KEMPIRE

How deep is your Love?

Fur Mich / Thomas Dinger

furmich
Neu!やLa Dusseldorfのオリジナルメンバーとして有名だと思う故Thomas Dinger(2009年没)のソロアルバム2枚の内の1枚のようです。今回兄のKlaus Dinger氏も2008年に亡くなっていたと知り、昔から寡作ながら一方でライブなどもそれなりにこなしていたと思うNeu!もLa Dusseldorfを始め、各々ソロ活動も精力的だった両者の音楽は聴けないのかと思うと、なにかとても寂しく惜しい気がしたのも、このような素晴らしくドイツクラウトロックのお手本のようなアルバムを聴けた所為も大いにあるかもしれません。とはいえその分野にあまり明るくない筆者ながら、やはりこのアルバム収録の各曲を聴くとこれぞクラウトロックと思い、逆にクラウトロックと言えばこの手をまず思い浮かべてしまうほど想定内の音楽です。

縦ノリのいわゆるハンマービートが打ち鳴らされていく中、それをガイドビートのようにしながらも、その空間で自由なセッション的バンド演奏が延々と繰り広げられていく曲M3"Fur Dich"に最もクラウトロックらしさを感じるのですが、しかしその一方で卑近で申し訳ないながら例えばクラスター&イーノの曲のようなピアノや空間的なシンセ類による浮遊感あふれる静寂な曲や、ほぼシンセのみの小曲などなど、そのどれもが言ってしまえばジャーマンロックならではというか、やはりこれは生粋のドイツ人達にしか出せない音と美学なのではないか?とさえ思えてきます。例えば少し前起こっていたと思うクラウトロックのリバイバルの日英米のバンドや、いかにも影響を受けている雰囲気のポストロックのバンド達が時々真似をしようと奏でていたクラウトロックもどきのサウンドなどは、この生粋のクラウトロックの前では何の意味も無くなってしまうほどの元祖クラウトロックだと思います。音楽自体にも言えることなのかもしれませんが、憧れて始めるのはモティベーションとしては大いに意義があるのですが、その後はこういったクラウトロックなどなど特に真似るべきものではないな、とさえ思ってしまいます。

脱線しましたが、これは純粋に美しくまた楽しい優れた音楽ではないでしょうか。蛇足ですが日本のCaptain Trip盤「我が為に」には1-A Dusseldorfのデモバージョンのような2曲がボーナストラックとして収録です。

DISCOGS

Future Generation / Laserdance

futuregeneration
俺は安田のこと好きだっただけどな。おまえは気づいてても気づかないふりだった。俺から告白させるつもりだったんだろうけど、当時奥手の俺にそれは無理だった。まったく女とはずるいものだ。自分からはけして言い出さない。ゆえにかわいそうでもある。待つしかないのだから。アプローチやプロポーズはオスからというのはまったくもって動物的な事なのだが。人間も所詮いっかいの動物なのだと思わされる。君の名は。?ハハ。

なるほどこれはイケイケですね。オランダのシンセディスコサウンドなユニットの1stアルバムのようです。かなりの歴史的名盤だと思うのですが、またメンバー背景などもDISCOGSでちょっと辿ってみても中々のオランダダンスミュージック界が垣間見える気もするのですが(例えばダッチトランスなどへも繋がっていくような)筆者の能力的な関係でまるっきり表層的なサウンドからだけの印象です→リリースは1987年、だからと言う訳ですが所謂80'sサウンド(とは何ぞや?は今はご容赦ください(笑)でも統合されてきているようなジャンル的に一言で言ってしまえばシンセディスコサウンドの中でもハイエナジーなサウンドになるのでは?と思うんですが、一番特徴的なのはやはりクラップの連打で、パパパパと鳴らされるともう最高に古臭いハイエナジーサウンドとしか言いようもなく、しかし古臭さもここまでいくとある意味伝統芸能のように聴けるという、やはり一種の様式美のようなサウンドだと思えます。まあやはり構造的には単純極まりないサウンドだと思うんですが、必ずしも複雑だから良いという事がないのもまた音楽ではとも思い、そのような典型的、ある意味ステレオタイプのハイエナジーディスコサウンドの見本のような好盤です。フューチャージェネレーショーン!レーザーダンス!(要はこれを言いたかった)

DISCOGS

Corporate America / Boston

corporateamerica
あああぁぁぁ…大穴が本命に…こんなこともあるんだね。面白い国だなあ。笑い事ではないけどね。でもあの人出てきた頃よりずっと老けた感じするね。対抗馬(笑)の人も終盤きつそうだったけど、両者あの歳での選挙戦は想像以上に苛酷だったのだろう。70才なのか、4年間持てばいいけどと思ってしまったな。しかし結局は副大統領はじめのいわゆるブレインが取り仕切ると思うので、その人選次第だとも思うんだが、そんな良い取り巻き(ブレイン)があの人に形成できるだろうか?と。基本的に今までのフォーマット(政策)の踏襲路線で行ってくれれば良いと願ってるけど、わからんなあ。直感的にですよ、裏目裏目に出そうな感じがするんだよね。それがもちろん偶然良い方向に行くケース(政策)もあるでしょうけど、大体はあの人の無知や偏見などのバイアスがかかって悪い方向に行きそうで、その辺はほんとに怖いと思ってるんだけどね。日本に関して言えば、ニュースなどでも日本通の米国人(デイブスペクターなど)達が言ってるように、あの人自身はほぼ無知のようだね。というかほんとにどーでもいい感じ。まあこれから文字通り否でも応でも勉強せざるを得ないだろうけど、適当なところで放っぽり出しそうだしな。まあいいや…決まっちまったもんはほんとにしょうがない、あの人であの国は4年間行くしかないんだろう。お気の毒に…世界もな。

このバンドの5枚目のようですね。弊ブログでは1〜4枚目までレビューもどきをしているのですが(中には酷いものも(笑)本作とは最も真面目に向き合ってみると、アマゾンレビューなど見ても一部昔からのファンにはどうやら受けがあまりよくないようなのですが、正直理解できません。理解できないとはいろんな意味で書いたのですが、まず私は昔からのファンではない。上記のように1〜4枚目まで「一応」書いてるので「一応」聴いてるのですが、聴き込んでいるわけでもなく今現在も手元にないくらい等、とてもファンなどとはおこがましくて言えませんので、本物の(コアな)ファンの方々の複雑な心境は理解できません。次に、単純にアルバム消化曲や捨て曲のようなものがない本作はざっと聴くだけで、おそらくこの手のアメリカンハードロック好きな人を始め「普通の」(定義はめんどくさくてできませんが推して知るべしです(笑)ロック好きまで、良いアルバムだと認めてもらえるのではないか?というほどのアルバムとして良作だと思いますので、辛口だっとしても例えば☆5中★2というような評価はあまりに辛口すぎるだろう、などと理解できません。リーダーであろうトムショルツによる、一方でスタジオ&機材オタクならではという気がする、マルチトラックレコーディングを駆使した重層的なギターリフが迫ってくるような曲、一転もっともアコースティックなアルバムなのではないか?と思えるくらいスカスカのギターの弾き語りの曲、どうもイギリスのブリットポップからの影響もあるのではないかと思われる言ってしまうとオアシス〜そのルーツのストーンズ〜キンクス〜言わずもがなのビートルズなどからの流れさえ深読み(聴き)できそうな言わばUKテイストの曲、2000年代とはあまり思えない彼らならではなのか80's風のもろに打ち込みのドラムマシンのビートがダンサブルな曲、そしてラストの最も彼らしいとニワカファンは思ってしまうミディアムテンポの泣きのバラード(ライブですが)まで、彼らが歩んできた様々な面がこの2002年の5枚目にて集合し昇華しているとさえ思える傑作ではないでしょうか。

DISCOGS


オマケ(Livin' For You (Live))

Palestine / Pacific 231 / Rapoon

palesitine
今日は収穫日()だったんですが、今日はさすがに渋谷は避けたわ。土曜日から三日間の夜間だけ?歩行者天国にしたんだってねえ。ハロウィン効果はあなどれないな。一定の経済効果もあるんだろうね、一説ではバレンタイン超えたとか?ニュース見る限りではその車線規制等でいっそう凄いことになってそうに見えるんですが…しかし新宿は大人しいものだな。2〜3組それらしいコスプレイヤーみたけど、それもメイドさんや看護婦さん風とかでかなり普通というか地味なほどだった。新宿はじっさいハロウィン関係無いね、去年の10/31も新宿にいたんだけど(笑)去年の方がまだプレイヤーいた気がしたな。まあ普通渋谷に行くわな。私はといえば南口の汚い立ち食いそば屋で天玉そば食って帰りましたが。

概ねDISCOGS情報からだけなのですが(いつも通り)1980年代から活躍しているのでインダストリアル&パワエレの第一世代とも言えそうなソロユニットらしいPacific 231と、ソヴィエトフランスのオリジナルメンバー(のち脱退)だった人によるソロユニットRapoonによるスプリットLP(CD)のようです。とりあえずタイトル「パレスチナ」から連想される通りかもしれない、おそらく打ち込みと本物のアラブミュージックからサンプリングされたビートと、これも多分タブラなどからサンプリングされたベースが両者ともに20分超という長尺で延々と垂れ流されていく、似非エスニックテイストの音楽だと思います。Pacific 231の方はどうやら"エルサレムの寺院"(もしかしたら固有名詞でエルサレムにある有名な寺院なのかもしれません)という直接的なタイトル通りかもしれない、わりとストレートかつ単純な反復による、しかしそれによるトランス感を狙っているのかもしれない楽曲です。Rapoonの方がずっと凝っている印象で、こちらもタイトルを引用すると"平和の千のスローガン"というものですが音自体はとても前向きどころか、おそらくコーランのサンプルなどを加工した禍々しい雰囲気で、ビート自体は少しブレイクビーツ風でこちらも単純ながら、いわゆる抜き差しなどによって展開がある楽曲です。まあこの手の大御所であろうムスリムガーゼを真似ているとは思うのですが、全くの猿真似ではなく各々独自な雰囲気があるのは好感です。ところでDISCOGSの画像でも一部わかりますが、ケースはスリムケース的な物で横の細い(スリムなので)ボタンを押すとCDが飛び出してくるという特殊ケースなのは筆者的には二度目だったのですが(一枚目は誰だったか忘れ…)、それよりもラベル面ばかりかデータ面の方まで真っ黒というCDは初体験でした。音質的にはどうなんでしょうか…PC環境で聴く限りでは遜色はなさそうなんですが…

DISCOGS

郷愁10.26

1.Depeche Mode ‎– People Are People
まずはこれからだね、DMの中でも好きな曲というか代表曲でしょうか、当時なりのもろにマシナリーなビートが今聴いても鳥肌モノくらいかっこいいと思ってます。C/Wの"In Your Memory"も名曲。紛失後の再購入組。
DISCOGS
2....And You Will Know Us By The Trail Of Dead ‎– Mistakes & Regrets
バンド名なが…知らないのですが有名なバンドでしょうか、邦盤アルバムでもでてるようなのでそれなりの知名度はありそうですね。Dominoからだったので買ってますが音はオルタナロックですか20年近く前ということで古い気がします。
DISCOGS
3.Shiva - Freedom
通常ローテーションに(笑)シヴァとはまたこれ大げさなユニットですけど、豪華リミキサーで買ってます。昔12"では持ってた。
DISCOGS
4.TWA ‎– Nasty Girls
あきらかに色物ぽいんですが、しかしこのユニットはカサンドラコンプレックスやバズーカジョー?(昔郷愁ました)などメンバーによる、でもやっぱり企画的なユニットでしょうね。ハードフロアーもお仕事してる気がします。
DISCOGS
5.Tilt - I Dream
なついユニットですが、これがデビューシングルになるのかな、さすがに古臭いんですが、ダブは後のプログレハウスへの片鱗を見せている?
DISCOGS
6.Aurora - The Day It Rained Forever
なついといえばなつい(笑)少しは近代に近いかな、といってももう15年も前の曲ですか、原曲は歌謡曲なんだけどラスゴのが一番いいかな。
DISCOGS
7.Oxygen Feat. Andrea Britton ‎– Am I On Your Mind
同年の同系統の曲も気もしますが、スペースブラザース変名でしたか、DISCOGSの人はResonance Qのがいいと言ってますが、私はIan Van Dahlの方がいいと思う。
DISCOGS
8.Biosphere ‎– Seti Project
バイオスフィアー師匠キター!わりと初期のCDS発見!これはもう古臭さも通り越して古典ですね。しかしこの後のアンビエント展開への布石のようなナイスEP。
DISCOGS
9.David Morley ‎– Stardancer EP
そして紛失組の中でも非常に探していたこのブツと中古屋で再会したんですが(昔レビューも済)これは10位には入らないまでも(笑)50位には入るほど探してましたね。引っ越しのどさくさで紛失してから5年ほど。4曲とも完璧な傑作EP!
DISCOGS
10.Mike Oldfield ‎– Moonlight Shadow (Extended Version)
しかしラストは敬意を表して氏の代表的な歌謡曲サイドの名曲?まずカップリングはそれなりの曲なんですが、4曲目は2枚組のデラックス盤「Crises」に収録されたのでまあまあの佳曲でしょうか。メインの1曲目も同盤に収録されたようですが、まあこのCDSで収穫できたのが何よりです。
DISCOGS
約3500円也。
livedoor プロフィール
Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives