KEMPIRE

How deep is your Love?

Oblivion Hymns / Hammock


引きずるけど(笑)父の死はやっぱりじわじわくるわ。よく言うかもしれないけどいろいろ大変な直後よりも徐々に寂しさを感じるね。まあ今後引き摺るエントリーが幾つか続くよ(笑)第一弾はこのハンモックね。YTの人達の思い入れのある独自PV、この場合MVというのかな?にも感心するんだけど本作2曲目(後述)のやつなんて万物流転だなあと思わされたね(狙い通り?)そうね万物流転、諸行無常なんだろね、生物の生き死になどね。諸行無常、そうそれでいいんだろうね、むしろそれが救いかもしれないし。万物流転で言えば、我々全て森羅万象かな(四字熟語ばかりでごめんね)は循環の中であれになったりこれになったりしてと、大きな自然の極一部でも役割のようなものを担わされてるかもしれないのは、大変なことなんじゃない?ある意味重責というか。そうあなたと私は今までも何度も遭遇しているし、またこれから何度でも会うことになるのだと思うよ。というようなエンリーが何個か続くかな。愛想つかさないでね。

マイブームというか、ここのところヘビロで聴きすぎて少し食傷気味といった感もじつはあるこのユニット(デュオ)の、しかし、これはきっとこの人達の一つの頂になるかもしれないと思うアルバムです。聴きすぎてといってもこれ以外には2枚のアルバムと郷愁コーナーであげたEP一枚こっきりなんですが、その2枚のアルバムは「Departure Songs」がフルで二枚組&もう一枚「Chasing After Shadows...Living With The Ghosts」は6曲入りEP付きの二枚組(※上記EP中曲のインストバージョン含む)を取っ替え引っ替え聴いていたので、さすがにそれらの主な曲調であろうシューゲイザー経由のポストロックという曲にはやはり聴きすぎて食傷になってしまったのですが、その後に買って聴いた本作は、新基軸とでも言う感じの大体的にクラシックの要素を取り入れているいわゆるポストクラシカル的曲調で、この人達はやっぱり多才な人達なのだろうなと再び感心させられました。特に、タイトルも直接的ですが、ウィーン少年合唱団のようなおそらく声変わり前のボーイズコーラスを用いた曲など大げさに言ってけっこう神々しい出来で、とても好みであります。

ただ、やはり前作&前々作(上記2枚のアルバム)でも感じた、この人達の曲風というか作風は少しばかり情緒的でドラマチックすぎるとでも言うか、言ってしまうと時々ダサいなとかあざといな〜と思うところもあり、それは本作でも感じる時があるのですが、これは上手く表現できませんがポストロックって何と言うかクールな感じではないですか?故にその辺がダサく思えてくるのですが、このポストクラシカルと言われる曲調だと、クラシック的には(クラシック的で)OKといった感じで許せてしまえるかもしれません。あと…やっぱり米国的な大味感とでもいうもの、これも申し訳ない(笑)ほんとに少しばかり繊細さが足りないかな…というような瞬間も感じる時があるのですが、これはもしかしたら所謂「ポストクラシカル」×「クラシック」といった時(聴き比べた時)、誰でも感じるような宿命かもしれませんね。まだ蛇足で…個人的感慨ですけど2曲目など初めて聴いた時(DISCOGSででしたが)これあかんやつや…とか思ったほどでしたよ。それくらい神々しかった。

DISCOGS



(お父さんありがとうPV(これはオフィシャルPV)

郷愁5.29

1.Rob Dougan ‎– Clubbed To Death
郷愁というか老人の縁側茶飲み話のようなブツという気もする、つまり(笑)なつかしい人かな、好きだったけど(イケメンだしね)飽きるのも早かったかも。これもそういう曲だと思う、やっぱりなつかしいから買ってるけどね。ちなこの曲は川端康成、小津安二郎、坂本龍一にインスパイアされて出来たとのこと。
DISCOGS
2.Muslimgauze ‎– Bhutto
古臭い?ブレイクビーツぽい感じだとこれかな、この人のCDSは比較的珍しいので捕獲しときましたよ。曲自体は特に言うことなし。
DISCOGS
3.Cabaret Voltaire ‎– Easy Life
キャブスのブリープテクノ時代かな、というか後のWarpに与えた影響を考えると創始者だと思うんだけど、このEPはそのWarp系から逆に影響を受けて出来たとも言える(分析)
DISCOGS
4.LFO ‎– Tied Up
全ていまさらかもしれないが(笑)Warpをレーベルとして立ち上がるのに、このユニットの果たした功績も測り知れないね。これはそんな黎明期からはだいぶ後の曲だと思うけど。
DISCOGS
5.Revolting Cocks ‎– (Let's Get) Physical
思うに(笑)こういったユニットも上記UK系に影響は与えると思い、逆にUK系のそういった音楽的貪欲さには感心したりする。やつら(UK系)は勉強熱心なんだろうなあと。ああこれはOニュートンジョンのカバーね(笑)聞けばわかると思うけど。
DISCOGS
6.U 96* ‎– Come 2Gether / Der Kommandant
本日ある意味濃いので(笑)このへんで息抜きのどうでもいいで賞かな、本日のU96なんだけど(好きでもないのにCDS溜まってきました)このEPはほんとどうでもいいんだが、↑何枚かと同時代性は感じるかな。
DISCOGS
7.Rain (5) ‎– Taste Of Rain
ガラリと変わりまして土臭い感じかな。なんとなくいた気がするバンド。悪いEPじゃないと思うんだけど、没個性的かね?Proはニックロウだそう。
DISCOGS
8.The Album Leaf ‎– In An Off White Room
YTにはこの曲しかないのかな、調べんのもめんどいのでこれだけど、これは…聞けばわかるけどクラフトワークのカバー、というか忠実すぎる出来。前の3(4?)曲はドポストロックという感じ、有名なユニットかな?
DISCOGS
9.Hammock / Steve Kilbey / timEbandit Powles* ‎– Asleep In The Downlights
本日の一押しかな、最近夢中のユニット(デュオ)のEP、タイトルには他の人の名も載ってるけど基本的にボーカルで歌ってるだけだと思う。イイよこのEPも。アルバムも何枚か買っててレビュりたいので詳細はそのうちまた!
DISCOGS
10.Plug ‎– Me & Mr. Sutton
でも湿っぽいので(笑)ラストはこんなんで(というか残ってしまったのでね)ご存じルークヴィヴァートのドリルンベース名義?本人リミックスの1曲目も癖になる感じでいいし、盟友?ボーイメランのはそれなりのドラムンで○
DISCOGS

計3000円くらい

21th Century Jesus / Messiah

21th century
ブログなんで私事書かせてもらうけど、父が亡くなってしまいました。詳細書いても皆さん興味ないと思うので、印象的なことをa few words.長男なもので喪主つとめたんだけど、父はクリスチャンなのでキリスト教式の葬式(お別れ会とのこと)は大変簡単でしたよ。これが仏式だともっとというかとても大変でしょうね。生前行ってた教会の、しかし父は実質会ったことのない一年くらい前に赴任してきた牧師先生に頼んで式次第は全部構成してもらう、というか丸投げに近いもの。説教が15分くらいかな、あとは3曲ほどの賛美歌、わたくし喪主のお話(スピーチ)で、後はお別れで葬列者のみなさんが献花してくれた花と故人が好きだった物をお棺に入れ、火葬場まで行くというもの。火葬場までは20分くらいもあったのだけど、霊柩車にはさすがに初めて乗った(笑)母とね。火葬はじつはもう5回目くらいなので、それほど目新しくもないのだけど、仏式と同じかなそこは。火葬は宗教関係無いからね基本。火葬している間は、田舎の言葉かな?お振る舞いの食事を取るというこれもおそらくみなさんご経験のある例によって例の感じ。牧師先生やあまり馴染みのない人と、喪主なもんでお酌&お話せねばならないので、気疲れはしたなーただ全体的にはこんなもんかという感じ。今思うと、優しいイイ人だったよ。R.I.P.(キリスト教なのでね)

というわけでメシアでも聴くか…いやよく知らなんですがね、これはUKレイヴでしょうね。よく知らないのでDISCOGSのアーチストトップページを見てみると、なんでもロンドン子?の二人が大学(どこ?)同じなんだけど最初はイギーポップのコンサートで知り合って意気投合?たぶん安い機材を買ってきて作り上げた音楽ということかな。Wikipediaも見たけどもっとどうでもいいことしか書いてない(笑)ただ映画の音楽からのサンプルが凄く?多いとのこと。あとカバー曲(I Feel Love)とかやっぱり他人の曲のサンプリング(Song To The Siren)などばかりで出来上がっている盗人のような音楽だね。まあそんな一発芸にも近く、要するに即興的に作り上げてながらも、しかしレイヴ的センスの良さなのか、レイヴ音楽としてのツボを押さえまくっている、ある意味大変貴重なフルレングスでUKレイブのアルバムかもね。see me feel me hear me love me touch me〜♪(ザ・フーみたいだね)

DISCOGS


郷愁5.15

1.Phuture ‎– We Are Phuture - The Remixes
こんなCDS散々見かけてたけど、なんか買う気にならなかったやつ(笑)少し高かったからね。今回300円だったので買いましたよ。もちろん原曲!なんだろうけど、豪華(当時)リミキサー陣もがんばってる気がするね。
DISCOGS
2.The 10th Planet ‎– Strings Of Life™ (Ashley Beedle Remix)
これもよく見かけながらもこっちは前もっと高かった気がするんだけど、これも300円で。いわずもがな?Dメイの歴史的名曲をAビードルがリミックスしてたやつ。ちなみにRadio Edit収録のCD2はアマでも1円くらいで買える(笑)けどこっちはフルレングスバージョン!
DISCOGS
3.Sven Vath ‎– Harlequin - The Beauty And The Beast
これはアマでも500円で買える(笑)視聴は便宜上?アンダワのやつなんだけど、マークボーイズもここでは4本もやっててそれだけ依頼されたからか、気合が入ってる気がするね。
DISCOGS
4.Ofra Haza ‎– Show Me
オフラハザーン(?)原曲自体いい曲だと思うし、それを元にトラウザースと知らん人がいい仕事してると思う、↑は量で勝負のUSマキシだけどこっちは質的になかなかいいシングル。
DISCOGS
5.Jah Wobble's Invaders Of The Heart ‎– Becoming More Like God
シークレットナリッジ?の超長いミックス入りだけどそれはまあまあ、カップリングの小曲もいい、これはまあまあのシングル。
DISCOGS
6.Praise ‎– Easy Way Out
これはUSマキシも持ってたけど、そこには未収のミックス狙いのドイツ盤(らしい)ただ←のミックスはどっちにも入ってるね。
DISCOGS
7.Man With No Name ‎– Vavoom!
ゴアトランスかなってそうなんだけど(笑)この曲なんて典型的ではないかな、3曲ともこんな感じだけど、ゆえにナイスEP。
DISCOGS
8.Armin van Buuren Featuring Ray Wilson ‎– Yet Another Day
ほうPVがあるのか、じゃあそれで(笑)あいかわらずどうでもいいPVだけど、結局この原曲バージョンが一番ではないかな。
DISCOGS
9.Cherry Blades ‎– Imperial
Imginaryだったので買ってみた謎バンド、そんなのも恒例ですか(笑)ただ例によって地味だなあ。まあ1曲目とか悪くないと思うけどね。DISCOGS
10.The Smiths ‎– There Is A Light That Never Goes Out
文句なし!世紀の名曲。このCDS、前1500円くらいはしてたと思うけど、今回500円だったので買いましたよ。カップリングはしょうもないライブ音源だけどね。ちなみにCD2は持ってたけど紛失…そっちもc/wはジャケのサンディーショウがスミスの曲を歌うってやつだったけどね。
DISCOGS
計3000円くらい

The Best Of / Jennifer Holliday


CSで「アイアムアヒーロー」やってたので見た感想でも書いとこうか…しかし深い時間でたしかAM4時くらいだったんだけど、ゴールデンタイム辺りには放送できないからかな。あと地上波でもあれは無理じゃないかな。ホラー映画マニアではないけど、いわゆるスプラッターとか普通に見るけど、あれは少しキモい方向なので見れない人もいるかもと思ったほど。特殊メイクがキモい、血管が浮き出てきたり目がロンパリ(超斜視(笑)になったりと生理的にね。↑の予告編では巧妙にそのへん隠してる(笑)もし地上波でそのへんカットしたら時間的に半分くらいになって話も分からなくなるからやっぱり無理かな。しかし話は言ってしまえばありきたりなゾンビ物といった感じで、ウイルス、噛まれたら感染、頭をなにかで撃ち抜かない限り襲ってくる、巨大ショッピングモールに逃げ込み籠城など、全くの王道ゾンビ物でしょうか、でも映画オリジナルの部分もありながら、基本的には原作に忠実な感じかな。なので時間的に映画ではモールから脱出する所までで、完全に続きの2を意識した作りなのも消化不良に感じたところかな。まあ原作マンガも話的には間延びしてスカスカな気がしたからね。



たまにはこんなのもよかっぺといわゆるデーヴァ系ボーカリストのベストのようです。筆者が堀り師だった時には12"を何枚か(といっても2枚かな)持ってた人ですが、それらも処分の今、こんなベスト盤でもちろん知らない曲多数をざっと聴きの印象ですが、まあ良い声ともまた技巧的に?特別巧いとも思えなかったんですが、こうやってレビュるのはなんと言うか、バックの曲との相性のようなものでしょうか、それが良いのか、すんなり通して聴けてしまったので書いてみようかと思ったのです。もちろんベストなので良い曲ばかりなのでしょう、ノリの良い'80sディスコテイストを引きずってるようなダンサブルな曲から、もっと昔の雰囲気60年代のような古き良きソウルフルな歌い上げる系バラードなど、曲順もよく考えられているかもしれない緩急のある構成のベストでよく出来ていると思います。ただ上記に書いたようにバラード系では声自体の良さが勝負だと思うので、上手く言えませんがこの人の場合少しがなってるように聴こえ、その点気持ちよさが半減かもしれません。しかし筆者的にバラードはあまり重視してないので(笑)ノリの良い曲、主に打ち込み系サウンドの方にこの人は合ってる気がします。DISCOGSみて分かったんですが、映画にもなった「ドリームガールズ」の元のブロードウエイミュージカルではどうやら主役級(3人組の真ん中)をつとめた人だったようなので、声質というよりもどれだけ声量があるか(声が張れるか)という方面に向いてる人なのかもしれないな、と勝手に考察したしだいです。あと比べていいか分りませんが、ホイットニーヒューストンが声量よりも声質だとすると、その逆の人のような気がしますね。いや同時代のデーヴァとして…

DISCOGS


livedoor プロフィール

gogleman

KEMPIRE(基本その日に買うてきた音源をいかにも前から知ってる風に語るブログ)

Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives