KEMPIRE

How deep is your Love?

Transamorem - Transmortem / Eliane Radigue

tranamorem
まあ皆さんもそうでしょうけど、生きてればいろいろ思う所があるもんで、そうねまず前も書いた家の前に訪問者チェック用のIPカメラを付けたてのは書いたんだけど、暇なとき眺めてて通行人チェックになっちゃんだけど、限界集落なもんで(嘘)いや閑静な住宅街なんだけど(笑)やっぱり高齢者が多いのよね。家の前はわりと坂道なので、そこを老夫婦が大変そうに手に手を取って、休むのも兼ねてかなお互いを待ったりして助け合ってゆっくりと登っていくさまなど見てると、出ていって手荷物を持ってあげて助けたほうが、いやほんらいそうすべきなんだが、クーラーのきいた部屋から酷暑のアスファルトの上に出るのは、嫌やわ…とソファに寝てストローでクリアーコークを飲みながらやめてしまうんです。しかし、あの老夫婦の方が百万倍も幸せなんだと思う、そんな俺よりも。あとは放送大学だったかなながら聞きしてて、そこで聞いたたしか不治の病(難病だったかな)を持つ女の子とその両親の話にも来るものがあって、まあうろ覚えだけど(笑)その子が気球にどうしても乗ってみたい、という希望を叶えるために、いろいろと病気をはじめ難しい問題はありながらも、それらをクリアして両親と一緒にやっと乗って、イベントで周りも多数の気球の中、空へと上がっていくその気球を想像で思い浮かべたら泣けてきたよ。いや地上でそれを眺めるしかない俺の境遇の方にね(涙)やっぱり百万倍幸せだろうね、その家族のほうが。もっといろいろあったんだけど忘れちゃった(笑)また思い出したら書くよ。

前も一枚書きましたが女流(という言葉はセクハラ的になるのでしょうか?今どき…)電子音学家のおそらく大御所ながら名前が読めないフランス人のアルバムのようです。1973年収録というか、おそらくこれは即興的にその場で当時のARPシンセサイザーを演奏しているのであろう、軽音楽的に言えば?ライブだと思うんですが、だいたい、事前の作曲などはこちら素人にはまったく理解できないような単なる電子回路が発する低周波発信音が延々と垂れ流されていく、通奏低音いわゆるドローンと呼ばれるような音楽じゃないでしょうか。それだけで特段の変化もなくやはり延々淡々粛々と?ノイズが垂れ流されていきながらも、しかし少しずつ変化していく様はしかもイコライザー(EQ)で言えば低音の方(周波数の低い方)を段々とカットしていくという、いやむしろ低音のフィルターを開放していけよ…と思ってしまうほど、言わば尻すぼみのサウンドだと思います。アマゾンレビューの人も書いてるんですが、こういうの書くのも何だけど(またセクハラ?)すごい美人なんだけど、どこか病んでるのかな?

Eliane Radigue 1Eliane Radigue 2
リアルコンピューターおばあちゃん?

DISCOGS

Reality Testing / Lone

realitytesting
昨日のエントリーでフランス負けたとか、とんでもない間違いを犯してるんで急遽謝りのエントリーです。にわかがバレてしまうね(笑)でもアルゼンチンも優勝候補だったでしょう。現時点でスペインもロシアに負けてるし番狂わせの大会みたいね。だったら日本も優勝候補のベルギーに勝ってもよかったんじゃね…でもまあ実力だよねあれが。実際ベルギー前半舐めてただろう。2点先行されて焦ってというよりも、じゃあそろそろいこうか、という感じだった気がするね。もうしわけないけどやっぱりベスト16では最弱チームだったかもしれないね。また4年後頑張れ。

そんな急遽エントリーなので勘弁してもらって(笑)まあベルギーといえばワッフルとベルジャンテクノなんですが筆者的には。もちろんその総本山R&Sが結構肝入り?でプッシュしてたと思うローン氏(はイギリス人だけど…)の何作目でしょうか、比較的最近の物には疎い筆者も前作「Galaxy Garden」におけるデトロイトテクノルーツのサウンドには感動したものですが、続く本作においてはその前作からの路線であろうデトロイトテクノリバイバルに加えて、そこから一層ルーツを遡るようなシカゴハウスや当然のようにヒップホップのテイストや、更にそれらの全てのルーツであろうソウルオリエンテッドな雰囲気さえ感じられつつ、かつ(ここ重要)この2014年時点においていわゆるEDM系の最先端のサウンドになっているという、やはりとんでもない傑作でした。ほんとにこの人のバックグランドの広さを嫌でも見せつけられるような個人の広大なサウンドスケープが一枚のアルバムになってる作品だと思います。そして流していてもレイドバックできる良質なBGMになるという、言わばオールマイティな盤でしょうか。ちなみに邦盤ボートラは2曲でラストなどはアルバム1曲目につながるようなアンビエントで良かったので、できれば邦盤かもしれません。こんな急遽エントリーに取り上げてしまったのはほんとに申し訳ないような傑作です…

DISCOGS



(ライブだけど結構忠実)

Grave New World / Discharge

4wBD6ez
本日わらった画像ネタでも、まあ一発芸のような画像ではあるんだけど、日本はただのスライムではなくスライムベスなのがツボったかな。現時点でフランスは負けてるけど…今夜これからブラジル×メキシコのボス同士の戦いは面白そうなんだけど、こんなボスでも負けるんかとかね、しかしスライムベスだとつまらなそうだね(笑)でもスライムベスがオルゴデミーラ?に勝ったらすごいわ!いや勝てよ。ところでこれトーナメント表の左だけだけど、右の方も気になるな。マデサゴーラとかネルゲルとかもいるんかね(笑)スペイン=マデサゴーラ、イングランド=ネルゲルあたりかな…あとクロアチアも強いね…でもボス思いつかんわ。

gravenewworld
なぜかこのバンドのそれもメタル時代?の盤でも。まあハードコアパンクの第一人者にして、かつ現役選手ということで、恐れ入りますといった存在だと思うんですが、このアルバムは4作目でしょうか、なんでもそれまでのファンにも総スカンを食ったという、確かになんとも中途半端にメタル色が全体的に感じられるという作品でしょうか。これ以前のシングルやEPでもその前兆は感じられたんですが、特に邦盤でも発売されたEP「Price Of Silence」においてこの前哨戦のような曲調にはやはりファンは嫌な予感を感じつつも、まだハードコアパンクとしての矜持のような物を保っていたの対して、本作ではなんとその矜持の一つかもしれないボーカル(Kelvin "Cal" Morris)もまんまメタル的といった雰囲気で、そこにメタリックな音色でメタル的にシンクロするリフレインのギター(要はヘッドバンギングを連想する)や、一部オールドスクールなロック(プログレなどの流れでしょうか)を連想させる変拍子的なリズム隊からは、まるっきり以前のハードコアパンクの曲調とはかけ離れており、やはりこれはパンクなのか?メタルなのか?と悩まされるようなサウンドかもしれません。しかし、参照したDISCOGSの人も一人だけ言ってるように、これはそんなジャンル分けとは無縁のサウンドとして聴いた場合(ファンでも聴けた場合)、言わばロックの根源的な気持ちよさのような物を持っている、そんなクロスオーバーなロックとしてとても優れており、なにより気持ち良いサウンドとして、筆者は聴くことができました。確かに縦ノリのハードコアではないかもしれないが、メタルというジャンルを通して言わばリズム&ブルースルーツの横ノリも獲得した、そんなハイブリッドな音楽かもしれません。

DISCOGS


郷愁6.29

1.Lighter Shade Of Brown ‎– Hey D.J.
梅雨明けということでね、まあ個人的サマータイムアンセムの一つでも(笑)そんなCDS紛失につき再購入組です。聴けばわかる人にはわかるんだけど(笑)MマクラーレンWorld's Famous Supreme Teamのカバー。マクラーレンの偉大さと間接的に感じるわ。
DISCOGS
2.Daft Punk - Digital Love
夏だね(笑)街はもうすっかり梅雨明けだったよ、外人が多くてなにか異国感もただよう渋谷の街を異国のカップル達が海外旅行のテンションで闊歩する、そんな中俺は音盤と楽器の中古屋めぐりをしてきたよ。
DISCOGS
3.Loose Ends ‎– Hangin' On A String
こいつはちょっと渋いね、ほとんど知らんけどUKのソウル系グループ?代表的な曲のリミックス再発盤でFナックルズもそれなりの仕事してると思うけど、やっぱりその原曲かな。
DISCOGS
4.N-Tyce ‎– Telefunkin'
気づいてみればそれっぽい系統?が数枚あったんで夏っぽいんじゃね?とそんな気分になったということ(笑)当時なりの2ステップやスピードガラージはいただけないがBlacksmithのR&Bミックスはいける。
DISCOGS
5.Lange feat. Skye - Drifting Away
さて通常ローテーションか(笑)ラング?のヒット曲でしょうか、いま聴く意味はわからないながらも、まあこのテンションは嫌いじゃない。
DISCOGS
6.SuReal - Always On My Mind
さらにテンション高い(笑)ラング?も傘下したユニット、というか実質ラングではないかな?のヒット曲。Eプレスリーよりもテンション高い。
DISCOGS
7.Blue Pearl - Naked In The Rain '98
誰でも知っってるような?クラブ超ヒット曲の98年版かね、トラウザーズやハイブリッドがやってるけどハイブリッドの方かな、ただ原曲が無いのは不満。
DISCOGS
8.Cosmic Baby - Fantasia
ずっと落ち着いてなにかほっとするな(笑)本日のコズミックベイビーでまあジャーマントランスだよね。ただキッドポールのミックスは少し神がかってる。
DISCOGS
9.Brave New World - Regret
うわっダサいわ…そんなエレポップ総本山Different Drumだったから買ったけど、これはちょっと…ま本日のブービー賞かな。
DISCOGS
10.Max Tundra ‎– Cakes
なにかプロモ盤だったから興味本位でかったけど、正規盤と同内容のようだね、そっちのジャケの方がよかったな…まあ内容的にはとっちらかってながらも実験的?Dominoからね。
DISCOGS
計3000円くらい

い・け・な・いルージュマジック

カーズ
不謹慎かもしれんが、かわええ…映画のカーズみたいと某掲示板で見つけたgifね、撮ってる方はこれドラレコだね、開いた缶ジュースがフロントガラスに写ってるし。それにしてもこれだけ揺れて前後に動き(走り)出さないってギアのパーキングなりサイドブレーキって優秀だな、などと感心も。やっぱり不謹慎でした、でも大した事なくて何よりです。今後も何処かはわからんが、怖いけどね。



名曲キタ――(゚∀゚)――!!というか迷曲か…なんか思い立ったのでエントリーに。まあ、清志郎氏のあくまで日本語ロックとして言葉の響きを重視したいわば支離滅裂な歌詞、しかしその乗りのかっこよさと、坂本氏による当時としてもチープな打ち込みビートや同様の印象のシンセと、仲井戸氏のルージー&ブルージーなギター、という取り合わせによる奇跡の迷曲でしょうか。というかこれPV?曲に負けてないテキトーな作りだなあ。はじめてみたけど。でも現在では片やお亡くなりに片や白髪でガリガリに、というが見ていると切ないね。B面は別バージョンみたいだけど、いっそう教授によるチープすぎる打ち込みサウンドと艶っぽいと思う清志郎のルーズなボーカルでじつに素敵な小曲という感じ。金子って誰のこと?有名な人なのかな?それにしても今やCDS(8cm短冊ジャケ)はとんでもプレミア価格だし、MP3はどうやら2009年にiTunesなどから短期間限定販売で現在入手困難とは、まったく文化の無題使いだな。しゃーない7"EPで買っとくか…CDSよりはでかいジャケももはや貴重でしょう。

(オマケ:わい氏)


DISCOGS
livedoor プロフィール

gogleman

KEMPIRE(基本その日に買うてきた音源をいかにも前から知ってる風に語るブログ)

Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives