KEMPIRE

How deep is your Love?

Softly With These Songs - The Best Of / Roberta Flack



Softly With These Songs
これは前からわかってたんだけど、ウンコをすると直ぐにというか腹が減るのが早い、それはきっと小腸〜大腸から吸収できなくなるからなんだと思う。しかし最近わかったのはお通じのペースが順調だと、主に脂分なので肌の余計な油分が減り、それを養分とする雑菌の増殖も減り、体臭が軽減されるということ。逆に便秘気味だとウンコから余計に脂分やミネラル分の成分が体液を通じて肌などの表面に過剰に分泌されて体臭がきつくなると思うよ。まあ単純に考えても、便秘になるとあまり必要のないもの&不要なものまで吸収されていってしまい、体臭に出るのはたぶん昔からわかっていたことだと思いけど。お通じが極めて順調なとき肌のさらっとしてる感じが好きだな。夏は特に。

土曜の真夜中から日曜の早朝にこれはしみますね。20世紀が産んだ名曲の一つであろう一曲目"The First Time Ever I Saw Your Face"の時点で溶けてしまいそうになるんですが、その後も立て続けに極上バラード名曲"Will You Still Love Me Tomorrow"からダニーハザウェイとの掛け合いで少しボサノバテイストも感じる軽妙なデュエット曲"Where Is The Love"、そしてこれまた前世紀名曲であろう"Killing Me Softly With His Song"と来れば溶けると言うのもわかるでしょうか。ただ前半はその系統&雰囲気で一貫していると思うんですが、後半になるとだんだんと少しショービズ的に?ソウル〜いかにもディスコミュージックへの歩み寄りというか擦り寄りというか、そういった意味で垢抜けていくのが、ある意味少し残念ではありますね。ただそれはブラックコンテンポラリーミュージックという時代の流れであり、それに逆らってはショービズで生きていけないほどの言わば死活問題だったのであろうと思うところでもあります。

でもこの人は(よく知りませんが(笑)そういったソウル〜ディスコテイストよりもやっぱり初期のバラード系にこそ本領があるというか、まさにこれほど向いている人も他にいないほどベストマッチしていると思います。ビートが強くノリの良い曲には正直あまり向いていないのでは…やはり編者もそう思ったのか?(というかバラード系曲が一番多い人だと思うので必然的にそうなるのですが…)後半でもノリの良い曲は数曲で再度終盤にはピーボブライソンとのバラード名曲"Tonight I Celebrate My Love"などで本領を発揮していると思います。しかしラストにはボーナストラック的に(取って付けたように?)一番乗りの良いディスコヒット曲"Uh-Uh Ooh-Ooh Look Out (Here It Comes) (Steve Hurley's House Mix)"が収録されていて、筆者は当初それ目当てで買ったところもあるのですが、今となってはバラード系の方にうっとりとしてしまうなという年頃になってまいりました。

DISCOGS


Twelve Inches Of / Bananarama

Twelve Inches Of Bananarama
どうせ生まれるならディーンフジオカや斎藤工や次点で高橋一生のようなルックスとスタイルで生まれたかった!というどうでもいい前フリなんで、あと好きな男優&タレントでも書いときますか、個人的忘備録としても。俳優では伊勢谷友介が好きなんだよねルックス的に。前も書いたかな。結局ルックス重視なんだけど(笑)芸能人だからね。あとは窪塚洋介や加瀬亮や最近だと綾野剛などもいいね。もう中堅かな瑛太も好きだな。そんな所。女優&タレント&アイドルなど今度書きますか?でも結局芸能人という時点で宇宙人だと思ってるんだけどね。これも前書いたか…

タイトル通りのコンピレーションでしょうが、とりあえずDISCOGS情報によると個人的にも目玉曲であった(Fun Boy Threeとの共演でThe Velvelettesのカバー)一曲目"Really Saying Something (Extended Mix)"からして全然エクステンデッドではない短さなのですが、それでもその後は主要12"の間違いなくエクステンデッドのようなので、一曲目の大失態は目を瞑るとして、流していても普通に小躍りくらいは出来るコンピでしょう。おそらくこのユニット(バンド?)には皆さん各曲思い入れがありそうなほどだと思いますが、収録曲中ではやはり代表曲"Venus"というあまりにベタな'80sの代名詞のような曲や次点かもしれない"I Heard A Rumour"辺りで、当時のStock ,Atkin & Waterman節前回というか彼らのPWLレーベルの音、具体的にはNYのハイエナジー(Hi-NRG)サウンドの真似というか、もちろん四つ打ち&そのシンコペーションとして一番目立っていると思うスネアの音やパパパパパと連打されるハンドクラップともろにシンセベース音のベースなどだと乱暴に言えば言えると思うサウンドが聴けます。また"Love, Truth & Honesty"などではS,A&Wではないもう一つのPWLの派閥とでも言えるPhil Harding & Ian Curnowによる、やはりNYのオールドスクールエレクトロ〜フリースタイルを忠実に再現しているようなサウンドも、当時1980年代終盤の成熟した'80sサウンドと言えそうです。こう言ってしまっては恐らく語弊があるのでしょうが、結局'80sを代表するようなユニット/バンドの一つだったのだな、と思わされてしまうコンピではあります。それは偉大なこと=偉業でもあります。

DISCOGS

(テリーホール!)
(シボーン…)

郷愁8.3

1.Michelle Gayle ‎– I'll Find You
A面曲のR&Bもいいのだが、カップリングの違う曲リミクシーズもいい。シリアスロープ&チンチンアウト!
DISCOGS

2.River Ocean Featuring India ‎– Love & Happiness (Yemaya Y Ochun) (The Tribal EP)
タイトルが長い…10年以上続く郷愁コーナーで歴代1位の長さではないかな(笑)これもまさに郷愁的というか常にオールドスクールなコーナーですが、そんなMAW変名ながら彼らの代表作になってしまったのではないかという傑作EPでしょうか。UK Cooltempo盤も持ってましたけど例によって紛失(アマゾンでは1円…)、Stricktly Rhythm原盤CDSで入手できましたよ。12"×2枚組以上の全バージョン最多曲数!
DISCOGS

3.General Public ‎– I'll Take You There
これも違う盤持ってたけど(もちろん紛失…)US盤で再入手。DISCOGSによるとステイプルシンガーズのカバーとのこと、このユニットも詳しくありませんが(2Tone組?)当時乗っていたらしい富家哲リミクシーズで、当時らしい加速減速ありの長いハウスミックス。
DISCOGS

4.Erasure ‎– Rain (Plus)
これは豪華、EPでしょうけどPlusというだけあって、70分超の全11曲(バージョン)まあ中盤はライブ曲などもあり寄せ集め感もあるけど、その他リミキサー陣は比較的豪華。Blue Amazonのが超長くていい。しかし本人達によるアルバム未収曲などもいい。
DISCOGS

5.Saint Etienne ‎– Boy Is Crying (Mixes)
大御所連投?まあハイブリッドやPvDのあわせ技で買ってますが、どちらもまあまあ、いま聞くと古い感じ。
DISCOGS

6.The Grifters (2) ‎– Flash
古臭さもここまでいくとゆるせる(笑)トールポールのユニットとのこと、フランクデウルフのベルジャンテクノクラシックをサンプリング。
DISCOGS

7.Consolidated ‎– Guerrillas In The Mist
先回の収穫でビラヴィッドをリミックスしていたので思い出したように買ってみたこのユニット、1曲目はアルバムと同バージョンかな、まあカップリングも代表的な曲のリミックスだったので。
DISCOGS

8.Poppy Factory ‎– Stars
本日のポピーファクトリー?これもいい曲じゃない、カップリングはライブ曲などでB面らしいけどね。もう1枚見つけてるので次回買うかな、紛失したやつだけど(笑)
DISCOGS

9.Sun Dial ‎– Overspill
いいバンドだね、純EPだけどデラックス盤アルバムの2枚組に全曲収録なんですが、しかし、そっちは若干短くなってる模様。全曲ともいいEP。
DISCOGS

10.Gary Numan / Tubeway Army ‎– Double Peel Session
ひょーこれはレアではないかな?ほしいかどうかはおいといて(笑)タイトル通りのブツですが、ゲイリー氏の方よりTAの方がいいかな。都会の真ん中にある夜中の公園でいったい何を君は見た?
DISCOGS
計3000円くらい

TR-8 & Keystation Mini 32

tr-8keystation
物欲大行進?が止まりません!ほんと金もないのに貯金がどんどん減っていってます(深刻)その一部をご披露、ほんとは高えなと思いながらも、のロ○ランドのアナログモデリングドラムマシン?TR-8てのが45000円、おまけのMIDIキーボードが5000円、計5万円也。買ったからには使わないわけにはいかないのでしばらく触ってなかった(早い話放置)FL-Studioと同期させつつパラアウトで録音してみようかと重い腰を上げてみた動画です。言い訳するといろいろ久しぶりだったんで、かなり戸惑ったね、この程度の作業でも。そんな動画はぐだぐだなんでどちらでも。我ながら話がくどい。






(お口直しをどうぞ)

おすすめ視聴用映画(大嘘)

新システム導入後の視聴の映画編ね、ソースの割合は、20本なのでだいたいCS(一部BS)で14:ネットが6かな。ところでFire TV Stickはいまいち使いにくい、というか一回、雹とかが降った日停電して停電はすぐ復帰したんだけど、その後Wi-Fiで繋がらなくなったりしたね。AQUOS(テレビ)のWi-Fiは問題なかったので、そういう部分は弱いかもね>Fire TV Stick。あとAVアンプ(ONKYO HTX-25HDX)にそれらはもちろんHDMI接続なんだけど、あの端子でかくて嫌い(笑)映像、音声、制御データ等流すのであまり小さくできなんだろうけどね。そもそもUSB端子も大小いろいろあるけど、あまり好きではないんだよね。それらは今主流なのでしょうがなく使わざるを得ないけど、形状はもっとどうにかならんかなあ…今後。角コネクター(光デジタル等=Toslink)は好きなんだけどね。ちなみにPCとAVアンプはそれでS/PDIF接続です。ToslinkやS/PDIFもかな、HDMIが出てきたのでオワコンらしいけどね。その流れ、どうも気に入らん…光デジタルの角コネクターかっこいいじゃん?では見た映画を羅列します。

肉「肉」少し前の話題作なのかな、こういうのから見てる時点で偏ってる気もするんだが、でもこれ意外と普通というか映像美だけが印象に残ったな。
ブレードランナー「ブレードランナー ファイナル・カット」未だに呪縛というか(笑)いつ見ても面白い。これもまあ世界観を見てる所もあるかな。
未来惑星ザルドス「未来惑星ザルドス」全てにおいて言えることなんだけど基本ながら見なのでストーリーはじめよく分からなかったのも多い(笑)カルトSFとの事、まあ猿の惑星などと同じような現代文明批判みたいなもの?
ボディ・ダブル「ボディ・ダブル」超有名ないわば'80s映画だね、ヒッチコックの裏窓のオマージュ的な作品かな。
ダークスター「ダーク・スター」「遊星からの物体X」などで有名なジョン・カーペンターの長編処女作らしんだけど、コメディー(けっこう笑える)も入ってるやっぱり今となってはカルトSFだろうか。
スローターハウス5「スローターハウス5」こうしてみるとSFが多い、カート・ヴォネガット原作の映画版とのこと、「明日に向かって撃て!」などのジョージ・ロイ・ヒル監督とのこと、SF要素はあまりなくて(基本タイムリープモノ)個人的にはいまいち面白くなかったな。
陸軍中野学校「陸軍中野学校」うーんまずまず(笑)太平洋戦争時代のスパイ育成学校(実在)という設定は面白いのだが、ロマンス話などと無理に絡めてストーリーがご都合主義的に…
ドーン・オブ・ザ・デッド「ドーン・オブ・ザ・デッド」未見の映画よりも既視の面白い映画をつい見てしまう…ゾンビ物として面白い映画だと思うよ。
時計じかけのオレンジ「時計じかけのオレンジ」まあ名作だね、勝手な造語や例えばヒットチャートのバンド/グループ名などセンスの塊、そこから名前を頂いたバンド/グループが出てきたのもうなずける(Heaven 17,Durango 95)。
2001年宇宙の旅「2001年宇宙の旅」キューブリック連チャン、さすがに長い気がするんだけど、しかしAIとか相当時代を先取りしていたなと。予言者だったのはアーサー・C・クラーク?キューブリック?どっち?両方か。
2010年「2010年」世界観とか雰囲気とかセンスとか、続きだけどまったく別物の映画だね。はっきり言ってダサい。
地獄「地獄」これもテキトーにみてたせいかよくわかんねえ…因果応報輪廻転生モノ?原田美枝子は綺麗だった。
籠の中の乙女「籠の中の乙女」これよかったよ、閉鎖的な感じなど「肉」に通じる部分があると思うんだけど、同様映像美は多分カメラのアングルがいいんだろうね。話は荒唐無稽だけどね。でも未見の人にはおすすめ。
アントマン「アントマン」超たのしいエンタメ映画、もちろん原作はアメコミでマーベル制作とくれば外さないね。
1984「1984」これも'80sSFの名作でしょうね、もちろんジョージ・オーウェル原作の映画化、救いがない。Big Brother is watching YOU!
ハードウェア「ハードウェア」こっちは'80sカルトSFでしょうね、もちろん初見だったんだけど、ダークな雰囲気と制作費のかかってないチープさが逆にかっこいい。言わば8bitゲームのようなかっこよさ。ちなみに「1984」の次にやってたので見た(笑)ディストピア特集とのこと。Movie Plusはやるね。
赤と黒の誘惑「赤と黒の誘惑」うーん、これも評価が難しい(笑)エマニュエル・ベアールは「天使とデート」の印象があるんだけど、本作は近年2014年物なのですっかし熟々女に…嫌いではないんだが話自体のスケールが小さいかな。要は個人教授モノ。
悪魔のいけにえ「悪魔のいけにえ」超こええ…いわばなんの飾りもない40年も前のホラー古典なんでしょうが、その直球さが今見ると新鮮だし普遍的な怖さに。生々しい。
武器人間「武器人間」ネットフリックスでやたら個人的レコメンされてたので見てやるかと見た、キモおかしい頭おかしい映画。2013年の映画には見えない。いいね。
地球が静止する日「地球が静止する日」超好きな映画、たしかにキューブリックやRスコットやBデ・パルマだのに比べればじつに単純な話&構成でひねりも何もない映画なのでしょうが、私的には美しい映画だと思ってる。特に好きなシーンは主人公(宇宙人役キアヌ・リーブス)たちがノーベル賞博士の家に行って博士の公式を訂正補足してあげた時、流れていたバッハを「美しい…」というシーン。バッハと相まって泣ける。

だらだら続けてもなんだしこんな所かな。アニメ系映画とかは割愛、なぜなら書くほどでもなし(笑)まあ皆さんご覧の映画も多いでしょうが、未見の方はだいたいおすすめです。
livedoor プロフィール
Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives