのですが、文字通り蓋を開けてみればクレジットには1980年収録との記載が、しかしそれを信じるならば、37年も前にこの音は驚異的なほどでこの手のエレクトロニクスな音楽がすでに蔓延している現在では目新しさこそ感じないまでも、それらのルーツの好サンプルとして聴くことができます。またジャケも彼ら流の?奇をてらった如何わしいような物でもなく、そのイメージに近いスペイシーで少しアンビエント風味があるところも個人的には好感です。DISCOGSでも見れますが内ジャケ等のイメージやデザインも何かNASAの(但し古い)打ち上げ等実験風景のようで、それら全体的なイメージも実際の音楽へ効果的に作用しているかもしれません。

DISCOGS

Believe You Me / Blancmange

震える舌
久々に恐ろしい映画を見たな(笑)こんな所をご笑覧の人には知ってる人もいそうだけど邦画の「震える舌」って1980年の映画ね。まあ話的には「破傷風は怖い」というだけのはっきり言ってあって無いような内容なんだけど、破傷風になった子役の女の子(幼女)が怖いったらもう!ウィッキなど見ると原作はそんな要素なさそうだけど、あの子の演技だけで、下手なホラーの何倍も怖いというか完全にホラー、エクソシストのあの娘には及ばないまでも次点だね。音や特に女の子の声がミックス的にやたらでかかったのは反則だけどね、何度「こええよ…」とつぶやいたことか…ネタバレしそうなので、これから見る人もいるかもしれないし、もうやめるけど(笑)まあネタバレも何もないけど…上記のように。でも一部ではトラウマ映画のレッテルも貼られてるので自己責任で(笑)あとは母親の十朱幸代の演技がよかったね。迫真の演技とはああいう感じをいうのだろうね。主治医の中野良子も若くて綺麗だったな。なにせ37年も前の映画だからね。父親渡瀬恒彦は演出上とはいえ油じみてて小汚かった(笑)まあ古き良き邦画の雰囲気がまだあった頃の映画かな。


believeyoume
このユニットの3rdのようです、とりあえずこのユニットのアルバム※CDは現在入手困難ですし、少し前にEdsel Recordsという所からボートラ収録の再発盤の1st,2ndもアマゾンでは既にプレミア価格化ですが、この後再発されるか分からないながらも期待も含めてレビュってみます(笑)独特なひねくれエレポップ間と独自の哀愁感まであるある意味完璧なエレポップアルバムであった1st、インド風音階を取り入れて上記のような歴史的1stの二匹目のドジョウを狙わなかった2nd(ちなみに二人のサイドユニットで一層インド音楽を取り入れたその名もWest India Companyというバンドもあります)、この手のエレポップと呼ばれてしまうであろうジャンルとしては大胆なほどの路線変更をまたしてもしている本作3rd、その路線の経緯を考えただけでも個人的には実に軽快、軽妙&痛快なほどなのですが、ただやはりエレポップ史に燦然と輝くであろう1stと個人的にもまたファンもどうしても比べてしまうという少し残酷なこの経緯は、しかし多くのバンド、ユニット、グループなどが同様に持つ定めのようなものだとも思います。グダグダですが(笑)つまりはそのような位置にある大袈裟に言うと鬼門のような3rdかもしれません。本作3rdだけをもし最初に聴いたとしたら、エレポップと一言ではとても言い切れないこのユニットのアレンジ力を堪能できるアルバムにおそらくぶっ飛びだと思うんですが、いかんせん上記1stを聴いてしまっている、その功罪は大きいのでしょうか、シングルカットされた1曲目"Lose Your Love"こそ以前のブラマンジェ節とさえ言えそうな弾けたエレポップが聴けますが、やはりその後はどうしても地味に聴こえてしまいます。しかしアーチストの多くのアルバムとは大抵そのような物も多いと思い、まあ悪くいうとアルバムで1曲でも良い曲があればそれで良しとすると、弾けた1曲目が聴けて、その後もそれよりは地味ながらもアレンジ力による様々なパターンのエレポップが次々と聴ける本作も、エレポップというジャンルの中で今後も残っていくような名作と言ってもよいのだろうと思います。故にリマスター&ボートラ入りの再発を望みます。

DISCOGS


Mystery School / Ambient Temple Of Imagination

サクラ
いま神奈川住みのもので、詳細は特定と近隣に配慮して言えませんが(笑)とある鎌倉の戦いの一舞台となった所に近く(いわゆる古戦場、戦死者もそれなりに出た、きっとざんばら髪の落ち武者も…北条系も自刃してるし)そんな歴史も知らないのにそこを最初に通ったとき「昼間の住宅街なのに人気がない…空気もなんとなく重い…気持ちのわるい所だなぁ…」と感じた所なので、なるべく通りたくなかったんだけど、今晩どうしてもそこを通らねばならず「夜にあそこはきついなぁ…」となったのです。しかも往復、往路はまだ19時前だしあまり周りを見ず超早足でやり過ごしたのですが、復路が…22時過ぎでいっそう人気&通る車もなく、こちらも元気があって走るに近かった往路時ほどの体力が残っておらず、それでもなるべく早足でなんとか通り過ごしたは良かったが、疲れのせいか右肩が重いんですけどー!いやまじでこの肩こり感気持ちわるいわーふだん肩こりなど滅多にしないので。そんな怖ええんでこんなブログで軽い感じで書いて厄払いや!払い給え清め給え!ハラッタマキヨッタマ!ハラッタマキヨッタマ!ハラッタマキヨッタマー!キョエエーーー!!サクラは熟女なのでけっこう好き!



サンフランシスコのアンビエントユニットの1stだそうです。ユニット名がこれから書くことの印象の根拠のようなものですが(笑)サンフランシスコや一部かなロサンゼルスは元々米国のヒッピームーブメント〜サイケデリックカルチャーの聖地的な所だったせいか、我々?日本人などがもしかしたら単純に思い浮かべる、1960年代にLSDやハッシッシなどをキメてお香を炊いてブッダ象の前で瞑想またはラリってるような(混ざってますが(笑)別々でもよし)偏見だからかあまりいい印象がない現実逃避的なカルチャーが恐らく今でも脈々と続いているような気が筆者はしてるんですが、でもそれはこのインターネット社会でも形を変え実際残っているのでは?と思うのです。それは多少脱線なのですが、本作自体も1994年産という24年も前の作品なのでその辺まったくではないにしても幾分的外れかと思いながらも、しかしこの時点での上記のようなカルチャーの文脈を聴いていると感じずにはいられない作品ではあります。

私はUKのアンビエントと言えばジ・オーブがまず思い浮かぶおっさんですが、オーブが登場したのが1990年代初頭だとして、本作からはオーブの多大な影響と言うよりもある意味真似事を聴かされてる気分になりながらも、一方でその僅かな期間でこれほどハイクオリティの真似事をフルアルバムとして成し遂げている、このよくわからないこのユニットには賞賛をしてもいいほどだと思ってます。ただこれも私的偏見かもしれませんが、やはり米国人(民族問わず)が作るアンビエントジャンルの音楽にはどうしても「単純さ」を感じてしまうのですが、また同じような意味かもしれませんがUKの緻密かつ繊細かつ情報量の多い(サンプル数が多いと言い換えてもOK)それらアンビエントに対して、米国のそれはどうも大味(密度か薄い)なものが多い中、このユニットにも「単純さ」は感じながらも「大味さ」は感じなかったという、ある意味不思議な体験と共にその点でも感心した次第です。

つまりアンビエントとしては快楽第一主義的な単純さはありながらも、やはりサンプル数の多さとかなり計算され緻密に作り上げられている気がする(しかし本人達はやはり快楽に忠実に従って本能的直感的に作り上げているのかもしれませんが)、本デビュー作?には感心&関心至極であります。また本作はアンビエントにしてはビート&ベースがある曲が多く、その辺でも気合が入ってる気もして好感なのですが、言わば静に対して動のアンビエントかもしれません。無理に上記で書いてる風に言えば、ブッダ像の前で静かに座禅しているタイプではなく、雰囲気がケミカルという意味でもLSD系で昇天してチャクラが開いて覚醒するようなタイプのアンビエントかもしれません。語弊があるかもしれませんが、まあ攻めのアンビエントでしょうか。

DISCOGS

livedoor プロフィール
Comments
Gallery
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
  • DQX
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives