KEMPIRE

How deep is your Love?

Innerworld / Electric Youth


三島先生(あえて(笑)と東大全共闘の問答おもろいね、いやニュース23でこれの殆どの部分流してたけどそれでYTでも見てみた。微妙に噛み合ってないのもあるんだけど、それより私が頭悪いんで何を問答しているのかわからんけど面白い、禅問答みたいで。東大生(おそらく)×三島由紀夫だからなあ。本ちゃんもおもしろいけど一人目の人などが公務員になってて、ある意味真逆の立場になってるのなども面白いかな。大きく出て、近代日本人とそのアンデンティティの拠り所とは?と考えるときにこの人の生き様や作品(ほとんど読んだこと無いけど(笑)ほど参考(文献)になる人はいないね。最後の方で天皇論などほんとにちらっと出てくるけど、現上皇にさえ否定的な見方だったら、今上天皇をもし彼が見たらどう思っただろうな?などと妄想してみるのもまた面白い。それにしても学生運動とはなんだったのか?様々な思想的思索を行ったりやイデオロギー的な自由さを生んだことは功績があったかもしれないけれど、今でもそのへんの影響ってなにか残ってるのかな、と思うとなかなかなんだったのかな〜と思ってしまうけど。全共闘世代の皆さんごめんなさい(もし見てたら)


innerworld
おっさんはデビーギブソンのヒット曲を思い出さずに入られませんが、バンド名どおり若々しいながらも言ってしまえばどこか青臭いアオハルを感じるバンドでしょうか、うむ、なかなか難しいぞ表現が(笑)音的にはもう5年は前になるので、今風というには抵抗がありますが、でもいまでもこんなのは多いかもしれない、軽くなにか漂白されたようなエレポップ系だと思いますが、やはりどこか青春らしい鬱々としたようなメランコリーはある雰囲気でしょうか。カナダのバンド(といっても男女デュオ)らしいのですが、隣国アメリカとは明らかに一線を画す、言ってしまえば米国の臭っい青春歌謡曲よりはずっとセンスいい気がします。まあやはり濃くはない故に灰汁やガッツや覇気のようなものがあまり感じられないのが、個人的には(鼻に)引っかかるのですが、やっぱり若い子にはこういうのが受けるのかなあという感じですね。と、あまりやる気がないおっさんに言われたくはないでしょうねバンドも今の子も。蛇足情報かもしれませんが、収録の"A Real Hero"はニコラス・ウィンディング・レフン監督「ドライヴ」のシーンで効果的に使われていました。

DISCOGS


Red / King Crimson

半跏思惟像
前回更新からもう一ヶ月以上経ちましたか…一ヶ月早っ…年々早くなっていく気がするな…まあこの一ヶ月は超連休があったからだな!と思いたいね。なにもせんかったけど、なにもせんでも時は光陰矢の如しで関係なく過ぎていくのだな。そんなかんじでダラダラとかいてみようか。京都などにある(何寺かは知らない)半跏思惟像はやっぱり弥勒菩薩だったのかといま検索してみて思ったのだが、弥勒菩薩はそんな像の形状も含めてどうも女性のイメージがあるし、それはどこか暗黙の了解のようになっていると、あえて声に出して(書いて)みる。それはいいのだけど、その半跏思惟像的弥勒が女性器から血とオリモノを垂れ流しつつ降臨し罪にまみれた衆生を救う図はやはりシュール、そんなイメージが寝てたときかな浮かんだのでね、だって天空から陰血(&陰液)を撒き散らしながら猿のような衆生を救いに降りてくるんだよ。あの半跏思惟像のような印をくんだ形のまま降りてくる。救いに来るのかそれとも狩りに来るのか。その時その瞬間までわからない。我々は諸手を挙げている、弥勒菩薩が差し伸べた手がいつのまにか大鎌へと変わりそれらを切断し、慈悲に満ち半眼だった目は見開かれて眼力だけで衆生を焼き払っていく、いつしか半跏(半分あぐら)のまま高速で回転して撲殺で衆生を狩り出すんじゃないかと思う。降りてきたらね。それも一つの救いではないかな。私がそういう人間だから、そうなるのかな。


red
ロック史的に評価が確立しているアルバムを書くのはやっかいなんですが(笑)ロックとはなんぞや?とロック門外漢が思いつくのはこんなアルバムです。タイトル曲の一曲目からノイジーなギターと変拍子的な(実際には4/4拍子のような気もしますが音楽理論わかりません…)などでやはり筆者の思いつく所のブルースベースのロックの世界へ引き込まれるんですが、2曲めのバラード調(調や的なという表現をご容赦)からやはりハードロックな展開の曲調へという緩急のある展開もまたブルージーなロックという筆者先入観を満足させてくれる展開のあるアルバムという印象です。やっぱりロックはブルースベースだよな、と思わされるかっこいいロックなんですが、つまり筆者の中では前向きなロックというのはありえなく必ずと言っていいほどやさぐれててネガティブなエナジーを放出していて欲しい、という要求をやはり満足させてくれるバンドと本作だなと思わされます。そして"Starless"、どこかで見たコピーのプログレの挽歌というかもはやロックの挽歌とでも言えそうで、廃れゆくロックという文化の美学さえ感られるロック史に残る名曲でしょうか。中二病でもいいじゃない、私はロックには格好つけた中二病のままでいて欲しい。

DISCOGS


郷愁4.6

うっしっし(って大橋巨泉だっけ?)久しぶりの更新、なんだか勝手を忘れたな。リハビリも兼ねて今日の収穫コーナーでもやって美穂美穂?

1.Marc Et Claude ‎– Loving You '03
収穫物コーナーの書き方も忘れたくらいですが一個一個が短いので楽だな。まあクラシックすぎるトランス?再発盤みたいだけど本人たちよりも2つのりミックスの方がよいね。
DISCOGS
2.The Space Brothers ‎– Shine 2000
もっとクラシックじゃん、前は1997年原盤のほうを書いた2000年度盤かな、2つのRadio Editとシグナムのリミックス入りだけという詐欺臭い盤だな。
DISCOGS
3.Cola Boy ‎– 7 Ways To Love
しかしこれはめっけもん、本日の目玉商品ではないかな。ご存じの方もいるはず、セイントエチエンヌの覆面プロジェクトでしたか、曲的にもなんというかバブルガムポップハウスという感じで、いかにもUK的だろうしそういった意味で隠れた名曲では?
DISCOGS
4.Hercules And Love Affair* ‎– Blind
これも極めて?UK的かな、ただ曲自体はこれも割といいと思った。DISCOGS評価も割といい。なぜかFナックルズもポップなリミックス。アルバムは1円で売ってるので買おうかと熟考中。
DISCOGS
5.Whitney Houston ‎– I Learned From The Best
ここで何故かWH、タイトル曲やヘックスなんとかによるリミックスはどうでもいいけど、3曲めにサンパスによる名曲(だと思ってる)リミックス入りだったのでね。短いけど。
DISCOGS
6.Kate Bush ‎– The Red Shoes
ビッグネーム?つながりだとこれか、これもタイトル曲や名曲Big SkyのJメンデル(ス)ゾーンによるミックスも悪くないけど、やはり3曲め代表曲のエクステンデッドでしょうか。
DISCOGS
7.The Raincoats ‎– Extended Play
ビッグネームといえばこれもそうか、4曲入りEPなので買ってるところもあり、想定内ですが、やっぱり元祖Lo-Fiという感じですよね。
DISCOGS
8.Tuxedomoon ‎– No Tears / What Use (Remixes & Originals)
なにか代表的な2曲のリミクシーズ盤、やはりというか、当時のエレクトロクラッシュにされてるけど、結局原曲が一番かっこいいという…
DISCOGS
9.Cylob ‎– Lobster Tracks
これも曲数がおおいということで買ってる気もするEPかな、ただそれなりに楽しいね。こんなもんに(失礼)PVがあるのは驚き。やっすいけど…
DISCOGS
10.Leftfield ‎– Backlog
これは曲数が多いから買ったとは言いたくないな(笑)まあ初期バレアリック=アンビエントハウスの名曲ですよね、3曲とも、それの合体コンピレーションなんで迷わず買ってます(笑)正直青春の一ページなんだけど、今聞くといろんな意味で泣けるな…
DISCOGS
計3000円くらい

Faust / Faust

faust
新宿紀伊国屋の地下の和幸のカウンター席でひれかつ御飯を食べてたら向かいの席で、そうね30代のサラリーマンとOLかながカツ煮定食かな(正式名知らず)を食べてて、そのカップルがすげえ最近付き合い始めたかのような雰囲気だったので、何かこっちがドキドキしたという今日の日常ね。なんというか会話がぎこちないのね、カップルに限らず人間関係で気の置けない仲だと会話のテンポはゆっくりだよね、会話が盛り上がってる時以外は。まだ気が置けないと、そういう間がやっぱり怖いのか、相槌とかのテンポが前のめり気味で早いくて、まだそこまで親しい仲ではないんだと分かるね。まあそれだけなんだけど、でもギクシャクしてたなあ、そんなんで早くも?クリスマスの予定とか、なんとなーく噛み合わない感じで決めてて、まあ夕食時の付録として面白かったのでね。「24?ああ世間的には休日か…じゃあ(店の予約?)混むかもね」「ですね、25日は忙しさピークなんですよねぇ」「じゃあ26日にする?」「ああでも26も同じようなものです、いいですよ25日で!」「いいよいいよ26日でも」「ええ、いいです25日で」そんな感じ(笑)クリスマス駆け込みカップルじゃないかと思った。まあクリスマスに相手がいる時点で筆者より勝ち組なんだけどね。和幸、ひれかつ小さくなったねえ…

ファウストの1stのようです、最初聴いた時(10年くらい前かな)は少し理解不能だったんですが、少しとか書いたのは一応音楽の体は取っていながらローファイな音質もそうですが何かラジカセを置いていてその場の音を録ったような雰囲気や(ビートルズ&ストーンズなど)、反対にもちろんスタジオであろうけっこういい音質でしかしそれもその場で思い付いた即興的なセッションのようにしか聴こえなかった等で少し理解不能でした。しかしそれから10年経った今聴きかえしてみると、いぜん難しい音楽だなとは思ってしまうんですが、その何と言うかアヴァンギャルド精神のようなものに彼らの気骨が感じられて、私も少し成長したのかなと思えた音楽です。いずれ上手くは言えないのですが、これ以前の既存の音楽に対するアンチテーゼというか、主にこの1970年初頭時点でおそらく一種の飽和状態にあったかもしれない特にポップス的に商業化していったロックというジャンルへの反骨精神のようなものでしょうか、そういったものが感じられるのではないでしょうか。そんな全ての音楽にでも喧嘩を売っているような、同時代のパンクなど以上に気骨の感じれる1stでしょうか。

DISCOGS

Taste / The Telescopes

taste
年取ったのか思い出すことばかりなんだけど(笑)風呂はいってて思い出したんだけど中学はちょっとガラの悪い中学で、80年代の校内暴力全盛期?の後とはいえそんなテンプレートな不良に憧れてるのか剃り込み入れたやつとかいわゆる長ランとかボンタンとかのやつもちらほらいるレベルの中学だったね、そこで八方美人の筆者は中途半端なポジションだったけど、一人これも中途半端ながらも比較的悪いポジションのやつと(クラス違い)中道右派(笑)いや普通よりは少しとっぽい部類に入るやつと友達だったんだけどある時その悪いやつと中道右派のやつの仲が険悪になって前者が後輩何人かと後者をリンチしたりしたのね、後者は相当びびったらしくその後輩(2年)の奴らに会ってもなんか言われて舐められてたりしてた模様(そのへん噂聞きなのでよくわからない)、で前者と友達だった私ともその時から微妙な関係になってしまいよそよそしい感じになったことをふと思い出したわけ風呂で。それで私は八方美人もそうだけどいつも傍観者的な立場にいるなと再確認したよ。当事者じゃないんだよね、常に傍観者、これはいかんなと。第九のシラーの歌詞じゃないけど「すべての人は兄弟となる、もしその輪に入れない者は、泣きながら去れ!」と、結局何らかの関係があったのはその前者と後者の彼らであり、私はその輪に入れなかった部外者だったんだよな。悪い意味で、リンチもしないしリンチもされない、いじめられもしないしいじめもしない、昔っから。当事者にはなれない。この傍観者気質は深刻なんだわ。

このバンドの1stでしょうか、筆者はCreation全盛期?のEPで初めて知ったというミーハーさ加減ですが、Creation時代は少しダンサブルなビートシューゲイザー的なサウンドという当時なりのインディダンスのバンドという印象しかないんですが、それ以前はこんなハードサイケを奏でていたという、けっこうギャップを感じるバンドではあります。一曲目こそ少しソニックブームやそのスペクトラムを連想してしまったダウナーなアシッドフォーク調ですが、その後はダウナーやミド&ルテンポ〜スローテンポのサイケデリックロックもあありつつ、基本的にはハードなサイケでぶっ飛ばしてると思います。ほんとにハードサイケが好きなんだろうな、という硬派&実直さは好感です。それにしてもCreation時代にはなんであんなに軟派になってしまったのか…時代とレーベルの無言の?圧力かバンド自体の忖度か?そんな詮索もしてしまうほど別バンドのようです。

DISCOGS


livedoor プロフィール

gogleman

KEMPIRE(基本その日に買うてきた音源をいかにも前から知ってる風に語るブログ)

Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索(記事全文)
記事検索 by Google
Categories
Archives
読者登録
LINE読者登録QRコード