KEMPIRE

How deep is your Love?

All The Young Dudes / Mott The Hoople

All The Young Dudes
体重計におそるおそる乗ったら…ギャー!3.2kg増えてう!ショックで打ちまつがい…自宅謹慎恐るべし。内訳は!やはり脂肪率と内臓脂肪が増えてる。まえは両要素ともにギリ(笑)「標準」、というかBMIや基礎代謝など全項目標準値だったのに両要素は「満」のほうに…満(みつ)です!我が体重計は3000円弱の例によって中華製なので、Bluetoothでアプリ連携は一応できるけど、そのアプリの日本が微かに変なんだよね「満い」とか(笑)でもう一つショックは筋肉比が一応標準なんだけど微かに減ったことかな微減。やっぱ人間、家の中で一応体操とかしてても、家の中だと高が知れてるってことだね。というか買い物行く時はいつもどおり500mくらいダッシュでいってるんだけどなあ…それだけじゃ+家の中逆補正?で太ってしまうのだな。というか歳か…でも基礎代謝は変わらず標準なんだけど。ま、しょせん中◯製安物体重計ということで、見なかったことにしようかな…でも増減は歴然とした現実。ファクトだファクト。少し走るぞ〜

モットザフープルのブレイクのきっかけとなったと言う5thでしょうか、いつもながらネット情報によると、これ以前もそれなりにヒットしながらもいまいちパッとしないバンドだったそうですが、デヴィッドボウイから提供されたアルバムタイトル曲"All The Young Dudes"の超ヒットによってグラムロックの代表的なバンドになったとの事。"All The Young Dudes"は後にボウイ本人もライブなどの定番曲になったようです。たしかに"All The Young Dudes"は完全なほどのボウイ節かもしれず、当時(1970年代前半)ならではの、私的にはボウイの"Ziggy Stardust"でもいいんですがその他名曲の"5 Years"とか"Drive-In Saturday"辺りも彷彿とさせるグラムロック的な二つの要素だと思う独特の哀愁感とやさぐれてなげやりな刹那感とが絶妙にブレンドされてるような名曲ですし、アルバム自体もボウイのプロデュースなのでそのような雰囲気で統一されてる、やはりブレイクのきっかけとなったのも解かる名盤でしょうか。というか個人的にはとてもグラムロックらしいグラムロックのバンドだと思います。抽象的かもしれないので敢えて書けばロッキーホラーショーやベルベットゴールドマインといったグラムロックを間接/直接的に題材としたような映画や、このバンドとロキシーミュージック辺りが私的なド・グラムロックのイメージです。意外とボウイやTレックスはそのドが付くほどのグラムロックのイメージに入らなかったりします…ボウイはフォークから後々2010年代までスタイルをコロコロと変えていった所為と、Tレックスの方はグラムロックと言うよりもエレクトリックブギーと言った方がなにかしっくりきたりするからです。と脱線しましたが、本作はそんなド・グラムロックのさらに象徴的アルバムという気がして上記のような気分に浸りたい時は最高です。

DISCOGS
Apple Music


Fade Out / Loop

皆川玲奈
(私と皆川玲奈さんです)
眠り姫状態なので、始終頭ぼーっとするんですが、まさかコロナじゃないよな?正直今頃コロナにかかるのもかっこ悪いので、不要不急の外出をひかえて家の中でなるべく動かずじっとしてます。別の病気になるだろ!他人の夢の話ほどつまらない物は無い、とはよく申しますが、まさに夢のような夢をみたいので書いてみようか。悪夢が少ないのは幸いだわ。通常時?はだいたい悪夢なんだけどね。もう忘れかけてるけどすげえいい夢だった気がする(笑)高校時代みたいで登校時なんだけど、もう昼でこれから行ってもしょうがないと、女の子二人とUターンで引き返してる所から覚えてる。ふたりとも超美人(笑)だけど一人がなぜか違う車両に行ってしまって、私ともう一人、イメージしやすいように敢えて書きますがTBS局アナの皆川玲奈をもっと細くしてスッとした感じ、の子とおそらく今の昼頃の電車よりも他の人が乗ってないというか、夢なので一つの車両どころか全車両で3人だけの電車かな、でその子と私は同じ車両。誰が誰だかだったけど(夢なので)「ねえこの後どうする?」「どうしようか」「〜駅(忘れ、というか実在するかわからない)で降りてラブホにでもいく?」とは私。同じ車両の子はなにかきまりの悪いような微妙な顔。私(うーんまんざらでもなさそうだな…)。駅に降りるとすぐに風俗街や飲み屋があるようなちょっと治安の悪そうな街で、真っ昼間で大人よりも同じくらいの学生などが歩いてるが、当然不良ども。私はやばい、女連れだし絡まれるかも…とビビってたけど、美人連れにチッと舌打ちくらいで済んだ模様。関係ないけど超美人連れだと逆に絡まれない、とは持論(笑)そんな街をぶらぶらしてると一軒の飲み屋の暖簾が壊れてて、営業時間前なので店の人間もいない。なぜかそれを直す私、どう直したとかよくわからないけど(笑)なにか器用に直したと。それを見ていた玲奈(ということで)、私に男を感じたのか?赤い顔して行こう…と言って私の手を掴んで自分からラブホへ、という夢。そこで終わったのだ…いや続いていたかもしれんないけど、もう記憶の彼方に消えた。今日はその続きを見たいと思うね。


FadeOut
なぜかこのバンドの2ndみたいですね。2ndといってもDISCOGS見るとライブアルバム(Peel Session盤)を除くと正規には3枚しか出してないんですね、いやどうでもいいんですがそんな真面目なのか不真面目な態度のバンドだったのか?分かりかねるなと思ったので。それもどうでもよくて、要は音なんですがやはりルーズな感じがかっこいい&ドが付く程のヘビーサイケな音楽は何となく今の気分に合ってます(もちろん個人的に)。以前は夏頃に逆療法として聴いていて頭クラクラしたんですが(気づくけば夏の風物詩みたいにレビュってます)、今ももうすでに暑くなってきてて中々今頃から真夏くらいまでこの実に暑苦しい音は効くんだよなあと思ってるしだいです。本作を未レビューだったとは、何やってんだと思うほどの傑作さ加減で、やはり実に暑苦しいです。これ今だからまだいいけど、真夏の最も暑い頃、室内でクーラーわざとつけずに汗ダラダラの中じっとしながら聴いたら、やばいですね。いや最高!真夏にもう一回聴いてみたいと思います。

DISCOGS
Apple Music


Disco Inferno / Delta 9

discoinferno
食っちゃ寝食っちゃ寝で10万円もらえるなんて!コ◯ナブームも悪くないな!最近家で前エントリーのブルースもそうなんですが、後言えばジョニーキャッシュやバディホリーやロキシーミュージックとか(ぼちぼち書いていきますか)なんと言うのリズムがゆっくりでゆるーい音楽が性に合ってきてしまい、気づいて「歳か…」とガックリきたんですが、昔(30年くらい前(笑)はそのブルースやカントリーやディスコなど聴く気が知れないというか、やっぱり年寄りの音楽だよなぁと思っていたのに。もちろんクラシックやジャズも言わば死に体の音楽で、いま現在進行中の音楽を聴いていたいんだ!と思ってたのも遥か30年前くらい。いや歳を取るというのも悪くない、ただ今日のエントリーはそんなのに反発してみたかったんだ!(?)

どこの誰が決めるのか音楽のジャンルのそんな境界上を軽やかに行き来するようなアーチストは基本的に好きです。この人もそんなジャンルの枠には嵌まらない言わばクロスオーバーな音楽じゃないかと思うんですが、それだと真面目な筆者はなにか取っ掛かりが掴めないのでDISCOGSを当てにすると、一応ハードコア?とかガバ?などと書いてありますね。しかしハードコアとは?最初に思いつくパンクではなし、他にハードコアと言えばポルノくらいなんですが、ああハードコアテクノなどもありますが、だったら次のガバ?の方がまだ納得というかしょうがないからガバという事で、ディストーションを掛けまくって歪んだBPM180超くらいの四つ打ちのキックに、それと完全に同期したほとんど裏打ち(シンコペーション)やシャッフル(スイング)感が無いというか皆無で拍通りのオカズやアホぽく超早回しのサンプリングなどが乗るというような音楽、という事でいいんでしょうか。ベースラインというかベースも無いんですね。上記キックやその他オカズを時々変調してそれらしくか、もしくはサンプリング内のベースらしきものが時々聴かれるくらいでしょうか。そんな音楽、ただどこにも属さない感じが軽快でしょうか。Hardcore you know the Score!m9(`・ω・´)The Prodigy Forever!

DISCOGS
Apple Music(EPしかなし)


Moanin' In The Moonlight / Howlin' Wolf

moanininthemoonlight
In the heat of the night.なにか暑いんだが、なるほどベリアルとは邪なる者という意味か、もうタイトル忘れた夜中に見た映画で知ったのだ。今まで単なるドラクエの雑魚ぽいボスかと思ってたよ。ほう死海文書にも登場と。一種の破壊神なのかな。見直したぞベリアル!でもシヴァ神には敵わないけどな。なんでも良いものも悪いものもすべてを破壊するというね。原爆の父オッペンハイマーは自分をシヴァ神になぞらえたというが、それも言いすぎだろうね。↑の光の子達と闇の子達の戦いって幻魔大戦?キースエマーソンのメインテーマと主題歌?は良かった気がするな。ローズマリーバトラーか。不二家のLOOKチョコばかり食ってるから頭ぼーっとするわ(笑)あと森永のラムネだったんだけど、TOPVALUの廉価版?ラムネを買ったらそっちのほうがうまかったという。寝すぎて夢ばかり見るんだけど不思議と悪夢は少ないな。夢だから忘れたけどみつをってやつが出てきたな。あのみつをか?僕とみつを、そしてみつをだけが残った。でもあの人なんで「お」じゃなくて「を」なんだ?「みつ」を、て紛らわしいだろう。みつをだっていいじゃないにんげんだもの。なんだこのゴールデンウイーク…最悪だよ。ルシファーライジング!墓in深。破壊神 over Tokyo!破壊したっていいじゃない破壊神だもの みつを

この方のアルバムとしてはファーストになるんでしょうか、1958年と60年以上も前のシカゴブルースとの事、全く門外漢なので下手な言い方で申し訳ないですが、普通に気持ちよく変な引っ掛かりや「エグいかな」というような先入観は全く払拭され、非常にスムースな音楽として聴けました。音楽としてとても優れていると思います。聴いていると、何と言ってもこれは正にBluesなのか、とでもいうようなリズミカルな中に得も言われない哀愁感、暗いなどというのとはある意味真逆の言ってしまえば諦観とそれを認める生きていくという生命力、いや生存本能すら感じてしまう力強さのようなもので貫かれている気が、ド素人には思われます。いや正解もなにもないんでしょうが、やはり悲劇を見たあとの場合によっては涙によって浄化された後のいわゆるカタルシスを本アルバムを聴いた後には恐らく多くの人が同じような気分になれるのでは、とは思います。初心者としては同じシカゴの人ながらずっと後輩であろうLoren Mazzacane Connorsや、あの人はテキサスなんですがアウトサイダー的な扱いのJandekというような言わば現代的ブルースの後継者たちへの影響力は感じられながらも、やはり隔たった長い年月のせいか、なにか彼らが失なってしまった超ポジティヴィティを強く根底に感じられた気がして、それも有意義でした。まあ今気づいたんですがやっぱりリズムが強いか(ハウリンウルフ)、弱いか(後二者)でだいぶ印象が違うという事だけは書かねばならないかもしれませんが。ハウリンウルフはもうブルースというよりもリズム&ブルース、更にロックンロール的な雰囲気が既にありますね。60年前ならばブルースとしては後期も後期、成熟を通り越してすでに変遷の端境期と言ってもいいからなのかもしれません。識者の方にぜひ恫喝と(笑)高説を承りたいですね。

DISCOGS
Apple Music

Climate Of Fear/ B-Movie


暇に任せて「金曜日の妻たちへ」などぼーと見てると思わず嵌ってしまいます。なんというか普通に面白いよね。淡々とした日常みたいな邦画(まあそれも嫌いではないけど…)などよりよほどドラマがあって見てしまうわ。こないだまでスカパーTBSチャンネルでやっててもうオンデマンドになってしまったようだけどほんの少し課金したいくらい(笑)でもI,II,IIIでとっ変えひっ変えの(IとIIIがかなりダブる)同じようなキャスティングなのに、それぞれ独立してて繋がりは全くないんだね。つまり同じ役者でもI,II,IIIで皆な違う役になる、紛らわしい…連続してみた初心者などは頭の切り替えで一瞬戸惑うね。まあそんな事はいいんだけど、登場人物でお気に入りは!森山良子さんによる遠藤法子(ノロ)かな。いや単純にエロい(そんなんばっかでごめんね)それはIIIなのだけどその他小川知子、篠ひろ子、いしだあゆみなど超絶美人すぎていまいち現実感が無い中、失礼ながら容姿等で一番生々しい(笑)というかかわいい&可愛げがあるね。不倫相手が奥田瑛二なんだけど、年上のお姉さん(ノロ)を口説いたり誘われたりなど、羨ましい!と思うほど。おぎやはぎの小木も「寝巻(ネグリジェて言ったかな…)で2階から降りてきたりするとドキッとして目のやり場に困る」みたいなこと言ってたな。それともちろんドラマで盛り盛りながら、こういう感じに憧れて、実際たとえば自由が丘や二子玉川などに住んだりして真似た連中も多少なりともいたんだろうなあ、とか。日本にあんな時代があったんだねえ(遠い目)バブルに突入する直前だしね。それにIIIはなんといっても小林明子「恋におちて」が名曲、そのおかげも大きいんじゃないかな。ダイヤル回して手を止めた〜♪ええ時代。

Climate Of Fear
このバンドの2016年の一応最新作とのこと、最新作?2016年!?と聴いていると思えてくるような、本作から31年も前の1st「Forever Running」と少なくとも雰囲気や勢いや、そう若々しさなどの劣化を感じない好作です。それは何か録音技術の進歩や楽器の違いなどによる音質面や、そんな長い歳月を経た人生経験かもしれない経験値や、老成な、かもしれない演奏技術の向上などはもちろん感じなくはないんですが、そんな言わば些末な事よりもこのバンドメンたちの内に秘めるバンドスピリットのような物、多分それは何ら変わりなく、30年もの歳月もそのような物を劣化させることは出来なかったのだな、と聴いていると思えてきます。なにより2016年にしてこの音、どうしても挙げてしまう挙げざるを得ない"Nowhere Girl"のあの雰囲気(抽象的で申し訳ない筆者表現能力の無さです)をそのままに、そうまるで様々にバージョン展開をしてみた、かのようなアルバムでした。とは言えやはり、2016年当時バンドメンたちが一体何才だったのかなど調べる気にはならないのですが、とても若々しい中にもどこか悟ったような精神的な熟成は感じます。なにか涙が出てきますね。1st「Forever Running」は嘘ではなかったんだと。ああ"Nowhere Girl"の他人(Die Krupps&Leather Strip!?)による2リミックスなどもボートラ収録で、まあ好きならばどちらも許せてしまう程度の出来ですが、なにより1980年代当初(正確には未確認)オリジナルのRadio Edit&Extendedバージョンで収録なのも嬉しい所でしょうか。

DISCOGS
Apple Music


livedoor プロフィール

gogleman

KEMPIRE(基本その日に買うてきた音源をいかにも前から知ってる風に語るブログ)

Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
メッセージ

名前
メール
本文
読者登録
LINE読者登録QRコード